「エッセー」とは?

関連ニュース

<まちかどエッセー・鈴木弘二>都市のシンボルとは - 06月18日(月)13:45 

人々が一度は訪ねてみたいと思う都市が世界中にあります。日本では京都、奈良、金沢。外国ではパリ、ローマ、フィレンツェなど枚挙にいとまがありませんが、古代の遺跡、中世の街、近世の街、神殿、教会、宮殿、さま
カテゴリー:

【サッカー】W杯史上「最小国」の魅力、ふかわりょうさんが語る - 06月16日(土)17:53  mnewsplus

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会に、人口約35万人のアイスランドが初出場します。W杯史上、最も小さな国の登場です。日本の人たちにとって、いま一つなじみの薄いこの北欧の国は、いったいどんな場所なのでしょうか。何度も当地を訪れ、本まで執筆したタレントのふかわりょうさん(43)にアイスランドの魅力を語っていただきました。      ◇  笑われてしまうかもしれませんが、アイスランドには「地球が生きていること」を確認しに行きたかったんです。もともと北欧に興味はあったんですけど、ここに行けば...
»続きを読む
カテゴリー:

「息子よ、それはハードルが高くないか」お弁当を見た中学生の言葉に母は… - 06月12日(火)17:04 

産経新聞大阪版、夕刊一面で毎日連載中。一般の方から寄せられた600字のエッセー『夕焼けエッセー』。 さまざまな年齢、職業の人々がつづった等身大のエッセーをご覧ください。 子育てとはお弁当作りである  長男が中学生になり、...
カテゴリー:

<まちかどエッセー・鈴木英子>日本語の学習支援 - 06月11日(月)14:01 

宮城県国際化協会、通称MIA(ミア)の日本語講座には、国籍や年齢も異なる多様な背景を持つ人たちがたくさん通って来ます。 日本語学校や大学の日本語教育機関では、主に進学や研究のための日本語教育が行われて
カテゴリー:

鈴木砂羽、25周年エッセーは「1冊丸ごと私です」 - 06月08日(金)08:14 

 女優鈴木砂羽(45)が7日、都内で、女優25周年を記念して刊行したコミックエッセー「ボンちゃんがいく☆」(集英社刊)の発売イベントを行った。  30代の約3年間、女性漫画誌に連載していた作品に、最近書き下ろしたものを加えた集大成。「子…
カテゴリー:

『帰る家もなく』 心の眼で見続ける - 06月17日(日)11:01 

 「足跡はどこへ続いているんだろう」私達はいつでも、この問いに戻って来る気がする―与那原恵著『帰る家もなく』を読み終えて、一番に持った思いだ。四部構成のこのエッセー集には、どこの、どの時代においても、ままならないものの中に懸命に生きてきた人々が居、その営みが今の私達に繋(つな)がっているという当た...
カテゴリー:

「私なら…」恥ずかしいシールがついた若者を見かけた、おじさんの葛藤 - 06月15日(金)21:11 

産経新聞大阪版、夕刊一面で毎日連載中。一般の方から寄せられた600字のエッセー『夕焼けエッセー』。 さまざまな年齢、職業の人々がつづった等身大のエッセーをご覧ください。 葛藤の5分間 朝の混雑している通勤電車での出来事。...
カテゴリー:

電車内、向かいの席にいるはずのない弟が!驚いてLINEを送ってみると… - 06月12日(火)17:04 

産経新聞大阪版、夕刊一面で毎日連載中。一般の方から寄せられた600字のエッセー『夕焼けエッセー』。 さまざまな年齢、職業の人々がつづった等身大のエッセーをご覧ください。 ドッペルゲンガー  ふと目覚めると、そこに弟がいた...
カテゴリー:

安田顕、家ではお小遣い制と告白 「管理してもらっている方がいい」 - 06月09日(土)17:10 

 映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』の公開記念舞台あいさつが9日、東京都内で行われ、出演者の榮倉奈々、安田顕、大谷亮平、野々すみ花と李闘士男監督が登壇した。  「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。どういうことなのでしょうか?」。2010年、「Yahoo!知恵袋」に投稿された質問はたちまち話題を呼び、翌年にはコミックエッセー化。その“伝説の投稿”が実写映画になった。  この日は、本作の宣伝キャッチコピー「“死んだふり”が、夫婦を救う!?」にちなみ、「夫婦円満のために大切だと思うもの」を登壇者がフリップで発表することに。  「お小遣いが夫婦を救う」と掲げた安田は「私、財布にあればあるだけ使っちゃうから」と、家では“お小遣い制”であることを告白した。  続けて安田は「もちろん『あれ買いたい』『何食べたい』『今日は出掛ける』というときは(別途)頂けるから全然不自由がない。お金って大事じゃない。だから(妻に)管理してもらっている方が私はいいかな。(必要なときは)正直に話せばいいし、自分を律することもできる」と持論を展開させた。  これを聞いた妻役の榮倉は「“奥様さまさま”ですね」と感想を語り、安田から「結婚したらお小遣いにしてもらいなさい」とアドバイスを受けた独身の大谷は「参考にします」と笑顔で応じた。  一方、榮倉と安田は11年前にも共演経験があったという。榮倉が「...more
カテゴリー:

<夏ドラマ働く男まとめ>山田孝之&菅田将暉はデジタル遺品整理屋!綾野剛は冷酷企業買収者!!他 - 06月08日(金)07:00 

続々と明らかになってきた夏ドラマ。見た目のカッコよさだけじゃない! 冷酷、高慢、毒舌…など個性豊かな新ドラマの“働く男性キャラ”に注目する。 【写真を見る】山田孝之は車椅子のプログラマーに!菅田将暉は、そんな山田の仕事を手伝うことに…!!/(C)テレビ朝日 ■ 綾野剛は“冷酷な企業買収者” 真山仁の人気同名小説を綾野剛主演でドラマ化する「ハゲタカ」(7月スタート、毎週木曜夜9:00-9:54 テレビ朝日系)。企業買収のスペシャリスト・鷲津政彦(綾野剛)が腐った組織のトップをたたきのめし、痛快に日本企業をよみがえらせていく。 綾野が演じる伝説の企業買収者・鷲津は、外資系投資ファンド代表取締役。留学中にアメリカの有力買収ファンド創始者の目に留まり、“ハゲタカビジネス”の世界へ飛び込んだ切れ者だ。企業を食い荒らす“ハゲタカ”と非難されることもある鷲津だが、冷酷な判断力と大胆で圧倒的な行動力で次々と大型買収劇を展開し、利益を上げていく。 ■ 山田孝之&菅田将暉は“デジタル遺品”整理屋!! 山田孝之と菅田将暉が主演を務め、原案とパイロット脚本を手掛ける本多孝好がタッグを組む注目ドラマが「dele」(7月スタート、毎週金曜夜11:15-0:15ほか、テレビ朝日系)。プログラマー・坂上圭司(山田)と何でも屋・真柴祐太郎(菅田)は、依頼を受けてスマホやパソコンに残された“デジタル遺品”を内密に抹消...more
カテゴリー:

もっと見る

「エッセー」の画像

もっと見る

「エッセー」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる