「SF小説」とは?

関連ニュース

頭の中にあるイメージを脳の活動データから機械学習を用いて画像化することに成功 - 01月17日(水)06:30 

頭にコードを挿して脳から記憶やイメージをデータとして出力するというシーンをSF小説や映画で見ることがありますが、fMRI(機能的核磁気共鳴)によって視覚化した人間の脳の活動を機械学習で分析することで、脳内にあるイメージを実際に視覚化できるかもしれないと、京都大学の研究者とATR(株式会社国際電気通信基礎技術研究所)の研究者によって提案されています。以下の論文の中では、実際に頭に思い浮かべたイメージを機械学習を用いて画像に出力することに成功したと報告されています。続きを読む...
カテゴリー:

すべてのSFファン待望の超大作!『オルタード・カーボン』場面写真&予告編が到着 - 01月13日(土)12:00 

サイバーパンクの傑作小説を原作としたNetflixオリジナルドラマ『オルタード・カーボン』が2月2日(金)より全世界同時オンラインストリーミングとなるが、予告編と場面写真が解禁となった。【関連記事】『オルタード・カーボン』予告編はこちらから!300年後の未来。人間の心がデジタル化された世界では、"スタック"に保存した心を新しい身体(スリーヴ)に埋め込むことで、肉体の乗り換えが可能となっている。主人公のタケシ・コヴァッチは新たなスリーヴにスタックを埋め込まれ、数世紀後の世界に生き返り、資産家であるローレンス・バンクロフトの殺人未遂事件の真相を追うことに。何度も生き返ることが可能な世界で誰がなぜバンクロフトを狙ったのか? そしてコヴァッチの隠された過去とは?原作はリチャード・モーガンによるSF界の大文学賞フィリップ・K・ディック賞を受賞した同名小説であり、"『ブレードランナー』を超えるフューチャー・ノワールの傑作"とも称される、近未来SFサスペンスアクション超大作。 タケシ役には『ロボコップ』、『スーサイド・スクワッド』をはじめ、ヒットドラマ『THE KILLING ~闇に眠る美少女』の刑事役でも注目を浴びた北欧イケメン俳優のジョエル・キナマン。またコヴァッチを雇う大富豪役は『ザ・フォロイング』のジェームズ・ピュアフォイなど、個性派キャストが揃った。今回、公開された予告映像では、その斬...more
カテゴリー:

「われに続け!」 手振りに従うロボット部隊が陸自に登場!? 「数年内に技術的なメド」 - 01月09日(火)07:24 

「われに続け」と手を振り上げる陸上自衛隊員の後ろから、ロボット部隊が従っていく――SF小説のような光景が、近未来の自衛隊では当たり前なのかもしれない。
カテゴリー:

【音楽】<米メディア>K-POP界の現状を批判!「強い者だけ生き残るハンガー・ゲーム」 - 12月23日(土)00:20  mnewsplus

アメリカの有力メディア「バラエティ(Variety)」が19日(現地時刻)、SHINeeのジョンヒョンさんの死亡を機に韓国のアイドル業界に対して批判した。 このメディアは韓国の芸能界が残酷なほど、競争構造になっていると指摘し「ハンガー・ゲーム」に例えた。 スーザン・コリンズのSF小説でありシリーズ映画としても制作された「ハンガー・ゲーム」は、12歳から18歳までの少年・少女たち中、一人だけが社会で生き残る生存競争を繰り広げるストーリーだ。“オスカーの女神”ジェニファー・ローレンスの映画が人気を受けた。 このメディ...
»続きを読む
カテゴリー:

300年後の未来を舞台にしたSFドラマ「オルタード・カーボン」が2月2日にNetflixで配信、最新予告編が公開 - 01月13日(土)18:30 

死はもはや永遠ではない フィリップ・K・ディック賞に輝いたリチャード・モーガンのSF小説を原作にしたNetflixドラマが来月配信。
カテゴリー:

スター・ウォーズ歴代ポスターずらり「SF・怪獣映画の世界」展をみてきた - 01月09日(火)12:50 

いやー、映画って本当にいいものですね!中でも、近年人気なのはSF映画。『スター・ウォーズ』や『ゴジラ』シリーズの新作、『ブレードランナー』の続編版なども記憶に新しいところです。そこでおすすめしたいのが「東京国立近代美術館フィルムセンター」。日本でなんと唯一の国立の映画機関。フィルムはもちろん、関連する数多くの映画資料を集めています。そんなお宝だらけのフィルムセンターが、この冬はSF・怪獣映画がテーマの「ポスターでみる映画史Part3 SF・怪獣映画の世界」展を開催しています。 どんな未知との遭遇があるのでしょうか?古いからこそ新鮮な、古典SF作品たち 今回は特別に「SF・怪獣映画の世界」展を担当された、フィルムセンター主任研究員の岡田秀則さんに案内してもらいました。 展示の前半は海外作品、後半は国産作品となっており、それぞれがほぼ時系列に並んでいます。まずは海外の古典作品から。1927年の『メトロポリス』。なんと日本初公開時のパンフレットが現存していました! 同行スタッフが思わず「おしゃれ!」と声をあげるほどのキュートなデザイン。90年前の人々の描く「近未来」とは、こういうイメージなのかというのが感じられます。 そして時代は戦後間もない1950年代へ。宇宙や海底など、新たなワンダーランドへの冒険作が増えていきます。さらに『ゴジラ』の元となった映画『原子怪獣現わる』もこの時代。核実験...more
カテゴリー:

陸上自衛隊にロボット部隊を新設か - 01月06日(土)21:58  news

「われに続け」と手を振り上げる陸上自衛隊員の後ろから、ロボット部隊が従っていく-SF小説のような光景が、近未来の自衛隊では当たり前なのかもしれない。 鍵を握る技術の一つが、音声やジェスチャーなどでロボットを操作する「ナチュラル・ユーザー・インターフェース」だ。 過酷な環境での実用化には困難が伴うが、数年内に技術的メドをつけるべく、防衛省で研究が続けられている。  「今はまだ、大きく手を前に振る『ついてこい』など数種類のジェスチャーや、『先に行け』『右を向け』といったいくつかの音声を認識できる...
»続きを読む
カテゴリー:

「SF小説」の画像

もっと見る

「SF小説」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる