「オバマ政権」とは?

関連ニュース

「ロシアに屈服」「お人よし」=トランプ氏に党派超え批判 - 07月17日(火)09:31 

 【ワシントン時事】トランプ米大統領が16日の記者会見で、2016年米大統領選への介入を否定するロシアのプーチン大統領に同調したことに、米国内では党派を超えて批判の声が上がった。 大統領選でロシアのサイバー攻撃を受けたとされる民主党全国委員会のペレス委員長は声明で、トランプ氏がプーチン氏に再発防止を求めなかったと指摘し「臆病さと屈服を恥ずべき形で示した」と非難。共和党のコーカー上院外交委員長も「米国をお人よし国家のように見せた」と嘆いた。 トランプ氏が米情報機関の結論に反し「(ロシアが介入する)理由が見当たらない」とまで述べたことにも批判が集中した。 オバマ前政権で中央情報局(CIA)長官を務めたブレナン氏は「国家への背信以外の何物でもない」と指摘。コーツ国家情報長官は16日に出した声明で「ロシアが大統領選に介入し、米国の民主主義を弱体化させる取り組みが今も続いていることは明白だ」と強調した。 【時事通信社】
カテゴリー:

国連安保理、南スーダン武器禁輸を決議=内戦開始から4年半 - 07月14日(土)06:31 

 【ニューヨーク時事】国連安全保障理事会は13日、南スーダンへの武器輸出を禁止する米作成の決議案を米英仏など9カ国の賛成で採択した。中ロやエチオピアなど6カ国が棄権した。決議採択には9カ国の支持が必要で、ぎりぎりの採択となった。2011年にスーダンから独立した南スーダンでは13年に内戦が勃発し、約4年半の間に多数の死者や避難民が出ている。 武器禁輸の決議案はオバマ前政権末期の16年12月にも採決されたが、賛成7、棄権8で否決された。安保理の非常任理事国だった日本は当時、陸上自衛隊を現地の平和維持活動(PKO)に派遣しており、武器禁輸が現地政府を刺激して情勢悪化を招くことを懸念し、棄権に回った。陸自は17年に南スーダンから撤収。日本は17年末で非常任理事国の任期を終えた。 【時事通信社】
カテゴリー:

【アファーマティブ・アクション廃止】トランプ米政権、大学入学時の少数派優遇を廃止へ - 07月04日(水)17:55  newsplus

https://www.bbc.com/japanese/44707553 トランプ米政権、大学入学時の少数派優遇を廃止へ 3時間前 トランプ米政権は3日、大学や公立校に入学選考で人種的少数派を優遇する積極的差別是正措置(アファーマティブ・アクション)のうち、オバマ前政権が導入した指針の廃止に着手した。米各メディアが報じた。 ジェフ・セッションズ司法長官はが同日、オバマ政権の指針24件を撤廃した。その多くが、学校の人種対応やアファーマティブ・アクションの奨励に関連する。 これによりトランプ政権は、大学や高校に対して入学選考時に人種...
»続きを読む
カテゴリー:

日本の大量プルトニウム保有「北朝鮮に核兵器を所有する理由を与える」 元米国務次官補が懸念 トランプ政権も同様の懸念を共有 - 07月02日(月)21:19  newsplus

米オバマ政権で昨年一月まで国務次官補を務めたトーマス・カントリーマン氏が都内で本紙の取材に応じ、日本が核燃料サイクルの一環でプルトニウムを大量に保有していることについて、「国際安全保障上の懸念となっている。特に核不拡散を目指す北朝鮮に核兵器を所有する理由を与える心配がある」と指摘。核燃料サイクルからの撤退が必要との考えを示した。現トランプ政権も「同様の懸念を共有している」としており、日本は今後、核燃料サイクルの見直し策を求められる可能性がある。 日本は原発の使用済み核燃料の全てからプルトニウム...
»続きを読む
カテゴリー:

内外から批判、融和に足かせ=米ロ首脳、16日に会談-大統領選介入、核軍縮焦点に - 07月15日(日)14:29 

 【ヘルシンキ時事】トランプ米大統領は16日、フィンランドの首都ヘルシンキで、ロシアのプーチン大統領と会談する。米司法当局が2016年大統領選介入でロシア情報部員12人を起訴したことを受け、米国内からは中止を求める声が噴出。対ロ関係が悪化している欧州の同盟諸国からも会談実施に批判が出ている。ロシアとの融和を目指すトランプ氏は足かせをはめられた形で、プーチン氏にどのような態度で接するかが注目される。 トランプ、プーチン両首脳の直接会談は昨年7月の20カ国・地域(G20)首脳会議以来約1年ぶり。トランプ氏は就任当初から「ロシアと仲良くするのは良いことだ」と繰り返し、関係改善を模索。昨年の会談ではシリア停戦での合意を打ち出すなど、「前進」を演出することに腐心した。 ところが、シリアでの停戦は守られず、英国では元ロシア情報員暗殺未遂事件が発生した。米大統領選への介入をめぐっては、ロシアによるサイバー攻撃や世論操作が認定され、米ロ関係はトランプ氏の思惑に反して悪化の一途をたどる。 プーチン氏はこれまで、一貫して大統領選への関与を否定している。トランプ氏も「彼が『やっていない』と言う以上、それを信じる」と述べ、プーチン氏批判を極力避けてきた。 それでも、米捜査がトランプ陣営とロシアの密接な関係の一端を示したことで、トランプ氏に対する逆風はかつてなく強まっている。同氏は14日、「(ロシアの介入は...more
カテゴリー:

2026年までの経済を予測する国内外の動き - 07月05日(木)18:00 

2017年9月から、ゆるやかに上昇を続けてきた日経平均が2018年1月23日をピークに急落。一時は2万円1000円台を割り込んだが、現在(2018年6月)は、2017年末頃の水準まで戻ってきている。内閣府は日本の景気を「緩やかな回復基調」だと強調しているものの、株価の急落を目の当たりにすると、日本の経済動向に不安を感じることもあるだろう。野村総合研究所とシュローダー投信投資顧問を経て、上場企業20社以上へ国際金融の予測提供、投資顧問などを務め、経営財務戦略とIR投資家対策の助言などを行う『乱高下あり! バブルあり! 2026年までの経済予測』(集英社刊)の著者、渡辺林治氏は、2026年までの経済を次のように見る。 ◇ ◇ ◇日本の経済、金融市場に影響を与えることが予想される出来事が2026年までに数多くあります。大きな流れで言えば、世界経済は2018年から2020年までは乱高下し、その後、2020年代にはバブルが訪れ、崩壊していくことが予想されます。キーワードは「オリンピック」と「経済イベント」です。オリンピックが景気や経済に与える影響には傾向があります。「オリンピックの開催決定~開催1、2年前まで」は、実体経済ではホテル、競技場などの建設といったインフラ開発が進み建設事業が盛り上がります。また、企業がオリンピックにちなんだ宣伝を打ちます。そうした盛り上がりから景気が拡大し、株価が...more
カテゴリー:

日本の大量プルトニウム保有「北朝鮮に核兵器を所有する理由を与える」 元米国務次官補が懸念 トランプ政権も同様の懸念を共有★2 - 07月04日(水)16:19  newsplus

米オバマ政権で昨年一月まで国務次官補を務めたトーマス・カントリーマン氏が都内で本紙の取材に応じ、日本が核燃料サイクルの一環でプルトニウムを大量に保有していることについて、「国際安全保障上の懸念となっている。特に核不拡散を目指す北朝鮮に核兵器を所有する理由を与える心配がある」と指摘。核燃料サイクルからの撤退が必要との考えを示した。現トランプ政権も「同様の懸念を共有している」としており、日本は今後、核燃料サイクルの見直し策を求められる可能性がある。 日本は原発の使用済み核燃料の全てからプルトニウム...
»続きを読む
カテゴリー:

【米、国連人権理事会を離脱】「政治的偏向のはきだめ」と声明 イスラエルは米国の決定を歓迎 - 06月21日(木)02:29  newsplus

http://www.bbc.com/japanese/44543478 米、国連人権理事会を離脱 「政治的偏向のはきだめ」と 2018年06月20日 ニッキー・ヘイリー米国連大使は19日、米国が国連人権理事会を離脱したと発表した。同理事会は「政治的偏見のはきだめ」だと批判している。 ヘイリー大使は、「偽善と自己満足」に満ちた組織が「人権を物笑いの種にしている」と述べた。 同大使は昨年にも、「慢性的な反イスラエル的な偏見」があるとして人権理事会を非難し、加盟を見直すとしていた。 ヘイリー国連大使は、マイク・ポンペオ米国務長官と共同記者会...
»続きを読む
カテゴリー:

「オバマ政権」の画像

もっと見る

「オバマ政権」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる