「アナリスト」とは?

関連ニュース

【IT】MicrosoftはOffice 365移行促進を強硬へ? - 06月23日(土)19:28  bizplus

米Microsoftは今後も企業ユーザーに対してOffice 365の導入を強く求めていくとの見通しを、米Gartnerのアナリストが示した。具体的には、Office 365の企業向けクラウドサービスを、永続ライセンス版(一度購入したらずっと使えるバージョン)のOfficeからは利用できないようにするとのことだ。 この見通しは、GartnerのMichael Silver氏とStephen Kleynhans氏が、4月に作成した顧客企業向けレポートで明らかにしたもの。あと2年半でそのような規約が設けられると両氏は見る。  「Microsoftは、Office 365のオンラインサービスにアク...
»続きを読む
カテゴリー:

スピードワゴンさん司会『The Night』で語りきれなかった事前アンケートの内容とは? - 06月22日(金)18:00 

ハンバぁぁ~グ!!! どうもどうも、特殊犯罪アナリスト&裏社会ライターの丸野裕行です!! 今週は、スピードワゴンさん司会のAbemaTV『月曜The Night』の第112回“暴力団事務所、闇カジノ、環境劣悪レストランなど潜入取材でヤバい情報GET! 体当たりライターSP!”に出演してまいりました! テレビ出演したときに必ずあるのが、アンケート調査というものです。番組を生放送、収録するために必須のものなんですが、今回はライター・丸野ありきの企画だったらしく、電話取材+アンケートというものでした。ちょうど関西圏で大地震がきたときの生放送だったので、間に合うか心配だったのですがなんとか夕方には到着。 AbemaTVの水は飲み放題 予想していた以上にとんでもない内容の放送になりました。 気になるアンケート内容 まず、やってきたアンケートの内容です。 Q1.最新詐欺事情としまして、ミニコーナーが出来ればと考えております。 お電話では「自分史詐欺」のお話をお伺いしましたが、その他にどのようなものがございますでしょうか? ※できれば、お年寄りターゲットのものばかりではなく、 若い視聴者層にも関係のあるものがあればお伺いしたいです。 西谷さんと週刊ポストの編集者さんと A.現在お話しできる特殊犯罪(詐欺)に関して、このようなものがあります。 ・仮想通貨詐欺(複数の携帯電話やセミナーを使っ...more
カテゴリー:

ベトナム国民、我に返る - 06月22日(金)11:31  news

[マニラ 19日 ロイター] - 中国に対する問題が浮上した場合、ベトナムの世論がどれほど簡単に一本化され、抗議する市民を動員できるかは、この国の各都市で起きている数千人規模の抗議行動が物語っている。 ベトナムで厳密には違法とされるデモが、2週連続で週末発生。その引き金となったのは、外国企業向けの経済特区を沿海部に設置するとの計画が、中国企業がベトナムに進出する足掛かりになるのではないかという国民の懸念を招いたことだ。 この経済特区の計画自体には、中国への言及はない。たがベトナム国民の感情はすで...
»続きを読む
カテゴリー:

「1000円からできるお金のふやし方」(大槻奈那・著)出版のお知らせ - 06月22日(金)11:00 

[マネックス証券株式会社]  マネックス証券株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:松本大、以下「マネックス証券」)は、チーフ・アナリスト兼マネックス・ユニバーシティ長 大槻奈那執筆の「1000円からできるお金のふやし方」を本...
カテゴリー:

【新たな成長軌道へ アナリスト展望】(2)自動運転の新潮流 ドライバーが求めるクルマ開発を - 06月22日(金)10:31 

 今後、加速度的に導入が進む自動運転技術。2025年の高速道路では、走行するクルマのうち半数程度にACC(アダプティブクルーズコントロール)が装着され、ドライバーは運転操作の多くから解放される。事故を未然に防ぐ安全装備も充実し、交通事故も大幅に削減されるだろう。こうした自動運転技術。付加価値向上にとどまらず、外出などのライフスタイル、交通需要にも変化を与え、観光など経済波及効果も大きくなりそうだ。
カテゴリー:

【家電】有機ELテレビは1年で14万円以上低価格に、累計シェアはソニーがトップ。BCN調査 - 06月22日(金)23:08  bizplus

 BCNは16日、有機ELテレビの1年間を振り返り、今後の動向についての考察を発表。平均単価が1年間で44.6万円から30.2万円に下落した事や、2017年6月から2018年5月までの累計シェアで、ソニーが40%弱を獲得してトップになった事を明らかにした。 有機ELテレビの国内市場は、LGエレクトロニクスと東芝に加え、ソニーとパナソニックが2017年6月に発売した事で、本格的に立ち上がった。各社は'18年夏商戦に合わせて新製品を発売。船井電機も参入を予定しており、「今年は市場がより活況となる」(BCNアナリスト・山口渉氏)と予想する。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【ビジネス】人工ダイヤで若年層狙う デビアス、180度方針転換で販売参入 - 06月22日(金)15:10  newsplus

◆人工ダイヤで若年層狙う デビアス、180度方針転換で販売参入 ダイヤモンド産出で世界最大手デビアスが、人工ダイヤの販売計画を発表した。 人工品は販売しないという従来の方針を180度転換した。 ライバルよりも安価に供給することで若年層などを取り込みたい考えだ。 デビアスは年内に米国で人工ダイヤの新ブランド「ライトボックス・ジュエリー」を立ち上げる。 価格は1カラット=800ドル(約8万8000円)程度。 同ブランドのターゲット層は、高価な宝石の購入に抵抗のある若い世代だ。 同社は今回の方針転...
»続きを読む
カテゴリー:

MicrosoftはOffice 365移行促進を強硬へ?Gartnerが予測(Computerworldニュース) - 06月22日(金)11:10 

 米Microsoftは今後も企業ユーザーに対してOffice 365の導入を強く求めていくとの見通しを、米Gartnerのアナリストが示した。具体的には、Office 365の企業向けクラウドサービスを、永続ライセンス版(一度購入したらずっと使えるバージョン)のOfficeからは利用できないようにするとのことだ。
カテゴリー:

【新たな成長軌道へ アナリスト展望】(3)働き方改革 産業・社会システム変革で持続性担保を - 06月22日(金)10:32 

 現政権は「働き方改革」に意欲的に取り組んできており、関連法案は今国会で審議されてきた。今回の政府主導による「働き方改革」の内容は、欧州型のワークルールを導入するものだ。それは人口減少の本格化という、わが国が直面する最大課題に対する有効な対応策として、大筋において妥当といえる。具体的には、長時間労働の是正と同一労働同一賃金の導入が2大柱となっている。労働時間の絶対上限を罰則付きで設けるとともに、正規・非正規間の不合理な処遇格差の是正を企業に求める。
カテゴリー:

【新たな成長軌道へ アナリスト展望】(1)第4次産業革命 競争優位戦略構築への活用 優先課題 - 06月22日(金)10:30 

 2020年+αの期間までに、ものづくり企業の経営者がどのような経営判断を下すかで、日本の製造業の行く末が決まってくる可能性が高い。第4次産業革命と聞くと、先端テクノロジーばかりに目が行きがちだが、これらは、インパクトはあるが所詮ツールでしかなく、時代の変化の中でこのツールを活用して、どのような競争優位戦略を構築するかが、経営者の優先課題であり、当面の間、経営者にとって胆力を問われる期間になるだろう。
カテゴリー:

もっと見る

「アナリスト」の画像

もっと見る

「アナリスト」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる