「ウナギ」とは?

関連ニュース

【ぴいぷる】絶滅回避へ奮闘中! ウナギ研究の第一人者・塚本勝巳教授 「食文化が消えれば研究の意義も半減」 - 07月18日(水)11:30 

 20日は土用の丑の日。となれば、やはりウナギだ。だが、ここ数年、養殖ウナギの種苗である天然シラスウナギは激減の一途、2014年には絶滅危惧種に選定された。
カテゴリー:

人工シラスウナギ150匹 鹿児島鰻で養殖試験 水産研究機構 - 07月18日(水)06:30 

 国立研究開発法人の水産研究・教育機構は17日、養鰻(ようまん)業者の鹿児島鰻(大崎町)と山田水産(大分県佐伯市)で、機構が卵から育てた人工シラスウナギの養殖試験をすると発表した。養殖業者での試験は初めて。成魚まで育てて成長データを収集する目的。
カテゴリー:

TVアニメ『深夜!天才バカボン』描きおろしイラストを使用した限定グッズが当たる!『深夜!天才バカボン WEBくじ ~コスプレウナギイヌ☆シティライト~』販売開始! - 07月17日(火)20:24 

[株式会社ディ・テクノ] [画像1: https://prtimes.jp/i/6779/90/resize/d6779-90-258331-0.jpg ] 『深夜!天才バカボン WEBくじ ~コスプレウナギイヌ☆シティライト~』は、 TVアニメ『深夜!天才バカボン』の放送開始を記念して販売す...
カテゴリー:

ワシントン条約委員会 うなぎの保護で なお日本は稚魚の量を把握すれば大丈夫という謎理論 - 07月17日(火)11:52  news

資源量の減少が指摘されているウナギの保護をめぐり、各国の代表が意見を交わすワシントン条約の 委員会がスイスで始まりました。密輸や密漁などの不透明な国際取引の実態が報告された一方、 日本側は、現在の資源管理の妥当性を主張する方針です。 ワシントン条約の動物委員会は、絶滅のおそれがある野生生物の国際取引の規制を行うかどうかを 決めるうえで助言を行う重要な会議で、16日からスイス・ジュネーブで始まりました。 今回はウナギの保護が中心の議題の1つとなっていて、委員会では、事務局が行った国際取引の 実...
»続きを読む
カテゴリー:

目覚めよ滅びが始まる - 07月17日(火)08:01  news

20日の「土用の丑の日」を前に、国産ウナギがまったく売れていないという 輸入ウナギが急増して国産の需要が低下していると、大森淡水の副社長は話す 注文数が伸びなければ値段を落として売らざるをえず、経営が圧迫されるそう http://news.livedoor.com/article/detail/15020222/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

土用の丑:ハモのかば焼きいかが うみてらす豊前 - 07月18日(水)08:08 

 水産振興施設「うみてらす豊前」(福岡県豊前市宇島)は19日から、ウナギに近い仲間であるハモのかば焼きを発売する。焼き方を工夫した今夏の新作で、今年の土用の丑(うし)の日(20日、8月1日)に合わせ、豊前海の特産品・天然ハモをアピールしようと企画した。1本880円で、予約も受け付けている。既にハモの
カテゴリー:

【ウナギ】ニホンウナギ、稚魚高騰 資源管理強化が拍車 - 07月17日(火)23:58  newsplus

 ニホンウナギは稚魚の価格が高騰しており、一部の取引価格は前年の3倍近くにまで跳ね上がったもようだ。日本や中国、台湾など東アジア全域で稚魚の漁獲が低調だったためだ。絶滅が危惧されているウナギに対して国際的に資源管理を強化する動きがあることも、価格の上昇傾向に拍車を掛けている。  ウナギは完全な養殖が難しく稚魚を育てて出荷している。水産庁などによると、ウナギの稚魚の取引価格は昨年は1キロ当たり109万円だったが、今年は200万円を超え、300万円近くになる可能性があるという。財務省の貿易統計でも...
»続きを読む
カテゴリー:

水産研究・教育機構:人工シラスウナギを提供 完全養殖へ - 07月17日(火)19:38 

 国立研究開発法人「水産研究・教育機構」は17日、同機構の施設で育てたニホンウナギの稚魚・シラスウナギ約300匹を養鰻(ようまん)業者に提供すると発表した。同機構によると、民間業者が人工のシラスウナギを養殖するのは初めてという。
カテゴリー:

【今週はこれを読め! SF編】楽しく元気が出る一冊、銷夏に最適のポストうなぎSF短篇集 - 07月17日(火)11:52 

 うなぎづくしのSF短篇集。題材は「うなぎ絶滅」だが、五篇それぞれに調理法も味つけも違っていて、つぎはどんなものが出てくるかと楽しみに読んでいくと、お腹いっぱいになる。みごとなフルコースだ。  冒頭の「うなぎばか」は、廃業したうなぎ屋の跡取り正路と、ちょっとファナティックな〈うなぎ文化保存会〉とが、正路の父が残した秘伝のたれをめぐって騒動を繰り広げる。SF色は濃くないが、うなぎ絶滅後のうなぎ文化継承の切り札(?)として細胞培養による人工うなぎなるアイデアが出てくる。生粋の職人だった父はなぜかベジタリアンに転向しているのに、生まれながらのうなぎ好きの正路(綽名はウナギ)は天然でも人工でもうなぎはうなぎだからイイのでは考えているあたり、親子のギャップがある。ちょっと人情噺っぽいが、軽いユーモアタッチでまとめられていて、前菜にはぴったりの一品。 「うなぎロボ、海をゆく」は、野性のニホンウナギ全滅から十年、水産資源を守るためにつくられた監視用うなぎ型ロボットの一人称で綴られる。うなぎロボは、遠隔でサポートしている人間のサササカさんとやりとりしながら、パトロールをしている。密漁をしている蟹ロボから魚群を逃がすが、おたがいロボなので怒りや攻撃欲などはなく、たんたんと交戦がおこなわれ、むしろほのぼのとした情景にさえ思えるほどだ。しかし、ロボに感情が皆無というわけではなく、仕事がうまくいくと内蔵コ...more
カテゴリー:

ウナギ、絶滅危惧種だけど食べていい?稚魚10倍に値上がりも(西日本新聞) - Yahoo!ニュース - 07月17日(火)07:40 

ウナギ、絶滅危惧種だけど食べていい?稚魚10倍に値上がりも(西日本新聞) - Yahoo!ニュース夏バテ防止といえばウナギ。サッカーのワールドカップロシア大会で日本チームも試合前日に食べたとか。土用の丑(うし)の日(今年は7月20日)は近いけれど、絶滅危惧種となって4年、食べてもいいの? ⇒【画像】漁獲量が急減 価格が高騰しているニホンウナギの稚魚 巨大なビニールハウスのような飼育槽の窓から中をのぞ...
カテゴリー:

もっと見る

「ウナギ」の画像

もっと見る

「ウナギ」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる