「A350-900」とは?

関連ニュース

ベトナム航空、夏ダイヤで機材大型化。エアバス A350-900の投入で一部にプレミアムエコノミー設定 - 02月15日(木)20:01 

 ベトナム航空は2月15日、夏期スケジュール(3月25日から10月27日)で機材の大型化や増便を行なうと発表した。
カテゴリー:

JAL国際線の次期主力機・エアバスA350-1000ってどんな飛行機? - 02月15日(木)06:00 

JALは2013年10月にA350 XWBを31機(A350-900を18機、A350-1000を13機)発注しており、A350-900は2019年度より納入する。A350-1000の納入時期はまだ未定だが、今後のJALの主力機として世界の空を駆け巡ることが期待されている。では実際、どのような機材なのだろうか。
カテゴリー:

エアバスの本命が2/14に東京へ! A350-1000初飛来で羽田で内覧会--写真62枚 - 02月14日(水)14:58 

2月14日、ワールドツアー中の最新鋭エアバスA350-1000が東京(羽田空港)に初飛来した。同機は2月13日23:54に羽田空港に着陸し、14日には航空関係者や報道関係者に公開された。内覧会は、A350-900を2019年より受領開始するJALの格納庫にて行われた。
カテゴリー:

エアバスA350-1000型機、ワールドツアーで東京に飛来 報道陣に機体を公開 - 02月14日(水)12:40 

エアバスA350-1000型機の機体前方。羽田空港のJAL格納庫で。 エアバスは2月14日、開発中の最新鋭機であるエアバスA350-1000型機の試験飛行機を、羽田空港で報道陣や航空関係者に公開した。 ドーハ、マスカット、香港、ソウル、台北、ハノイ、シンガポール、バンコク、シドニー、オークランド、東京、マニラの中東とアジアを巡る、3週間に渡るデモ飛行ツアーの一環として飛来した。今回飛来したのは、3機ある試験飛行機の中で完全な客室を装備した1機であるMSN065。ビジネスクラス40席、エコノミープラス36席、エコノミークラス219席を配置している。 エアバスA350-1000型機の特徴的なウイングチップ。機体後方には「1000」と大きく描かれている。 エアバスA350-1000型機は、エアバスA350XWBの中で最大の機種。胴体はエアバスA350-900型機より7メートル長い。システムや部品は両機種で95%が共通化しているなど、他のエアバス機とも高い共通性を有する。ロールス・ロイス社製のトレントXWB-97エンジンを装備している。主翼やフレームなど約53%が炭素繊維強化プラスチック(CFRP)、高荷重フレームやランディングギア、パイロンがチタンからできており、約70%で最先端材料を使用した。航続距離は8,000海里(14,800キロ)で、東京発では北米全都市、メキシコ、ロンドン、ア...more
カテゴリー:

アシアナ航空、創立30周年でプレゼントキャンペーン モデルプレーンなど - 02月13日(火)13:24 

アシアナ航空は、創立30周年を記念し、航空券購入者を対象としたプレゼントキャンペーンを開催している。 2月1日から28日までの間に、3月1日から5月31日までに出発するアシアナ航空の航空券を購入した日本居住者が対象で、応募フォームから応募する必要がある。 「OXFORD ASIANA HANGAR」を1名、「A350-900モデルプレーン(1/200)」を3名、「A380-800モデルプレーン(1/200)」を3名、「ECOバック入りオリジナルぬいぐるみ」を10名にプレゼントする。当選発表は3月5日で、当選者のメールアドレスに通知する。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

ベトナム航空、日本線3路線で大型化や増便 東京/成田〜ホーチミン線にもエアバスA350型機投入 - 02月15日(木)19:16 

ベトナム航空は、日本とベトナムを結ぶ3路線で大型化や増便を行う。 名古屋/中部〜ハノイ線では3月25日から4月8日まで、東京/成田〜ホーチミン線では7月1日から機材を大型化し、新たにエアバスA350-900型機を投入する。いずれの路線も現在はエアバスA321型機を使用している。ビジネスクラス29席、プレミアムエコノミークラス36席、エコノミークラス240席の計305席を配置しており、供給座席数は100席以上増加する。 また、週5便を運航している東京/成田〜ダナン線は、繁忙期のみ毎日運航とする。毎日運航するのは、3月25日から4月1日までと、7月1日から9月30日まで。機材はビジネスクラス16席、エコノミークラス162席の計178席を配置した、エアバスA321型機を使用する。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

エアバスA350-1000型機、マニラに向けて羽田空港を出発 - 02月14日(水)21:14 

中東とアジアを巡るデモ飛行ツアーの一環として羽田空港に飛来していた、エアバスA350-1000型機がきょう2月14日午後8時半頃、離日した。 エアバスA350-1000型機の日本への飛来は初めてで、きょう2月14日午前0時過ぎにオークランド国際空港から羽田空港に到着。羽田空港にある日本航空(JAL)の格納庫で報道陣や関係者らにお披露目されていた。今回飛来したのは、3機ある試験飛行機の中で完全な客室を装備した1機であるMSN065。ビジネスクラス40席、エコノミープラス36席、エコノミークラス219席を配置している。 この後はマニラのニノイ・アキノ国際空港に寄港し、デモフライトなどを実施する。現地時間16日午後にもニノイ・アキノ国際空港を飛び立ち、拠点であるフランスのトゥールーズに戻る予定。 エアバスA350-1000型機は、エアバスA350XWBの中で最大の機種。胴体はエアバスA350-900型機より7メートル長い。システムや部品は両機種で95%が共通化しているなど、他のエアバス機とも高い共通性を有する。ロールス・ロイス社製のトレントXWB-97エンジンを装備している。主翼やフレームなど約53%が炭素繊維強化プラスチック(CFRP)、高荷重フレームやランディングギア、パイロンがチタンからできており、約70%で最先端材料を使用した。航続距離は8,000海里(14,800キロ)で、東京...more
カテゴリー:

エアバスA350-1000型機、ワールドツアーで東京に飛来 報道陣に機体を公開 - 02月14日(水)12:40 

エアバスA350-1000型機の機体前方。羽田空港のJAL格納庫で。 エアバスは2月14日、開発中の最新鋭機であるエアバスA350-1000型機の試験飛行機を、羽田空港で報道陣や航空関係者に公開した。 ドーハ、マスカット、香港、ソウル、台北、ハノイ、シンガポール、バンコク、シドニー、オークランド、東京、マニラの中東とアジアを巡る、3週間に渡るデモ飛行ツアーの一環として飛来した。今回飛来したのは、3機ある試験飛行機の中で完全な客室を装備した1機であるMSN065。ビジネスクラス40席、エコノミープラス36席、エコノミークラス219席を配置している。 エアバスA350-1000型機の特徴的なウイングチップ。機体後方には「1000」と大きく描かれている。 エアバスA350-1000型機は、エアバスA350XWBの中で最大の機種。胴体はエアバスA350-900型機より7メートル長い。システムや部品は両機種で95%が共通化しているなど、他のエアバス機とも高い共通性を有する。ロールス・ロイス社製のトレントXWB-97エンジンを装備している。主翼やフレームなど約53%が炭素繊維強化プラスチック(CFRP)、高荷重フレームやランディングギア、パイロンがチタンからできており、約70%で最先端材料を使用した。航続距離は8,000海里(14,800キロ)で、東京発では北米全都市、メキシコ、ロン...more
カテゴリー:

エアバスの最新鋭機A350-1000型機が日本初飛来。JALが13機を確定発注済み - 02月14日(水)10:39 

 エアバスは、最新鋭機A350-1000型機の中東・アジア太平洋デモ飛行ツアーを実施しており、2月14日に日本へ初飛来させた。A350-1000型機は、すでに3年ほど前から航空各社が運航を開始しているA350-900型機の兄弟機にあたり、7m長いボディによってプレミアムクラスのキャビンは40%拡大している。
カテゴリー:

アシアナ航空、創立30周年でプレゼントキャンペーン モデルプレーンなど - 02月13日(火)13:24 

アシアナ航空は、創立30周年を記念し、航空券購入者を対象としたプレゼントキャンペーンを開催している。 2月1日から28日までの間に、3月1日から5月31日までに出発するアシアナ航空の航空券を購入した日本居住者が対象で、応募フォームから応募する必要がある。 「OXFORD ASIANA HANGAR」を1名、「A350-900モデルプレーン(1/200)」を3名、「A380-800モデルプレーン(1/200)」を3名、「ECOバック入りオリジナルぬいぐるみ」を10名にプレゼントする。当選発表は3月5日で、当選者のメールアドレスに通知する。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

もっと見る

「A350-900」の画像

もっと見る

「A350-900」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT エアバスA350 XWB...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる