「イクメン」とは?

関連ニュース

【悲報】つるの剛士さんの新刊「バカだけど日本のこと考えてみました」がAmazonで大絶賛 - 06月22日(金)00:33  news

の★★★★★ ベストセラーへ つるの剛士さんの新刊  バカだけど日本のこと考えてみました (ベスト新書) https://www.amazon.co.jp/dp/4584125805 内容紹介 ◆子育て、平和、生き方、メディア、…etc.ボクなりに考えてみました! ●つるの剛士、初の書き下ろし新書 ●僕が受けた偏向教育 ●安保法制で炎上騒動 ●死ね”なんて言葉が流行語っておかしい? ●平等なんて言葉はいらない ●自分の国を愛することは他の国を愛すること ●僕は“愛国タレント”!? ●子育ては心配よりも信頼 ●僕はイクメンではない! ●将棋は敗者の美学。負...
»続きを読む
カテゴリー:

育児でイライラするママ・しないママの違い。原因は子どもじゃなかった - 06月20日(水)08:46 

 こんにちは。心理カウンセラーの小松原幸恵です。フリーランスで仕事をしつつ、4歳になる一人息子を育てています。 ◆息子がご飯を食べてくれない……  息子が2歳のとき、ほとんどご飯を食べませんでした。離乳食は済んでいて、普通の食事ができることは確認済みです。家での食事は1口、2口ごはんを食べたらさっさとテーブルを離れて、一人で静かに遊んでいました。  ご飯がダメならと思い、オヤツを渡してみても食べない。  オヤツを奪い取られても全く気にしません。周りで他の子がオヤツを食べていても欲しがらない。お菓子が2つあったら、必ず私に1つくれるという徹底した少食っぷり。 「子どもって食欲旺盛で、オヤツが大好きなんじゃないの?」このような固定観念があった新米ママの私は、戸惑うばかりでした。 ◆「イライラするママ」と「しないママ」の決定的な違い  こういった場合、食べない子どもに怒ってしまう母親もいるかと思います。この「イライラする母親」と「しない母親」の違いは一体何なのでしょうか?  イライラするママは、「子どもはたくさん食べて当たり前」ということを思い込んでいます。なので、その通りに行動しない子どもにイライラしてしまいます。  さらに、ママの「無意識」にある思いが、子どもへのイライラという形で表れている場合もあります。  イライラを越えて「激しい怒りに駆られる」と感じる場合は...more
カテゴリー:

今では考えられない!大らかすぎる「昭和の子育て」とは? - 06月17日(日)19:00 

環境の変化に敏感な子育ては、時代によって‟当たり前”が変わっていきます。 布オムツから紙オムツへの変化も、アレルギーの問題も、専業主婦が多数を占めていた時代から働くママが多くなったのも、今の時代だからこその‟当たり前”。もちろん、昔は「イクメン」なんて言葉もありませんでした。 そんな‟今”の時代で当たり前に子育てしていると、ふと自分の子ども時代を振り返り「昔は……」なんて思い出したりしませんか? ママスタBBSに寄せられた「今じゃ考えられらい昔の子育てあるある」というトピックス。懐かしさを感じる反面、今の時代とのギャップがおもしろいですよ。 ①なんでもアリ?まだまだゆるかった交通ルール 『軽トラの後ろに乗せられたり、車のトランクに入ったりしてた』 『じいちゃん運転の原付きに従兄弟と3人乗りして公園に連れて行ってもらってたよ! 今じゃありえないね』 『赤ちゃんおんぶして原付』 『私、自転車の前かごに乗せられてた。もちろんタダのかご』 今では、自動車にはチャイルドシートやジュニアシートの取付が義務となり、自転車に設置された子供用の座席は昔と比べると立派に、ヘルメットの装着も当たり前になりました。今と昔では、ずいぶん変わりましたね。 まだ交通ルールがゆるかった時代があったからこそ、安全のルール作りがなされたのではないでしょうか。昔での経験が‟今”に生きているのですね。(もちろん今...more
カテゴリー:

パパ専用アプリ「パパninaru(ニナル)」育児モード搭載 - 06月16日(土)12:00 

子育て情報を4歳まで拡充 株式会社エバーセンスは、ママをサポートするパパ専用アプリ「パパninaru(ニナル)」Android版にて、子育て情報の配信を4歳まで拡充しました。 Android版「パパninaru」では、これまで以上にママをサポートできるよう4歳までつかえる「育児モード」を搭載しました。iOS版「パパninaru」も、今後Android版と同じように育児モードがつかえるようにリニューアル予定となっています。 ワンオペ育児に多くのママが悩む 「イクメン」と呼ばれる育児や家事をこなす男性も増えていますが、多くのママが女性が一人で育児・家事を行う「ワンオペ育児」に悩んでいる現状となっています。 女性は、出産後は生活環境の変化やホルモンのバランスの乱れによって心身ともに不安定な状況になります。パートナーであるパパに頼りたくても、パパは「産後のママがどういう体調なのか」「何をしたらいいのか」がわからず、ママのサポートをどのようにしたらいいのかわからない状況となっています。 ママとパパが協力してチームで育児を 「パパninaru」は、妊娠や出産、育児をサポートするパパ専用のアプリです。男性目線での必要な妊娠や出産、育児の情報を伝えています。また、今回育児モードを新たに搭載し、4歳までつかえる情報を提供し始めました。 株式会社エバーセンスでは、ワンオペ育児ではなく、ママとパパ...more
カテゴリー:

男性学の視点から男女共に生きやすい社会を考える 大正大学・田中俊之准教授が講演! - 06月14日(木)15:30 

[松戸市役所] イクメンという言葉が社会に定着しても、なかなか男性の家事・育児参加が進みません。現実としては、相変わらず男性の生き方は仕事中心です。その一方で、かつてよりも女性が社会に進出するようになりました。家...
カテゴリー:

「大切なのはお金じゃない!」貧乏なのに女性にモテる男9パターン - 06月21日(木)15:00 

経済力は重要なモテ要素ですが、それが欠けていてもモテる男性はいます。彼らにはどんな特徴があるのでしょうか。そこで今回は、20代から30代の独身女性500名から集めたアンケートを参考に、「貧乏なのに女性にモテる男」をご紹介いたします。 【1】とにかく体が頑丈で病気をしない男性 「おバカでも元気なら愛せるし、きっとなんとかなる」(30代女性)というように、とにかくタフな男性は、貧乏でも見どころがあると女の子に思ってもらえそうです。いつも笑顔で声が大きいというだけでも、タフガイのイメージを与えられるかもしれません。 【2】特定の分野で誰にも負けない知識があるなど、なにか一芸に秀でている男性 「超オタクでもOK。突き抜ければ成功するかもしれないから」(20代女性)というように、なんらかの特技を持つ男性に可能性を感じる女の子も。ひとつでも得意なことがあるなら、誰にも負けないレベルになるまで、ストイックに打ち込んでみてはいかがでしょうか。 【3】家事や育児のセンスを感じさせる男性 「共働きが当たり前の時代、せめて家にいるときだけでもラクさせてほしい」(30代女性)というように、結婚後の家事負担を考えたとき、きちんと分担してくれそうな男性はポイントが高いという意見も。家事の手際や面倒見の良さなど、イクメンの資質をアピールしたいところです。 【4】コツコツと同じ仕事を続けている男性 「少なくと...more
カテゴリー:

尾木ママとイクメン市長議論 来月フェス開催 名取市制施行60年記念 - 06月19日(火)09:30 

5人の子を育てた山田司郎名取市長が7月16日、子育てを巡り、「尾木ママ」の愛称で知られる教育評論家の尾木直樹氏に論争を挑む。市制施行60年記念で開く「なとり子育てフェスタ」のパネル討論で行われる予定で
カテゴリー:

父の日記念にイクメンセレブ選手権! - 06月17日(日)10:00 

話題のセレブの恋愛模様から最新動向をスクープ。
カテゴリー:

タカトシのトシ、女性誌に「盗撮」「証言って誰」 - 06月14日(木)19:34 

お笑いコンビ・タカアンドトシのトシ(41歳)が、6月12日に放送されたバラエティ番組「ジンギス談!」(HBC北海道放送)に出演。先日女性誌に掲載された“イクメン”報道に言及した。
カテゴリー:

労いの言葉が欲しいだけ…育児の大変さを夫に気づいてもらうには? - 06月13日(水)12:00 

「夫が育児の大変さをわかってくれない…」というのは昔から言われている“育児あるある”のひとつですよね。最近では、イクメンなんて言葉も出てきたり、有名企業の社長が育休を取得したことがニュースになったりもするけれど、実際に育児に協力的な夫を身近で感じられないママは、まだまだ多いもの…。 労いの言葉をくれない夫に悩む妻 ネット上のママたちの声を見てみると、「夫から専業主婦なんだから、育児をひとりでするのは当たり前だ」、「他のママもみんなやってることなんだから、できないはずがない」などと言われたという投稿や、「育児に協力してくれなくてもいいから、せめて労いの言葉くらいはかけてほしい」なんて声はよくみかけます。 そんな育児の大変さを軽視している夫に、少しでも理解してもらうために、世のママたちがしていることとは…? 子どもを夫に任せる? 理解を求めるのを諦める? まず、多く見られる意見として挙げられるのは、夫に子どもを任せること。たとえば夫が土日休みなら、何かしらの理由をつけて、ママが土日を留守にし、丸々2日間夫と子どもだけの時間を作る。そうすること、育児の大変さがようやくわかるようになったという声もあります。たしかに、子どもの食事を用意して食べさせたり、トイレを手伝ったり、遊んだり、あやしたり…育児をすべてひとりですることで、今までは見えていなかったものも見えるようになりそうですよね。...more
カテゴリー:

もっと見る

「イクメン」の画像

もっと見る

「イクメン」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる