「グラフィック」とは?

関連ニュース

下北沢で大人かわいい雑貨に出合う!ヴィンテージアイテムのセレクトショップ - 06月17日(日)12:00 

小さな店内に所狭しと並べられた、どこか懐かしいレトロな雰囲気のアイテムの数々。あらゆるジャンルのものがぎっしりと詰まった、まるで“おもちゃ箱”のような「TIME MACHINE Antiques」。アイテムはイギリス、フランス、ドイツ、チェコなどヨーロッパのものが中心。オーナー自らが現地に足を運び、長年培ってきた目利きとセンスで、ほかのショップでは手に入らないような、チープだけど味わいのある“面白いもの”を買い付けている。 【写真を見る】コレクターも多いというアメリカブランドTRIFARIのコスチュームジュエリー。1950年代ハリウッド女優たちに愛された 細い路地の両側に古着やヴィンテージアイテムのショップが立ち並ぶ、下北沢の北口エリア。その一角に、グリーンいっぱいのボタニカルな雰囲気を備えた雑貨店「peche(ペッシュ)」がある。 ■ 商品はすべて、オーナーのお気に入り 2018年4月で20周年(!)を迎えたpeche。もともとグラフィックデザイナーだったオーナーの粟生田(あおた)さんは学生時代から何度もパリに足を運ぶほどフランスやフランス雑貨が好きで、自分のお店を始めたという。現在も毎年フランスをはじめとしたヨーロッパに出かけ、ヴィンテージのアクセサリーや、他ではあまり見かけない現行の商品を買い付けている。 オーナー自身が「かわいいと思う商品だけを並べている」という店内には、老...more
カテゴリー:

夏の太陽に絶対映える!「オープニングセレモニー」のミラービニールトートに注目♡ - 06月17日(日)10:00 

カジュアルなファッションにも合う、夏らしいバッグがほしいな…。 個性的な素材を使った、かわいいバッグを見つけました! 光を反射してキラキラ輝くミラービニール製バッグ 光沢が美しいミラービニール素材のバッグ「OC MIRROR BAG(6500円)」。   openingceremonyjapanさん(@openingceremony.jp)がシェアした投稿 - 2018年 2月月17日午後7時57分PST 光を反射してキラキラと輝く姿に、思わず目が吸い寄せられてしまいそう♡   Opening Ceremonyさん(@openingceremony)がシェアした投稿 - 2018年 6月月6日午前7時42分PDT バッグのカラーは、ホログラフィックな「オーロラ」、スタイリッシュな「ブラック」、クールな「グリーン」、そしてオンライン限定販売のキュートな「ピンク」の4種類展開。   openingceremonyjapanさん(@openingceremony.jp)がシェアした投稿 - 2018年 2月月7日午前2時07分PST また、バッグの内側には便利なポケットや裏地が付いているのだそう。 こちらのビニール製トートバッグ「OC CLEAR BAG(5500円)」は、涼し気なクリアカラーが夏にぴったり!   ...more
カテゴリー:

脱毛にいそしむハイジ男子が急増 変わる男のムダ毛処理事情「モテから自己充実へ」 - 06月17日(日)06:30 

 ネット上で、アンダーヘアのムダ毛処理にいそしむ男性を表す“ハイジ男子”なるユニークな言葉が出現。一部芸能人やスポーツ選手には定番となりつつある男性脱毛だが、それを裏付けるように男性用のアンダーヘアケアのボディトリマーも大ヒット。現在、市場をけん引するヒット商品である、パナソニックのボディトリマーの担当者に男性のムダ毛処理事情について聞くと、男性層の“美意識の変化”が浮き彫りになってきた。 【写真】大ヒット男性向けアンダーヘアケアトリマー ■芸能人・スポーツ選手も実施 脱毛ケアにいそしむ「ハイジ男子」とは?  “ハイジ男子”とは、アンダーヘア(VIOゾーン)を永久脱毛した女性のことを指す“ハイジニーナ”にちなんで、同様に処理している男性のことを表す言葉。ビキニラインをエステに通って脱毛をする男性も出現しているそう。昨年秋、『マツコ会議』(日本テレビ系)でアンダーヘアの脱毛を行う男性層が取り上げられた。脱毛サロンで男性客が増えて、もはや男女が半々という比率になっており、男性客層のメインは30代から40代の普通のサラリーマンだという。その放送を受けてSNS上では「女性にとってもプレッシャーになる」「もっとハイジ男子増えてイイ」と賛否両論の反響を示した。  一部芸能人でも“脱毛男子”の動きがあるようだ。「メレンゲの気持ち」(日本テレビ系)で、お笑いコンビ・平成ノブシコブシの吉村崇...more
カテゴリー:

[E3 2018]「DEAD OR ALIVE 6」の開発を指揮する新堀洋平氏へインタビュー。グラフィックスは物理ベースレンダリング採用で一新 - 06月16日(土)00:00 

 ついに発表された「DEADORALIVE6」のプロデューサー兼ディレクターを務める新堀洋平氏に,E3会場で話を聞けたので,その模様をお届けしよう。シリーズの魅力は継承しつつも,グラフィックスをはじめとして,さまざまな挑戦が行われているようだ。
カテゴリー:

「ジュエティ」の期間限定ショップがラフォーレ原宿に、グラフィックTシャツなどを展開 - 06月15日(金)19:28 

このコンテンツは Fashionsnap.com が配信しています。
カテゴリー:

仮想敵はパナメーラ──BMWコンセプトM8グランクーペ - 06月17日(日)12:00 

2018年6月に開催されるル・マン24時間レースの決勝前夜にアンベールされるBMW『8シリーズ クーペ』。「8」という数字からわかるように、BMWの頂きに立つ一台である。すでに東京モーターショーではコンセプトモデルが発表されていたが、ついに市販車としてその姿を現すことになった。じつは、その派生モデルで、4ドアの『8シリーズ グランクーペ』も開発が進められている。これは『4シリーズ グランクーペ』『6シリーズ グランクーペ』に続く第三の4ドアクーペだ。ジュネーブモーターショーでは、『8シリーズ・グランクーペ』に先駆けて『コンセプトM8グランクーペ』が公開され、大きな注目を浴びた。 ライバルはポルシェやアストンマーチン、プレミアム4ドアクーペに参戦せよ 順序としては、違和感を覚える。まず『8シリーズ グランクーペ』のコンセプトモデルが公開され、それから『コンセプトM8グランクーペ』なのではないかと。 「M」は、「BMWモータースポーツ」に源流を持つBMW M社が開発を手がけるスペシャリティモデル。レーシングマシンのDNAを受け継ぐハイパフォーマンスカーだけに与えられる。そのMの名を冠した『コンセプトM8グランクーペ』を『8シリーズ グランクーペ』に先駆けて発表した理由は、どこにあるのか。 『8シリーズ グランクーペ』は4ドアクーペである。SUVに続く潮流となりつつある4ドアクーペ...more
カテゴリー:

【昨日のまとめ】『FGO』コスプレしてみたいサーヴァント結果発表、『ポケモンGO』色違いヨーギラスをゲットできた?、『ZOIDS FIELD OF REBELLION』はどういうゲームだったのか…など(6/16) - 06月17日(日)09:45 

30年前の今日、ファミコンソフト『超惑星戦記 メタファイト』が発売に。場面によってサイドビューとトップビューが切り替わる探索型ACTで、丁寧な作りが好評を博しました。グラフィックセンスも見事です。「昨日のまとめ」、6月16日の注目記事をご紹介します。
カテゴリー:

印刷技術によるグラフィック表現の可能性を探るポスター展「GRAPHIC TRIAL 2018」 - 06月16日(土)15:45 

「GRAPHIC TRIAL 2018 ―Passion―」 2018年6月16日(土)から9月17日(月・祝)まで、凸版印刷株式会社が運営する印刷博物館P&Pギャラリーにて「GRAPHIC TRIAL 2018 ―Passion―」が開催される。グラフィックの可能性を印刷で探るポスター展。第13回目の開催となり、今年は「Passion」が作品のテーマとなっている。 「GRAPHIC TRIAL」は、さまざまなトップクリエイターと凸版印刷株式会社が協力し、印刷実験を繰り返して新しい表現を探っている企画だ。色数、用紙、インキなどに制限をつけず、クリエイターがイメージする表現を印刷技術の力で最大限に引き出すことによって、紙と印刷による豊かな表現の可能性を追求。デジタル媒体にはない新しい表現の創出に挑戦している。 今回は、クリエイターの「Passion」を凸版印刷株式会社のプリンティングディレクターが支え、互いの情熱を感性と技術に注ぎ込んで作り上げた表現を披露。クリエイターでは、イラストレーター / アートディレクターの宇野亞喜良氏、タイを拠点とするデザイナーのサンティ・ロウラチャウィ氏、株式会社電通でクリエイティブディレクター / アートディレクターとして活躍する八木義博氏、凸版印刷株式会社の気鋭の若手アートディレクターの鈴木晴之氏が参加している。 休館日は毎週月曜で、7月16...more
カテゴリー:

「バットマンは侍に通じる部分がある」日本アニメ界のジャスティス・リーグが生んだDC映画は自由度満載! - 06月15日(金)21:00 

バットマンとジョーカーが、日本の戦国時代で過激なバトルを展開する!スタイリッシュな映像と奇想天外なストーリーで、海外でも絶賛を浴びている映画『ニンジャバットマン』(公開中)。 【写真を見る】超レア!「ポプテピピック」×『ニンジャバットマン』のコラボねんどろいど(非売品)/Batman and all related characters and elements are trademarks of and [c] DC Comics. [c] Warner Bros. Japan LLC 本作を生み出したのは、劇団☆新感線の作家として活躍する脚本家・中島かずきと、ちまたで話題のTVアニメ「ポプテピピック」を製作した神風動画の代表であり本作の監督・水﨑淳平。今回はその「ポプテピ」とコラボしてしまった“ポプ子バットマン”と“ピピ美ジョーカー”と共に、映画の制作秘話を直撃インタビュー! ■ プロット&キャラデザ段階で本国のDCコミックスも「すばらしい!」と絶賛 ――ヒーローやヴィランが戦国時代にタイムスリップする発想は、どこから生まれたのでしょうか? 中島「お話をいただいた時は、『ニンジャバットマン』というタイトルのみ決まっている状態でした。だったら、戦国時代に行ったジョーカーたちをバットマンが止める話がいいんじゃないかと言ったんです。水﨑さん、キャラクターデザインの岡崎能士さん...more
カテゴリー:

西葛西のインド人は「バーフバリ」をどう見た? 21歳のイケメンカレー店スタッフに聞く - 06月15日(金)19:00 

 インド国内で歴代の興行収入記録を塗り替えた「バーフバリ」シリーズ。第2作「バーフバリ 王の凱旋」は本国だけでなく、中国やアメリカなどでも高い人気を博し、世界興収約300億円を叩き出しました。メガホンをとったS・S・ラージャマウリ監督いわく、ヒットの要因として「世界中で、現地に住むインド人が大勢見に来てくれた」ことも非常に重要だったそうです。そこで疑問。日本在住のインド人は、「バーフバリ」についてどう思っているんでしょうか? 映画.comが話を聞いてきました。 ■西葛西のカレー屋をひたすら回ってみました  ということで、やってきたのは東京都江戸川区・西葛西。2000年代からインド人が多く流入し、今では“リトル・インディア”“日本で一番インド人が多い街”と称されています。そう言われると、駅の西に流れる荒川が、なんだかガンジス川に見えてきますね。  「バーフバリ」に熱狂している、というインド人を探すために、カレー屋をひたすら回ってきました。ふらりと店に入り「あの~」と声をかける、という調査を行ったんですが、これが大苦戦……。全く見つからない数日間の末に、西葛西駅南口から徒歩約5分の「デリーダバ インド料理」(東京都江戸川区西葛西6-12-9 国吉ビル2F)で、ついに“マヒシュマティ王国民”を発見しました!  同店のマネージャーを担う、アビプライ・デワンさん、21歳。冒頭に載せた...more
カテゴリー:

もっと見る

「グラフィック」の画像

もっと見る

「グラフィック」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる