「イラク戦争」とは?

関連ニュース

【軍事】ステルス重視の米海軍駆逐艦2番艦、来年就役 特異な船体、将来的には日本展開も - 11月15日(木)22:14  newsplus

米海軍が建造を進めているレーダーに探知されにくいステルス性を重視した新型のズムウォルト級ミサイル駆逐艦の2番艦(全長約180メートル、約1万5000トン)が来年1月に就役する。 船体外面の突起物を可能な限り排除したピラミッド型ののっぺりした特異な形状が特徴。 1隻当たり5200億円という高額な建造費と合わせ注目されている。 米海軍によると、就役するのは2番艦「マイケル・モンスーア」で、来年1月26日に就役し、戦闘システムなどの確認を行う。 11月9日に米東部メーン州の造船所から米カリフォルニア...
»続きを読む
カテゴリー:

アメリカ大誤算。イラン制裁で進む米離れに雀躍の中ロ両首脳 - 11月09日(金)04:30 

11月5日、イラン制裁を再開したアメリカ。単独で強行された「史上最強措置」は、世界にどのような事態を引き起こすのでしょうか。国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんは今回の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』で、米国とイランの関係性を、石油利権争いの時代、シェール革命以降、トランプ政権成立後に区切り解説した上で、現在のトランプ強行路線の異様性に対し主要国の非難は高まるだろうと結んでいます。 トランプ、イランに「史上最強」の制裁、その中身は? 「アメリカがイラン制裁を再開した」というニュースが入っています。今回は、この重要問題について考えてみましょう。 アメリカ、イラン関係の推移(2000年代) まず、これまでの流れを復習しておきます。アメリカが、イランの核問題を騒ぎはじめたのは、2002年頃です。ちょうどイラクの「大量破壊兵器保有」も問題になっていた。 02年、アメリカは、イラク戦争を開始しました。ところが、RPE読者の皆さんはご存知のように、イラクには「大量破壊兵器」がなかった。ちなみに、「イランが核兵器開発をしている」という話も、イラクの時同様、「大うそ」である可能性があります。「陰謀論」じゃないです。世界の原子力、核エネルギーを管理、監視、監督する国際機関といえば、IAEA(国際原子力機関)。そこのトップである日本人・天野之弥氏は、09年12月の事務局長就任直前に何と言ってい...more
カテゴリー:

アメリカ政府の“巨大な嘘”を暴け! 名匠ロブ・ライナー新作「記者たち」公開決定 - 11月08日(木)13:00 

「スタンド・バイ・ミー」「最高の人生のつくり方」を手がけた名匠ロブ・ライナー監督の最新作「記者たち 衝撃と畏怖の真実」が、2019年3月下旬に日本公開されることが決定した。イラク戦争の大義名分で...
カテゴリー:

トランプとフセインに何の違いもない - 11月05日(月)23:12  news

イランのロウハニ大統領は5日、対イラン制裁を再発動したトランプ米大統領と、イラン・イラク戦争当時のイラクのサダム・フセイン大統領を比べ「何の違いもない。抵抗して 勝利しなければならない」と述べた。 https://www.kobe-np.co.jp/news/zenkoku/compact/201811/0011794472.shtml ...
»続きを読む
カテゴリー:

米・イラン、水面下の暗闘 IS打倒後描けぬ未来 - 11月15日(木)20:12 

 中東混迷の大きな要因である米国とイランの対立。その最前線の一つにイラクがある。2003年のイラク戦争で秩序が崩れ、近年はイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)の脅威に苦しんだこの国で、なぜ大国の角逐が続くのか。ISからの「全土解放」から間もなく1年を迎える首都バグダッドから報告する。
カテゴリー:

写真展「平成の軌跡―定点観測者としての通信社」開催のお知らせ - 11月08日(木)13:50 

2018年11月8日 公益財団法人 新聞通信調査会 写真展「平成の軌跡―定点観測者としての通信社」開催のお知らせ期間:2018年11月24日(土)~ 12月2日(日)場所:東京国際フォーラム・ロビーギャラリー   公益財団法人新聞通信調査会は、2018年11月24日(土)から12月2日(日)まで、東京国際フォーラムのロビーギャラリーで、写真展「平成の軌跡―定点観測者としての通信社」を開催します。 弊財団は2012年から「定点観測者としての通信社」という視点から定期的に写真展を開催しています。第1回の「関東大震災と東京の復興」から数えて、今年は10回目となります。来年5月、平成から新しい元号に改まるのに合わせ、今回のテーマは「平成の軌跡」としました。 平成には「国の内外、天地とも平和が達成される」との願いが込められていました。しかし、国内ではバブル崩壊後の長い景気後退の中、大規模自然災害が続発し、オウム事件などの多くの凶悪犯罪も起きました。海外では湾岸戦争、イラク戦争があり、米同時多発テロや世界各地の地域紛争も時代の空気を重くしました。一方、日本のスポーツ選手の海外での活躍や、日本人科学者の相次ぐノーベル賞受賞は明るい記憶です。通信社の膨大な報道写真から約130枚を厳選、平成の30年を振り返ります。*新聞通信調査会は、新聞社や通信社をはじめとするメディアの発展に寄与することを目的にジ...more
カテゴリー:

トルコ外相「安田純平さんの解放に、トルコも日本も身代金を払っていない」 ネット「誘拐じゃなくてホームステイ?」 - 11月06日(火)18:13  seijinewsplus

https://anonymous-post.mobi/archives/204 トルコの外相が隣国のシリアで3年以上、拘束されていた安田純平さんの解放について「日本とトルコは身代金を払っていない」と断言しました。  トルコ、チャブシオール外相:「安田さんが帰国できてとてもうれしい。私の知る限り、身代金は払われていない」  トルコのチャブシオール外相は、安田さんが武装勢力から解放されたことについて「トルコも日本と同様に身代金は払っていない」と説明しました。一方、トルコにあるサウジアラビア総領事館で記者が殺害された事件については「エル...
»続きを読む
カテゴリー:

トランプとイラクのフセイン同じ イラン・ロウハニ大統領 - 11月05日(月)21:13 

【テヘラン共同】イランのロウハニ大統領は5日、対イラン制裁を再発動したトランプ米大統領と、イラン・イラク戦争当時の...| 西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるWeb版ニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュース、福岡ソフトバンクホークスなどのスポーツ情報を提供します。
カテゴリー:

「イラク戦争」の画像

もっと見る

「イラク戦争」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる