「カルテット」とは?

関連ニュース

「ブラッククローバー カルテットナイツ」ではゲームオリジナルストーリーが展開。若返っても横暴な,少年期のヤミが登場 - 05月25日(金)16:00 

 バンダイナムコエンターテインメントは,2018年内に発売を予定しているPS4用ソフト「ブラッククローバーカルテットナイツ」の新情報を公開した。本作では,新規のアニメを収録したオリジナルストーリーが展開され,その物語は少年期のヤミ・スケヒロとの出会いから始まるようだ。
カテゴリー:

吉田山田、カルテットと共に一夜限りのコンサートでファン魅了 - 05月23日(水)19:02 

吉田山田が5月19日に大阪・なんばHatchで「吉田山田とカルテット」と題したコンサートを実施した。
カテゴリー:

アルティメット・ウォリアー 小説より奇なりだった現代の神話――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第81話> - 05月22日(火)08:31 

 子どもファンからは愛され、マニア層の男性ファンからは敬遠された1990年代を代表するスーパーヒーロー系ベビーフェース。  完全なフィクションのキャラクターで、“究極の戦士”アルティメット・ウォリアーに変身したのは元“ミスター・ジョージア”のボディービルダー、ジム・ヘルウィグだった。  “ジュニア・ミスターUSA”コンテスト出場に向けてカリフォルニア州ベニスビーチの“ゴールド・ジム”でトレーニングをしているときに“自称スカウト”から「プロレスをやってみないか」と声をかけられた。  プロジェクト名はレスリング・カルテット“パワー・チームUSA”。金髪のオール・アメリカン、アフリカン・アメリカン、ネイティブ・アメリカン、ヒスパニック・アメリカンの4人組のタッグチームのなかのひとりとして、ウォリアーはネイティブ・アメリカンを演じるはずだった。  カイロプラクターになるための学校に通っていたウォリアーは、おもしろい仕事かもしれないと思ってプロレスを選択した。  いっしょにトレーニングをしていた4人のうちのふたりがすぐにやめてしまったため“パワー・チームUSA”計画は実現しなかったが、ウォリアーと金髪のスティーブ・ボーデンのふたりだけが“レッド・バスチェン道場”でのトレーニング・セッションを終えた。ボーデンは、のちのスティングである。  ウォリアーとスティングは1985年11月、...more
カテゴリー:

思わずキュンと癒される!約500点のかわいすぎるネコ写真が横浜赤レンガ倉庫に集結 - 05月18日(金)10:05 

■ プロアマ問わない多彩な写真家によるさまざまなネコ写真は思わず笑顔になれるものばかり 【写真を見る】仲良く瓶の中に入るネコたち。つぶらな瞳がたまらない/(c)寝子 2015年、2016年に開催し、のべ1万4,000人の動員を記録したネコをテーマとした大規模写真展が、2018年7月11日(水)~17日(火)に横浜に帰ってくる!回を重ねるごとにスケールアップし、この展覧会をきっかけに話題のネコ写真家を輩出するなど、ネコ写真の登竜門ともなっている本展。今回は、数々の写真展のディレクションを務めているアートディレクター・三村 漢が監修。1年間かけて行われたFacebookコンペ上位者のほか、ネコを追い続けるアマチュア写真家や海外の写真家、そして有名写真家によるネコをテーマにして依頼したプロならではの技術が光る写真など約500点を展示する。 ■ 愛くるしい表情や躍動感のある‟跳びネコ”まで、自然体のネコの姿に癒される さまざまなネコ写真が満載の本展。瓶の中に入っているものや、仲良く寄り添って寝るネコ、海や雪、競馬場など自然の風景に溶け込んでいるネコなど、アート的なものや、ドキュメンタリーな写真、思わずほっこりする写真など、多彩な写真に時間を忘れて見入ってしまいそう。 ■ メディアで話題の有名ネコの写真も登場! Instagramで8万フォロー超えで、「必至すぎるネコ」の著者でもおなじみの沖...more
カテゴリー:

強打のヤンキースが首位浮上!“40発カルテット”にも期待 - 05月15日(火)18:45 

◆ 好調ヤ軍をけん引する超強力打線  ヤンキースが再び単独首位に立った。現地時間14日(日本時間15日)、首位で並んでいたレッドソックスが敗れたため、試合がなかったヤンキースがア・リーグ東地区の…
カテゴリー:

鋭さを増したコートニー・バーネットの新譜、Gasのアンビエント・テクノなど、ストリーミングで楽しむ10作品 - 05月23日(水)19:49 

注目を集めた2015年のデビュー作に続く2ndアルバムを発表したコートニー・バーネット、安定感抜群のスティーヴン・マルクマス、アトランタのラッパーの初メジャー・プロジェクト、ゴスポップ・カルテットWax Idolsの哀歌など、今聴くべき作品・・・
カテゴリー:

【サッカー】誰もが「どっきりカメラでしょ」と疑ったスター、ジーコ氏の監督就任 視聴率高騰と裏腹の得点力不足… - 05月23日(水)15:08  mnewsplus

5/22(火) 16:56配信  【あの代表監督の成功と失敗】ジーコ(上)  トルシエ監督の下で、2002年日韓共催W杯ベスト16に進出。しかし日本サッカー協会が次期監督としてオファーしたのは、4年前と同じアーセン・ベンゲル氏(68)=当時アーセナル監督。そして、答えもまた4年前と同じ「NON!」だった。  協会会長に就任したばかりの川淵三郎氏(81)=現キャプテン=は、当時副会長の大仁邦弥名誉会長(73)に「ジーコと交渉してみては?」と提案した。  しかし、極めて不安定な立場の代表監督を毛嫌いしていた...
»続きを読む
カテゴリー:

世界的ジャズ奏者の夫婦が、共演歴50周年の記念公演を開催!! - 05月21日(月)10:15 

1953年にアメリカ・メジャー・レーベル・デビューを飾り、1999年には日本人初の「国際ジャズ名声の殿堂」入りを果たすなど、60年以上に渡って世界的に活躍しているジャズ・ピアニストの秋吉敏子。この度、ジャズ・サックス&フルート奏者の巨匠で、彼女の夫君でもあるルー・タバキンとの共演歴が50周年を迎え、その記念公演を「奇跡の音響」と称えられる東京文化会館 小ホールで開く。【チケット情報はこちら】(PC)公私共にパートナーであるタバキンとの関係を、秋吉は次のように語る。「彼とはデュオ以外にも、カルテットやビッグ・バンドなど様々な形で数え切れないほど共演してきました。サックスとフルートを同じくらいの高い水準で吹きこなせる奏者は、世界的にも類がないと思います。来年は結婚生活も金婚式ですが、長続きの秘訣は、“お互いに干渉しないこと”。ニューヨークの自宅での生活の大半は、ルーが地下室、私が2階と分かれて練習していて、彼が階段を上がってくるのはお腹が空いた時だけなんですよ(笑)」注目のプログラムは、ふたりのデュオと各々のソロを織り交ぜた多彩な内容。近年の秋吉の公演の慣例通り、『ロング・イエロー・ロード』で幕を開け、『ヒロシマ~そして終焉から』の第3楽章『HOPE』で締め括る流れを予定しているという。「私が渡米した頃は、日本人がジャズをするのはハンディキャップと思われていた時代。そこで単身、差別の中...more
カテゴリー:

「ブラッククローバー カルテットナイツ」,風魔法の使い手「ユノ」のキャラクターPVが公開 - 05月16日(水)18:24 

 バンダイナムコエンターテインメントは本日,2018年内に発売予定のPS4用ソフト「ブラッククローバーカルテットナイツ」の最新映像として,「ユノ」のキャラクターPVを公開した。PVでは,彼の風魔法による遠距離射撃や,空中での機動力が確認できる。
カテゴリー:

日本のドラマ、ベスト30だそうだが『大地の子』が入ってないとか選んだ奴頭おかしいだろ。 - 05月07日(月)11:37  news

誌面には、結果発表として「ベスト100」がズラリと並んでいますが、さすがに全部記すには多いので(笑)、ここでは「トップ30」を挙げておきます。 「歴代テレビドラマベスト30」と呼んでもいいでしょう。 31位から100位までは、発売中の「週刊現代」5月11日増刊号をご覧いただけたらと思います。 1位 「あまちゃん」13年、NHK 2位 「傷だらけの天使」74年、日本テレビ 3位 「俺たちの旅」75年、日本テレビ 4位 「北の国から」81年、フジテレビ 5位 「淋しいのはお前だけじゃない」82年、TBS 6位 「すいか」03年...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「カルテット」の画像

もっと見る

「カルテット」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる