「オウム真理教」とは?

関連ニュース

【何故今頃?】死刑執行されたオウム麻原彰晃「遺体引き取り先はアレフ」教団側が遺言状預かっていた! - 07月18日(水)14:18  news

教祖の松本 智津夫元死刑囚の死刑が執行されたオウム真理教の後継団体アレフが、出家信者のほとんどから、遺体の引き取り先を教団とする遺言状を預かっていることが、初めてわかった。 FNNが、アレフに関連する裁判の記録から確認したもので、それによると、アレフは、出家信者のほとんどから、遺体の引き取り先を教団とする遺言状を預かっているという。 また、遺言状には「わたしの遺体はアレフが引き取り、それ以外の引き取りは、親族を含めて一切拒否します」との文言が書かれているという。 7月6日に死刑が執行され、「獄中...
»続きを読む
カテゴリー:

麻原彰晃の散骨は国がやるべき?葬儀業界から見た懸念 - 07月18日(水)08:51 

 オウム真理教元代表・麻原彰晃こと松本智津夫の死刑が執行され、彼の遺骨の取扱いを巡って激しいやりとりが起こっています。  その背景を『子供に迷惑をかけないお葬式の教科書』著者である葬儀ブロガーの私、赤城啓昭が葬儀屋さんの視点で読み解いてみました。 ◆葬儀屋が考える「散骨とは何か」  問題を整理するため現在(2018年7月17日時点)までの出来事を、報道を元に時系列で振り返ってみます。 7月6日 ・麻原彰晃の死刑が執行される。 7月9日 ・府中市の火葬場で火葬される。遺骨の引取人として生前麻原が四女を指名していたが、四女は遺骨の受け取りを拒否。遺骨は東京拘置所に安置されている模様。 7月11日 ・四女の代理人の弁護士が記者会見。「遺骨をパウダー化し、太平洋に散骨してほしい」「散骨費用は国が負担して欲しい」と要請する  散骨とは遺骨を粉状にして海など墓地以外の場所にまく行為です。代理人の弁護士は「パウダー化」という表現を使っています。確かにその通りなのですが、葬儀業界内では「粉骨」と呼んでいます。  散骨の際、粉骨にするのは必須です。  散骨という行為自体、法的にはグレーな行為です。法律上、遺骨は墓地に納めるのが原則です。例外的に「節度を持って散骨を行うなら黙認」というのが国の姿勢です。  遺骨であると分かる状態で撒くことは節度を守っていると言えないため、粉骨...more
カテゴリー:

市民を吊し上げ、王のベッドでご満悦まで……。安倍政権の閣僚は未曾有の水害後、何をしていたか - 07月18日(水)08:31 

 7月5日14時、気象庁が異例の記者会見をして、大雨による未曾有の大災害に備えるように警告をしました。しかし、オウム真理教の麻原彰晃をはじめとする7人の死刑囚たちの死刑執行を翌日に控え、上川陽子法務大臣が「女将」を務める […]
カテゴリー:

オウム土谷正実元死刑囚の半生を再現、刑執行を待つ壮絶な心境 - 07月17日(火)08:00 

きょう17日(21:00~22:54)に放送される日本テレビ系バラエティ番組『ザ!世界仰天ニュース 実はとんでもなく危険だった2時間スペシャル』では、オウム真理教でサリンを作り、先日刑を執行された土谷正実元死刑囚の半生と事件に至るまでを再現する。
カテゴリー:

【麻原の遺骨を四女に渡すのはおかしい】中田清秀元オウム幹部が独白 - 07月16日(月)11:39  news

 死刑執行されたオウム真理教の麻原彰晃こと松本智津夫元死刑囚(63)の遺骨をめぐる騒動が勃発した。松本元死刑囚の四女(29)の 代理人の滝本太郎弁護士は都内で会見し、「遺骨をパウダーにして、太平洋に散骨する」意向を表明。四女の母親(59)やアーチャリーと呼ばれた三女の松本麗華さん(35) が反発しており、状況は混沌。オウム真理教の元幹部で、「ジョーティス」のホーリーネームを持っていた中田清秀氏は今、どう考えるのか。 【写真】現在の中田清秀氏 「四女は、松本家とは縁を切ると裁判までやって、出ていった...
»続きを読む
カテゴリー:

【テレビ局】「麻原死刑」速報でNHKに4分勝利の日テレ、事前情報と各局の「ニュース」判断 - 07月18日(水)09:04  mnewsplus

「麻原死刑」速報で日テレがNHKに勝利 他局が悔しがるウラ事情 J-CASTニュースは「事前に知ってた?」と報道 7/18(水) 6:31配信 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180718-00545520-shincho-soci 麻原彰晃  ご存知の通り、麻原彰晃こと松本智津夫・元死刑囚(執行時=63)の死刑は7月6日に執行された。そして最初に速報を流したのは日本テレビだった。  ***  午前8時41分、情報番組「スッキリ」の放送中、ニュース速報が表示される。「法務省は松本智津夫死刑囚らの死刑執行手続きを始めた」――。程なくして、テ...
»続きを読む
カテゴリー:

麻原彰晃の散骨は国がやるべき?葬儀業界から見た懸念 - 07月18日(水)08:51 

 オウム真理教元代表・麻原彰晃こと松本智津夫の死刑が執行され、彼の遺骨の取扱いを巡って激しいやりとりが起こっています。  その背景を『子供に迷惑をかけないお葬式の教科書』著者である葬儀ブロガーの私、赤城啓昭が葬儀屋さんの […]
カテゴリー:

芸能人の整形事情に中居正広が仰天! はるな愛が衝撃エピソードを告白 - 07月17日(火)08:00 

7月17日(火)放送の「ザ!世界仰天ニュース 実はとんでもなく危険だった2時間スペシャル」(夜9:00-10:54、日本テレビ系)では、「サリンを作った男・土谷元死刑囚が獄中からの手紙で明かした事件の真相」を再現したVTRや「芸能人の整形は分かるのか!?」という中居正広の疑問を紹介する。 【写真を見る】「オウム真理教」が起こした事件を徹底取材し、再現VTRで紹介する/(C)NTV 日本中を震撼させた宗教団体「オウム真理教」事件で、松本智津夫元死刑囚ら7人に対し死刑が執行された。その中には、1995年に教団が起こした「地下鉄サリン事件」で使用された化学兵器・サリンを作った土谷正実元死刑囚もいた。高学歴のエリートとしての未来を捨て、彼らはなぜ史上最悪ともいわれる無差別テロに手を染めてしまったのか? 同番組では、土谷元死刑囚が獄中からある人物に送った400通に及ぶ手紙と関係者への取材を基に、土谷の半生と事件に至るまでを再現する。高校時代は学業優秀でラグビー選手としても活躍し、筑波大学大学院にまで進んだ土谷が、なぜ教団に入信し犯罪に手を染めることになったのか。手紙によって、教団で行われていた恐ろしいマインド・コントロールの実態が明らかになる。さらに死刑が確定し、執行を待つ間に届いた手紙には、土谷の壮絶な心の内がつづられていた。 VTRでは胸の大きな女性に憧れて豊胸手術を始め、なんとヨーロッ...more
カテゴリー:

遺体引き渡しをめぐる報道のあり方に堀潤が異議。オウム真理教の元代表・麻原「遺骨問題」の深層 - 07月17日(火)06:10 

遺体の引き渡しをめぐる東京拘置所の対応は不可解そのもの。松本元死刑囚の遺骨は当面、拘置所が保管するというが...麻原彰晃を含むオウム真理教元信者7名の死刑が執行された。その後、「麻原の遺体は四女に」と報じられたがほかの親族は反発。次女や三女が疑問視する、東京拘置所の不可解な対応とは......?* * *■母親・三女側と四女側との対立構図7月6日、オウム真理教の元代表・麻原彰晃こと松本智津夫元死刑囚の死刑が執行された。各メディアはその後の遺体引き渡しをめぐる報道で、当局のリーク情報をもとに「関係者によると」という表現を用いて多角的な検証を放棄した。ここでは各社が伝えようとしなかった事実を書き残しておきたい。松本元死刑囚の遺体を誰が引き取るかは死刑執行前からの焦点だった。執行後も、オウムの後継団体の信者などが遺体や遺骨を利用して「神格化」を図る恐れもあるとして、公安当局などは警戒を強めていた。そうしたなか、執行翌日の7日夕方から8日朝にかけて新聞・テレビ局各社は一斉に《遺体は「四女」に引き渡す方向で検討》と報じた。松本元死刑囚が執行前に、自らの遺体を四女に引き渡したいという意思を示したことが理由だと伝えたのだ。NHKや共同通信をはじめ、このニュースの多くは「関係者への取材」でわかったと報じられていた。在京テレビ局の記者によると、「関係者」とは法務省の幹部だという。松本元死刑囚は元教団...more
カテゴリー:

許されぬテロ事件の区切りに感情渦巻く 中年よ、平成の語り部たれ! - 07月16日(月)07:00 

 2018年7月6日、地下鉄サリン事件をはじめ一連のオウム真理教の事件に関し、教祖の麻原彰晃や幹部など死刑囚13名中7名に対し、刑が執行された。ちょうど、私が教えている大学の講義が始まる前に、スマホのポップアップで知った。その後はずっと教壇に立っていたので、ニュースから離れざるを得なかったが、次々に刑が執行される様子がテレビやネットで報じられていたという。
カテゴリー:

もっと見る

「オウム真理教」の画像

もっと見る

「オウム真理教」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる