「イラク戦争」とは?

関連ニュース

米帰還兵たちがプロレスを通してPTSDと向き合う理由 - 07月16日(月)09:00 

リングの上でPTSD(心的外傷後ストレス障害)と向き合い、同じ苦しみを抱える観客を励ますイラク戦争帰還兵の物語。テキサス州、ミネラル・ウェルズの中心部、アメリカン・レジオン・ホール内のリングに立つのは1人のイラク帰還兵である。名前はエディ・・・・
カテゴリー:

ホワイトハウスの秘密兵器は元レンジャー隊員のシェフ!? 彼が1日に2222回も腕立て伏せをする理由とは? - 07月15日(日)09:00 

腕周り60cm、318kgのベンチプレスを持ち上げるというこちらのマッチョな男性の職業は、なんとホワイトハウスの料理番。料理だけでなく夕食会場に飾る氷の彫像やお菓子作りの達人でもあり、クリントン、ブッシュ、オバマ、トランプの歴代大統領に仕え、英国女王をもてなすなどの特別な時に腕をふるってきたそうです。 そんな規格外の筋肉料理人、アンドレ・ラッシュさんは、1日おきに2222回も腕立て伏せをして体を鍛えているといいます。一体なんのために? ホワイトハウスがテロリストに占拠された時に1人で立ち向かうため、ではありません。実は、そこには涙なしには聞けない波乱万丈の人生ドラマが隠されていました。 現在45才になるラッシュさんの前職は、陸軍の曹長。21才の時に入隊し、VIP警護などの任務もこなすレンジャー隊員として、またコックとしてもキャリアを積んできました。 精鋭部隊の一員としてイラク派遣を経験するなど肉体的にも精神的にも屈強な彼でしたが、除隊直後にはうつ病に悩まされ、抑圧感や孤独感で押しつぶされそうな日々を送っていたといいます。そんな時、彼を救ったのが料理でした。厨房にこもって食材と向き合い料理に没頭していると嫌なことを忘れられ、ふと我に返ってみると6コース分もの料理を作っていたことも。料理が癒やしになっていたのです。 料理のセラピー効果に気付いた彼は、PTSDなどの後遺症に悩まされて...more
カテゴリー:

ドラッグ・AV・死体写真etc…90年代サブカル鬼畜ブームを振り返る【話者:吉田豪・久田将義・水野しず】 - 07月12日(木)12:00 

 作家で政治活動家の雨宮処凛氏が、マガジン9にて「90年代サブカルと「#MeToo」の間の深い溝。の巻」と題したコラムを掲載しました。「90年代、私はクソサブカル女だった」と語る雨宮氏が「鬼畜ブーム的なものが盛り上がる中、意図的に見ないふりをしてきたことについて、改めて考えなくてはいけないと思っている」と自己批判をする内容となっています。  吉田豪氏と久田将義氏がパーソナリティをつとめるニコニコ生放送「タブーなワイドショー」にて、ミスiD2015グランプリで漫画家の水野しず氏をゲストに迎えこの話題に言及。ドラッグ、薬物、死体写真や鬼畜ブームといった、90年代の混沌としたサブカルシーンを振り返りました。 雨宮処凛さんのコラム。(画像はマガジン9公式サイトより) ―関連記事― ・地下アイドルよりも地下 “地底アイドル”の実態を現役アイドルが暴露「オリジナル曲がない、ドン・キホーテの衣装を平気で買う」 ・『ラストアイドル』で再炎上の吉田豪がジャッジの真相を語る「アイドルはスキルによって評価されるジャンルではない」 雨宮処凛氏の行動原理は新宿ロフトプラスワンにある 左から久田将義氏、水野しず氏、吉田豪氏。 吉田: 雨宮処凛さんという、もともとビジュアル系好きみたいな人が、今は貧困問題とかを追っている人が、もともと新宿ロフトプラスワン(以下、ロフトプラスワン)【※】にずっと通ってい...more
カテゴリー:

【ネトウヨ化し安倍首相を崇拝する父に困惑】「僕はネトウヨを卒業したのに、父がネトウヨになった」 - 06月26日(火)10:05  seijinewsplus

 13歳で小林よしのり著『戦争論』に衝撃を受けるも、まったくの世間知らず状態のまま“誤読”してしまい、「昔の日本人スゴイ」→「日本人であるだけでスゴイ」→「だから僕はスゴイんだ!」という三段論法の“開眼モード”にはまり込んでネトウヨ化してしまったという内田大輔さん(仮名・31歳)。  思春期を周囲の友人・大人たちに“真実の歴史を布教する”活動に捧げたが、イラク戦争、福島第一原発事故における保守派の言説に違和感を覚える。また、憧れから自衛隊に入隊するも過酷な訓練に耐えられず挫折。自身の言動を冷静に捉えなおすよ...
»続きを読む
カテゴリー:

米帰還兵たちがプロレスを通してPTSDと向き合う理由 - 07月16日(月)09:00 

リングの上でPTSD(心的外傷後ストレス障害)と向き合い、同じ苦しみを抱える観客を励ますイラク戦争帰還兵の物語。テキサス州、ミネラル・ウェルズの中心部、アメリカン・レジオン・ホール内のリングに立つのは1人のイラク帰還兵である。名前はエディ・ウィターン、元米国陸軍所属で柔術の達人。しかしそれはあくまで一面に過ぎないのだ。ここに立っている男は「エディ・スコット」で、怒れる、戦争の権化たるキャラを担った34歳のプロレスラーだ。現実の彼は経験豊かで、軍役も積み重ねた武道家だ。しかしリングでのその役割はあくまで観衆をいきり立たせることだ。アクリルのそのフェイスペイントはピンク、ブラック、ホワイトで、ピエロのようなこのレスラー「エディ・スコット」は道化どころか、とんでもない毒舌を吐く。そして、このおどけた扮装が現実の彼の身を守っている。「この会場に俺の帰還兵仲間はいるのかな」とエディは観衆に向かって問いかける。1人また1人と、誇りを隠さず、賞賛を受ける心持で立ち上がり始める。そんな帰還兵たちを指さして、エディはこう挑発するのだ。「おいおい、クウェート絡みの湾岸戦争の『砂漠の嵐作戦』野郎は立つんじゃないよ」といきなり真っ向から全否定するのだ。「あんたらの4泊のキャンプは物の数に入れるわけには行かないさ。あんたらの戦争経験ぜんぶ合わせても俺たちの白兵戦の合計時間にも足りやしない」。観客はあっけにと...more
カテゴリー:

イラク戦争15年でシンポ 「自衛隊日報は国民共有の文書」 - 07月14日(土)19:01 

2003年のイラク戦争開戦から15年となったのに合わせ、戦争を振り返り、今年発覚した自衛隊の日報隠蔽問題を話し合う...| 西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるWeb版ニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュース、福岡ソフトバンクホークスなどのスポーツ情報を提供します。
カテゴリー:

映画・ドラマで楽しく学ぶアメリカ史 米老舗エンタメサイトが紹介 - 07月09日(月)11:00 

 米バラエティが7月4日の独立記念日を受け、「映画とテレビでアメリカ史を学ぶ、あまり退屈ではない10の方法」と題したリストを発表した。対象は夏休みに入り家でごろごろしている子どもたちで、現在アメリカでストリーミング中の作品のなかから選出されている。 米バラエティによる「映画とテレビでアメリカ史を学ぶ、あまり退屈ではない10の方法」のリストは以下の通り。 建国の始祖たち 「Drunk History(教育番組)」(シーズン2第8話) 第二次世界大戦以前 「私が愛した大統領」(2012) 第二次世界大戦 「プリティ・リーグ」(1992) 朝鮮戦争 「M★A★S★H マッシュ」(70) 米ソ冷戦 「ドリーム」(16) ベトナム戦争 「グッドモーニング、ベトナム」(87) 70年代 「タイタンズを忘れない」(00) ウォーターゲート事件 「キルスティン・ダンストの大統領に気をつけろ!」(99) レーガン・ドクトリン 「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」(07) イラク戦争 「ヤギと男と男と壁と」(09) 不朽の自由作戦(アメリカ同時多発テロ事件の報復として、アフガニスタンのタリバンに対して米英が開始した軍事作戦) 「アメリカン・レポーター」(16) 【作品情報】 ・ドリーム 【関連記事】 ・【作品情報】「私が愛した大統領」 ・【作品情報】「タイタンズを忘れない」...more
カテゴリー:

「イラク戦争」の画像

もっと見る

「イラク戦争」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる