「オリエンタルランド」とは?

関連ニュース

【雨の日ディズニー】限定のミニパレードも!東京ディズニーランドの雨の日を満喫するコースガイド - 06月23日(土)07:00 

雨の日だって東京ディズニーランドをとことん満喫したい! そこでオズモール編集部とオリエンタルランド広報が、憂鬱な雨の日を“ハッピーな一日”に変える、とっておきのコースガイドを提案します。いつもは行列になる人気アトラクションに乗ったり、雨の日限定のミニパレードを観たり、“雨だからこそかなう”お楽しみがいっぱい。いつもとは違うしっとり情緒あふれるパークを堪能してみて。【事前準備】■事前にチケットを購入■雨具(傘・長靴・レインコート・ポンチョなど)の用意チケットを事前に購入しておけば、突然の雨になってしまっても、チケット購入の列に並ぶ手間がなく楽ちん。「ディズニーeチケット」は、入園3ヵ月前~当日までのパークチケットをスマートフォンから購入することが可能。事前に雨が降る予報のときは、長靴やレインブーツを履いていくのがおすすめ。もちろんパーク内のショップや、舞浜駅すぐそばの「ボン・ヴォヤージュ」にも、かわいい雨具が販売されていますよ。傘やレインコートも気になるけれど、おすすめはポンチョ。屋内アトラクションに乗るときに脱いだり着たりが簡単で、コンパクトに畳めるのも嬉しい。雨の日の東京ディズニーランドに欠かせないアイテム!【入園~ トゥモローランド】■「バズ・ライトイヤーのアストロブラスター」のファストパス・チケット取得■「モンスターズ・インク“ライド&ゴーシーク!”」スタンバイ■「スター・ツ...more
カテゴリー:

JAL、東京ディズニーリゾート35周年記念機「JALセレブレーションエクスプレス」お披露目 - 06月22日(金)10:48 

日本航空(JAL)はきょう6月22日、東京ディズニーリゾート(TDR)35周年を記念した特別塗装機「JALセレブレーションエクスプレス」をお披露目した。 「JALセレブレーションエクスプレス」は、TDR35周年のアニバーサリーイベント“Happiest Celebration!”とのタイアップによるもの。TDRとのタイアップによる特別塗装機は、2015年7月から2016年4月まで運航した「JALハッピージャーニーエクスプレス」以来で、初タイアップとなった2001年の「JALドリームエクスプレス」から数えて13機目となる。 機材はボーイング767-300ER型機(機体番号:JA612J)を使用し、タテ約1.9メートル、ヨコ約10メートルのデカールを片面あたり78枚貼り付けた。デカールの総面積は約163平方メートルで、ミッキーマウスをはじめとするディズニーのキャラクターたちや色とりどりのリボンが描かれている。機内でも特別デザインのヘッドレストカバーや紙コップを使用するほか、期間ごとにデザインの異なる搭乗証明書も用意する。 この日、羽田空港に隣接するJAL格納庫で行われたお披露目イベントでは、JALの赤坂祐二代表取締役社長が「全国各地の皆さまの憧れであるTDRの特別塗装を施すことによって、記念すべき35周年をお祝いするとともに、より一層TDRを応援させていただきたい」と挨拶。また、オ...more
カテゴリー:

ディズニーシーが拡大で映画『アナ雪』『ラプンツェル』『ピーター・パン』テーマの新テーマポート - 06月15日(金)15:49 

新テーマポートの全景 株式会社オリエンタルランドは14日、東京ディズニーシーの拡張し、ディズニーホテルを有する新テーマポートを開発する基本計画について、アメリカのザ・ウォルト・ディズニー・カンパニーと合意したと発表した。また、ディズニーテーマパークおよびそれに関連するライセンス契約についても、最長で2076年まで延長できる内容で合意に至っている。 東京ディズニーシー(TDS)には開業当初から、南ヨーロッパの古き良き港町を模したメディテレーニアンハーバーなど7つのテーマポートが存在。そして今回、新たにTDS南西に隣接する駐車場を転用し、8つめとなる新テーマポートを建設する。 新テーマポートのテーマは、「魔法の泉が導くディズニーファンタジーの世界」。主にモチーフになるのはディズニー映画『アナと雪の女王』『塔の上のラプンツェル』『ピーター・パン』となっていて、3つのエリアの中に4つのアトラクションや3つの飲食施設、1つの商品施設、1棟のホテルが建設される。 『アナと雪の女王』をテーマとしたエリアは、雪の女王であるエルサが、氷の魔法を受け入れたあとのアレンデール王国 『塔の上のラプンツェル』をテーマとしたエリアにはラプンツェルの塔が森の奥深くにそびえる 『ピーター・パン』をテーマとしたエリアでは、ネバーランドで新たな冒険に出発 東京ディズニーリゾートでは2020年にディズニーランドの大規...more
カテゴリー:

TDR「シー」拡張に2500億円 「アナ雪」テーマに新エリア - 06月15日(金)06:02 

 東京ディズニーリゾート(TDR、千葉県浦安市)を運営するオリエンタルランドは14日、TDRの追加投資としては過去最大となる2500億円を投じ、東京ディズニーシー(TDS)を拡張すると発表した。ディズニーの大ヒット映画「アナと雪の女王」などの世界を4つの新たなアトラクション施設で再現。2022年度の開業を目指す。
カテゴリー:

東京ディスニーシー、大規模拡張 「アナ雪」などのアトラクション建設 - 06月14日(木)20:59 

オリエンタルランドは、「東京ディスニーシー大規模拡張プロジェクト」の基本計画について、ザ・ウォルト・ディズニー・カンパニーと合意した。 新たにディズニーホテルを擁する8番目のテーマポートを開発する。「魔法の泉が導くディズニーファンタジーの世界」をテーマに、ディズニー映画「アナと雪の女王」、「塔の上のラプンツェル」、「ピーター・パン」の世界を、新たに開発する4つのアトラクションなどで再現した3つのエリアと475室の客室を擁するディズニーホテル、飲食施設3施設、ショップ1施設を設ける。 東京ディズニーランドと東京ディスニーシーに隣接する駐車場を転用して開発する。開発面積は約14万平方メートルで、うちテーマパークとホテルのエリアは約10万平方メートルとなる。2022年度中に開業を予定している。投資額は約2,500億円。 また、両社の間で締結しているライセンス契約も、最長で2076年まで延長できる内容にも合意した。
カテゴリー:

JAL、東京ディズニーリゾート35周年記念機「JALセレブレーションエクスプレス」お披露目 - 06月22日(金)10:48 

日本航空(JAL)はきょう6月22日、東京ディズニーリゾート(TDR)35周年を記念した特別塗装機「JALセレブレーションエクスプレス」をお披露目した。 「JALセレブレーションエクスプレス」は、TDR35周年のアニバーサリーイベント“Happiest Celebration!”とのタイアップによるもの。TDRとのタイアップによる特別塗装機は、2015年7月から2016年4月まで運航した「JALハッピージャーニーエクスプレス」以来で、初タイアップとなった2001年の「JALドリームエクスプレス」から数えて13機目となる。 機材はボーイング767-300ER型機(機体番号:JA612J)を使用し、タテ約1.9メートル、ヨコ約10メートルのデカールを片面あたり78枚貼り付けた。デカールの総面積は約163平方メートルで、ミッキーマウスをはじめとするディズニーのキャラクターたちや色とりどりのリボンが描かれている。機内でも特別デザインのヘッドレストカバーや紙コップを使用するほか、期間ごとにデザインの異なる搭乗証明書も用意する。 この日、羽田空港に隣接するJAL格納庫で行われたお披露目イベントでは、JALの赤坂祐二代表取締役社長が「全国各地の皆さまの憧れであるTDRの特別塗装を施すことによって、記念すべき35周年をお祝いするとともに、より一層TDRを応援させていただきたい」...more
カテゴリー:

2022年度開業予定!東京ディズニーシーに『アナと雪の女王』『塔の上のラプンツェル』『ピーター・パン』の世界を再現するエリアが新設 - 06月19日(火)15:00 

子どもも大人も魅了される夢の国、東京ディズニーリゾート。その東京ディズニーリゾートを運営する(株)オリエンタルランドが、東京ディズニーシーを拡張し、新たなエリアを作ることを発表しました。2022年度の開業を目指す「東京ディズニーシー大規模拡張プロジェクト」。すでにママたちの間でも話題となっています。 新テーマポートは『アナと雪の女王』『塔の上のラプンツェル』『ピーター・パン』の世界を再現!ディズニーホテルも建設 新テーマポートの全景 (株)オリエンタルランドが今回発表した「東京ディズニーシー大規模拡張プロジェクト」では、既存施設への追加投資として過去最高の約2,500億円をかけて、東京ディズニーシー開業以来最大の面積を拡張するとのことです。 『アナと雪の女王』をテーマとしたエリア 新たに開発するテーマポートは、「魔法の泉が導くディズニーファンタジーの世界」がテーマ。ディズニー映画『アナと雪の女王』や『塔の上のラプンツェル』、『ピーター・パン』の世界を再現するのだそう。3つのエリアそれぞれに新たなアトラクションを作り、パーク内には最上級ランクの部屋を有するディズニーホテルも建設されるそうですよ。 ディズニーホテル ママたちからは期待と不安の声 3つのエリア新設については、すでにママたちの間でも話題となっています。混雑解消への期待は高まっているようです。 『こ...more
カテゴリー:

東エレクに逆張りの買いの動き(15日10:12時点のeワラント取引動向) - 06月15日(金)10:49 

新規買いは原資産の株価上昇が目立つ村田製作所<6981>プット106回 8月 17,500円を逆張り、オリエンタルランド<4661>コール83回 12月 10,000円を順張り、任天堂<7974>コール294回 11月 45,000円を順張りで買う動きや、原資産の株価下落が目立つ東京エレクトロン<8035>コール217回 12月 23,000円を逆張り、ダイフク<6383>コール17回 10月 8,500円を逆張り、コマツ<6301>コール141回 8月 3,750円を逆張りで買う動きなどが見られる。
カテゴリー:

ディズニーシー拡張なぜ?値上げだけでは混雑緩和できず - 06月14日(木)23:04 

 東京ディズニーリゾート(TDR)を運営するオリエンタルランドは14日、東京ディズニーシー(TDS)の面積を約3割拡張し、「アナと雪の女王」など三つのディズニー映画をテーマにした新エリアを建設すると発…
カテゴリー:

東京ディスニーシー、大規模拡張 「アナ雪」などのアトラクション建設 - 06月14日(木)20:59 

オリエンタルランドは、「東京ディスニーシー大規模拡張プロジェクト」の基本計画について、ザ・ウォルト・ディズニー・カンパニーと合意した。 新たにディズニーホテルを擁する8番目のテーマポートを開発する。「魔法の泉が導くディズニーファンタジーの世界」をテーマに、ディズニー映画「アナと雪の女王」、「塔の上のラプンツェル」、「ピーター・パン」の世界を、新たに開発する4つのアトラクションなどで再現した3つのエリアと475室の客室を擁するディズニーホテル、飲食施設3施設、ショップ1施設を設ける。 東京ディズニーランドと東京ディスニーシーに隣接する駐車場を転用して開発する。開発面積は約14万平方メートルで、うちテーマパークとホテルのエリアは約10万平方メートルとなる。2022年度中に開業を予定している。投資額は約2,500億円。 また、両社の間で締結しているライセンス契約も、最長で2076年まで延長できる内容にも合意した。 投稿 東京ディスニーシー、大規模拡張 「アナ雪」などのアトラクション建設 は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

もっと見る

「オリエンタルランド」の画像

もっと見る

「オリエンタルランド」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる