「IMALU」とは?

関連ニュース

大竹しのぶ、異例ベッドの上で記者会見「やってみたら楽しかった」 - 11月20日(月)13:45 

 女優の大竹しのぶが20日、東京・港区のスウェーデン大使館で行われたミュージカル『リトル・ナイト・ミュージック』の製作発表記者会見に出席。共演する風間杜夫、蓮佛美沙子、ウエンツ瑛士と共に作風になぞらえて“ベッドの上”という異例の形で会見に臨み「すごい異様なシチュエーション…」と笑っていた。  それでも「せっかくお洋服を着てきても上しか映らないけど、宣伝部の熱い思いに負けました。でもやってみたら楽しかった」と満足げに語ると、風間は「素晴らしい家具で、しのぶちゃんが横で寝ちゃいそうだった」と明かして、場を和ませた。  「不思議な気持ちになりました」と話した蓮佛は「(ウエンツと)初対面でいきなり同じベッドってない。緊張するかなと思ったけど、意外と楽しかった」と笑顔。「まだ口説かれてないです」と振ると、ウエンツは「もちろんチャンスがあればすぐにいきますよ」と冗談めかしていた。  同作は、イングマール・ベルイマン監督の『夏の夜は三度微笑む』に着想を得たミュージカル・ラブ・コメディー。20世紀初頭のスウェーデンを舞台に、求め合いながら滑稽(こっけい)にすれ違うさまざまな男女の愛の行方を描く。来年4月8日から30日まで、東京・日生劇場で上演される。  意外にもミュージカル初挑戦となる風間は「この私がミュージカルをやるなんて考えてなかった」と照れ笑い。一方で大竹は「でもお歌がすごいお上手」...more
カテゴリー:

東京・丸ビル、巨大クリスマスツリーが点灯 すみれがスペシャルライブ - 11月10日(金)09:12 

 開業15周年を迎えた東京・丸の内の丸ビルと、10周年を迎えた新丸ビルのアニバーサリーイヤーを彩るクリスマスイベント『Marunouchi Bright Christmas2017-Blooming Anniversary~花で彩るクリスマス~-』のクリスマスツリー点灯式が9日、都内同所で行われた。 【写真】ライブパフォーマンスを披露したすみれ  メイン会場となる丸ビル1階マルキューブでは、ニコライ・バーグマン氏がデザイン・プロデュース、長谷川喜美氏(ベルベッタ・デザイン)空間デザイン・演出による、クリスマスツリーが登場。ニコライ氏作品史上最大の高さとなる10メートル超の壮大な花のクリスマスツリーとなり、夜には音と光による幻想的な照明演出を展開。アニバーサリーイヤーを華やかに彩る。  また、丸の内エリア各所でもニコライ氏による“花”をモチーフとしたツリーやオブジェを展開する。この日の点灯式には、モデルで女優のすみれがゲスト登場。スペシャルライブを行い、イベントに華を添えた。 【関連記事】 IMALU、巨大イルミツリーに興奮「毎日でも見たい」 (17年11月07日) 松下奈緒、クリスマスの予定なし イルミネーションは「犬と散歩で来ます」 (17年11月07日) 550万球!よみうりランドで首都圏最大のイルミネーション開催中 (17年10月13日) 巨大ウォーターイルミも! ...more
カテゴリー:

『第五回イルミネーションアワード』が決定 長崎・ハウステンボスが5年連続第1位 - 11月10日(金)09:00 

 全国5212名の夜景鑑賞士と一般投票で選ぶ『第五回イルミネーションアワード』の授賞式が9日、都内で行われた。「総合エンタテインメント部門」では、長崎・ハウステンボス「光の王国」が5年連続第1位。「イルミネーション部門」を栃木・あしかがフラワーパークが2年連続第1位を獲得。新設の「プロフェッショナルパフォーマンス部門」では三重県・なばなの里イルミネーションが第1位を受賞した。 【写真一覧】全国のイルミネーションスポット  夜景観光コンベンション・ビューローと、ぴあ株式会社が主催する同アワード。本年は、イルミネーション部門・総合エンタテインメント部門の2つに加え、新たに「プロフェッショナルパフォーマンス部門」を新設。アワードのプレゼンターとして、夜景鑑賞士3級を取得しているSKE48の高柳明音が登場し、「2017年-2018年 全国ウィンターイルミネーション」の応援大使に任命された。 ■各部門の受賞結果は以下の通り 【総合エンタテインメント部門】 第1位 ハウステンボス「光の王国」/長崎県佐世保市(5年連続単独1位) 第2位 江の島 湘南の宝石/神奈川県藤沢市(前年2位) 第3位 東京ドイツ村 ウィンターイルミネーション/千葉県袖ヶ浦市(前年3位) 第4位 伊豆ぐらんぱる公園「グランイルミ」/静岡県伊東市(前年7位)※部門移動 第5位 アパリゾート上越妙高イルミネーション/新...more
カテゴリー:

さんまの青春時代を又吉脚本でドラマ化 本人役は北村匠海、ヒロインは飯豊まりえ - 11月18日(土)05:00 

 タレントの明石家さんまが司会を務める26日に日本テレビ系『誰も知らない明石家さんま ロングインタビューで解禁!』(後7:00)で、お笑いコンビ・ピースの又吉直樹が脚本を手がけるさんまの17歳の頃の実話を描いたドラマ『ずっと笑ってた』を放送することがわかった。ただただ人を笑わせることに夢中だった杉本高文(さんま)役には、今年公開の映画『君の膵臓をたべたい』が話題となった俳優・北村匠海が抜てき。さんまが思いを寄せる同級生役には女優・飯豊まりえが起用された。 【写真】学ランにメガネ姿の東野幸治も出演  「高校の時、俺が今まで経験したことのない大爆笑の連発。あの“笑い”を忘れられない。高校時代の俺が、いまだに最高で、男としての頂点」とさんま自身が語る自身の黄金時代。彼にとっては、学校は学びの場ではなく、人を笑わせる最高の舞台だった…。凡人の想像を超える壮大ないたずらや、片思いの女の子との甘酸っぱい思い出の数々。さんまとの感動のエピソードが描かれる“絶対に笑わない鬼”として恐れられていた体育教師は神保悟志が演じ、東野幸治とアンジャッシュ・渡部建も“同級生役”として出演する。  まさかのさんま役、しかも“神がかっていた”高校時代のオファーに北村は「とにかくびっくりしました」と驚きを隠せない。お笑い界のレジェンドを演じることに「僕で大丈夫なのかな?」とプレッシャーもあったがそうだが「人を...more
カテゴリー:

USJ、新クリスマスツリーが点灯 吉田沙保里「すごい感動!」 - 11月10日(金)09:00 

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは9日、冬のシーズナル・イベントの一般公開に先駆けて、2大ウインター・エンターテインメントを報道陣に初公開。完全一新した『クリスマスツリー「ユニバーサル・イリュージョン・ツリー」』が初点灯した。 【写真】クリスマスツリーを鑑賞する吉田沙保里選手  昨冬で見納めとなった「一生に一度は見たいクリスマスツリー」に代わる新ツリーは、ライブショーのクライマックスに点灯。ショーの華やかなパイロ(演出用花火)や、コンフェッティなど、光や音楽とともにダイナミックな演出をみせた。  ゲストとして来場した女子レスリングの吉田沙保里選手は「もうすごい感動しています!」と感激しきり。同ツリーが来年1月8日までとあって「皆さんも(このクリスマスイベントで)幸せな気分になって、新年を迎えてほしいです」と呼びかけていた。  また、来年2月28日まで実施される「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」では、ホグワーツ城が冬の魔法にかかる壮大なキャッスル・ショー『ホグワーツ・マジカル・ナイト ~ウインター・マジック~』を初開催。クリスマス装飾で彩られた冬のホグズミード村には、ゲストが魔法体験できる『ホグズミード村のクリスマス・ツリー』を期間限定で設置される。 【関連記事】 IMALU、巨大イルミツリーに興奮「毎日でも見たい」 (17年11月07日) 松下奈...more
カテゴリー:

【芸能】IMALUと同じ匂い?花田優一が漂わせる何とも言えない「違和感」 - 11月06日(月)17:58  mnewsplus

貴乃花親方の長男で靴職人の花田優一が10月30日、自身がパーソナリティを務めるラジオ番組「花田優一 First Step」にて一般女性との結婚を発表した。 22歳という若さでの結婚には驚きの声もあるものの、父親譲りの大柄な体躯に加え、 母親は元フジテレビの河野景子アナとあって、その甘いマスクで女性にモテたことは容易に想像できる。 だがアラサー以上の層からは花田について「見ていると不安になる」という声もあるという。 「彼の顔つきはまさに貴乃花と景子夫人の息子という感じで、どちらにも似ています。 貴乃花親方の表情...
»続きを読む
カテゴリー:

「IMALU」の画像

もっと見る

「IMALU」の動画

Wikipedia

IMALU(イマル、1989年9月19日 - )は、日本のモデル、タレント歌手である。本名、大竹 いまる(おおたけ いまる)。

東京都出身。エスター所属だったが、2013年4月1日より、個人事務所である株式会社リトルトウキョウプロダクションを立ち上げ、2016年現在は立ち上げ当初の相方が代表取締役を務めており、IMALU本人は幹部に名を連ねている2016年8月8日放送、テレビ朝日系、しくじり先生で発言。星座はおとめ座。

略歴

1989年9月19日14時4分頃、東京都内の病院で生まれる。生まれた時の体重は3240g1989年9月20日付 日刊スポーツなど各紙芸能面記事より。。父はお笑いタレント明石家さんま、母は女優の大竹しのぶ(1992年...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる