「アルゼンチン」とは?

関連ニュース

「暴言、失言の頻度が高すぎる」ので麻生氏の外遊に野党反対 - 11月21日(水)00:03  news

 立憲民主党など野党各党は20日の衆院議院運営委員会理事会で、麻生太郎財務相が28日から12月4日に予定しているアルゼンチン訪問について、「暴言、失言の頻度が高すぎる」との理由で反対した。  麻生氏が17日に東京大学を卒業した北九州市長について「人の税金使って学校行った」などと発言したことを問題視。立憲の手塚仁雄・筆頭理事は記者団に「海外でこういうことをすると国益に反する。税金の使い道について見識がなさ過ぎ、恥ずかしい」と批判した。 https://www.asahi.com/sp/articles/ASLCN5JFGLCNUTFK017.htm...
»続きを読む
カテゴリー:

衆院議運委:麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず - 11月20日(火)20:54 

 衆院議院運営委員会は20日の理事会で、政府が求めた麻生太郎副総理兼財務相のアルゼンチン出張(28日~12月4日)を了承しなかった。麻生氏は福岡市長選の応援演説で、東大卒の北橋健治北九州市長を「人の税金を使って学校に行った」と批判。これを立憲民主党などの野党が問題視し、出張に反対した。
カテゴリー:

サウジのムハンマド皇太子、G20出席へ 事件後初の外遊 - 11月20日(火)16:50 

 サウジアラビア人ジャーナリストがトルコで殺害された事件で、事件への関与が疑われているサウジアラビアのムハンマド皇太子が今月末開催のG20首脳会議に出席するため、アルゼンチンを訪問すると報じられました。
カテゴリー:

サウジ皇太子がG20出席へ 記者殺害事件後、初の外遊 - 11月20日(火)10:34 

 サウジアラビアのムハンマド皇太子が、今月末からアルゼンチンで開かれる主要20カ国・地域(G20)首脳会議に出席すると、中東の衛星テレビ局アルアラビーヤが19日、報じた。トルコの自国総領事館で起きたサ…
カテゴリー:

【1年ぶり発見のアルゼンチン潜水艦】内部の損壊確認 引き揚げ資金は不足 - 11月20日(火)02:56  newsplus

http://www.afpbb.com/articles/-/3198157?cx_part=latest 1年ぶり発見のアルゼンチン潜水艦、内部の損壊確認 引き揚げ資金は不足 2018年11月18日 15:02  発信地:マルデルプラタ/アルゼンチン [ アルゼンチン 中南米 ] 【11月18日 AFP】昨年11月に乗組員44人を乗せて大西洋で消息を絶ったアルゼンチン海軍の潜水艦「サンフアン(ARA San Juan)」は、1年を経てようやく残骸の位置が特定された。だが、引き揚げに必要な資金は10億ドル(約1130億円)を超えるとみられ、オスカル・アグア(Oscar Aguad)国防相は同国に実現のための...
»続きを読む
カテゴリー:

海外で失言なら「国益に反する」 麻生氏外遊に野党反対 - 11月20日(火)23:13 

 立憲民主党など野党各党は20日の衆院議院運営委員会理事会で、麻生太郎財務相が28日から12月4日に予定しているアルゼンチン訪問について、「暴言、失言の頻度が高すぎる」との理由で反対した。 麻生氏が1…
カテゴリー:

野党、麻生氏外遊に反対=「失言多過ぎる」 - 11月20日(火)16:53  newsplus

 立憲民主党など主要野党は20日の衆院議院運営委員会理事会で、麻生太郎副総理兼財務相が28日から12月4日に予定しているアルゼンチン訪問について、「暴言、失言の頻度が高過ぎる」との理由で反対した。  立憲などは、麻生氏が東大出身の北九州市長について「人の税金で大学に行った」などと発言したことを問題視。同党の手塚仁雄氏は会合後、記者団に「海外でこういうことをすると国益に反するし、見識がなさ過ぎる」と述べた。(2018/11/20-15:59) https://www.jiji.com/jc/article?k=2018112000806&g=pol ...
»続きを読む
カテゴリー:

メッシ不在で出場機会増加中も…ディバラはエースの復帰望む「他人が決められる問題ではないが…」 - 11月20日(火)16:35 

アルゼンチン代表FWはベテラン勢が抜けた若いチームにはファンからのサポートが必要だと話した。
カテゴリー:

ついに見つかったアルゼンチン海軍潜水艦。しかし、家族の思いをよそに浮上は困難 - 11月20日(火)08:31 

 昨年11月15日に消息を絶ったアルゼンチンの潜水艦ARA サンフアン(San Juan)。当サイトでもスペイン語圏のメディアで報じられるその後をずっと紹介してきたが、ついに探索を進めていた米国テキサス州ヒューストンに本 […]
カテゴリー:

アメリカを「仮想敵国」に。仏マクロン大統領「悪魔」発言の裏側 - 11月19日(月)20:13 

去る11月11日、仏パリで第1次大戦終結100周年式典が開催され、米トランプ大統領も式典に出席しました。しかし、独仏を中心とする欧州と米国の関係悪化がかえって浮き彫りになったと語るのは、『最後の調停官 島田久仁彦の『無敵の交渉・コミュニケーション術』』の著者、島田久仁彦さん。国際情勢に詳しい島田さんは、各国が孤立主義に走り、国際協調主義が崩れようとしている「世界のいま」を解説しています。 マクロン大統領の“悪魔”発言で米仏関係に変化 11月11日、フランス・マクロン大統領の誘いで、パリ・凱旋門を舞台に「第1次世界大戦終結から100周年」の記念式典が開催され、トランプ大統領、メルケル首相をはじめ、関係各国首脳が集いました。また、これを機に「世界平和に向けた国際協調」を“確認”すべく、「世界平和のためのフォーラム」も開催されましたが、トランプ大統領は欠席し、国際協調主義に対して“無言のNO”を突き付けたとのイメージが強調されました。 その表れとして、主催者であるマクロン大統領は、「世界はまた、孤立主義という名の“悪魔”に対峙している」と述べ、世界で広がってきている自国中心主義やナショナリズムに対して警鐘を鳴らし、グティエレス国連事務総長は「国際協調主義の重要さ」を繰り返していました。また、IMFのラガルド代表理事も「さまざまな国際的な懸念に対し、協調の下、答えを見つけるのが国際機関の役...more
カテゴリー:

もっと見る

「アルゼンチン」の画像

もっと見る

「アルゼンチン」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる