「J・J・エイブラムス」とは?

関連ニュース

米HBO「ウォッチメン」パイロット版を発注 - 09月24日(日)11:00 

 グラフィックノベルの最高傑作と呼び声の高い「ウォッチメン」が、米有料チャンネルHBOによりテレビドラマ化されることになりそうだ。米バラエティが報じている。  アラン・ムーア原作、デイブ・ギボンズ作画の「ウォッチメン」は、スーパーヒーローが存在するもうひとつのアメリカ現代史を舞台に展開する歴史改編SFで、1986年から87年にかけてDCコミックスから出版。SF文学の最高賞であるヒューゴー賞をコミックとして初めて受賞し、TIME誌が選ぶ長編小説ベスト100にも選ばれている。  2009年にはザック・スナイダー監督(「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」)によって映画化され、封切られている。14年から同作のテレビドラマ化を画策しているHBOは、同局の「LEFTOVERS/残された世界」の企画・制作総指揮を務めたデイモン・リンデロフにパイロット版の制作を発注。仕上がり次第では、シリーズ化されることになる。  リンデロフは、J・J・エイブラムスとともに「LOST」の企画・制作総指揮を務めたほか、「プロメテウス」「トゥモローランド」などの映画脚本を執筆。「LEFTOVERS/残された世界」は今年ファイナルシーズンが放送された。今回の発表に先立ち、リンデロフは自身のインスタグラムで、脚本家が打ち合わせを行うライターズルームの写真を掲載。机上には「ウォッチメン」に登場する銅...more
カテゴリー:

「スター・ウォーズ」監督を引き受けたJ・J・エイブラムスに米パラマウント激怒 - 09月22日(金)16:00 

「スター・ウォーズ エピソード9(仮題)」をJ・J・エイブラムス監督が引き受けたことで、米パラマウント・ピクチャーズが激怒しているという。ハリウッド・レポーター紙が報じた。エイブラムス監督は、同...
カテゴリー:

真田広之、『ウエストワールド』シーズン2に出演! - 09月19日(火)19:10 

米HBOの人気SFドラマ『ウエストワールド』シーズン2に、真田広之が出演することが分かった。米Deadlineが報じた。『ジュラシック・パーク』や『ライジング・サン』の原作者として知られるマイケル・クライトンが監督・脚本を手掛けた1973年の同名映画を、ジョナサン・ノーラン、J・J・エイブラムスがドラマ化した本作。本年度エミー賞で最多22ノミネートを果たすなど高い評価を受けている作品だ。真田が演じるのはムサシという名前のキャラクターということだが、それ以外の情報は明らかになっていない。しかし、シーズン1の終盤に日本の戦国時代の武士の姿をしたホスト(アンドロイド)たちが登場していたことから、その一人を演じるのではないかと一部のメディアは伝えている。『ラスト サムライ』にも出演していた真田は、『LOST』『エクスタント』『HELIX -黒い遺伝子-』『ザ・ラストシップ』といったドラマで印象的なキャラクターを演じてきた。シーズン2には彼のほか、グスタフ・スカルスガルド(『ヴァイキング ~海の覇者たち~』)、ファレス・ファレス(『特捜部Q』シリーズ)、ベッティ・ガブリエル(『パージ:大統領令』)、ジョナサン・タッカー(『ヴァージン・スーサイズ』)、ニール・ジャクソン(ドラマ版『スリーピー・ホロウ』)が新たに参加することがすでに報じられている。『ウエストワールド』シーズン2は米HBOにて20...more
カテゴリー:

J・J・エイブラムス復帰!『スター・ウォーズ:エピソード9』監督に - 09月14日(木)15:20 

J・J・エイブラムスが『スター・ウォーズ:エピソード9』の監督と共同脚本家の後任となった。
カテゴリー:

「スター・ウォーズ」監督にエイブラムス復帰 - 09月14日(木)02:55 

J・J・エイブラムスが、映画「スター・ウォーズ:エピソード9」の監督と共同脚本家の後任となった。同作からは「方向性の違い」を理由に、先日コリン・トレヴォロウが監督の座から降板したばかりだが、2015年公開の「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」で監督を務めたエイブラムスが後任としてシリーズに復帰するという。
カテゴリー:

「スター・ウォーズ」監督を引き受けたJ・J・エイブラムスに米パラマウント激怒 - 09月22日(金)16:00 

 「スター・ウォーズ エピソード9(仮題)」をJ・J・エイブラムス監督が引き受けたことで、米パラマウント・ピクチャーズが激怒しているという。ハリウッド・レポーター紙が報じた。  エイブラムス監督は、同作を降板したコリン・トレボロウ監督の後任としてのオファーを受けたと発表されたばかり。ハン・ソロを題材としたスピンオフ作品でも監督交代劇を繰り広げたルーカスフィルムは、新たなクリエイターを起用するリスクを避け、「スター・ウォーズ フォースの覚醒」で結果を残したエイブラムス監督にラブコールを送り、快諾を得たという。  しかし、このニュースに怒り心頭なのがパラマウント。監督第1作となる「M:i:III」が公開された2006年、エイブラムスの制作会社バッド・ロボットとファーストルック契約を締結。以後、映画の企画開発料として毎年1000万ドルにも及ぶ高額の契約料を支払っている。それにも関わらず、ウォルト・ディズニー作品を優先したことで心象を悪くした模様だ。  特に近年のパラマウントはヒットが不足していることから、エイブラムス監督作は喉から手が出るほど欲しい。エイブラムスが同社で手がけた最後の監督作は「スター・トレック  イントゥ・ダークネス」(13)で、その後はディズニーで「スター・ウォーズ フォースの覚醒」を監督。これにはブラッド・グレイ最高経営責任者(当時)が激怒し、次回作はパラマウン...more
カテゴリー:

『ウエストワールド』シーズン2は、今まで以上に過激で残虐に! - 09月20日(水)21:10 

第69回エミー賞の5部門にノミネートされた、人気クリエイター、J・J・エイブラムス製作のSFドラマ『ウエストワールド』。来年放送予定のシーズン2が、今まで以上に残虐で、物議を醸し出す内容になることが明らかになった。米Popsugarが報じている。9月17日(日)にロサンゼルスで行われた第69回エミー賞授賞式でインタビューに応じた同作の共同クリエイターであるリサ・ジョイ(『バーン・ノーティス 元スパイの逆襲』)とジョナサン・ノーラン(『パーソン・オブ・インタレスト』)が新シーズンについて語った。「シーズン1はとても穏やかでした。ロボットたちの中で目覚め始めていた何かが、アウトブレイクを引き起こすであろうことは、視聴者ももう予想できていたと思います。そしてアウトブレイクが起こってしまった今、"ウエストワールド"は、今までとは異なるものになりました。そのため、設定全体が、シーズン1とは違うのです」と前シーズンは穏やかであったことをコメント。また、ジョイはシーズン2の第4話の監督も務めるといい、そのエピソードに関してノーランは、「今までやろうと思っていた以上に残虐で過激なエピソードになったね。静かな話だったはずなんだけど。リサ(ジョイ)は、この回を"血の海"エピソードにしてしまった感じだよ」と話したという。度々登場する黒服の男役のエド・ハリス(『マザー!』『ゼロ・グラビティ』)も以前シーズ...more
カテゴリー:

実写版「アラジン」の公開日が決定 - 09月15日(金)11:28 

ガイ・リッチーが監督を務める実写版「アラジン」の公開日が決定した。これまで公開日は発表されていなかった同作だが、「スター・ウォーズ:エピソード9」の監督が変更されたことに伴い、2019年5月24日公開になったという。もともと「スター・ウォーズ:エピソード9」は2019年5月24日公開だったものの、コリン・トレヴォロウの監督降板に続きJ・J・エイブラムスが後任となったことで、2019年12月20日へと変更されていた。
カテゴリー:

デンゼル・ワシントン息子が主演!スパイク・リー&ジョーダン・ピール監督の新作スリラー - 09月14日(木)11:00 

 スパイク・リー監督と、デビュー作「ゲット・アウト」が大ヒットしたジョーダン・ピール監督がタッグを組み、白人至上主義団体KKKに潜入したアフリカ系アメリカ人の刑事を描く新作クライムスリラー「Black Klansman(原題)」を製作することがわかった。  米ハリウッド・レポーターが報じたもので、デンゼル・ワシントンの息子で、米HBOのドラマ「Ballers/ボウラーズ」に出演している俳優ジョン・デビッド・ワシントンが主演交渉中だという。  リーとピールが約2年前から準備してきたという新作「Black Klansman」は、米コロラド州コロラドスプリングスの刑事ロン・ストールワースが、白人至上主義者を装ってKKKに潜入した実話を描く作品。ストールワースは1978年、地元紙に掲載されたKKKメンバー募集の広告に応募し、組織内で徐々にその地位を上げ、地元支部のトップに上り詰めた。電話や手紙などでやり取りする際は黒人であることを隠し、対面する必要がある場合には同僚の白人刑事を代わりに向かわせるなどして潜入捜査を進め、地元支部で計画されていた数々のヘイトクライムを阻止した。  本作は、ストールワースが2014年に出版した同名回顧録をもとに映画化。ストールワース役をワシントンが演じ、リーとピール、「ゲット・アウト」のブラムハウス・プロダクションがプロデュースする。今秋クランクインの予定...more
カテゴリー:

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』J・J・エイブラムス、『エピソード9』の監督に - 09月13日(水)19:10 

2019年5月全米公開予定の『スター・ウォーズ エピソード9(仮題)』において監督を務めることになっていたコリン・トレヴォロウが降板することになったことは、以前当サイトでもお伝えした通り。その後任として、『LOST』や『ウエストワールド』、『パーソン・オブ・インタレスト』などで知られるヒットメイカーのJ・J・エイブラムスが就任することが明らかになった。米Deadlineらが報じている。2015年に『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(エピソード7に相当)で監督と脚本、製作を務めたエイブラムスは、トレヴォロウの降板劇の後、候補の一人として名前が挙がっていた。彼は今回もメガホンを取るだけではなく、クリス・テリオ(『バットマンvs スーパーマン ジャスティスの誕生』)と共に脚本も手がける。プロデューサーには、エイブラムスと共に、ルーカスフィルムのキャスリーン・ケネディ社長(『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』)が名を連ねる。『スター・ウォーズ』シリーズの監督降板・交代は最近目立っており、例えばスピンオフ映画の監督に予定されていたジョシュ・トランク(『クロニクル』『ファンタスティック・フォー』)は、2015年に降板。今年6月には、若き頃のハン・ソロを描く新作映画の撮影がかなり進んだところで、監督のフィル・ロード&クリストファー・ミラーの降板が決まり、ロン・ハワード(『アポロ13』...more
カテゴリー:

もっと見る

「J・J・エイブラムス」の画像

もっと見る

「J・J・エイブラムス」の動画

Wikipedia

J・J・エイブラムスJ.J. Abrams, 1966年6月27日 - )は、アメリカ合衆国映画プロデューサー・クリエイター、テレビプロデューサー・クリエイター、ドラマ・映画監督脚本家俳優作曲家。本名はジェフリー・ジェイコブ・エイブラムス(Jeffrey Jacob Abrams)。アクション、ドラマサイエンス・フィクションといったジャンルの作品で知られている。映画ではパラマウント映画、テレビドラマではワーナー・ブラザース・テレビジョンと関係が深い。

学生時代まで

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる