「オマージュ」とは?

関連ニュース

新海誠作品を支えてきた竹内良貴、初監督に達成感 白石晴香は監督の愛を痛感 - 07月18日(水)10:00 

 新海誠監督作品のアニメスタジオとして知られるコミックス・ウェーブ・フィルム制作のオムニバスアニメ「詩季織々」(しきおりおり)のジャパンプレミアが7月17日、東京のシネ・リーブル池袋で開催され、キャストの坂泰斗、白石晴香、大塚剛央、リ・ハオリン総監督、竹内良貴監督が出席した。 ・【フォトギャラリー】この日の舞台挨拶、その他の写真はこちら  本作は、中国の暮らしの基本となる「衣食住行」を共通テーマに、若者たちの過去と現在を紡ぐ。中国のアニメ業界を牽引するブランド「ハオライナーズ」の代表を務めるハオリン総監督が「秒速5センチメートル」にオマージュを捧げた「上海恋」、実写作品を手がけてきたイシャオシン監督による「陽だまりの朝食」、そして長年にわたって新海監督作品を支えてきた竹内の劇場アニメ初監督作「小さなファッションショー」で構成される。  新海監督作品をほうふつとさせる美しい風景描写、背景美術が注目を集めている本作。「君の名は。」「言の葉の庭」など多数の新海監督作品で3DCGチーフを務めた竹内監督は、「初監督の心境」を問われ「僕は10年くらい新海さんの下で作品を作ってきた。今回、初めて自分から何かを作らなければならなかった。その時に思ったのは『なんて大変なんだろう』ということがひとつ。あとは、いろんな人とコラボレーションして作品を作っていくので、『その過程をどれだけ楽しんでできる...more
カテゴリー:

EXILE小林直己主演作「荒野の忍」プチョン映画祭でワールドプレミア上映! - 07月17日(火)18:00 

 「EXILE」「三代目 J Soul Brothers」の小林直己が主演を務め、「下衆の愛」「獣道」の内田英治監督がメガホンをとった短編映画「荒野の忍 Return of Ninja」が7月15日(現地時間)、韓国・プチョン国際ファンタスティック映画祭2018でワールドプレミア上映された。韓国初訪問となった小林は、2日間にわたって滞在。現地の若手監督や俳優たちと積極的に交流し、上映後には内田監督とともにティーチインに臨んだ。 ・【フォトギャラリー】「荒野の忍 Return of Ninja」  「サムライフ」の監督を務めたことでも知られる森谷雄氏がプロデューサーを務めた「荒野の忍 Return of Ninja」は、内田監督と小林の出会いから製作がスタート。昨年夏、米国での映画撮影に思いを馳せていた内田監督と、英語での演技トレーニングを積んできた小林はすぐに意気投合し、企画発足からわずか1カ月でクランクイン。ロサンゼルス郊外の砂漠で現地スタッフと撮影が行われ、内田監督ならではのシニカルさとコメディセンス、80年代の“アメリカンニンジャ映画”へのオマージュをちりばめた意欲作が生み出された。  ロス郊外の砂漠。B級ニンジャ映画を撮っている映画監督のスティーブンは、「俺はこんな作品に出るような役者じゃない」と主演俳優・ジョニーに嫌味を言われながらも“本物の忍者映画”を撮ろうと撮影...more
カテゴリー:

ただのBGMじゃない!「映画サントラ」の知らない世界 - 07月13日(金)11:00 

映画を観ていると流れてくる音楽が印象に残って、サウンドトラックを購入して聴いてみたことがある人もいるのでは? 実は、作中で使用されている音楽は、監督のメッセージを伝えたり、作品をひもとくヒントが隠されているなど重要な役割を果たしているんです! その読み解き方や注目すべきポイントを、サントラにまつわる本を記した長谷川町蔵さんに聞きました。 「映画で流れる音楽は、以前は歌詞のないインストゥルメンタルが主流。雰囲気を盛り上げるために、音の面での演出として機能していました。でも、ここ20年、特にクエンティン・タランティーノ監督以降に増えたのが、歌詞でメッセージを伝えるなど、音楽を“第二の脚本”として使う手法です。たとえば『レディ・プレイヤー1』では、主人公がヒロインと会ったときに、テンプテーションズの『ジャスト・マイ・イマジネーション』が流れますが、これは片想いソングの代表格。観客はそれを聴くだけで“主人公はヒロインに恋しているな”ということが、セリフがなくてもわかっちゃうんですね。この手法が増えた背景のひとつには、映画で描かれる世界が多様化したことがあります。昔は映画で描かれる世界は、現実と離れた純文学的なものが多かったけど、今は、映画と現実が地続きという設定が普通になり、既存のヒット曲も流れるようになりました。 また、同じ製作チームが手がけた『ラ・ラ・ランド』と『グレイテスト・ショーマ...more
カテゴリー:

絶叫上映で話題『バーフバリ』の原点となった幻の傑作が日本初登場! - 07月12日(木)17:00 

昨年12月の上映開始以来、ロングランヒット中のインド映画『バーフバリ 王の凱旋』。同作の監督、S.S.ラージャマウリが手がけた『バーフバリ』のまさに原点とも言うべき作品『マガディーラ 勇者転生』の8月31日(金)から日本公開されることが決定した! 【写真を見る】『バーフバリ 王の凱旋』には“あの作品”の有名すぎるシーンへのオマージュも!/[c]ARKA MEDIAWORKS PROPERTY, ALL RIGHTS RESERVED. いまから20年前の1998年、『ムトゥ 踊るマハラジャ』が公開されるや、一大ブームを巻き起こしたインド映画。歌と踊りが大胆にフィーチャーされた絢爛豪華な映像で描かれる物語は日本人にとってまさにカルチャーギャップを感じさせるものだった。 そして、昨年日本公開された『バーフバリ 伝説誕生』とその続編の『バーフバリ 王の凱旋』。両作ではインド映画の代名詞である“歌と踊り”はもちろん、香港のカンフー映画やハリウッドのド派手なアクション映画的な見せ場を盛り込み、仰々しいまでに演出された物語に観客はすぐさまトリコに。口コミやSNSでの評判が、さらなる中毒者を生んだ。 劇中のキャラクターに合わせてセリフを叫んだり、サイリウムを振ったりという絶叫上映や爆音上映も人気になった。個性豊かなキャラクターによるLINEスタンプ、劇中歌のカラオケでの配信もスタートし、さ...more
カテゴリー:

少年少女の写真世界をテーマにした安珠氏の個展「ビューティフル トゥモロウ」 - 07月11日(水)09:45 

展示作品 2018年7月11日(水)から8月28日(火)まで、キヤノンギャラリーSにて、安珠氏の写真展「ビューティフル トゥモロウ 〜少年少女の世界〜」が開催される。入場無料、日祝休館で、開館時間は10:00〜17:30。安珠氏がデビュー以来取り組んできた“少年少女の写真世界”をテーマとした作品が紹介される。 安珠氏は、デザイナーのジバンシーにモデルとしてスカウトされて渡仏し、パリを拠点として国際的に活躍した。帰国後は写真家に転身。文章を織り交ぜた物語のある独自の写真世界を表現して注目を集め、文筆や講演、審査や映像監督まで幅広く活躍している。 デビュー作は1990年に出版された「サーカスの少年」。近年の作品展には、子どもの夢を集めた「Dream Linking☆つなぐ夢、千年忘れない」、中国自然遺産・張家界の「仙人の千年、蜻蛉の一時」、平安京に焦点を当てた「Invisible Kyoto-目に見えない平安京-」などがある。 本展は、1990年〜1996年に発表された写真作品集から約120点と、オマージュ作品を含む約15点の新作で構成。作品では、大人が忘れた“少年少女にしか持ちえない心情”が表現された。 会場では、安珠氏のデビュー以来、写真展でオリジナル曲を提供してきた細野晴臣氏の楽曲が流れ、作品の世界観をより一層演出。なお、展示作品はキヤノン製の大判プリンタ「imagePROGRA...more
カテゴリー:

エヴァ新幹線が「シンカリオン」に再登場&ついに変形 運転士は碇シンジ - 07月17日(火)23:45 

 放送中のテレビアニメ「新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION」の第31話に、山陽新幹線と「新世紀エヴァンゲリオン」がコラボレーションして誕生した新幹線「500 TYPE EVA」が登場し、巨大ロボット「シンカリオン」に変形することがわかった。さらに、同機の運転士として「新世紀エヴァンゲリオン」の主人公である碇シンジも登場することが決定。オリジナルキャストである緒方恵美が声を務める。  「新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION」は、JR東日本企画、小学館集英社プロダクション、タカラトミーの3社原案によるキャラクターコンテンツのテレビアニメ化。鉄道博物館、京都鉄道博物館、リニア・鉄道館の地下深くに存在する特務機関「新幹線超進化研究所」は、“漆黒の新幹線”が生み出す巨大怪物体から日本を守るため、変形ロボット「シンカリオン」を開発する。主人公・速杉ハヤトら子どもたちが運転士としてシンカリオンに乗り込み、強大な敵に立ち向かう姿を描く。  「シンカリオン」と500 TYPE EVAの本コラボレーションは今年2月に始動。500 TYPE EVAが「シンカリオン」の第17話に初登場すると、「エヴァンゲリオン」のオマージュを盛り込んだシーンや、「残酷な天使のテーゼ」がBGMとして使用されるなど、“エヴァ要素”満載の内容が話題を呼んだ。同機が再登場し、ロボット...more
カテゴリー:

新鋭監督が「バンクシーを盗んだ男」の製作に踏み出した意外な理由とは? - 07月14日(土)09:00 

 正体不明のグラフィティアーティスト、バンクシーと、その作品がもたらす影響力に迫るドキュメンタリー「バンクシーを盗んだ男」を手がけた新鋭マルコ・プロゼルピオ監督が、作品を製作した意図を語った。  世界から熱視線を浴びる覆面アーティストであるバンクシーの人物像のみならず、数千万円~1億円という超高額で取引される作品にまつわるドラマに迫った本作。舞台は、紛争地区に指定されているパレスチナ・ヨルダン西岸地区にあるベツレヘムの“分離壁”。その壁にバンクシーが「ロバと兵士」を描いたことからパレスチナで反感を呼び、怒った地元住民が壁面を切り取ってオークションへかけてしまう。音楽界のカリスマ、イギー・ポップがナレーションを務める。  プロゼルピオ監督は、「数年前にパレスチナに行って、街の状況を自分の目で見たときにアイデアが浮かんだ。まず1番に、問題を壁で囲えば解決したことになるような世界には住みたくない、と思ったことを覚えているよ。パレスチナにある何かを撮影したいと思った。撮りたいものは分からなかったけれど、パレスチナの人たちを犠牲者としてではなく、人間として撮りたい、というのは自分のなかで決まっていたんだ」と“発端”を語る。あくまでバンクシーではなく、パレスチナの人々を描くことを念頭においていたというから驚きだ。  そんなプロゼルピオ監督をバンクシーへと向かわせたのが、劇中にも登場するタ...more
カテゴリー:

【テレビ】 今夜の金ロー『ジュラシック・ワールド』第4作目放送 - 07月13日(金)09:39  mnewsplus

スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務めた大ヒットシリーズの第4弾『ジュラシック・ワールド』(2015)が13日、金曜ロードSHOW!にて放送される。シリーズ1作目の『ジュラシック・パーク』(1993)へのオマージュが詰まった本作の魅力を紹介する。 映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』が公開されたことを記念して放送される今回の『ジュラシック・ワールド』。『炎の王国』で共同脚本と製作総指揮を担当したコリン・トレヴォロウがメガホンを取り、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014)などのクリス・プラット...
»続きを読む
カテゴリー:

花々が咲き誇る香り「サルヴァトーレ フェラガモ シニョリーナ イン フィオーレ」限定ボトル - 07月11日(水)15:00 

【7月11日 MODE PRESS WATCH】「サルヴァトーレ フェラガモ」は、人気香水「シニョリーナ」より、新春夏コレクションへのオマージュを込めた「シニョリーナ イン フィオーレ オーデトワレ (ファッションエディション)」を、7月15日の全国発売に先駆け、7月11日より伊勢丹新宿店にて先行発売し、本館1階にてポップアッププロモーションを実施する。≫続きを読む
カテゴリー:

世界初!水深120mまで測定可能なダイバーズウォッチ「レイダー・バシィ120メモデプス」登場 - 07月09日(月)12:49 

SwissPrimeBrands株式会社は、7月9日、同社のスイス高級時計ブランド「ファーブル・ルーバ」より、世界で初めて水深120mまでの測定を可能にした機械式ダイバーズウォッチの新作「レイダー・バシィ120メモデプス」を発売すると発表した。価格は920,000円。10月末頃の発売が予定されている。 ファーブル・ルーバの「バシィ」は、1968年、正確な潜水深度の測定を実現した世界初の腕時計として、機械式腕時計の歴史に大きな足跡を残したモデルで、現代においても非常に人気の高いコレクターズアイテムである。この「バシィ」の発売50周年を記念して、機能をさらに大きくバージョンアップさせた「レイダー・バシィ120メモデプス」が発表された。伝説のオリジナルモデルへのオマージュであるタイムレスなケースデザインに、機能と素材の改良を加え、実用面においては最新のテクノロジーが搭載された画期的なモデルとなっている。防水性は、ダイバーズウォッチの標準仕様と同じく最大200mまで対応、理想的な計測ができる範囲は120mで、その範囲は1968年に発売されたオリジナルのバシィ(50m)の2倍以上を誇る。時計には機械式リミッターが内蔵されており、理想的な計測範囲より深く潜水した場合でも、膜や水深計にダメージが与えられることはない。また、ダイビングの本質に焦点を当てた、きめ細かい設計にも注目したい。鮮やかで実用...more
カテゴリー:

もっと見る

「オマージュ」の画像

もっと見る

「オマージュ」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる