「UR都市機構」とは?

関連ニュース

LIMIA(リミア)、UR都市機構と共同で「UR × LIMIA DIYリノベプロジェクト」を始動 - 05月25日(木)11:00 

[グリー] [画像1: https://prtimes.jp/i/21973/35/resize/d21973-35-420988-0.jpg ] ■「UR×LIMIA DIYリノベプロジェクト」について 今回、UR都市機構のDIY住宅の一室全体を、LIMIA編集部と有名DIYクリエイターであ...
カテゴリー:

現代の生活スタイルの元祖「同潤会アパート」に託された昭和初期の人々の想い - 05月22日(月)17:00 

「代官山アドレス」「表参道ヒルズ」がかつて、同潤会アパートという、大正末期から昭和初期にかけて関東大震災復興支援のために建てられたシンボリックな建造物の跡地に立つことを、今の若者はもう知らないかもしれない。  UR都市機構によれば、青山、代官山など16カ所にあった 同潤会アパートは、当時まだ珍しかった鉄筋コンクリート造の建物に、狭いながらも、ガスや水道、水洗便所を備えた賃貸住宅として新しい生活様式を提示したといい、当時の都市部の人々にとっては、ここに住むのがある種のステータスであった。また、鉄筋コンクリート構造の建物は、関東震災を経験した人々にとって、安全面でも強く惹かれる面があったという。  そんな同潤会アパートには、各界の著名人も数多く住んでおり、政治家の前尾繁三郎、劇作家の正宗白鳥、演劇評論家の坪内士行、精神科医のなだいなだ、オーディオ評論家の長岡鉄男などがいた。  ***  代官山の駅から徒歩1分。敷地面積は5,976坪という広大な土地に建てられた代官山アパートは、敷地には多くの緑が配置され、敷地の起伏を生かした傾斜地には2階建てと3階建ての鉄筋コンクリート造りのアパート、公衆浴場、食堂などが揃っていた。  《魚屋や豆腐屋の自転車が行商に来ると、女たちが部屋から出てきて買い物を始める。顔見知り同士が挨拶を交わし、買い物の後にも立ち話をしている。  変わった場所だと思ったが、...more
カテゴリー:

「UR都市機構」の画像

もっと見る

「UR都市機構」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT都市再生機構...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる