「おばあさん」とは?

関連ニュース

データサイエンスだらけの桃太郎 - oscillographの日記 - 07月15日(日)09:30 

データサイエンスだらけの桃太郎 - oscillographの日記昔々あるところに分析からの示唆出しが趣味のおじいさんと特徴量生成が得意なおばあさんがいました。 おじいさんはオンプレサーバーへ定時確認に、おばあさんはクラウドサーバーへ重要指標のモニタリングに行くと、フルマネージドなデータベースから外れ値の桃群が現れました。 「こんな桃群は見たことがない。gzip圧縮...
カテゴリー:

劇場版「ポケモン」第21作、四宮義俊の繊細な筆致光るスペシャルアート披露! - 07月09日(月)10:00 

 人気アニメ「ポケットモンスター」シリーズの映画第21作「劇場版ポケットモンスター みんなの物語」の公開記念スペシャルアートが、このほどお披露目された。  前作「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」のその後を描く今作。フウラシティの「風祭り」にやってきたサトシとピカチュウは、ポケモン初心者の女子高生リサ、ホラ吹き男カガチ、気弱な研究家トリト、ポケモン嫌いのおばあさん・ヒスイ、謎の少女ラルゴと出会う。5人はそれぞれに悩みを抱えていたが、あることを機に、運命を大きく動かせていく。  公開されたスペシャルアートは、「ポケモン映画20周年記念ビジュアル」や、新海誠監督作「言の葉の庭」のポスターを手がけたアーティスト・四宮義俊氏が描き下ろしたもの。既に発表されている本ポスターでは、サトシとピカチュウをはじめ、新たな5人の仲間たちがポケモンたちと一歩を踏み出そうと“決意”する姿が描かれているが、今回解禁されたビジュアルでは、彼らの“日常”にフォーカス。映画の舞台となる風の街・フウラシティにいるサトシたちの姿に加え、「風が吹くまま行こう。」というコピーが添えられている。  ラルゴ役の芦田愛菜は「『可愛い!』これが私の第一印象です。風が吹いて新しい『何か』が動き出す瞬間をこっそり見てしまった気持ちになり、どんなことが始まるんだろう、と好奇心をくすぐられるポスターになっていて、何度見ても...more
カテゴリー:

【タイ洞窟】「洞窟の中でハッピーにしてるよ」「出たら毎日店の手伝いするからね」12人の少年とコーチの手紙をタイ海軍が公開★2 - 07月08日(日)13:09  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180707-00000120-asahi-int タイ北部チェンライ郊外のタムルアン洞窟で、閉じ込められている少年ら13人が洞窟に入ってから、2週間が経った。 タイ国軍などでつくる救助隊は救出方法を模索しているが、洞窟内にたまった水や複雑な洞窟の構造などに阻まれ、 はっきりとした見通しが立っていない。 救出活動を続けるタイ海軍は7日、洞窟の奥で助けを待つ少年12人と男性コーチ(25)が家族に向けて自ら書いた手紙を公開した。 「心配しないで」「僕の誕生日会することを忘れないで」「...
»続きを読む
カテゴリー:

実は壁がない? 旭山動物園でルームシェア生活を送る2種のサル - 07月05日(木)10:40 

旭山動物園の「サル舎」で飼育している3種のサル。横に長い放飼場では進化の過程に沿って、左からワオキツネザル、アビシニアコロブス、ブラッザグェノンの順に展示されていますが、このうち、アビシニアコロブスとブラッザグェノンの放飼場には「仕切りがない」って知ってました? 【写真を見る】旭山動物園/アビシニアコロブス。おもに木の葉を食べるので「リーフイーター」(葉っぱを食べる人、の意)とも呼ばれる/(C)旭川市旭山動物園 生息地がほぼ同じことから同居をしているこの2種。どちらも生息地はアフリカで、アビシニアコロブスは中部から東部の森林、ブラッザグェノンは沼地の林で暮らしています。ただ、アビシニアコロブスは一日のほとんどを樹上で過ごしますが、ブラッザグェノンは地上を歩いたり走ったりするのが得意で、半地上生活を送るサル。生息地は同じでも、暮らし方は違うんですね。 見た目も特徴的なこの2種。アビシニアコロブスは、なんといっても美しい毛のコントラストが目を引きます。全体的に黒い毛に覆われていますが、顔の周りと背中、尾の先っぽは白く、なかでもマントを羽織っているような背中のふさふさっとした毛は、「なんじゃあれ」と見るたび不思議な気になります。ちなみに、生まれたばかりの子供は全身真っ白!親とは全然違う見た目なんですよ。 現在いる個体はすべて家族。子供2匹とそのお母さん「アビ」、父方のおばあさん「カトリー...more
カテゴリー:

「落語の歌丸」にこだわり=円朝の人情話をライフワークに - 07月02日(月)17:50 

 日曜の夕方、おなじみのテーマ音楽に乗って人気落語家が勢ぞろい。人気番組「笑点」の大喜利で半世紀にわたって親しまれた桂歌丸さん。テレビで活躍の場が広がったことに感謝しながらも、「落語の歌丸」であることにこだわり続けた。 幼くして父親を亡くし、祖母とそりが合わなかった母親も家を出て、遊郭を経営する祖母に育てられた。戦後の暗い時代、心の奥底に寂しさを抱えた少年はラジオで聴いた三代目三遊亭金馬、五代目古今亭今輔ら昭和の名人に魅了され、人を笑わせる仕事をしたいと、落語家を志した。 おばあさん落語で知られた五代目今輔に入門した時に「歌舞伎を見ろ」と言われた。「形、せりふの間、鳴り物の入るきっかけを頭に入れろと教えてくれたんだと思う。特に形。あたしたちは、いかに扇子と手拭いでうそをつくかという商売。いいかげんな形では扇子が扇子にしか見えないわけなんですよ」 教えを守り、落語界きっての歌舞伎通に。「質屋蔵」に登場する天神様を、「菅原伝授手習鑑」の道真公の手付きをまねて演じた時、親しかった歌舞伎俳優の三代目河原崎権十郎に「あなたが歌舞伎を見る訳が分かった」と言われたという。 「笑点」出演は、故立川談志さんに誘われ、前身番組の「金曜夜席」に出たのがきっかけ。古くは三遊亭小円遊さんと互いの弱みをからかい合い、近年は六代目三遊亭円楽さんと毒舌バトルを繰り広げて番組を盛り上げたが、人気におぼれず、落語の精...more
カテゴリー:

愛する飼い主を亡くしたシニア猫は、自らの前足で『新たな幸せ』を掴んだ - 07月11日(水)08:10 

アメリカ・ニュージャージー州リンゴーズの保護施設で暮らす、13歳のシエナ。 人間でいえば、70歳になるおばあさん猫です。 大切にしてくれた飼い主さんが亡くなったため、この施設に一時引き取られることになった彼女。 きっと、とても寂しかったのでしょう…。 人が来る度に、ガラス窓へ駆け寄り、前足をかざします。 それはまるで、「私を引き取ってくれませんか」とお願いしているようでした。 事実、まだ若い猫と比べて、高齢のシエナに引き取り手が見つかる可能性は、限りなく低かったと言わざるをえません。 しかし、健気にアピールするシエナの姿が海外掲示板Redditに投稿されると、瞬く間に情報が広まり… ある日、テリさんという女性が、シエナの元を訪問します。 耳にした通りの仕草と、悲しげな表情。 2人にとって、運命の出会いでした。 シエナは現在、クロエという名前で、テリさんとともに余生を過ごしています。 お気に入りは洗濯したばかりの清潔なタオルが入った箱で、一度入ったら、てこでも動こうとしません(笑) 毎日テリさんと一緒に眠り、朝になると、必ず優しく起こしてくれるんだとか(*´艸`*) 自らの前足で、新たな幸せを掴んだ彼女。 Pretty Chloe is demanding love. And is BITEY. ...more
カテゴリー:

昔より便利になったはずなのに今の子育ては大変?リアルなママの声から原因を考えてみる - 07月09日(月)06:00 

いろんなことが便利になった世の中。私たちが子どものころに、映画や漫画の世界の中のことだと思っていたものが、生活の必需品になっています。 「最近のお母さんは、便利なものがたくさんあって子育てが楽でいいわねぇ」。 公園で会ったおばあさんに、そんな言葉をかけられたことがあります。 確かに便利です。身体に負担が少なく長時間赤ちゃんを抱っこすることができる抱っこ紐があります。押しやすく、性能のいいベビーカーがあります。離乳食作りのための道具は充実していて、作れないときにはたくさんの種類のベビーフードを選ぶことができます。 でも……、便利になりすぎたことで、逆に大変になったことがあるんです。 ママスタBBSにある「今のお母さんて昔のお母さんに比べて何が大変なの?」というトピック。この中では、便利になったはずの世の中で、子育てをしていく現実についてのコメントが溢れています。 便利なのはいいけれど……精神的に辛い世の中です 昔と比べて、子育てを取り巻く環境で変わったことといえば、人間関係です。 『世間の冷たさ』 『時代の変化と人間関係』 『核家族化で、一時的に子守りや家事をばあちゃん達などに代わってもらえないこと』 『肉体的には楽な世の中だよね。ただ精神的には辛いかな』 『少しの間、子どもをみててくれる人、助けてくれる人がいない』 『近所の優しいおばあちゃん的なのがいない』 『昔は大家族...more
カテゴリー:

【タイ洞窟】「洞窟の中でハッピーにしてるよ」「出たら毎日店の手伝いするからね」12人の少年とコーチの手紙をタイ海軍が公開 - 07月08日(日)08:30  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180707-00000120-asahi-int タイ北部チェンライ郊外のタムルアン洞窟で、閉じ込められている少年ら13人が洞窟に入ってから、2週間が経った。 タイ国軍などでつくる救助隊は救出方法を模索しているが、洞窟内にたまった水や複雑な洞窟の構造などに阻まれ、 はっきりとした見通しが立っていない。 救出活動を続けるタイ海軍は7日、洞窟の奥で助けを待つ少年12人と男性コーチ(25)が家族に向けて自ら書いた手紙を公開した。 「心配しないで」「僕の誕生日会することを忘れないで」「...
»続きを読む
カテゴリー:

【神奈川】ヘイトスピーチ解消法2年 川崎で6日、ネトウヨ問題を学ぶ講演会 - 07月05日(木)08:36  news

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180704-00027363-kana-l14  人種差別の根絶に取り組む市民団体「『ヘイトスピーチを許さない』かわさき市民ネットワーク」は6日、川崎市労連会館(川崎区東田町)で「ヘイトスピーチは本当に許されていないのか」と題した学習会を開く。 ヘイトスピーチ解消法の施行から2年が経過したのを機にヘイト対策の現状と課題を学ぶ。  川崎市では6月3日に市の施設で人種差別の扇動を繰り返す極右活動家らのヘイト集会が開かれ、その後に差別落書きが横行するなど、深刻な人権侵害が続く。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

慰安婦問題を周知 韓国人大学生2人が自転車で米大陸横断へ - 06月20日(水)17:47  liveplus

【ロサンゼルス聯合ニュース】「慰安婦問題が韓日間に限られた政治的、外交的な問題でなく、人類に普遍的な人権じゅうりんの問題として受け止められるよう、米大陸全体に伝えていく」――。旧日本軍慰安婦問題を知ってもらおうと、韓国の男子大学生2人が自転車で米大陸横断に挑む。  韓国・白石大の白賢宰(ペク・ヒョンジェ)さんと仁川大の李昊ジュン(イ・ホジュン)さんはカリフォルニア州グレンデール市に設置された慰安婦被害者を象徴する少女像前で出発式を行い、22日から9月4日までの80日間、6600キロを自転車で走...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「おばあさん」の画像

もっと見る

「おばあさん」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる