「A.B.C-Z」とは?

関連ニュース

観月ありさ&松下由樹「ナースのお仕事」以来の共演に「一緒に踊りたい!」 - 11月22日(水)19:00 

 観月ありさプロデュースのプロジェクト「座・ALISA」の旗揚げ公演となる「座・ALISA Reading Concert喜歌劇『天国と地獄』オッフェンバック原作より『12月25日、雪』天国と地獄」の製作発表会見が11月22日、東京・エクセルホテル東急で行われた。人気ドラマ「ナースのお仕事」シリーズ以来の共演を果たす観月と松下由樹が出席した。 ・【フォトギャラリー】この日の会見、その他の写真はこちら  本作は、ジャック・オッフェンバックによる喜歌劇「天国と地獄」を、日本のクリスマスが舞台の物語にアレンジしたリーディングコンサート。観月と松下のほか、「A.B.C-Z」の五関晃一、佐藤永典らが出演する。  観月は、「ずっとお芝居をやってきて、歌もコンスタントにやってきた。両方を兼ね備えたステージができないかなあと思いました」とプロジェクト立ち上げの経緯を説明。そのうえで、「今回の舞台では、リーディングという形でお芝居を表現する。その芝居に合わせて、今まで(リリースした)歌を歌っていこうと思いました。一緒にステージに立っていただく方は誰がいいかなと思った時に、一番長くお芝居をさせていただいている松下さんにお願いしたいなと思いました」と共演の経緯を明かした。  一方の松下も「第1弾公演に声をかけていただいて、本当に光栄に思いました。どんなリーディングコンサートができるのだろうと、ワ...more
カテゴリー:

矢野顕子、宇宙飛行士目指して特訓中 愛が強すぎてフォロワー減少 - 11月22日(水)17:00 

 シンガーソングライターの矢野顕子(62)がフジテレビ系トークバラエティー『アウト×デラックス』(毎週木曜 後11:00)に出演。デビュー40週年を迎えたベテランアーティストである矢野は4年前からハマったという“宇宙”への思いをMCのマツコ・デラックス、矢部浩之に向けて熱弁。宇宙飛行士になることを本気で目標に掲げ、在住のニューヨークでトレーニングを積んでいることも告白する。 【写真】イケメンピアニスト・清塚信也も登場  宇宙が好き過ぎるという矢野は最近、NASAのネタなどをツイートしてしまうことから矢野の音楽情報などを求めていたファンが、ツイッター離れ。「みなさんいたのに少なくなっちゃって」と気がつくとフォロワー減少の事態に。 また宇宙好きのせいでリリースする楽曲にまで影響がでているそうで、楽曲を実際に聴いた矢部とマツコを「それって、すでに宇宙にいる人目線ですよね!?」と驚かせる。    宇宙飛行士になるため必要な訓練も本気で積んでいる矢野は「もともと全く泳げなかったのですが、去年1月から、ニューヨークでコーチについて、水泳を習っているんです!」と得意げ。現在は50メートルまで泳げるようになり、着実に夢へのステップを進んでいると力説。収録では、人生で初めて宇宙食に舌鼓し「美味しいです! これなら宇宙に行っても大丈夫!」と気持ちは大盛り上がりだ。  このほか人気ドラマ『コウノド...more
カテゴリー:

関ジャニ∞・丸山隆平が表紙を飾った「TVガイドPERSON」が発売5日目で増刷!これで異例の4号連続増刷を達成!!そして次号はなんとA.B.C-Zが初表紙&独占巻頭グラビアに登場!!! - 11月17日(金)10:00 

[株式会社東京ニュース通信社] [画像: https://prtimes.jp/i/6568/316/resize/d6568-316-215790-0.jpg ] 同号は、主演映画「泥棒役者」が公開されることから丸山隆平が表紙を飾り、ファンの間でささやかれている“丸山の沼”という...
カテゴリー:

観月ありさ「ナースのお仕事」以来、松下由樹と共演 - 11月22日(水)18:50 

女優の観月ありさが「座・ALISA」を旗揚げ、その第1弾公演となる「『12月25日、雪』~天国と地獄~」製作発表記者会見が都内で行われ、観月の他、ドラマ「ナースのお仕事」(フジテレビ系)以来の共演となる松下由樹が出席した。 【写真を見る】真っ白な観月ありさと真っ黒な観月ありさが真実の心を表現 同作は、ドイツ生まれでフランスで活躍した作曲家ジャック・オッフェンバックの喜歌劇「天国と地獄」を原作に、日本のクリスマスに起こった悲喜劇の物語へとリライト。朗読と歌、そしてダンスを織り込んだ新たなエンタテインメント作品として上演される。 観月、松下と共に、五関晃一(A.B.C-Z)、ゴスペル歌手のコング桑田、若手俳優の佐藤永典が出演することも発表されている。 観月は旗揚げのきっかけについて「以前から何かプロデュースしたいなという気持ちがすごく強かったんですね。自分にしかできない何かは何だろうと考えた時に、ずっと芝居をやってきて、そしてずっと歌もコンスタントにやってきて、両方を兼ね備えたステージというものができないかなと思いました。 それはミュージカルとかいろんな種類の舞台はありますが、今回この舞台では“リーディング”という形でお芝居を表現して、コンサートという名前が付いているので自分の歌をお芝居に合わせて付けていって今までの作品をやっていこうと。 その中でいろんな方と一緒に共演したり、私の歌を...more
カテゴリー:

観月ありさ、旗揚げ公演で松下由樹と3年ぶり共演「頼りになる先輩」 - 11月22日(水)15:00 

 女優の観月ありさ(40)が22日、都内で行われた自身がプロデュースする「座・ARISA」の旗揚げ公演『“座・ALISA Reading Concert「12月25日、雪」~天国と地獄~』の制作発表会に出席。フジテレビ系ドラマ『ナースのお仕事』で共演してきた松下由樹(49)も同公演に出演し、観月は「誰に出演していただくか考えたときに、一番長く一緒にお芝居をさせていただいている由樹さんにお願いしたいと思いました」と信頼を寄せた。 【写真】息の合った掛け合いをみせた観月ありさ&松下由樹  同公演では、運動会の徒競走の曲として有名な「天国と地獄」のオペレッタを原作に、日本のクリスマスに起こった悲喜劇にリライト。朗読と歌、ダンスを折り込み、A.B.C-Zの五関晃一が出演のほか振り付けも担当する。  観月は「毎年1年に1回は必ずやる恒例の舞台になったらいい。今回一つの挑戦だと思っています」と意気込み、「由樹さんに踊ってもらったりもしようかなと考えています。さっ『由樹さん踊れますか? 大丈夫ですか?』って話していたんです」と、にっこり。松下は「初耳でした」と笑いつつ、「今までは先輩後輩のイメージが強いと思いますが、今回は大人のドラマチックな作品になっているので、新たな一面を見ていただけたら。ありさちゃんの旗揚げ公演が成功するよう、出来る限り頑張りたい」と話した。  2人は2014年に復...more
カテゴリー:

“静止画の帝王”ことA.B.C-Z・河合郁人のスーパーフォトジェニックな写真にファン大興奮!【ジャニーズウォッチ】 - 11月16日(木)17:01 

今月9日に発売された『TVガイド PERSON』(東京ニュース通信社)にA.B.C-Zの河合郁人が登場。”静止画の帝王”と称される河合のスーパーフォトジェニックな写真の数々にファンは悩殺されている模様。     (画像はA.B.C-Z公式サイトより引用) >『TVガイド PERSON』をチェックする 河合といえば「フットボ...
カテゴリー:

「A.B.C-Z」の画像

もっと見る

「A.B.C-Z」の動画

Wikipedia

A.B.C-Z(エー.ビー.シー-ズィー)は、日本の5人組男性アイドルグループ。所属事務所はジャニーズ事務所レコードレーベルポニーキャニオン

本項では、前身であるA.B.C.および東新良和&A.B.C.についても記述する。

メンバー

ジャニーズ事務所公式サイトのプロフィールを基に記述。メンバー順は公式サイトと同様。

概要
  • グループ名は「Acrobat Boys Club」の略に「Z」を加えたものである。
  • 主に堂本光一滝沢秀明らジャニーズ事務所の先輩の舞台への出演、コンサートでのバックダンサーなどで活動してきた。ステージ上でのダンスやバック転などのアクロバットを得意とするユニットであり、全員がバク宙できる。そのため、音だけのCDより映像が見られるDVDの方が自分たちの良さが伝わるということから2012年にジャニーズ史上初めてDVDでデビューを果たした。CDは2014年に初リリースされ...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる