「オホーツク」とは?

関連ニュース

【北海道】線路に死んだクマ 列車にはねられたか - 07月16日(月)14:36  newsplus

16日朝、オホーツクの遠軽町で、線路内にクマが倒れているのが見つかり、特急列車などに遅れが出ました。 16日午前7時すぎ、遠軽町のJR石北線で線路内にクマが倒れているのを列車の運転士が見つけ停車しました。 クマはすでに死んでいました。 この区間では15日午後9時半ごろ、快速列車がクマをはねていて、JR北海道ははねられたクマがそのまま線路に倒れていたものとみています。 列車の乗客や運転士にけがはありませんでした。 この影響で、網走発札幌行きの特急オホーツクなどが遅れ110人に影響が出ました。 https://he...
»続きを読む
カテゴリー:

WILLER、道東の秋の絶景と食が体感できるパス発売 レストランバスも - 07月16日(月)12:01 

WILLERは、道東の秋の絶景と食を体感できる「Eastern Hokkaido Nature Pass~北海道縦断絶景レイル&バス~」を7月13日より販売開始した。 利用期間は9月1日から10月31日までで、JR釧路~網走駅間の2日間乗り放題券と摩周湖・硫黄山を巡るレストランバス、知床を探検する路線バス1日乗り放題券&定期観光バス1回乗車券がセットになっている。 釧路〜網走駅間ではオホーツク海や約8キロの砂丘全体に広がる花畑などの車窓をゆったりと楽しむことができる。オープントップのレストランバスでは、北海道ならではの食と絶景を同時に楽しめる。行く先々で、地元の方や生産者から様々な話を聞くことができ、まだ知られざる北海道の魅力発見ができるのも楽しみのひとつ。知床では路線バスや定期観光バスで観光地を訪れることができる。 価格は大人9,800円、小人4,900円。WILLERの公式ウェブサイトで購入できる。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

【生物】「大きいクリオネ」と「小さいクリオネ」 実は同種 極地研が突き止める - 07月16日(月)11:07  scienceplus

オホーツク海南部沿岸には、1月から3月にかけて出現する小さなクリオネ「冬クリオネ」と、4月から7月にかけて出現する大きなクリオネ「春クリオネ」がいる。これら両者が実は同一の種であったという事実を、国立極地研究所などの研究グループが突き止めた。 研究に参加していうるのは、蘭越町貝の館の山崎友資氏、北海道立オホーツク流氷科学センターの桑原尚司氏、国立極地研究所の高橋邦夫氏である。 クリオネの仲間は現在、富山湾に棲息する近年発見された新種を含めて5種が確認されている。もっとも有名なものが「ハダカカメガイ...
»続きを読む
カテゴリー:

日本ハムと人材交流→市職員として指導→地区大会初突破 - 07月14日(土)23:36 

 オホーツク海に面する「流氷のまち」、紋別市にある唯一の高校、紋別はこの夏、高校野球で地区大会を初めて突破して北北海道大会へ進出した。15日に岩見沢農との初戦を迎える。 紋別の指導に加わって3年目にな…
カテゴリー:

大量水蒸気が西日本で合流=7月上旬雨量、82年以降最多-気象庁 - 07月13日(金)19:33 

 気象庁は13日、西日本を中心とする5日から8日までの記録的な豪雨を解析した結果を発表した。東シナ海付近からの南西風と太平洋高気圧の縁に沿った南風が西日本で合流し、極めて多量の水蒸気が流れ込んだのが要因で、西・東日本に停滞する梅雨前線の活動が活発となった。 主に西日本に流れ込んだ水蒸気の量は、1958年以降の梅雨期では最大規模。その結果、7月上旬の全国の総降水量(比較可能な902観測点の合計)は、82年1月上旬以降、約10日間の旬ごとの統計で最多となった。 梅雨前線はオホーツク海高気圧と太平洋高気圧の間に挟まれて停滞していたが、台風7号から変わった温帯低気圧が5日に北海道付近へ進んだ際、オホーツク海高気圧から冷たい空気が南下したことも前線の活動を活発化させた。 広島県や岐阜県などでは、次々に発達して列を成した積乱雲による「線状降水帯」も形成され、局地的に大量の雨が降ったという。 気象庁予報課の担当者は「幾つかの要因が重なると広範囲に大量の雨が降る。今後も起きるとみられ、予測技術の向上や分かりやすい情報提供に努めたい」と話した。 【時事通信社】
カテゴリー:

線路に死んだクマ 列車にはねられたか - 07月16日(月)12:45 

16日朝、オホーツクの遠軽町で、線路内にクマが倒れているのが見つかり、特急列車などに遅れが出ました。HBC昼ニュースで放送2018年07月16日(月) 12時40分 更新
カテゴリー:

WILLER、道東の秋の絶景と食が体感できるパス発売 レストランバスも - 07月16日(月)12:01 

WILLERは、道東の秋の絶景と食を体感できる「Eastern Hokkaido Nature Pass~北海道縦断絶景レイル&バス~」を7月13日より販売開始した。 利用期間は9月1日から10月31日までで、JR釧路~網走駅間の2日間乗り放題券と摩周湖・硫黄山を巡るレストランバス、知床を探検する路線バス1日乗り放題券&定期観光バス1回乗車券がセットになっている。 釧路〜網走駅間ではオホーツク海や約8キロの砂丘全体に広がる花畑などの車窓をゆったりと楽しむことができる。オープントップのレストランバスでは、北海道ならではの食と絶景を同時に楽しめる。行く先々で、地元の方や生産者から様々な話を聞くことができ、まだ知られざる北海道の魅力発見ができるのも楽しみのひとつ。知床では路線バスや定期観光バスで観光地を訪れることができる。 価格は大人9,800円、小人4,900円。WILLERの公式ウェブサイトで購入できる。 ⇒詳細はこちら 投稿 WILLER、道東の秋の絶景と食が体感できるパス発売 レストランバスも は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

大きいクリオネと小さいクリオネ、実は同種 極地研の研究 - 07月15日(日)19:52 

オホーツク海南部沿岸には、1月から3月にかけて出現する小さなクリオネ「冬クリオネ」と、4月から7月にかけて出現する大きなクリオネ「春クリオネ」がいる。
カテゴリー:

<開催レポート>名古屋港水族館のアザラシに北海道網走の流氷をプレゼント!ごまちゃん納涼作戦!流氷贈呈セレモニー開催 - 07月14日(土)15:45 

[中部国際空港株式会社] [画像1: https://prtimes.jp/i/24522/79/resize/d24522-79-777347-1.jpg ] 本取り組みは、名古屋港水族館でゴマフアザラシなどが展示されている「ごまちゃんデッキ」がオープン1周年を迎え、オホーツクエリアの...
カテゴリー:

涼しい北海道オホーツクで!働き方改革のキーパーソンと企業担当者がテレワーク合宿2018年8月1日(水)~3日(金) - 07月12日(木)14:00 

[株式会社ワイズスタッフ] 平成27年、北見市と斜里町が連携し、総務省ふるさとテレワーク推進事業に参加しました。平成28年以降もそれぞれの地域特性を活かしながら、ふるさとテレワークを推進してきました。 昨年度、斜里町において、ふ...
カテゴリー:

もっと見る

「オホーツク」の画像

もっと見る

「オホーツク」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる