「アメリカ」とは?

関連ニュース

菅田将暉が戦艦大和建造を阻止する天才数学者役で山崎貴監督と初タッグ!『アルキメデスの大戦』映画化 - 07月16日(月)17:07 

菅田将暉主演、山崎貴監督のメガホンで、数学の天才が「戦艦大和建造計画」阻止に挑む姿を描いた同名コミックが『アルキメデスの大戦』として映画化されることがわかった。 『ALWAYS三丁目の夕日』シリーズ3作品で総興行収入112億超の大ヒットを記録した山崎監督は、零戦搭乗員の物語を描いた『永遠の0』(13年/興収87.6億円)をはじめ、『STAND BY ME ドラえもん』(14年/八木竜一との共同監督で興収83.3億円)、『海賊とよばれた男』(16年/興収23.7億円)、『DESTINY 鎌倉ものがたり』(17年/興収32億円)など、次々と大ヒット作を生み出す日本映画界きってのヒットメイカーだ。そんな山崎監督が、『永遠の0』以来となる第2次世界大戦を描くのが、最新作『アルキメデスの大戦』。 原作は「ドラゴン桜」で一世を風靡した三田紀房(みた・のりふさ)による同名コミック。舞台は1930年代の日本。アメリカとの開戦を視野に入れた大日本帝国海軍司令部は、世界最大級の戦艦大和を建造し、日本の国威を世界に示す計画を立てていた。その計画に反対を唱える海軍少将・山本五十六は、大和建造を阻止するため、帝国大学100年に1人の逸材で、アルキメデスの再来と呼ばれる天才数学者・櫂直(かい・ただし)を引き入れる。櫂は、数学者ならではの視点で、巨額の国費を投じる大和建造費の見積もり額に矛盾を発見し、軍部の...more
カテゴリー:

GEZAN新アルバムから「NO GOD」MV公開、撮影はアメリカで - 07月16日(月)16:00 

GEZANの新曲「NO GOD」のミュージックビデオがYouTubeで公開された。
カテゴリー:

Report: 車内で花火が発火してジープ「ラングラー」が炎上! しかし、消防署に通報されず - 07月16日(月)15:00 

Filed under: SUV, ジープ, トラック/ピックアップ, オフロード, アメリカ 米国では7月4日の独立記念日を祝う花火によって、所有物が被害を受けたり破壊されたと聞いても驚かない。計画の甘さや不慣れであること、また単なる運の悪さが原因となって引き起こされる事故に、この時期の消防署はとても忙しい。しかし、この焼失したジープ「ラングラー」に関してはちょっと違う。ラングラーが燃え出した時、20人以上の人が周りにいたにも関わらず、誰も通報しようとしなかったというからこれはさすがに驚きだ。 Continue reading 車内で花火が発火してジープ「ラングラー」が炎上! しかし、消防署に通報されず車内で花火が発火してジープ「ラングラー」が炎上! しかし、消防署に通報されず originally appeared on Autoblog Japan on Mon, 16 Jul 2018 02:00:00 EDT. Please see our terms for use of feeds.Permalink | Email this | Comments
カテゴリー:

米大学教授「日本には、移民受け入れの土壌がある。政治家が決断すべき」 - 07月16日(月)14:37  news

ジェームズ・ホリフィールド教授に聞く「移民問題を見るポイント」 移民政策なきまま、外国人の住民が増え続ける日本。「移民受け入れに向け、政治家が勇気ある決断をすべきだ」と、 ジェームズ・ホリフィールド氏は呼びかける。アメリカのサザンメソジスト大教授で、人の移動に関する研究では 草分けといえる存在だ。6月に来日した機会に、話を聞いた。(構成・中野渉) (中略) ――日本は移民や難民の受け入れが進んでいないと指摘されます。ヨーロッパなどと比べてどうでしょうか。 日本と欧米とでは、移民を取り巻く状...
»続きを読む
カテゴリー:

福士蒼汰、JKの浴衣姿に「ドキドキしています」 - 07月16日(月)14:15 

 俳優の福士蒼汰が16日、都内で行われた主演映画『BLEACH』(20日公開)の公開直前イベントに出席した。浴衣姿で駆けつけた女子高生たちに「ありがとうございます。この人数でこういった近い距離で試写会を行うこともなかなかないですし、すごく特別な感じがします。ドキドキしています」と笑顔で呼びかけた。 【動画】[ALEXANDROS]川上洋平、福士蒼汰からのベタ褒めに「良いやつ」  質問コーナーで「高校生の自分に何か言うとすれば?」と聞かれると「『そのままでいいぞ』ということですかね。人生の中でやり直したいということもあるかもしれないですけど、僕はそう思わないようにしていて、自分の選択肢が成功になるように努力することを大切にしているので」と力説。「選択すること自体は大したことじゃなくて、それまでの過程が大事だと思うので、その選択をした自分を信じてあげたいかな」と持論を語った。  その後、福士が会場のファン一人ひとりに「BLEACHうちわ」を手渡しすることがサプライズで発表されると、女子高生たちからはこの日一番の黄色い歓声があがった。笑顔で手渡しした福士は「夏の映画なので、公開前にみなさんに見ていただいて活気づいたかなと思います」と感謝の思いを伝えていた。  同作は、久保帯人氏の人気漫画を実写化。福士は死神の力を譲り受け、悪霊=虚<ホロウ>と闘うことになる高校生・黒崎一護を演じる...more
カテゴリー:

川本三郎はサブカルチュアの世界を生き抜いてきたクリント・イーストウッドである(『映画の中にある如く』発売記念対談ロングヴァージョン<中篇>) - 07月16日(月)17:00 

——『キネマ旬報』の長期連載「映画を見ればわかること」をまとめた川本三郎著『映画の中にある如く』が2月に刊行されました。今回は、長年“川本三郎本”を愛読されてきた北沢夏音氏と渡部幻氏に川本三郎さんの文章を“読むことの楽しみと驚き”について<前篇>に続いて伺ってみたいと思います。 <前篇はこちら>http://getnews.jp/archives/2057633 文芸とジャーナリズム、両方を手がける 北沢 僕が大学に入ったのが83年で、映画への視野も広がり、アメリカンニューシネマの名作をひととおり観たいと思ったときに、作品のガイドとしては、フィルムアート社の『70年代アメリカン・シネマ103 もっともエキサイティングだった13年』(編集:筈見有弘+フィルムアート社+HOP企画、80年)、洋邦を問わず“陽のあたらない”B級映画の探索については、『朝日のようにさわやかに 映画ランダム・ノート』(筑摩書房、77年)』や『シネマ裏通り』(冬樹社、79年)などの川本さんの評論が指針になりました。ニューシネマに漂う”敗北感”や”孤独感”を川本さんが背負って書いておられる気がしたんです。 渡部 『シネマ裏通り』の単行本の帯文が傑作中の傑作なんです。表帯が〈Five O’clock Shadow 映画館にはいるのは いつも夕暮れ……〉、裏帯が〈マイナーな女優と 安ウイスキーをひっかけて...more
カテゴリー:

米・シカゴ、黒人男性射殺に抗議デモ - 07月16日(月)15:11 

 アメリカ・シカゴで、職務質問中に逃げ出した黒人男性が警察官に撃たれて死亡し、現場周辺では射殺に抗議する住民と警察がもみ合いとなりました。
カテゴリー:

プラ製ストロー相次ぐ廃止=海洋環境配慮、課題も - 07月16日(月)14:57 

 【ワシントン時事】米国などの大手企業でプラスチック製ストローの使用を取りやめる動きが相次いでいる。廃棄されたストローは海洋を汚染し、生物の体内に取り込まれる問題が指摘されてきた。数年前から盛り上がる草の根的な廃止運動が企業を動かした形だが、廃止には課題もある。 薄い材質のプラスチック製ストローは海水で微小な「マイクロプラスチック」に短時間で分解され、海鳥やクジラ、魚介類が口にする。2015年に投稿された、生きた海ガメの鼻から大量のストロー片が取り出される動画は3000万回以上再生され、反響を呼んだ。 インターネットを介して広まった「ストロー不要」の波を受け、米コーヒーチェーン大手スターバックスは先週、プラスチック製ストローの使用を20年までに取りやめると発表。アメリカン航空も機内で今後使用しない方針を決めた。 追随する動きは広がり、食品業界専門のニュースサイトは「他の企業も『反ストロー主義』を受け入れざるを得なくなる」との見方を示す。 ただ、代替する材料にも課題はある。堆肥化可能なプラスチック製ストローは高価で、生分解するには専用の施設が必要という。紙製は水分に弱く、金属製も曲げられない上に、熱や冷たさを伝えやすいデメリットがある。 体に障害を持つライターは米紙ワシントン・ポストへの寄稿で、障害者がストローなしで直接熱い飲み物を飲めば、やけどをするか、のどを詰まらせる危険性がある...more
カテゴリー:

平壌郊外に“秘密のウラン濃縮施設”か 7/16 14:29更新 - 07月16日(月)14:29 

非核化に合意した北朝鮮が、平壌郊外に秘密のウラン濃縮施設を持っている可能性が高いと、アメリカの外交専門誌が15日、報じた。
カテゴリー:

ぐっすり眠れるビジネスクラス「ユナイテッド・ポラリス」を体感【搭乗レポート】 - 07月16日(月)14:05 

ユナイテッド航空が2016年11月より導入を開始した、”睡眠”に特化したビジネスクラスシート「ユナイテッド・ポラリス」。”ポラリス”とは北極星を意味するといい、ボーイング777-300ER型機より新シートを順次導入している。 日本線には2017年6月15日から、東京/成田〜サンフランシスコ線に投入。その後は東京/成田〜ニューヨーク/ニューアーク線にも投入している。今回、サンフランシスコでの取材のため、「ユナイテッド・ポラリス」を利用した。 日本とアメリカ間をビジネスクラスに乗る場合、同じ金額や時間で日系、米系、その他の航空会社が選択肢にあれば、まず日系航空会社から選択する人が多いのではないだろうか。少なくともサービス面では日本の航空会社のほうが高いレベルであるのは複数の格付け会社の評価の通りであろうし、日本語でのコミュニケーションもできる。現地発であろうとも、和食で大きなハズレは確実に引かない。大抵は機内も清潔だ。そういうわけで、価格重視のエコノミークラスであれば割安なことが多い米系、ビジネスクラスに乗れる場合は日系の航空会社を選んでいた。 しかし、ユナイテッド航空とデルタ航空が相次いで発表した新型ビジネスクラスシートは、一度利用する価値がありそうだ。ユナイテッド航空の「ユナイテッド・ポラリス・ビジネスクラス」は、”睡眠”に特化し、成田空港を含む全世界8ヶ所のラウンジを...more
カテゴリー:

もっと見る

「アメリカ」の画像

もっと見る

「アメリカ」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる