「70年代」とは?

関連ニュース

消えゆく文化の中で育まれる、イタリア独自のチアリーディング。 - 09月24日(日)17:00 

1970年代、アメリカからイタリアに伝えられたチアリーディング。イタリアの伝統的なマーチングバンドと結びついて発展を遂げ、いつしか同国独自の文化へと姿を変えていきました。トスカーナのドキュメンタリーフォトグラファーAgnese Morgantiさんは、外国から入ってきた文化が自国に馴染み、独自の文化として根付くまでの変遷を知る人々にスポットを当てた写真を撮影しています。イタリア人女性の表現の場アメリカからチアリーディングが伝えられて以降、イタリアでは25歳までの女子が地元のジムやダンススクールでチームを組み、練習を始めるようになりました。アメリカ式チアの方法に加え、体操やダンス、バトンなどを組み合わせ、イタリア独自の「マジョルテ劇団」として発展していきました。マジョルテ劇団に属する女性たちは、祝典や町のお祭などを自らの表現の場として、日々の練習の成果を発表しています。Agnese Morgantiさんのプロジェクトは、今消えつつあるイタリアのマジョルテ文化がどのように形成されたのかを現代のイタリアの文脈で再構成し、新たな参加者を募ってマジョルテ劇団の文化に再び息を吹き込むことを目的としています。そこには、既存のダンスと自由な自己表現が。軍事的な規律の中で育まれた文化をよく知る人々の言葉を語り継ぎ、今後もひとつの伝統として残せるよう、写真とビデオ、オーディオインタビューのほか、イタリ...more
カテゴリー:

昭和の「原野商法」被害者、再び標的 注意呼びかけ - 09月23日(土)18:18 

 「新幹線が通る」などとだまし、山林などを不当な高値で買わせる原野商法が社会問題化したのは1970年代。買わされた土地を所有する当時の被害者らが今、「山林を高値で買い取る」などと持ちかけられ、またお金…
カテゴリー:

MVアグスタRVS#1──選ばれし者たちの特別なバイク - 09月23日(土)08:00 

40〜50代のライダーのなかには、かつてロードレースの世界で連戦連勝を収めて黄金期を築いた「MVアグスタ」というイタリアのメーカーを覚えている人がいるかもしれない。大藪春彦の傑作バイク小説『汚れた英雄』にも登場する名門ブランドだ。このMVアグスタが近年、ラインナップを拡充させてライダーたちの注目を集めている。なかでも、最近発表された限定モデルの『RVS#1』は、選ばれた者しか購入することのできない特別なモーターサイクルだ。 グランプリ通算270勝! 世界中のバイク乗りが憧れた名門ブランド「MVアグスタ」 MVアグスタは、かつて世界のロードレースシーンを席巻したイタリアの名門ブランドである。その戦績は凄まじく、1950年代から1970年代にかけてMVアグスタがグランプリで挙げた勝利数は通算270勝、タイトル獲得数は37回に及ぶ。 そして、この黄金期に活躍したライダーたちもまた、ジャコモ・アゴスチーニ、ジョン・サーティース、マイク・ヘイルウッド、タルクィニオ・プロヴィーニ…と、モーターサイクル史にキラ星のごとく輝くビッグネームばかり。世界中のバイク乗りにとって、MVアグスタは憧れと羨望の対象だったのだ。 しかし、ヤマハやホンダといった日本メーカーの台頭などにより、MVアグスタは1976年にレース活動を停止し、翌1977年にはブランドも凍結。1992年にイタリアのカジバがブランドを...more
カテゴリー:

美媒解码中国脱贫奇迹:正确时间地点施正确政策 - 09月22日(金)18:15 

  原标题:头条 | 美媒解码中国式“奇迹”:在正确的时间地点实施正确的政策   美国石英财经网站9月21日刊登文章称,自从中国上世纪70年代末开始推行市场改革以来,它已经让超过8亿人脱贫。根据世界银行设定的最新生活费基准,中国的贫困率已经从1981年的超过80%降至目前的约2....
カテゴリー:

いきものがかり水野良樹、阿久悠未発表詞の作曲に挑戦!山本彩が歌う - 09月22日(金)15:50 

9月23日の『ETV特集』(Eテレ、毎週土曜23時~)は「いきものがかり水野良樹の阿久悠をめぐる対話」と題して放送。「津軽海峡・冬景色」「UFO」など、誰もが知る数々の昭和歌謡を作詞した阿久悠さんが亡くなって10年。仕事と人生をいきものがかりの水野良樹がたどり、自分のめざす歌を問う。他者となかなか分かり合えない今の時代、より多くの人々とつながれる歌とは? 水野がその答を、阿久さんの軌跡に探す。ヒットチャートや賞レースを席巻した70年代。次第に大ヒットからは遠のくが、記憶に残る歌を書き続けた80年代以降。ピンク・レディーを共に生んだディレクターたちや糸井重里、いしわたり淳治、秋元康と“阿久悠”をめぐる対話を重ね、日記を読み、未発表詞の作曲に挑む。タイトルは「愛せよ」、山本彩が歌う。 関連リンク 世界遺産のアンコール・ワット、最新技術で全貌判明か 黒島結菜、戦国時代の若武者に恋『アシガール』スタート 番組公式サイト>> 悠木碧、西明日香、大塚芳忠『3月のライオン』第2シリーズの追加キャストに決定
カテゴリー:

バリー 2018年春夏コレクションをミラノにて発表 - 09月24日(日)16:11 

[株式会社バリー・ジャパン] [画像: https://prtimes.jp/i/23459/10/resize/d23459-10-116937-6.jpg ] 春夏コレクションは、1970年代後半から1980年代初めのニューヨークのストリートカルチャーにインスピレーションを受けました。ニューヨ...
カテゴリー:

いきものがかり水野良樹、阿久悠未発表詞の作曲に挑戦!山本彩が歌う - 09月23日(土)10:00 

9月23日の『ETV特集』(Eテレ、毎週土曜23時~)は「いきものがかり水野良樹の阿久悠をめぐる対話」と題して放送。「津軽海峡・冬景色」「UFO」など、誰もが知る数々の昭和歌謡を作詞した阿久悠さんが亡くなって10年。仕事と人生をいきものがかりの水野良樹がたどり、自分のめざす歌を問う。他者となかなか分かり合えない今の時代、より多くの人々とつながれる歌とは? 水野がその答を、阿久さんの軌跡に探す。ヒットチャートや賞レースを席巻した70年代。次第に大ヒットからは遠のくが、記憶に残る歌を書き続けた80年代以降。ピンク・レディーを共に生んだディレクターたちや糸井重里、いしわたり淳治、秋元康と“阿久悠”をめぐる対話を重ね、日記を読み、未発表詞の作曲に挑む。タイトルは「愛せよ」、山本彩が歌う。 関連リンク 世界遺産のアンコール・ワット、最新技術で全貌判明か 黒島結菜、戦国時代の若武者に恋『アシガール』スタート 番組公式サイト>> 悠木碧、西明日香、大塚芳忠『3月のライオン』第2シリーズの追加キャストに決定
カテゴリー:

NHK-FMで8時間フォークソング三昧 パーソナリティーは小室等 - 09月22日(金)19:09 

 元六文銭のフォーク・シンガー、小室等(73)がパーソナリティーを務め、70年代から80年代にかけてのフォークを特集した生放送番組『今日は1日“フォークソング”三昧~あぁ、これが青春!~』(後12:15~後9:00 ※途中定時ニュースを挟む)が、NHK-FMであす23日に放送される。 小室等のプロフィール  番組では、小室をメーンに岩沢幸矢(ブレッド&バター)、菅原進(ビリー・バンバン)、四角佳子(元六文銭)、白鳥英美子(トワ・エ・モア)、そして山崎ハコをスタジオに招き、番組の進行は黒埼めぐみアナウンサーがサポートしていく。  同局が、フォークの番組を8時間にわたって生放送で特集するのは異例で、番組制作担当者は「今や、フォーク界の大御所は小室さん。その小室さんをメーンに据えてフォークを語り合う番組にしたい」と意気込み、関係者も「思いっきりレジェンドな音楽番組にしたい。大人が聴けるFM番組を目指す」と意欲を見せている。  番組は基本的に聴取者によるリクセストで進行していくが、ゲスト出演者による生ライブなども随所に盛り込んでいくという。そのほか「小室秘蔵コレクション」や「小室スペシャルセレクション」と題した特別コーナーから「吉田拓郎特集」「井上陽水特集」なども予定している。 【関連記事】 NHKラジオ「radiko」に期間限定で配信 10月2日から半年間 (17年09月20...more
カテゴリー:

グルメ漫画の半世紀を味わいつくせる究極の1冊 - 09月22日(金)17:00 

 今や漫画の一ジャンルとしてすっかり定着している「グルメ漫画」。毎月30冊前後の単行本が刊行されると言われており、ドラマ化や映画化などメディアミックスされることも頻繁です。いま、グルメ漫画が一大ブームであるということは間違いないでしょう。  そんなグルメ漫画ですが、いったいいつ生まれたのでしょうか。そしてどのように現在の隆盛へとたどり着いたのでしょうか? その歴史を解き明かしたのが杉村啓著『グルメ漫画50年史』です。  本書によると、グルメ漫画が誕生したのは約50年前となる1970年。祖となるのは『週刊少年ジャンプ』に掲載された『突撃ラーメン』、『なかよし』に掲載された『ケーキケーキケーキ』、『しんぶん赤旗』に掲載されている『台所剣法』の3冊だといいます。  1970年代の日本はいわゆる高度経済成長期。経済的な余裕が出てきた中で、もっとおいしいものを食べたいという需要が生まれ、さまざまなお店がオープンし、「食を楽しむ」という考え方が浸透していきました。「そういった、社会全体が『食』に興味を持った時代だからこそ、グルメ漫画が誕生したのではないでしょうか」と著者の杉村さんは分析します。日本の社会背景と合わせてみると、興味深いことがいろいろと見えてきますね。  さて、1970年代のグルメ漫画「黎明期」を経て、1980年代を「興隆期」、1990年代を「黄金期」、2000年代を「多様...more
カテゴリー:

食欲の秋にいちばんおすすめの、「切手」。 - 09月22日(金)06:10 

この、最高にかわいい切手が目に入らぬかーっ。そう、これが世間でじわじわ話題になっているという「おむすび切手」である。来たる10月24日に発売されるのだが、私のような食いしん坊なら当然チェック済みのこちら、じつはかわいいだけじゃすまされないスゴイ切手だったのだ。和の心染みまくりの深い味わいを、召し上がれ〜。とりあえず最高なんでもっと近くで味わってくださいまずはこちらの3種を左から、具の雑学と合わせて召し上がれ〜。 おむすび(おぼろ昆布)昆布を幾重にも重ねて削ったものを「とろろ昆布」、一枚の昆布の表面を職人技で薄く削ったのを「おぼろ昆布」という。おむすび(うめぼし)うめぼしのもつ殺菌・防腐効果は、鎌倉時代から重宝されてきた。おむすび(鮭)江戸3代将軍・徳川家光に仕えていた毛利秀元がお弁当のおかずに干鮭を持参したところ、同席していた仲間たちに「珍しい」と注目され、仲良く分け合って食べた。 鮭は今も昔も人気の具材なんである。うむ。 はい、次はこちらの3種を左から。モグモグモグモグ…。おむすび(赤飯)赤飯の歴史は弥生時代にまでさかのぼり、当時は赤色に邪気を払う魔力があると信じられ、神に供えられていた。天むすナゴヤめしの定番として認知されているが、じつはその発祥は三重県津市。昭和30年代初め、天ぷら定食屋を切り盛りしていた女性がまかない料理として、車...more
カテゴリー:

もっと見る

「70年代」の画像

もっと見る

「70年代」の動画

Wikipedia

70年代(ななじゅうねんだい)は、西暦ユリウス暦)70年から79年までの10年間を指す十年紀

できごと 70年 78年 79年 主な人物

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる