「オーソドックス」とは?

関連ニュース

フランスメイドの本格的プレーヤーで始めるレコード再生 - 07月17日(火)14:32 

 フランスのオーディオブランド、エリプソン(elipson)からレコードプレーヤー「OMEGA 100」と「OMEGA 100 RIAA」が7月18日に発売されるオリジナルのトーンアームやカートリッジなど、充実装備のベルトドライブ方式のベーシックモデル。100 RIAAはフォノイコライザー内蔵タイプで、価格はOMEGA 100が7万6,000円(税別)。OMEGA 100 RIAAが8万6,000円(同)。取り扱いは、輸入オーディオ機器のフューレンコーディネート(東京)。【写真】関連情報を含む記事はこちら  高精度なデジタル技術によって、モーター回転をコントロール。サスペンションは、不要な振動を避けるよう対策が取られている。こういった各部の作りや、自社設計のトーンアームに標準的なアルミではなくカーボンファイバーが使われている点などは、上級モデルに迫るもの。オルトフォン社製のMM型カートリッジ、OM10が付属するのも便利だ。モデル数が少なくなってきている78回転への対応は、SPレコード再生をしたいユーザーにはグッドニュースだ。なお、RIAAモデルに内蔵のフォノイコライザーはMMとMCに対応しており出力をダイレクトにアンプにつなぐことができるので、すぐにレコード再生が楽しめる。 ダストカバーが付属し、仕上げはブラック、ホワイト、レッドの3タイプ。大きさは幅450×高さ120×奥行380...more
カテゴリー:

13日の金曜日…暑~い夏をホラーで乗り切れ!Netflixで観られる最恐映画8選 - 07月13日(金)21:00 

本日は“13日の金曜日”。本格的な夏が訪れ猛暑が続くが、そんな時こそ家にこもって背筋の凍るようなホラー映画を観るというのも、また一興。明日からの三連休も全国各地で30℃超えが続きそうということで、この週末にうってつけな、Netflixで配信中のホラー作品を紹介しよう! 【写真を見る】あなたは耐えられるか?身の毛もよだつホラー作品8選『ババドック ~暗闇の魔物~』/[c]2013 Babadook Films Pty Ltd, Causeway Films Pty Ltd, South Australian Film Corporation and Screen Australia. ■ 幽霊、モンスターより怖いのは“に・ん・げ・ん”! ホラーと一口で言っても様々なジャンルがあるが、何よりも観る者をゾッとさせるのが、「自分にも起こり得るかも」と思わせる“人間の怖さ”を描いた作品。映画化もされたスティーヴン・キングの原作をNetflixがオリジナルドラマ化した「ザ・ミスト」はまさに、それを突きつけるような衝撃作だ。舞台は、町全体を覆う白い霧が発生した田舎町。しかも、霧の中には正体不明の生物が潜んでおり…という一見モンスタームービーのようだが、真骨頂は、この事態に追い詰められて平静を失っていく人々の姿。窮地に追い詰められて化けの皮がはがれた時の人間の醜さと恐ろしさと言ったら…。 また、...more
カテゴリー:

デザインをありえないところまで広げる発想「重神機パンドーラ」キャラクターデザイン:安彦英二インタビュー - 07月11日(水)20:04 

特異進化生物B.R.A.Iと戦い、ネオ翔龍を守る特殊部隊パンドーラのメンバーたち。そしてダークドライブを使い、ネオ翔龍を目指す侵略者たち。TVアニメ「重神機パンドーラ」には様々な人種と文化が入り混じったキャラクターたちが存在します。そのキャラクターデザインを担当した安彦英二さんは、彼らのキャラクター像をどのようにして作り上げていったのでしょうか?安彦さんにお話を伺いました。 「重神機パンドーラ」グレン・設定画/(C)2017 Shoji Kawamori, Satelight / Xiamen Skyloong Media ――「重神機パンドーラ」の企画を最初に聞いたときに、興味を持たれた部分は何でしたか? 安彦:河森さんの作品であることですね。世代的に「超時空要塞マクロス」を見ていたので、そこに興味がありました。河森さんにお会いしたら、とても穏やかな方で。自分が「こんなのはどうだろう?」と考えてきたものに、すごく良いリアクションをしてくださって、とても仕事がやりやすかったです。たとえばジェイのキャラクターデザインラフを描いたときに、ジェイの小物として扇子をラフで描いておいたんです。そうしたら河森さんが「これはいいね」と言ってくださって、「ただの扇子じゃなくて、携帯端末として使う」というアイデアへ発展していったんです。僕はそこまで考えていなかったんですけど、河森さんによって自分が...more
カテゴリー:

ポール・マッカートニーの新作『エジプト・ステーション』、プロデューサーが語る制作秘話 - 07月08日(日)15:30 

今秋9月にリリースされる、ポール・マッカートニーの17枚目となるソロアルバム『Egypt Station(エジプト・ステーション)』。本作のプロデューサーのグレッグ・カースティンが制作エピソードやマッカートニーとの出会いなどをローリングストーン誌に語ってくれた。「ポールは自身のソングライティングの限界に挑戦しようとしてた」ー グレッグ・カースティン来るポール・マッカートニーの新作、『エジプト・ステーション』の大半はロサンゼルスとサセックスでレコーディングされているが、彼が楽曲を仕上げる上で不可欠な場所は別に存在する。言うまでもなく、それはロンドンのアビー・ロード・スタジオだ。同作のプロデューサーを務めたグレッグ・カースティンは、ビートルズが曲の大半を生み出したその空間に足を踏み入れた瞬間、言葉にならない感動を覚えたという。「夢じゃないかって、自分の頬を何度もつねったぐらいさ」彼はそう話す。「スタジオの隅には、幾つものビートルズの曲で使われたミセス・ミルズのピアノ(1905年製 Steinway Vertegrand)があった。通路に置いてあったピアノでポールが何気なく『レディ・マドンナ』を弾き始めた時は、皆がぞろぞろと集まってきてたよ」これまでにアデルやベック、フー・ファイターズ等の作品を手がけてきたカースティンだが、『エジプト・ステーション』(9月7日発売)の制作に費やされた過去...more
カテゴリー:

話題の餃子レストランでダントツ人気は、黄金比のスタンダード焼き餃子 - 07月06日(金)12:00 

地下鉄千代田線赤坂駅から4番出口を出て、徒歩1分の場所にある「GYOZA IT.」。日本ならではの焼き餃子を看板メニューに据え、その他にも餃子と相性の良い料理、アルコールメニューを多数展開している。スタンダード餃子から、これからの季節にぴったりの新作スイーツ、シメに頼みたいメニューまで一挙大紹介。 【写真を見る】クラシックな「GYOZA」(440円)は、トリュフ塩を付けて食べるのがおすすめ 【ニンニク】選択可能【ニラ】あり ■ 試作を重ねて黄金比を導いた「味の素のGYOZA」 数ある餃子メニューの中でも1番の人気を誇るのが、スタンダードな「GYOZA」(440円)。野菜はキャベツ、玉ねぎ、ニラ、ニンニクと、奇をてらわずオーソドックスに徹している。頬張ると、野菜の甘みと餡に凝縮されたひき肉の旨みが口の中で広がる、ほっとする味わいだ。なお、こちらの餃子は、ニンニク抜きの注文も可能だ。 ■ 魚介ダシの爽やか麺はシメにぴったり こってりとした餃子と一緒に味わいたいのが、マグロでダシをとったスープに薄切りのすだちを浮かべた「すだちの冷やし和だし麺」(650円)。麺はパスタのカペリーニを使用。薄味ながら魚介のコクを感じられるスープは、爽やかなすだちの酸味がアクセントとなっている。厳しい暑さが続く時期にぴったりの麺だ。 ■ 夏の新作!風味豊かなほうじ茶アイスでシメ 餃子を楽しんだ後のお口直しとし...more
カテゴリー:

サンコー、紙パック飲料を0.1度まで冷やせる「紙パックSUPER COLD BOX」発売 - 07月17日(火)14:20 

使用イメージ サンコー株式会社は、同社が運営する直営サイト「サンコーレアモノショップ」において、紙パック商品を冷やすことができる「紙パックSUPER COLD BOX」を発売開始した。価格は4980円(税込)。なお、発売からすぐに品切れとなり、現在は予約を受け付けている。 本製品は、紙パックのドリンクを冷やすことを専用に設計された保冷ホルダー。紙パックと同じ4角に区切られたボックス部に紙パックを設置して、スイッチを入れれば冷却機能と放熱ファンが動き、冷却が始まる。同社のテストの結果、21.3度だった水は1時間で8.1度、2時間で3.4度まで冷却できた。なお、室内温度などの環境によって異なるが、スペック上では温度は約0.1度~18.0度まで保冷することができる。 使用イメージ ボックスのサイズは、横幅72✕奥行き72✕高さ98mmとなっていて、オーソドックスな500ml、1000mlの紙パックに対応。また、プラスチックの500mlペットボトルでのテストでは、効果は低いものの、冷却(保冷)に成功している。ほかにも、夏は溶けやすいチョコの保冷などにも使える。 ペットボトルでも効果あり 本体全体のサイズは横幅87×奥行150×高さ103mm、電源ケーブル144cm、重量は本体約466g、電源ケーブル約198g。 サンコー株式会社価格:4980円(税込)URL:https://www.tha...more
カテゴリー:

肉汁ジュワーな餃子はキノコビネガーやニラオイルで!人気餃子バルの新しいクラシック - 07月12日(木)20:00 

8つのバルがひとつの施設に集まる赤坂バル横丁。さまざまなカテゴリーの飲食店が混在するこの場所で、餃子をメインに提供するのが「GYOZA! 365」だ。新しい餃子を世界に発信するこの店では、異彩を放つ餃子メニューのほか、スタンダードな餃子も人気が高い。 【写真を見る】「クラシックGYOZA!」(380円)。キノコのビネガーとニラのオイルはセットで提供される 【ニンニク】なし【ニラ】あり(ニラのオイル) ■ キノコビネガーとニラのオイルで味わう新定番 「クラシックGYOZA!」(380円)は、クラシックと謳うが、単純にオーソドックスな餃子の枠に収まらない個性を放つ。餡には紹興酒や生姜、フォン・ド・ヴォーなど和洋折衷な調味料が加えられ、さらに、キノコのビネガーと緑ニラのオイルをかけて食べる、新しいクラシックの形を提案。噛んだ瞬間、ジュワーっと広がる肉汁とキノコ、そしてニラの風味が絶妙に混ざり合う。 ■ 箸休めには、有機野菜のおつまみ盛り合わせを注文 個性的な餃子が並ぶなか、箸休めとしてぜひ注文したいのが、テーブルをパッと華やかにしてくれる新鮮野菜の「おつまみ盛り合わせ 5種盛り」(1480円)。 ラインナップは時期や仕入れ状況により変化するが、この日提供されたのは有機野菜のピクルス、ビーツのピクルスサラダ、スパイシーポテトサラダ、有機野菜と生ハムのサラダ、ブリュイエールチーズとスモークチ...more
カテゴリー:

1日100個限定の白桃生チョコパイの味は!?実食レポ - 07月11日(水)19:00 

ロッテを代表するロングセラー菓子「チョコパイ」。そのチョコパイが、ナイフとフォークで食べるスイーツとして販売されているのをご存じだろうか?京王百貨店 新宿店に2018年4月から1年間限定でオープンしている「“生”チョコパイ」専門店では、「トシ ヨロイヅカ」のオーナーシェフ・鎧塚俊彦氏監修のもと作られた特別なチョコパイがテイクアウト限定で販売中だ。 【写真を見る】“生”チョコパイは高級感漂う紙箱に収められている 4月に発売されたのは苺のピスタチオを使った「フレジェ」、抹茶とくるみの相性がいい「宇治抹茶」、コーヒーとマカダミアが香ばしい「エチオピアモカ」、ラム酒とラムレーズンで大人な味わいの「ババ」の4種。いずれも1個540円という価格なだけあり、通常のチョコパイと比べてリッチな仕上がりとなっている。 そして6月25日(月)からは、1日100個限定発売の新作「“生”チョコパイ<ラ・ペーシュ>」(560円)が発売!ラ・ペーシュは、なんとチョコパイ史上初めて白桃果肉を使用したという意欲作。夏季限定の一品を編集部が実食レポート! “生”チョコパイは通常のチョコパイと異なり、高級感漂う紙箱に収められている。箱の中には、「ひとつひとつ、ていねいに。ひとりじめ“生”チョコパイ」と書かれた個包装に包まれたチョコパイ。特別感あふれるパッケージに期待が高まる。 チョコパイの見た目自体はオーソドックス。そ...more
カテゴリー:

意欲的な設計を採り入れた、新世代となるプリメインアンプとCDプレーヤー/USB DAC - 07月08日(日)07:10 

 オーディオのマランツ・ブランド(D&Mホールディングス・川崎市)から、プリメインアンプ「PM-12」(税別30万円)とSACD/CDプレーヤー・USB DACの「SA-12」(同30万円)が登場する。従来の14シリーズのSA-14/PM-14に代わるラインアップ上級モデルだが、同社の新世代として大きな変革を果たした最上位の10シリーズ(SA-10/PM-10)の技術を継承、さらに進化させたモデルとなる。発売は7月13日。【写真】関連情報を含む記事はこちら  SA-12の最大のポイントは、新世代のSACDプレーヤーとしてSA-10のコンセプトを継承。ピックアップメカニズムから、デジタルフィルターやDAコンバーター、アナログアンプ回路まで、すべて自社のオリジナル技術で固めている。特に重要なのがディスクリート構成の自社開発のDAC。通常、この部分は前段のデジタルフィルターやデルタシグマモジュレーター、デジタル変換回路などを一体化したデバイスメーカー製ICチップを使うが、マランツではこれらをオリジナルで組み上げているのだ。 そのメリットは音質を最適化したオリジナルのアルゴリズムで動くデジタルフィルター、選択したパーツで高品位に組み上げたデジタル変換部、DAC内部でのデジタルとアナログの電気的結合の分離、遮断など、通常のDACチップではできない高音質の追求が行えることにある。SA-12では...more
カテゴリー:

【サッカー】<岡田武史論>結果出たんだから、西野さんの勝ち/どん底を味わって開き直れる - 06月30日(土)08:30  mnewsplus

<ワールドカップ(W杯)ロシア大会:日本0-1ポーランド>◇1次リーグH組◇28日◇ボルゴグラード  2度のW杯で指揮を執った元日本代表監督で日刊スポーツW杯特別評論家の岡田武史氏(61)は、西野采配に驚きの声を上げた。先発を6人代えてポーランド戦に臨み、最後は決勝トーナメント進出のためにボール回しに徹した。「自分にはできない」としながらも「結果が出たんだから、西野さんの勝ち」と高く評価。開き直った指揮官の勇気に感嘆し、日本代表のベスト8進出に期待した。       ◇       ◇  岡田氏...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「オーソドックス」の画像

もっと見る

「オーソドックス」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる