「もらい泣き」とは?

関連ニュース

和田竜二「オペラオーが後押し」 ツイッターでもらい泣き続出、トレンド入りも - 06月24日(日)17:35 

第59回宝塚記念(阪神11R芝2200メートル)で、和田竜二騎手騎乗の7番人気ミッキーロケットがG1初制覇を達成した。
カテゴリー:

滝沢カレンが号泣! “天真爛漫”キャラに隠された感動秘話に、ネットは「もらい泣きした」 - 06月21日(木)18:00 

20日、モデルでタレントの滝沢カレンが『ザ・発言X あの言葉で人生が劇的に動いた!!』(日本テレビ系)にゲストで登場した。ネプチューンがMCを務める同番組。滝沢をはじめ出演ゲス...
カテゴリー:

モー娘。尾形春水が卒業 メンバーの激励に涙「私はすっごい幸せ」 - 06月20日(水)21:30 

 アイドルグループ・モーニング娘。'18が20日、東京・日本武道館で『モーニング娘。誕生20周年記念コンサートツアー2018 春~We are MORNING MUSUME。~ファイナル 尾形春水卒業スペシャル』を開催した。同公演をもってメンバーの尾形春水(19)が学業専念のため、グループ及びハロー!プロジェクトを卒業、芸能界を引退。アンコールではファンからの“はーちん”コールを受け、メンバーカラーである“シーブルー”の衣装に身を包んだ尾形が登場し、メンバーやファンに向けて笑顔で感謝の言葉を伝えた。 【写真】メンバーからの激励に涙を流す尾形春水  2014年9月の12期として加入してから、約3年9ヶ月の在籍期間を振り返り尾形は「モーニング娘。として過ごした日々は一生忘れることのない宝物です。礼儀や人間関係などこの活動を通していろんな学びがありました。自分なりに向き合って得たことを今後の人生に生かしていきたいです」と固く決意。卒業が決定して以降、ファンから「幸せになってね」と言われるといい、「だけど私はもうこの瞬間が今、とっても幸せです! あしたからは別の道に進む私ですが、この選択が間違えでなかったと自信をもって思えるように学生生活を通してたくさんのことを学び、新たな夢を見つけ、頑張ります」と前向きな想いを明かした。  ソロ曲「涙が止まらない放課後」を披露後、メンバーが登場。花...more
カテゴリー:

HKT指原、今年は副音声で無双 総選挙の楽しみ方に独自目線【記者コラム】 - 06月16日(土)21:56 

■『第10回AKB48世界選抜総選挙』開票イベント(16日、愛知・ナゴヤドーム)  HKT48の指原莉乃はフジテレビ系で生中継されている副音声に登場。昨年は前人未到の3連覇を達成し、無双を誇った指原だが、今年はAKBグループへの知識と持ち前の対応力、コメント力でAKB初心者に向けて総選挙の新たな楽しみ方を提供。昨年までとは違った立ち位置から変幻自在のトークを繰り広げ、「さっしー副音声面白かった」「副音声めちゃめちゃ面白かったww」とネットで高評価を集めた。 <写真&コメント一覧>プレイバック!前回の選抜総選挙1位~80位  例えば5位の岡田奈々(AKB)には「超真面目。STUの瀬戸内の一気生の若い子しかいないので頼みますよ、って任されている。パフォーマンスもすごくいいし、2作前にはセンターもやっています」4位の荻野由佳(NGT)には「握手会のレーンも飾り付けを自分でしたりすごく偉いんです」と具体的なエピソードとともに紹介。一方、11位の惣田紗莉渚(SKE)のスピーチでは「めちゃめちゃ可愛くなった。黒コン(コンタクト)をはずしたのかな?(芸能事務所の)『セント・フォース』感がある」と女性目線での感想などマニアックに偏りすぎないバランスが冴えた。  HKTの後輩である田中美久(10位)、矢吹奈子(9位)、そして宮脇咲良(3位)のスピーチではもらい泣きするなど感情移入と客観的なコメ...more
カテゴリー:

菜々緒&勝利『Missデビル』涙のクランクアップ - 06月15日(金)11:49 

 女優の菜々緒とSexy Zoneの佐藤勝利が、16日に最終回を迎える日本テレビ系土曜ドラマ『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』(毎週土曜 後10:00)をクランクアップした。美しくも非情な人事コンサルタント椿眞子役の菜々緒と、その部下として彼女から振り回される斉藤博史役の佐藤はともに涙。菜々緒は「台本覚えるのも遅いし、いつも台本とにらめっこしてるばかりで、現場でちゃんと対応できているのか不安だったんですけど、スタッフ・キャストの皆さんに支えられてここまでこれたと思ってます」とゴールデンプライム帯初主演の大役を勤め上げた。 【写真】バラエティーでも活躍 Sexy Zone冠番組第2弾が決定  一足先に撮影を終えた佐藤は、菜々緒から花束を手渡され「喋ろうとすると泣いちゃいそうなので」と言葉を詰まらせると、間髪入れず、菜々緒から「泣かないでー」とフォロー。続けて、共演の木村佳乃からは「おばちゃんが言ってあげようか」と最後まで愛されぶりを発揮した。  「最後のセリフで『共亜火災が好きです」というセリフがあったんですが、僕もこのチームが大好きです」と言ったところで、涙をこぼした佐藤は「斉藤博史の目線でドラマが進んでいくので、僕次第だなと思っていて、プレッシャーも感じていました。皆さんに『こんなに成長したんだな』と、いつか言ってもらえるようになりたいと思います。本当にありがとうござい...more
カテゴリー:

本物の漫画家・河井克夫が見た「半分、青い。」の裏ガワ - 06月22日(金)19:30 

清野菜名演じるユーコのウェディングドレス姿や、豊川悦司が演じるユーコの師匠・秋風の“親心”などが話題となっている連続テレビ小説「半分、青い。」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)。 【写真を見る】河井克夫の漫画は、ギャグの中に独特の“暗さ”や“不安感”を感じさせる作風/(C)NHK “岐阜のサル”と呼ばれたヒロイン・鈴愛(永野芽郁)が漫画事務所であるオフィス・ティンカーベルの門を叩き、やがて念願かなってデビュー。だが、第11週では破門になったボクテ(志尊淳)が去っていったし、6月22日放送の第71回では、ユーコが皆に見守られながら嫁いでいった。 そんな若手たちの人生の転機に、オフィス・ティンカーベルの一角で立ち会っているのが秋風の非常勤アシスタントである中野(河井克夫)と野方(猫田直)だ。2人はまとめて「ナカノガタ」と呼ばれ、秋風から作画ために“際どい”ポージングを要求されることも。 そんな独特な存在感を放つ「ナカノガタ」だが、中野を演じる河井克夫は自身も漫画家であり、2016年に刊行された「久生十蘭漫画集 予言・姦」は第21回文化庁メディア芸術祭の審査委員会推薦作品に選出されている。 河井に出演決定の経緯や、撮影現場の様子を聞いた。 ──“朝ドラ”へのご出演は「あまちゃん」(2013年)に続く2作目ですが、オファーを受けられた経緯を教えてください。 漫画家関係...more
カテゴリー:

スケート選手・髙木菜那を見つめる謎の男性、その意外すぎる『正体』は… - 06月21日(木)13:00 

最高の舞台で、世界中の人々に感動を与えたスピードスケート選手・髙木菜那さん。妹・美帆さん含むチームメイトたちと喜びを分かち合う姿に、もらい泣きしてしまった人もいるのではないでしょうか。 そんな髙木選手に思いをはせながら、...
カテゴリー:

『花のち晴れ』今田美桜の「恋愛なんか世界から消滅すればいい」に涙 - 06月20日(水)12:20 

 女優の杉咲花が主演のドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』(TBS系/毎週火曜22時)の第10話が19日に放送され、今田美桜演じる愛莉が涙ながらに放ったセリフに、SNS上では「愛莉にもらい泣きだわ…」「切実な叫び」などの反響が巻き起こった。【写真】愛莉役・今田美桜のかわいいオフショット集 音(杉咲)をめぐって武道対決に挑むことになった晴(平野紫耀)と天馬(中川大志)。二人の決闘についてC5も知ることになるが、誰も晴の勝利を信じておらず、音はそんな4人に喝を入れる。圧倒的に不利な晴に、F4の西門(松田翔太)が弓道の指導をすることになる。 ドラマの冒頭で愛莉は、晴がメグリン(飯豊まりえ)とのデートを中断したことを音に問い詰める。その際、愛莉がこれまで嫌っていたにも関わらず、西留めぐみのことをついに“メグリン”と呼んだことに視聴者は大興奮。SNSには「あいり様がめぐりんって言った」「ついに愛莉様からめぐりんってー!!」などの書き込みが殺到した。 また、紺野(木南晴夏)のアパートでテーブルを囲む愛莉、メグリン、紺野が映し出されると、視聴者からは「またタコパしてるwww」「紺野会だ~」「この女子会好きっ」などの声がSNS上に寄せられた。 そこでメグリンは、音をかけた武道対決を前に「音みたいにまっすぐ晴君を信じて応援できないのが悔しくて…」と苦悩を告白。すると愛莉は泣きながら「...more
カテゴリー:

菜々緒&佐藤勝利が涙、涙のクランクアップ!「次は勝利くんのようにかわいい役がやりたい(笑)」 - 06月16日(土)04:15 

6月16日(土)に最終回を迎える「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」(夜10:00-10:54、日本テレビ系)で、主演の菜々緒と佐藤勝利、そして木村佳乃がクランクアップ。笑顔と涙にあふれた、愛情いっぱいの撮影現場の様子をリポートする。 【写真を見る】クランクアップに感極まり涙する菜々緒/撮影=龍田浩之 ■ 佐藤勝利「プレッシャーも感じていました」 まず一足先にクランクアップしたのは佐藤勝利。博史(佐藤)が、眞子(菜々緒)、千紘(木村)らと西田敏行演じる喜多村を病室に見舞うシーンで撮影を終えた。 菜々緒から花束を受け取った佐藤は「喋ろうとすると泣いちゃいそうなので…」と天を仰ぎ、その姿を見た菜々緒から「泣かないで~」との声が。木村も「おばちゃんが言ってあげようか?」と温かい突っ込みを入れながらニコニコ。 佐藤は、目を真っ赤にしながら「最後のセリフで『共亜火災が好きです』というせりふがあったんですが、僕もこのチームが大好きです」と言ったところで、涙がポロリ。 「博史の目線でドラマが進んでいくので、僕次第だなと思っていて、プレッシャーも感じていました。皆さんに 『こんなに成長したんだな』と、いつか言ってもらえるようになりたいと思います。本当にありがとうございました」と声を震わせながらあいさつした。 そんな様子を優しく見守っていた西田は「あぁ、いいなぁ」とほっこり。一方、佐藤へのコメント...more
カテゴリー:

井ノ原快彦、『特捜9』クランクアップ 寺尾聰の言葉に感謝「僕の宝物」 - 06月13日(水)06:00 

 テレビ朝日系ドラマ『特捜9』の最終回がきょう13日(後9:00~10:09※15分拡大)に放送される。先日、迎えたクランクアップでは、主演の井ノ原快彦らキャストたちは涙ながらに作品、そして仲間への思いを語っていた。 【写真】新人鑑識課員・佐久間役のジャニーズJr.宮近海斗  特捜班のセットでクランクアップを迎えたのは羽田美智子、吹越満、津田寛治、田口浩正、山田裕貴、原沙知絵の6人。実は、井ノ原と寺尾聰の2人は最後に警視総監室のセットでの撮影を残しており、時間差でのクランクアップとなった。  最終回は、法務大臣夫人が刺殺された事件を追う中、9係が解散させられた“1年前の事件”と寺尾演じる宗方が警察を辞めることになった“5年前の事件”の真相が浮かび上がってくるという謎に満ちたストーリー。  抜群のチームワークを誇る特捜班らしく撮影はスムーズに進み、最後のカットを終えた直後、「これにて、特捜班は終了!」と監督から声がかかると、スタジオから一斉に大きな拍手が沸き起こった。その後スタッフから花束を贈られたキャストたちは、それぞれ感無量の面持ちで感謝の思いを口にしていた。  井ノ原&寺尾のバースデーセレモニーで大泣きしていた山田は「このドラマに参加させていただいたことは自分にとって、ものすごいご褒美だなと思いながら日々、演じさせていただきました。もし続きがありましたら、どうか新藤を...more
カテゴリー:

もっと見る

「もらい泣き」の画像

もっと見る

「もらい泣き」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる