「クアラルンプール時事」とは?

関連ニュース

29日に捜索終了=4年前不明のマレーシア機 - 05月23日(水)21:03 

 【クアラルンプール時事】マレーシアのルーク運輸相は23日、2014年3月に消息を絶ったマレーシア航空機の捜索活動が29日に終了すると明らかにした。ロイター通信などが伝えた。運輸相は「捜索を終えた後、調査報告書を公表する」と述べた。 239人を乗せたマレーシア機は14年3月8日、南シナ海上空で行方不明になった。マレーシア、オーストラリア、中国の3カ国は墜落場所とみられるインド洋南部の12万平方キロの海域を捜索。これまでに不明機の一部残骸が見つかった一方、機体の主要部分の発見には至っていない。 捜索活動は17年1月にいったん休止されたが、今年1月、マレーシア政府が海洋探査を手掛ける米企業オーシャン・インフィニティと契約を結び、再開させていた。 【時事通信社】
カテゴリー:

ナジブ前首相聴取へ=汚職疑惑捜査で-マレーシア当局 - 05月18日(金)22:59 

 【クアラルンプール時事】18日のマレーシア紙スター(電子版)によると、政府機関の汚職摘発委員会は、政府系ファンド「1MDB」から巨額資金を流用した疑惑が持たれているナジブ前首相を聴取する方針を固め、22日に出頭するよう命じた。関係筋の話として伝えた。 1MDB問題をめぐっては、警察が16日以降、ナジブ氏の自宅や首相府、関係先とみられるコンドミニアムなどを捜索。警察当局者は、コンドミニアムで大量の高級ブランドのハンドバッグや現金、宝石、時計を押収したと述べた。 【時事通信社】
カテゴリー:

マレーシア警察、ナジブ前首相宅を捜索=汚職疑惑の捜査か - 05月17日(木)09:47 

 【クアラルンプール時事】マレーシア警察は16日夜から17日未明にかけてクアラルンプール市内にあるナジブ前首相の自宅などを捜索した。地元メディアが伝えた。ナジブ氏は政府系ファンド「1MDB」から巨額資金を流用した疑惑を持たれており、捜索はこれに関する捜査の一環とみられる。 地元メディアによると、警察は自宅やナジブ氏の家族が関係するクアラルンプール市内のコンドミニアムなどを捜索した。ナジブ氏の弁護士は17日未明、警察はハンドバッグや衣類、寄贈品を押収したと述べた。逮捕者はおらず、現時点で警察からナジブ氏への聴取要請はないと話した。 【時事通信社】
カテゴリー:

次期首相候補アンワル氏を釈放=マレーシア - 05月16日(水)13:12 

 【クアラルンプール時事】マレーシアの次期首相候補で同性愛行為の罪で服役していたアンワル元副首相(70)が16日、国王の恩赦を受け、釈放された。アンワル氏は16日午前11時半(日本時間午後0時半)ごろ、入院していたクアラルンプール市内の病院を出て、王宮を訪れた。 アンワル氏は1998年、当時も首相だったマハティール氏と対立し、副首相を解任された。2015年に連邦裁判所(最高裁)で禁錮5年の有罪判決が確定し、収監された。しかし、その後、汚職疑惑を抱えた当時のナジブ首相に反発して与党を離れたマハティール氏と「ナジブ政権打倒」で思惑が一致。「歴史的な和解」にこぎ着けた。 【時事通信社】
カテゴリー:

資金疑惑追及へ=92歳で復活、マハティール首相会見-マレーシア - 05月11日(金)05:33 

 【クアラルンプール時事】マレーシアのマハティール首相は就任直後の10日深夜(日本時間11日未明)、クアラルンプール近郊で記者会見し、2003年以来15年ぶりに復帰した首相職に臨む方針を表明した。ナジブ政権への国民の信頼を失墜させた政府系ファンド「1MDB」の巨額資金流用疑惑について「失われた資金を回収する」と強調、徹底追及の構えを示した。 92歳という世界でも異例の高齢での再登板。会見では「私の経験が必要とされる限り首相を続けるが、あまり長くはやらないだろう」と後継者への早期のバトンタッチにも含みを持たせた。 総選挙勝利の直後、ナジブ政権への「報復はしない」と誓ったマハティール首相だが、選挙戦を通じて約束した汚職追及は別だ。汚職の温床となっている複数の政府部局で幹部を入れ替える考えを表明した。 【時事通信社】
カテゴリー:

疑惑特別調査チーム設置=前首相を22日聴取-マレーシア - 05月21日(月)17:28 

 【クアラルンプール時事】マレーシアのマハティール首相は21日、ナジブ前首相が巨額資金を流用したとされる政府系ファンド「1MDB」疑惑に関する政府の特別調査チームを設置したと発表した。マハティール氏は1MDB問題を徹底追及する方針で、22日には政府機関の汚職摘発委員会がナジブ氏を聴取する予定。 【時事通信社】
カテゴリー:

現金詰まった高級バッグ大量押収=1MDB疑惑捜査-マレーシア警察 - 05月18日(金)11:56 

 【クアラルンプール時事】マレーシア警察は16日夜から18日未明にかけて、ナジブ前首相の関係先とみられるクアラルンプール市内のコンドミニアムを捜索し、高級ブランドのハンドバッグ284箱分や現金などを押収した。AFP通信によると、警察高官は「マレーシア・リンギ札と米ドル札、さらに宝石や時計が詰まったバッグが72個見つかった」と述べた。 ナジブ氏は政府系ファンド「1MDB」から巨額資金を流用した疑惑を持たれ、蓄財ではロスマ夫人にも疑いの視線が注がれている。警察当局者は18日未明、「捜索は1MDBの捜査の一環だ」と確認した。警察は16日夜から、コンドミニアムやナジブ氏の自宅、首相府などを捜索しており、首相府では1MDB関係の書類を差し押さえた。 【時事通信社】
カテゴリー:

アンワル氏、恩赦で釈放=マレーシア次期首相候補 - 05月16日(水)14:57 

 【クアラルンプール時事】マレーシアの次期首相候補で同性愛行為の罪で服役していたアンワル元副首相(70)が16日、国王の恩赦を受け、釈放された。首相に就任するには下院議員になる必要があるため、アンワル氏は今後、補選の機会をうかがい、早期の国政復帰を目指す見通しだ。 総選挙で政権交代を果たしたマハティール首相(92)らの与党連合は、アンワル氏をマハティール氏に代わって首相に就ける方針を明らかにしている。 ロイター通信によると、アンワル氏についてマハティール氏は15日、「(国政復帰後は閣僚に就く連立与党の)他の党首たちと同じ役割を期待する」と述べた。また、政権発足から1~2年は自身が首相を続けるとの認識を示し、釈放後の早急な禅譲は否定した。 アンワル氏は1998年、経済政策をめぐって当時も首相だったマハティール氏と対立し、副首相を解任された。その後に職権乱用罪で起訴され有罪が確定し、6年間服役した。 【時事通信社】
カテゴリー:

ナジブ前首相、出国禁止に=主要3閣僚発表-マハティール氏 - 05月12日(土)19:59 

 【クアラルンプール時事】マレーシア当局は12日、総選挙で敗れたナジブ前首相と夫人のロスマ氏の出国を禁止した。マハティール首相はクアラルンプール近郊で記者会見し、「私がナジブ氏を出国させないようにしたのは事実だ」と述べた。政治汚職疑惑を抱えるナジブ氏が海外に逃亡するのを防ぐためとみられる。 ナジブ氏はフェイスブックに「私と家族は休暇を取るために国(マレーシア)を離れる予定だ」と投稿していた。しかし、当局の措置を受け、「彼らの指示を尊重し、マレーシアに家族といる」と述べた。 ナジブ氏は政府系ファンド「1MDB」の巨額資金流用疑惑などが発覚。国民の不信を買い、総選挙で敗れた。同氏は12日、選挙結果を受け、前与党連合・国民戦線の議長と、所属政党・統一マレー国民組織(UMNO)の総裁を辞任した。 一方、マハティール氏は会見で財務、内務、国防の主要3閣僚人事を発表。このうち財務相には民主行動党(DAP)のリム・グアンエン書記長を起用した。 【時事通信社】
カテゴリー:

「クアラルンプール時事」の画像

もっと見る

「クアラルンプール時事」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる