「カトマンズ」とは?

関連ニュース

米・刑務所から出所後、初シャバ飯は?テレ東がガチンコ取材 - 07月16日(月)13:00 

「ヤバい人たちのヤバい飯を通じて、ヤバい世界のリアルを見る」という前代未聞のグルメ番組『ハイパーハードボイルドグルメリポート』の第3弾が、7月16日(月)24時27分からテレビ東京系にて放送されることがわかった。第1弾(2017年10月)では、殺し合いを繰り返すアメリカの極悪ギャング、リベリアの元人食い少年兵、台湾マフィアの 贅沢中華など、世界のディープな人々の“飯”を徹底取材し、月間「ギャラクシー賞」を受賞。第2弾(2018年4月)では、シベリア奥地の通称カルト教団の村で暮らす人々や、命がけで国境越えを目指すセルビア難民の“飯”を紹介してきた。第3弾の舞台は、カリフォルニア州ロサンゼルス。数多くのギャングがしのぎを削るエリアの近くに、巨大刑務所「ロサンゼルス中央刑務所」がある。その刑務所の出口で出所者を待ち伏せし、出所後初の“シャバ飯”を追う。彼らは、シャバに出たらまず何を食うのか。取材を受けてくれたのは、62歳の麻薬中毒者。足にGPSを装着しに行くところから、最初の飯までを追った。何年振りかのうまい飯に舌鼓を打ちながら、過去について口を開いた。そして、ネパールの火葬所で一日中遺体を焼く火葬師や、流された灰の中から金を拾い暮らす少女たちに密着。インド・ガンジス河の上流、ネパールの首都カトマンズを流れるバグマティ河沿いに、ネパールヒンドゥー最大の寺院「パシュパティナート寺院」がある...more
カテゴリー:

ネパール航空、東京/成田〜カトマンズ線に9月就航へ 現地報道 - 07月09日(月)11:42 

ネパール航空は、東京/成田〜カトマンズ線を9月より週3便で開設する。ネパールのカトマンズポストが報じた。 日本とネパール当局は、6月18日に開催した協議で、日本企業はネパール国内の全地点へ、ネパール企業は東京/羽田を除く日本国内の全地点へ乗り入れできるようにすることで合意した。便数もこれまでの週2便から週14便に大幅に拡大し、コードシェアの枠組みも自由化する。 日本とネパールの間は、1994年から2007年まで、ロイヤル・ネパール航空(当時)がカトマンズ〜上海/浦東〜大阪/関西線をボーイング757型機で週2便運航していた。2007年5月14日より運休している。新型機の導入や需要の増加により、直行便での運航が可能となる。現在は香港、バンコク、クアラルンプール、ムンバイなどに就航している。 カトマンズポストの報道によると、エアバスの調査では、日本からネパールへの渡航者数は5年で約48,000人に増加するとしている。ネパールへの日本人渡航者のうち、東京/成田と大阪/関西発着の旅行者は全体の68%を占めているとした。2017年の日本人渡航者数は27,326人だった。日本に住むネパール人も、2013年の31,531人から、現在は60,000人以上に増加している。 ■関連記事 日本とネパール間、双方の就航可能地点や運航可能便数拡大で合意 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

米・刑務所から出所後、初シャバ飯は?テレ東がガチンコ取材 - 07月13日(金)22:20 

「ヤバい人たちのヤバい飯を通じて、ヤバい世界のリアルを見る」という前代未聞のグルメ番組『ハイパーハードボイルドグルメリポート』の第3弾が、7月16日(月)24時27分からテレビ東京系にて放送されることがわかった。第1弾(2017年10月)では、殺し合いを繰り返すアメリカの極悪ギャング、リベリアの元人食い少年兵、台湾マフィアの 贅沢中華など、世界のディープな人々の“飯”を徹底取材し、月間「ギャラクシー賞」を受賞。第2弾(2018年4月)では、シベリア奥地の通称カルト教団の村で暮らす人々や、命がけで国境越えを目指すセルビア難民の“飯”を紹介してきた。第3弾の舞台は、カリフォルニア州ロサンゼルス。数多くのギャングがしのぎを削るエリアの近くに、巨大刑務所「ロサンゼルス中央刑務所」がある。その刑務所の出口で出所者を待ち伏せし、出所後初の“シャバ飯”を追う。彼らは、シャバに出たらまず何を食うのか。取材を受けてくれたのは、62歳の麻薬中毒者。足にGPSを装着しに行くところから、最初の飯までを追った。何年振りかのうまい飯に舌鼓を打ちながら、過去について口を開いた。そして、ネパールの火葬所で一日中遺体を焼く火葬師や、流された灰の中から金を拾い暮らす少女たちに密着。インド・ガンジス河の上流、ネパールの首都カトマンズを流れるバグマティ河沿いに、ネパールヒンドゥー最大の寺院「パシュパティナート寺院」がある...more
カテゴリー:

ネパール航空、東京/成田〜カトマンズ線に9月就航へ 現地報道 - 07月09日(月)11:42 

ネパール航空は、東京/成田〜カトマンズ線を9月より週3便で開設する。ネパールのカトマンズポストが報じた。 日本とネパール当局は、6月18日に開催した協議で、日本企業はネパール国内の全地点へ、ネパール企業は東京/羽田を除く日本国内の全地点へ乗り入れできるようにすることで合意した。便数もこれまでの週2便から週14便に大幅に拡大し、コードシェアの枠組みも自由化する。 日本とネパールの間は、1994年から2007年まで、ロイヤル・ネパール航空(当時)がカトマンズ〜上海/浦東〜大阪/関西線をボーイング757型機で週2便運航していた。2007年5月14日より運休している。新型機の導入や需要の増加により、直行便での運航が可能となる。現在は香港、バンコク、クアラルンプール、ムンバイなどに就航している。 カトマンズポストの報道によると、エアバスの調査では、日本からネパールへの渡航者数は5年で約48,000人に増加するとしている。ネパールへの日本人渡航者のうち、東京/成田と大阪/関西発着の旅行者は全体の68%を占めているとした。2017年の日本人渡航者数は27,326人だった。日本に住むネパール人も、2013年の31,531人から、現在は60,000人以上に増加している。 ■関連記事 日本とネパール間、双方の就航可能地点や運航可能便数拡大で合意 ⇒詳細はこちら 投稿 ネパール航空、東京/成田〜カトマン...more
カテゴリー:

「カトマンズ」の画像

もっと見る

「カトマンズ」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる