「エース」とは?

関連ニュース

ミスマッチをなくし成果が上がる、エンジニアの採用・評価テクニック——TC School #13 - 05月24日(木)08:00 

TechCrunch Japanが主催するテーマ特化型のイベント「TechCrunch School」で、2017年3月から5回にわたって人材領域をテーマに開催してきた「HR Tech最前線」。その第5弾となるイベント「TechCrunch School #13 HR Tech最前線(5) presented by エン・ジャパン」が3月22日に行われた。 イベントの前半部分をお伝えした前編に続き本稿では、昨年7月のイベントから2度目の登壇となる及川氏を中心に「エンジニア人材の採用、教育、評価」について話を聞く、パネルディスカッションの後半部分をレポートする。 登壇者は前半と同じく、プロダクト・エンジニアリングアドバイザー(フリーランスコンサルタント)の及川卓也氏とグロービス・キャピタル・パートナーズ パートナー/Chief Strategy Officerの高宮慎一氏、そしてエン・ジャパン 執行役員の寺田輝之氏。 及川氏は米Microsoft、Googleを経て、Qiitaを運営するIncrementsで勤務した後、現在はフリーランスとしてスタートアップを中心とした企業の支援を行っている。高宮氏は、ベンチャーキャピタルとしてスタートアップに投資をしながら経営に参画する立場。そして「HR Tech最前線」シリーズの全イベントに登壇してきた寺田氏は今回、HR Techサービス提供者で...more
カテゴリー:

トマス杯・ユーバー杯、日本男女ともに予選1位通過 - 05月24日(木)01:04 

 バドミントン世界一決定戦。日本代表、男女の両エースが圧巻のプレイで大活躍です。
カテゴリー:

注目のミクスチャー系ロックアイドル神激の生牡蠣いもこが語る下ネタの美学――下品になるのはイヤなんです - 05月23日(水)17:00 

『週刊ヤングジャンプ』のグラビア企画「サキドルエース SURVIVAL SEASON8」で見事、グランプリを獲得。ミクスチャー系ロックアイドル「神使轟く、激情の如く(通称・神激)」のメンバー、生牡蠣(イクっがき)いもこが発売中の『週刊プレイボーイ』23号に初登場! 今春に水着バトルを勝ち取った彼女が、本誌では初めてのランジェリーグラビアに挑戦。可愛らしい笑顔だけでなく鋭い眼差しや、どこか儚(はかな)げな表情など『少女迷宮』のタイトルで少女の中にある奥深い美しさを披露している。 そんな彼女に週プレNEWSが直撃! インタビュー前編に続き、“神激(しんげき)”の魅力、下ネタ担当としての美学までを聞いた。 ―神激こと「神使轟く、激情の如く」についても聞きたいことがありすぎるんですけど、まず他のアイドルにここは負けないってところは? 生牡蠣 ライブで毎回同じことはしてないところ。言葉遊びや煽(あお)りも特徴的なんですけど、ステージから下りてサークルしたりとか…。後は、メンバーのクセが強い。 ―音楽もミクスチャー系ロックって、アイドルとしては異色ですよね。 生牡蠣 そうですね。ライブもバンド感覚で聞いてもらえたら嬉しいな。男くさいライブな...more
カテゴリー:

アイドルとモノマネが生む相乗効果、衝動的な批判が奪う可能性 - 05月23日(水)08:40 

 お笑いタレントのキンタロー。がテレビで披露した欅坂46・平手友梨奈のモノマネに対し、平手ファンからの抗議が本人のSNSや事務所にまで殺到。炎上状態となった。キンタロー。と言えば、かつてはAKB48のエースだった前田敦子のモノマネでブレイク。このときは前田本人も逆に“ネタ”にしたりと、両者が良い関係に落ち着き、ファンにも好意的に受け入れられた。過去にも、コロッケによる岩崎宏美、故・前田健さんらによる松浦亜弥など、芸人によるアイドルのモノマネが相乗効果を生んだ例は少なくない。ファンが応援するアイドルを茶化されたような気持ちにもなるのもうなずけるが、衝動的にモノマネを批判することは、芸人側はもちろん、アイドル側にもマイナスに働く可能性がある。 【元ネタ写真】モノマネと似てる? 黒スーツ&眼鏡で歌う平手友梨奈 ■欅坂46・平手のモノマネにより炎上、キンタロー。の元に罵詈雑言  キンタロー。が平手のモノマネを披露したのは、5月11日放送の『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』(フジテレビ系)。他の女性芸人たちと共にスーツ姿で、欅坂46のシングル曲「風に吹かれても」をパフォーマンスし、軽快に踊りながら目をむいたりと顔芸を織り交ぜて歌った。  放送後、ネットでは「馬鹿にしている」「謝罪しろ」といった批判が目立ち、キンタロー。自身も「炎上とまらず…ついに…」と題したブログで言及。「...more
カテゴリー:

「パパはわるものチャンピオン」棚橋弘至が家族のために闘う本予告編がアツい!! - 05月23日(水)06:00 

 人気プロレスラーの棚橋弘至の映画初主演作「パパはわるものチャンピオン」の公開日が9月21日に決定。あわせて、歌手の高橋優が主題歌「ありがとう」を書き下ろしたことが発表され、同曲を使用した本予告編と、大きな決断をした男の生き様を感じさせるポスタービジュアルがお披露目された。 ・【動画】「パパはわるものチャンピオン」本予告編  板橋雅弘、吉田尚令による人気絵本「パパのしごとはわるものです」「パパはわるものチャンピオン」の実写映画化で、新日本プロレスのエース棚橋が主演を務める。棚橋が演じるのは、悪役レスラー“ゴキブリマスク”。息子に認めてもらうため、自身のプライドと家族への愛のためにリングに上がる男を、10年近く長かった髪をばっさり切って演じあげた。  予告編では、かねてエースレスラーとしてスポットライトを浴び、いまは悪役レスラーとしてブーイングを浴びせられている主人公・大村孝志(棚橋)が、レスラーとして、父親として、夫して、男としてアツき闘いを繰り広げる。父親の職業を知り「悪者のパパなんて大嫌いだ」と反発してしまう息子の祥太(寺田心くん)、孝志を応援し支え続ける妻の・沙織(木村佳乃)との絆とともに、返り咲きの大チャンスに挑む孝志の闘志が描き出された。  主題歌を手がけた高橋は、「いつも近くにいさせてもらえるからこその心の安らぎと、すれ違い。愛するがゆえの葛藤。いいことばっかり...more
カテゴリー:

日大アメフト会見でハッと思い出した「試合に出られない」補欠の苦悩 - 05月24日(木)04:45 

日大アメフト部の選手が「監督やコーチの指示」で悪質タックルをおこなったと告白し、日本中で話題となった22日の緊急会見。この会見を最後までみたという、メルマガ『デキる男は尻がイイ-河合薫の『社会の窓』』の著者で健康社会学者の河合薫さんは、自身が「剣道部」だった頃のエピソードを紹介するとともに、会見をおこなった日大アメフト部の選手にあえてエールを送ります。 レギュラーと補欠。日大アメフト選手の会見に関する雑感 日大アメフト選手の謝罪会見は見ていて、とてもとても切ない気持ちになりました。まだ、20歳。あのフラッシュの中での記者会見は、本人の想像以上のプレッシャーと緊張との戦いだったと思います。 記者たちはしきりに「なぜ、監督やコーチの指示に従ってしまったのか?」と繰り返し、その度に唇を噛み締め、「レギュラーから外され,練習からも外された」と答える彼。 「ああ、この人たちはレギュラーから外されること、試合に出れないということが、生活のすべてがアメフトになっている学生にとって、どれほどキツいことなのか。わからないのだなぁ」と、ため息が出ました。 そして、私は…、“あの時”のことが脳裏に蘇りました。 何度かお話していますが、私は大学時代剣道部(高校もですが)。バリバリの体育会系の剣道部です。 私は50人近くいる剣道部の中で、ただひとり1年生の時からレギュラーで試合に出場し続け、常にチームの...more
カテゴリー:

松岡修造が熱弁!錦織・大坂の全仏優勝の可能性は? - 05月23日(水)20:10 

グランドスラム第2戦の全仏オープンテニスが、5月27日(日)に開幕。日本からは錦織圭、杉田祐一、大坂なおみが出場を予定している。 【写真を見る】松岡いわく「大坂なおみが(グランドスラムで)今年優勝するのは十分あり得る」 開幕を前に、WOWOWテニス解説者の松岡修造が、今大会の見どころや、錦織、大坂などについて語った。 ■ 錦織、大坂アベック優勝の可能性 3月には、大坂が「プレミア・マンダトリー」のひとつ、インディアンウェルズで優勝。4月には、手首の故障から復活を期す錦織が、マスターズ1000・モンテカルロ大会で準優勝し、復活を印象付けた。 このような背景から日本選手による男女アベック優勝という期待を抱きたくなるところだが、松岡は今年の全仏について「男子は赤土に関してだけいうと、(他の選手が)どうやってラファエル・ナダルを崩すかということだけです。僕が見ている限り、今のところ崩しようがないです」と、全仏10度の優勝を誇る絶対王者を倒すのは至難の業だと話す。 それでも「崩せる人は誰なのかを考えた時に、お世辞でも何でもなく、可能性があるのはフアン マルティン・デル ポトロと錦織圭です」と、2009年に全米オープンを制したアルゼンチン人と日本のエースの名前を挙げる。 錦織が勝つためには、「全仏までに体力面、精神面をしっかりあげてくるという限定的なものです」と答え、「加えてフォアハンドの出来...more
カテゴリー:

イングランド、エースFWケインが主将に決定「信じられない名誉」 - 05月23日(水)09:55 

 イングランドサッカー協会(FA)は22日、2018 FIFAワールドカップ ロシアに臨むイングランド代表のキャプテンがFWハリー・ケイン(トッテナム)に決定したと発表した。  ケインは1993年生ま
カテゴリー:

プロ野球OBたちが語る「超プロ野球級」の選手たち - 05月23日(水)07:30 

 プロ野球が始まって80年以上、数多くの選手たちが華々しいプレーで我々を魅了してきた。一握りしか立てないプロの世界の中で、さらに頂点に立つ“超プロ野球級選手”とは、どれほどまでのレベルに達していたのだろうか――。  今年の1月8日に放送された『プロ野球総選挙』(テレビ朝日系)。野球ファン1万人が「本当にスゴい」と思う選手を投票し、順位を発表するというものだ。野手部門は、1位だったのがイチロー(マリナーズ)で、2位が“世界のホームラン王”王貞治(元巨人)、3位が“ミスター”長嶋茂雄(元巨人)というスーパースターが並び、4位大谷翔平(エンゼルス)、5位松井秀喜(元ヤンキースなど)、6位落合博満(元中日など)と、さまざまなタイプの野手がランクインした。投手部門では、大谷が1位、“メジャー挑戦のパイオニア”野茂英雄(元ドジャースなど)が2位、“神様仏様稲尾様”の稲尾和久(元西鉄)が3位、400勝投手の金田正一(元巨人など)が4位、田中将大(ヤンキース)が5位に入った。  錚々たる面々がズラリと並ぶこの結果を受け、本誌は「元プロ野球選手に聞いたら、どんな名前が挙がるのか」、OBたちに徹底取材。“超高校級”ならぬ“超プロ野球級”の選手は、いったい誰だ!? ■元中日ドラゴンズのレジェンドが激白  まずは、その中に十分入ってきそうな山本昌氏(元中日)。50歳まで現役を続けたレジェン...more
カテゴリー:

タカ摂津が2季ぶり勝利 沢村賞右腕、昨季は初の未勝利 - 05月22日(火)21:33 

(22日・プロ野球 ソフトバンク5―3西武) かつてのエースが帰ってきた。ソフトバンクの摂津が今季初登板で初勝利。2季ぶりの白星を手にした。 5回無失点ながら102球を要した。与えた四球は五つ。「久し…
カテゴリー:

もっと見る

「エース」の画像

もっと見る

「エース」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる