「Sowelu」とは?

関連ニュース

池上彰が2017年を総ざらい…北朝鮮問題、老後破綻、働き方改革に「危ない!」 - 11月17日(金)06:00 

12月6日(水)19時から『緊急!池上彰と考えるニュース総決算!2017 ニッポンが“危ない”』(TBS系)が、3時間にわたり放送される。番組では、激動の2017年に起こった出来事の中から選ばれた“池上彰に解説して欲しいニュース”トップ20を総ざらい。また、ニッポンの未来を大きく左右する “危機”が潜むニュースを、池上が5つピックアップ。「北朝鮮問題」「災害とインフラ老朽化」「中国」「老後破綻」「働き方改革」について、最新の情勢を取材したVTRやスタジオでの実験を交えながら徹底解説する。ゲストは、梅沢富美男、柴田理恵、鈴木浩介、壇蜜、土田晃之、つるの剛士。日々のニュースを見ているだけでは到底わからない衝撃の事実に、スタジオからは驚きの声が。池上と共にニッポンの“危ない”をあぶり出し、今後の対応を考える。<ニッポンが“危ない”1北朝鮮問題>今年、次々とミサイルを発射した北朝鮮。中距離弾道ミサイルが日本上空を通過、各地でJアラートが鳴り響いた。また、9月には6回目の核実験を過去最大級の規模で断行した。今、日本にとって最大の脅威と言える北朝鮮。どのようにしたら北朝鮮の暴走を止めることができるのか? さらに、北朝鮮とアフリカ南西部に位置するナミビア共和国にある繋がりについても解説する。<ニッポンが“危ない”2災害とインフラ老朽化>今年も豪雨・落雷・台風など様々な自然災害が日本各地を襲った。...more
カテゴリー:

佐藤健&土屋太鳳『龍馬伝』以来…8年越しの夫婦役実現に感慨 - 11月16日(木)21:13 

俳優の佐藤健と土屋太鳳が16日、都内で行われた映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(12月16日公開)の完成披露試写会に出席。2人は過去に揃ってNHK大河ドラマ『龍馬伝』に出演しているが、それがちょうどこの作品のタイトルと同じ約8年前。本作で夫婦役を演じていることに揃って感慨深げで土屋は当時を振り返りつつ「今と変わらず優しい方でした。8年越しで今、夫婦役を演じることができて嬉しい」と笑顔を見せた。「YouTube」に投稿された実話動画を元に書籍化され、話題を集めた「8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら」を佐藤と土屋のW主演で映画化。佐藤演じる主人公の尚志が、結婚式を目前に意識不明となった自身の婚約者・麻衣(土屋)の回復を信じて寄り添い、病気を回復して結ばれるまでの8年間を描く。舞台あいさつには佐藤、土屋のほか、薬師丸ひろ子、杉本哲太、北村一輝、浜野謙太、中村ゆり、メガホンをとった瀬々敬久監督も登壇。実話を元に作られた作品とあり、撮影も実際の物語の舞台となった岡山で行われ、佐藤と土屋は撮影前に実際の尚志さんと麻衣さんにも会ったというが、佐藤は「実際にお会いするとものすごく魅力的な方で。その魅力が実は僕の中にあんまりないもので、演じるのがすごく難しかった」とコメント。実際の尚志さんは笑顔の素敵な人だったと言い「ずっとニコニコしている方。実は僕は普段、あんまり笑わない人で、笑顔を作るのが難...more
カテゴリー:

中居正広、久米宏を絶句させる「『報道ステーション』は見ていましたか?」 - 11月16日(木)12:14 

久米宏と黒柳徹子が、11月17日放送の『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系、毎週金曜20:57~)で、4年ぶりに共演。伝説の音楽番組『ザ・ベストテン』の名司会コンビである2人が、当時の番組作りや思い出などを語り尽くす。9月に発売された久米の初の書き下ろし自叙伝「久米宏です。ニュースステーションはザ・ベストテンだった」は、久米がTBSに入社してから50周年を迎えるにあたり、メディアに生きた日々を振り返ったドキュメント。現在、同書に書かれている内容が、特にテレビ業界において大きな話題を呼んでいる。『ニュースステーション』(テレビ朝日系)によって“ニュースを変えた男”と言われている久米だが、『ニュースステーション』の原点は、黒柳と共に司会を務めた伝説の音楽番組『ザ・ベストテン』だったという。そこで、番組では当時の秘蔵映像と共に久米の“ニュース革命”の真相に迫る。黒柳の「ベストテンは情報番組ね」という言葉が『ニュースステーション』のヒントになっているという久米。生放送の『ザ・ベストテン』では、曲紹介の合間に日本で起きた事件から世界の戦争問題、さらに芸能やスポーツまで幅広い話をしていた。視聴者には子どもも多かったため、「今社会で何が起きているかを伝えよう」と意識してのことだった。特に2人にとって印象に残っているのは、広島に原爆が投下された8月6日、広島の原爆ドームの前から中継を行な...more
カテゴリー:

安室奈美恵が『レコ大』特別賞!優秀作品賞はAKB、乃木坂、欅坂が三つ巴 - 11月16日(木)11:19 

年末恒例の『第59回輝く!日本レコード大賞』(TBS系)が、12月30日(土)17時30分から新国立劇場より生放送(※一部地域で放送開始時間が異なる)。この度、今年の音楽シーンを総決算する各賞受賞者が決定した。今回発表されたのは、今年の「日本レコード大賞」候補となる「優秀作品賞」、「最優秀新人賞」候補となる「新人賞」など。各賞受賞者と楽曲は下記の通り。<優秀作品賞>「インフルエンサー」乃木坂46「EXCITE」三浦大知 「男の絶唱」氷川きよし 「男の流儀」三山ひろし 「風に吹かれても」欅坂46 「キラキラ feat.カンナ」AI 「手をつなぐ理由」西野カナ 「願いごとの持ち腐れ」AKB48 「LIFE」AAA 「RAIN」SEKAI NO OWARI (※曲名50音順)<新人賞>つばきファクトリー 中澤卓也 NOBU UNIONE(※アーティスト名50音順)<特別賞> 阿久悠  安室奈美恵 「ダンシング・ヒーロー」荻野目洋子/大阪府立登美丘高校ダンス部 ゆず 和田アキ子(※50音順)<作曲賞> 杉山勝彦「ずっと、ふたりで」(家入レオ)など<作詩賞>德永英明「バトン」(德永英明) <編曲賞>中田ヤスタカ「良すた」「原宿いやほい」(きゃりーぱみゅぱみゅ)など<最優秀アルバム賞>「THE KIDS」Suchmos <優秀アルバム...more
カテゴリー:

『音楽チャンプ』新章スタート!小柳ルミ子&森公美子が審査員で登場 - 11月15日(水)16:25 

村上信五(関ジャニ∞)と黒木瞳がMCを務めるリアリティ・オーディション番組『今夜、誕生!音楽チャンプ』(テレビ朝日系、毎週日曜21:58~)。11月19日から始まる新シリーズ「第1回歌唱チャンプ」1回戦には、全国から本気で歌手を目指す“歌の実力者”が出場し、準決勝進出2枠をめぐる熾烈な戦いを繰り広げる(※野球中継により時間変更の可能性あり)。1回戦には、織田智朗、柿原穂乃佳、柏野昌俊、菜摘、fumika、三木真里亜といったスター歌手を目指す男女6名が全国から出場。注目の審査員には、宝塚音楽学校を首席で卒業し、歌手そして女優として活躍する小柳ルミ子と、オペラ歌手・ミュージカルでも活躍する森公美子が登場。最近ではサッカー解説者として数々の名言を生み出し注目を集める小柳、現在も第一線で活躍する森が、スターを夢見る挑戦者に掛ける言葉とは? 挑戦者たちのまっすぐな姿勢と、小柳・森はじめ菅井秀憲(声楽家・ヴォーカルディレクター)や杉山勝彦(作詞家・作曲家)ら審査員が繰り出す責任あるプロとしてのコメントは、双方とも本気度100%。「あなたを育てたいと思う……」「応援したい!」など、スターを本気で発掘するオーディションならではの熱いコメントに、「こんなに愛のあるコメントを頂けるとは思わなかった」と、思わす涙ぐむ挑戦者も。真剣勝負ならではの感動が巻き起こる。激戦の一部始終を見守った村上、黒木から届い...more
カテゴリー:

佐藤健&土屋太鳳『龍馬伝』以来…8年越しの夫婦役実現に感慨 - 11月16日(木)21:17 

俳優の佐藤健と土屋太鳳が16日、都内で行われた映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(12月16日公開)の完成披露試写会に出席。2人は過去に揃ってNHK大河ドラマ『龍馬伝』に出演しているが、それがちょうどこの作品のタイトルと同じ約8年前。本作で夫婦役を演じていることに揃って感慨深げで土屋は当時を振り返りつつ「今と変わらず優しい方でした。8年越しで今、夫婦役を演じることができて嬉しい」と笑顔を見せた。「YouTube」に投稿された実話動画を元に書籍化され、話題を集めた「8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら」を佐藤と土屋のW主演で映画化。佐藤演じる主人公の尚志が、結婚式を目前に意識不明となった自身の婚約者・麻衣(土屋)の回復を信じて寄り添い、病気を回復して結ばれるまでの8年間を描く。舞台あいさつには佐藤、土屋のほか、薬師丸ひろ子、杉本哲太、北村一輝、浜野謙太、中村ゆり、メガホンをとった瀬々敬久監督も登壇。実話を元に作られた作品とあり、撮影も実際の物語の舞台となった岡山で行われ、佐藤と土屋は撮影前に実際の尚志さんと麻衣さんにも会ったというが、佐藤は「実際にお会いするとものすごく魅力的な方で。その魅力が実は僕の中にあんまりないもので、演じるのがすごく難しかった」とコメント。実際の尚志さんは笑顔の素敵な人だったと言い「ずっとニコニコしている方。実は僕は普段、あんまり笑わない人で、笑顔を作るのが難...more
カテゴリー:

池上彰が2017年を総ざらい…北朝鮮問題、老後破綻、働き方改革に「危ない!」 - 11月16日(木)14:09 

12月6日(水)19時から『緊急!池上彰と考えるニュース総決算!2017 ニッポンが“危ない”』(TBS系)が、3時間にわたり放送される。番組では、激動の2017年に起こった出来事の中から選ばれた“池上彰に解説して欲しいニュース”トップ20を総ざらい。また、ニッポンの未来を大きく左右する “危機”が潜むニュースを、池上が5つピックアップ。「北朝鮮問題」「災害とインフラ老朽化」「中国」「老後破綻」「働き方改革」について、最新の情勢を取材したVTRやスタジオでの実験を交えながら徹底解説する。ゲストは、梅沢富美男、柴田理恵、鈴木浩介、壇蜜、土田晃之、つるの剛士。日々のニュースを見ているだけでは到底わからない衝撃の事実に、スタジオからは驚きの声が。池上と共にニッポンの“危ない”をあぶり出し、今後の対応を考える。<ニッポンが“危ない”1北朝鮮問題>今年、次々とミサイルを発射した北朝鮮。中距離弾道ミサイルが日本上空を通過、各地でJアラートが鳴り響いた。また、9月には6回目の核実験を過去最大級の規模で断行した。今、日本にとって最大の脅威と言える北朝鮮。どのようにしたら北朝鮮の暴走を止めることができるのか? さらに、北朝鮮とアフリカ南西部に位置するナミビア共和国にある繋がりについても解説する。<ニッポンが“危ない”2災害とインフラ老朽化>今年も豪雨・落雷・台風など様々な自然災害が日本各地を襲った。...more
カテゴリー:

中居正広、久米宏を絶句させる「『報道ステーション』は見ていましたか?」 - 11月16日(木)12:00 

久米宏と黒柳徹子が、11月17日放送の『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系、毎週金曜20:57~)で、4年ぶりに共演。伝説の音楽番組『ザ・ベストテン』の名司会コンビである2人が、当時の番組作りや思い出などを語り尽くす。9月に発売された久米の初の書き下ろし自叙伝「久米宏です。ニュースステーションはザ・ベストテンだった」は、久米がTBSに入社してから50周年を迎えるにあたり、メディアに生きた日々を振り返ったドキュメント。現在、同書に書かれている内容が、特にテレビ業界において大きな話題を呼んでいる。『ニュースステーション』(テレビ朝日系)によって“ニュースを変えた男”と言われている久米だが、『ニュースステーション』の原点は、黒柳と共に司会を務めた伝説の音楽番組『ザ・ベストテン』だったという。そこで、番組では当時の秘蔵映像と共に久米の“ニュース革命”の真相に迫る。黒柳の「ベストテンは情報番組ね」という言葉が『ニュースステーション』のヒントになっているという久米。生放送の『ザ・ベストテン』では、曲紹介の合間に日本で起きた事件から世界の戦争問題、さらに芸能やスポーツまで幅広い話をしていた。視聴者には子どもも多かったため、「今社会で何が起きているかを伝えよう」と意識してのことだった。特に2人にとって印象に残っているのは、広島に原爆が投下された8月6日、広島の原爆ドームの前から中継を行な...more
カテゴリー:

安室奈美恵が『レコ大』特別賞!優秀作品賞はAKB、乃木坂、欅坂が三つ巴 - 11月16日(木)11:00 

年末恒例の『第59回輝く!日本レコード大賞』(TBS系)が、12月30日(土)17時30分から新国立劇場より生放送(※一部地域で放送開始時間が異なる)。この度、今年の音楽シーンを総決算する各賞受賞者が決定した。今回発表されたのは、今年の「日本レコード大賞」候補となる「優秀作品賞」、「最優秀新人賞」候補となる「新人賞」など。各賞受賞者と楽曲は下記の通り。<優秀作品賞>「インフルエンサー」乃木坂46「EXCITE」三浦大知 「男の絶唱」氷川きよし 「男の流儀」三山ひろし 「風に吹かれても」欅坂46 「キラキラ feat.カンナ」AI 「手をつなぐ理由」西野カナ 「願いごとの持ち腐れ」AKB48 「LIFE」AAA 「RAIN」SEKAI NO OWARI (※曲名50音順)<新人賞>つばきファクトリー 中澤卓也 NOBU UNIONE(※アーティスト名50音順)<特別賞> 阿久悠  安室奈美恵 「ダンシング・ヒーロー」荻野目洋子/大阪府立登美丘高校ダンス部 ゆず 和田アキ子(※50音順)<作曲賞> 杉山勝彦「ずっと、ふたりで」(家入レオ)など<作詩賞>德永英明「バトン」(德永英明) <編曲賞>中田ヤスタカ「良すた」「原宿いやほい」(きゃりーぱみゅぱみゅ)など<最優秀アルバム賞>「THE KIDS」Suchmos <優秀アルバム...more
カテゴリー:

『音楽チャンプ』新章スタート!小柳ルミ子&森公美子が審査員で登場 - 11月15日(水)16:23 

村上信五(関ジャニ∞)と黒木瞳がMCを務めるリアリティ・オーディション番組『今夜、誕生!音楽チャンプ』(テレビ朝日系、毎週日曜21:58~)。11月19日から始まる新シリーズ「第1回歌唱チャンプ」1回戦には、全国から本気で歌手を目指す“歌の実力者”が出場し、準決勝進出2枠をめぐる熾烈な戦いを繰り広げる(※野球中継により時間変更の可能性あり)。1回戦には、織田智朗、柿原穂乃佳、柏野昌俊、菜摘、fumika、三木真里亜といったスター歌手を目指す男女6名が全国から出場。注目の審査員には、宝塚音楽学校を首席で卒業し、歌手そして女優として活躍する小柳ルミ子と、オペラ歌手・ミュージカルでも活躍する森公美子が登場。最近ではサッカー解説者として数々の名言を生み出し注目を集める小柳、現在も第一線で活躍する森が、スターを夢見る挑戦者に掛ける言葉とは? 挑戦者たちのまっすぐな姿勢と、小柳・森はじめ菅井秀憲(声楽家・ヴォーカルディレクター)や杉山勝彦(作詞家・作曲家)ら審査員が繰り出す責任あるプロとしてのコメントは、双方とも本気度100%。「あなたを育てたいと思う……」「応援したい!」など、スターを本気で発掘するオーディションならではの熱いコメントに、「こんなに愛のあるコメントを頂けるとは思わなかった」と、思わす涙ぐむ挑戦者も。真剣勝負ならではの感動が巻き起こる。激戦の一部始終を見守った村上、黒木から届い...more
カテゴリー:

もっと見る

「Sowelu」の画像

もっと見る

「Sowelu」の動画

Wikipedia

Sowelu(ソエル、1982年11月6日 - )は、日本のソウル・R&B系の歌手東京都出身。Soweluとは、ルーン文字太陽を意味する誕生ルーンは「ハガル」(雹)。以前は、研音、エイベックス・エンタテインメントに所属していたが、現在は事務所やレコード会社に所属しないでフリーランスとして活動している。

人物
  • 母方がアイルランド系アメリカ人とのクォーター。英語と日本語を話せるバイリンガルである。
  • 幼ない頃からマライア・キャリージャネット・ジャクソンなどの洋楽に影響を受ける。本人facebook基本データより。
  • 15歳の時にオーディションをきっかけに芸能界に入り「Sowelu トーク&ライブ「泣き会」」(大阪・江坂MUSE/2015年6月5日)内トークにて。、以降活動休...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる