「Chiko」とは?

関連ニュース

城島茂が新たな境地へ!? ひそかに特訓していた三味線を披露 - 04月25日(水)13:09 

4月30日(月・祝)にNHK総合にて放送される「民謡魂 ふるさとの唄」(昼3:05-3:50)で、TOKIO・城島茂が1年前からひそかに練習を重ねてきた三味線を披露する。 【写真を見る】幕が上がると舞台中央に城島茂が。神々しいオーラを放つ 「民謡魂─」は、その土地で歌い継がれている「民謡」や芸能を、地域の魅力とともに伝える公開派遣番組。城島は2013年から月1回程度放送されてきた同番組で、5年にわたりMCを務めている。 4月30日放送の回は、同月上旬に埼玉の草加市文化会館で公開収録された。だが、これまでと違い、緞帳(どんちょう)が上がると舞台中央には三味線を構えた城島の姿が。大友良英とSachiko Mが手掛けたオープニング曲「ゆめがきこえる」に三味線奏者として参加し、華々しく“三味線デビュー”を果たしたのだ。 城島はおよそ1年前から、民謡細竿三味線の第一人者である本條秀太郎氏に師事し、ひそかに三味線の特訓を行ってきたという。収録後の取材会に出席した城島は、「ほっとしたような、もうちょっとやりたかったような」と話す。 「TOKIOでギターを担当しているので、同じ弦楽器として三味線にも共通する部分をあるのかなと思っていました。でも、ここまで違うのかと驚きまして。楽器の構え方も、右の手首の使い方も全然違うんです。練習初日に、『安請け合いしなきゃよかったな』と思いましたね(笑)。 家で1...more
カテゴリー:

胴上げは本当はお祝いでするものじゃない! 興奮した異常な状態の人をシラフに戻すため - 04月20日(金)08:30 

合格したときや優勝した際によく行われる“胴上げ”。華やかでおめでたい感じがするが、胴上げをする意味を考えたことはあるだろうか? 素朴な疑問に答えるNHK新番組『チコちゃんに叱られる!』の4月13日放送で、胴上げの意味についてとりあげた。 胴上げをする理由は諸説あるが、一言で言うと「異常な状態の人をシラフにするため」。 國學院大學文学部・新谷尚紀教授は、「胴上げは本来おめでたいときにやるものではない」ときっぱりと言い放つ。民俗学的には、空中に物をなげるという行為は悪いものを取り払うためだという。 古来、日本の農家では、稲のモミなどの実を選別する際、モミをザルに入れて上下に振って選別していた。それは、空中に上げることで、中身があまり詰まっていない“悪い実”が風に流され、取り除かれるから。 そこから、日本では古来から“空中に物を上げると悪いものが取り払われる”という考えになった。そして、胴上げも悪いものを取り払うために行うようになったのだ。 それを裏付ける文献として、江戸時代後期の町の人々の様子を描いた東都歳時記(1838年)には、大みそかの大掃除のときに胴上げをしている様子が描かれている。 この時代、汚れは「悪いもの」と考えられていたため、“大掃除で汚れた人は1年の悪いものをすべて持った人”とされ、胴上げをすることで、すべての悪いものを取り払い新年を迎えようとしていたようだ。 その考え...more
カテゴリー:

[雑学]ついつい出ちゃう言葉「どっこいしょ」の意味って知ってる? - 04月12日(木)15:30 

素朴な疑問に答えるNHK新番組『チコちゃんに叱られる!』が、4月13日の初回放送に先駆け、4月7日に直前スペシャルを放送。日本人が昔から日常で使う「どっこいしょ」の意味が明かされた。 立ち上がるときなどに、つい発してしまう「どっこいしょ」という言葉。草津節などでも「どっこいしょ~ どっこいしょ♪」と歌われるなど日本に根付いている言葉だが、日常会話では使うことのない、この呪文のような言葉の意味をみなさんご存知だろうか。 番組オリジナルキャラクター・チコちゃんの説明によると、「どっこいしょ」とは、「人間の五感を研ぎ澄まし、邪念や迷いを捨てて心が清らかになること」。 やや意味が分かりづらいので、富士山曹洞宗宝林寺の千葉公慈住職が詳しく説明。 千葉住職によると、「どっこいしょ」とは、修験者が山を登るときに唱えていた言葉から来ているという。昭和4年に撮影された富士山を登る修験者の映像を見てみると、「ろっこんしょうじょう」と唱えている場面が現れた。 諸説あるが、この「ろっこんしょうじょう(六根清浄)」が「どっこいしょ」の語源という説があり、六根とは、「見る・聞く・嗅ぐ・味わう・触れる・思う」の6つの感覚のこと。この6つをキレイに清める言葉が六根清浄だ。 修験者は、六根清浄と唱え、「五感と心を研ぎ澄ませ、修行に集中し力を発揮できますように」と祈るのだそうだ。実は、富士山の登山口などで売っている登...more
カテゴリー:

『西郷どん』の女給タマ役で存在感発揮の9頭身美女・田中道子は競馬にバイクにお酒好き! 「そのうちハーレーにも乗りたいですね」 - 04月23日(月)19:00 

『ドクターX~外科医、大門未知子』第4シリーズで女優デビューし注目され、先頃は大河ドラマ『西郷どん』で旅籠の女給タマ役を演じ、話題を呼んだ田中道子が『週刊プレイボーイ』18号のグラビアに登場。 今回は「和」をテーマに昔ながらの日本家屋を舞台に艶のある衣装を着て、障子や板間の部屋などで撮影。ハーフと見間違えそうな整った顔立ちとスラリとした9頭身の見事なスタイルを大胆に披露している。 そんなグラビアの撮影秘話から『西郷どん』の出演エピソードなどを聞いた! ―今回は随分と「和」を感じさせるグラビアですね。 田中 私、洋館とかホテルの一室ではよく撮影しますけど、こうした昔ながらの日本家屋は初めてで新鮮でした。畳の上に座ったり、障子から差し込む光を浴びたり…日本人の血が騒ぎましたね。 ―中でも印象的なカットは? 田中 お風呂場で寝そべってるカットです。昔の日本のお風呂なんで、床に石が敷き詰められてるんです。だから身体中、とにかく冷たくて(笑)。だけど、その石がいい具合に体を照らしてくれて、とてもキレイな1枚になりました。 ―それにしても、さすが元ミスワールド日本代表。見事な9頭身ボディで、特に脚、長すぎ! ジーパ...more
カテゴリー:

人類の進化は枕の進化? 人間はなぜ枕を使うの? - 04月13日(金)12:30 

専門店もあったり、柔らかさや高さ、素材など、寝具で一番こだわりを持って選んでいるのは「枕」という人も多い。ではなぜ、人は枕を使うのか答えられるだろうか? 素朴な疑問に答えるNHK新番組『チコちゃんに叱られる!』が、4月13日よりスタートする。レギュラー放送に先駆け、4月7日に放送された直前スペシャルでは、人がなぜ枕を使うのかという疑問を取り上げた。枕を使う理由には、他の動物とは違う人間の進化が大きく関係していた。 枕を使う理由を一言で言うと「ヒトが二本の足で歩くから」。 二足歩行になって骨格が変化! 言語を操ることも可能になった 東京大学総合研究博物館の遠藤秀紀教授によると、地球上で直立二足歩行をしているヒトならではだと説明する。 ヒトは約440万年前に猿から猿人へと進化し、直立二足歩行を始めるが、進化前の猿は木の上で生活していた。木の上では、枝から枝に手を伸ばしたり、落ちないようにバランスをとるなど、とても繊細な暮らしぶりを要求されるため、運動神経と感覚が研ぎ澄まされた結果、段々と二本の足でバランスよく動けるようになった、というのが現在考えられている進化の過程だという。 直立二足歩行になり、骨格が変化。特に重い頭を支えるため、上からの圧力を分散できるるように背骨がS字になった。 また、直立二足歩行になったことにより、両手が自由に使えるようになる。さらに、直立したことで喉頭が落ち...more
カテゴリー:

国家公務員法に反して捜査中の情報を漏洩した疑いのある大阪地検の山本真千子「江田さんのコメントはこちらには関係ない」 - 04月06日(金)17:48  seijinewsplus

http://netgeek.biz/archives/115970 国家公務員法に反して捜査中の情報を漏洩した疑いのある大阪地検の山本真千子特捜部長がついにコメントを出した。 前回の記事:民進党の江田憲司「リークしてくれる大阪地検の山本真千子特捜部長ぐっじょぶ!」←え! リークを否定しないコメント。 山本真千子特捜部長はマスコミの取材に対し、次のようにコメントした。 「あくまで江田さんのコメントで大阪地検の発表ではなく、こちらとしては一切関係ない」 これだけの騒ぎになっているのだから、違うなら違うとはっきりと否定する...
»続きを読む
カテゴリー:

「Chiko」の画像

もっと見る

「Chiko」の動画

Wikipedia

Chiko(ちこ、6月22日 - )は、日本女性声優ナレーターである。神奈川県出身。青二プロダクション所属。旧名は丸尾 知子(まるお ともこ)。2012年12月24日より、「丸尾知子」から「Chiko」に改名した。

出演作品 テレビアニメ

1987年

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる