「SBIホールディングス」とは?

関連ニュース

【自民IT特命委員会】仮想通貨発行による資金調達、法規制必要との声 - 02月23日(金)03:50  newsplus

https://jp.reuters.com/article/ldp-ico-idJPKCN1G608D 2018年2月22日 / 03:58 / 13時間前更新 [東京 22日 ロイター] - 自民党のIT戦略特命委員会とフィンテック推進議員連盟は22日、合同会議を開き、仮想通貨を発行して資金を調達するICO(イニシャル・コイン・オファリング)や仮想通貨事業者の業界団体の取り組みについて議論した。出席者によると、複数の議員がICOの法規制が必要だと主張した。 ICOは、「トークン」と呼ばれる仮想通貨を発行すれば迅速に資金調達できるメリットがあり、近年、世界的に利...
»続きを読む
カテゴリー:

SBIホールディングス北尾社長 「コインチェックは客集めだけに金を使ったカス中のカス」と猛烈批判 - 01月31日(水)19:46  news

SBIホールディングスの北尾吉孝社長が、「2018年3月期第3四半期SBIホールディングス(株)決算説明会」にて コインチェックを批判する場面があった。 580億円の初歩的なミスを指摘し「ホットウォレットで外部に接続し管理していた」と語った。このホットウォレットとは 常時ネットワークに接続された環境にあるウォレットのことを指す。 メリットとしては外部からの指示でいつでも手軽に仮想通貨を引き出せるが、デメリットとして外部からの攻撃によって 侵入されてしまう。今回このホットウォレットが問題だったのではとしている...
»続きを読む
カテゴリー:

【コインチェック】 利用者の心境 「超絶望、仕事に集中できない」 「簡単に買えるけど、簡単じゃありませんでした」 - 01月31日(水)14:31  newsplus

スマートフォンを開けば、すぐに仮想通貨の相場ウィジェット。「仕事中に見ると集中できず、寝る前に見て、起きても見る。値付けが下がれば気落ち、上がれば高揚する。これの繰り返し」(tetuさん) 「超絶望した。夢を見させてもらいました」──コインチェック(東京都渋谷区)が運営する仮想通貨取引所「coincheck」から1月26日、約580億円相当の仮想通貨「NEM」(単位はXEM/ゼム)が不正アクセスによって盗まれた問題で、同社は日本円の出金と、取り扱う全ての仮想通貨の入出金を停止した。業界全体に大きな動揺が広がる中、コイン...
»続きを読む
カテゴリー:

【仮想通貨】SBI北尾社長、コインチェックに激怒「カス中のカス」と猛批判 メガバンクも対岸の火事ではない - 02月01日(木)19:41  newsplus

仮想通貨取引所コインチェックで1月26日に発生した約580億円相当の仮想通貨流出事件を受け、SBIホールディングス代表の北尾吉孝社長が30日、運営元コインチェック社を「カス中のカス」と声を荒げて批判した。同日に開催した同社2018年3月期第3四半期決算説明会の中で。  北尾代表は、同件の問題点はウォレットに関して基本的なセキュリティー対策さえ講じていなかった「本当に初歩的な問題」であると指摘。同社がCMを出していたことにふれ「お金をかけなければいけないところ(セキュリティー)にお金をかけず客を集めるためにお金を...
»続きを読む
カテゴリー:

SBI北尾「コインチェックはカス中のカス。ベンチャーが400億も返せない。返せるなら税務署が動く」 - 01月31日(水)15:49  news

「コインチェックはカス」、SBI北尾氏“衝撃発言”の真意 なぜ不正流出騒動に怒り心頭なのか https://moneyforward.com/media/career/50780/ 「コインチェックは本当に初歩的な問題。まったくナンセンス。 最も腹が立つのは、システムにお金をかけるべきところを、 CMにばかりお金をかけていたこと。こういう輩はカス中のカスだ」 歯に衣着せぬ豪快な発言で知られるSBIホールディングス(HD)の北尾吉孝社長ですが、 この日はいつになく強い言葉が並びました。仮想通貨取引所「コインチェック」から 約580億円相当の仮想通貨が不...
»続きを読む
カテゴリー:

「SBIホールディングス」の画像

もっと見る

「SBIホールディングス」の動画

Wikipedia

SBIホールディングス株式会社(エスビーアイホールディングス、)は、日本金融持株会社である。商号のSBIは、元々ソフトバンクグループの金融関連企業として設立されたため「SoftBank Investment」の略であったが、その後同グループを離脱し「Strategic Business Innovator(戦略的な事業の革新者)」の略に変更した。

概要

ソフトバンク株式会社の持株会社制導入に伴い、1999年4月にソフトバンクの管理本部55名を率いて中間持株会社としてソフトバンク・ファイナンス株式会社を設立(現在はソフトバンクテレコム株式会社に吸収)。傘下にインターネットを軸に金融関連事業を行う事業会社を数多く設立した。 その後、事業再編等を行いながら傘下の企業を中核企業となるソフトバンク・インベストメントに集約することで、ソフトバンクの子会社としての体制から、ソフトバンク・ファイナンスグループ(現SBIグループ)としての体制を作る。

ソフトバンク・インベストメント株式会社は、ソフトバンク・ファイナンスの子会社として1999年7月8日に設立。翌2000年12月15日に大阪証券取引所ナスダック・ジャパン市...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる