「NOVAホールディングス」とは?

関連ニュース

NOVA、Oracle互換DBでシステムをクラウド化 | IT Leaders - 04月17日(火)17:45 

日本ティ―マックスソフトは2018年4月17日、Oracle Database互換をうたうRDBMS(リレーショナルデータベース管理システム)ソフト「Tibero RDBMS」のユーザー事例の1つとして、語学教育などを手がけるNOVAホールディングスの事例を発表した。教室の予約システムから基幹システムにいたる自社システムをIBM Cloud上の仮想化環境に移行し、稼働中という。
カテゴリー:

NOVAホールディングス、TmaxSoftの「Tibero RDBMS」導入、システムのクラウド化を実現! 高機能システムを低コストでIBM Cloud上に構築 - 04月17日(火)13:00 

日本ティ―マックスソフトは、語学教育を全国で事業展開する「駅前留学NOVA」や「英会話GEOS」、オンライン英会話「WOMANオンライン」、個別指導学習塾の「ITTO個別指導学院」「みやび個別指導学院」、留学事業の「Last Resort」など、教育を中心に、スポーツ事業、外食事業等も手掛けるNOVAホールディングスが、IBMのクラウド・プラットフォーム「IBM Cloud」上で、TmaxSoftのリレーショナル・データベース管理システム「Tibero RDBMS」を使い、教室の予約システムから基幹システムに至る自社システムを仮想化環境に移行し、現在稼働中であることを発表しました。お客様のOracleライセンス問題を解決できる「Tibero」を用いた今回のクラウド化により、安心安全な運用環境とともに、ライセンス費用や保守・メンテナンス費用の削減できるシステムへの移行を実現しました。
カテゴリー:

「NOVAホールディングス」の画像

もっと見る

「NOVAホールディングス」の動画

Wikipedia

NOVAホールディングス株式会社(ノヴァホールディングス、)は、東京都港区に本社を置く日本の企業。学習塾や英語教室など、主に教育分野での事業を行っている企業である。

概要

稲吉正樹(代表者)の個人事業として創業、「がんばる学園六名校」を愛知県岡崎市に開校。翌年(平成8年)に有限会社がんばる学園として設立。 平成9年、株式会社化。平成12年、外食事業展開と共に社名を、株式会社ジー・コミュニケーション(GCOM)とする。 その後、GCOMの教育部門として分社、株式会社ジー・エデュケーションとなる。創業以降、全国に直営・FCの学習塾校舎を展開。

平成19年には英会話教室「EC」を展開する株式会社イー・シーを子会社化し、同年英会話事業NOVAを事業取得。 平成23年にいなよしキャピタルパートナーズ株式会社と合併し、自分未来ホールディングス株式会社に社名変更する。 翌平成24年にはGEOSを展開するジオスコーポレーション株式会社と合併し、自分未来アソシエ株式会社に社名変更する。 平成25年に現在のNOVAホールディングス株式会社に社名変更し、以降全国・海外に校舎を積極的に展開。学習塾、英会話を併せ、全国16...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる