「70年代」とは?

関連ニュース

テーマは70年代ナイトシーン!YSLからグラマラスに輝く新コレクション - 07月21日(金)07:30 

イヴ・サンローラン・ボーテが、2017年7月28日(金)に『FALL LOOK 2017』を全国発売。 夜明けまで続くパーティーにインスパイアされたという、この秋注目の新作アイテムをご紹介します。   テーマは1970年代のきらびやかなナイトシーン! 1970年代のナイトシーンを思わせるヴィンテージグラムなカラーで構成される『FALL LOOK 2017』のテーマは“NIGHT54”。スモーク、ミラーボール、レーザーショーなど、夜明けまで続くパーティーにインスパイアされたアイテムがそろっています。 早速、個性あふれる5つの商品をみていきましょう。   「クレイジーでワイルドな夜」をイメージした5アイテム 『クチュール バリエーション コレクター』 限定のリップ&アイパレット。ディスコピンクのリップにメタリックなディープパープル、ブロンズといったアイシャドウをそれぞれ5色ずつセットイン。 まるで70年代のナイトシーンをそのまま閉じ込めたようなパレットは、1つでデイタイムからダンスフロアまで、どんなメイクも自由自在!(12,000円<税抜き>) 『クチュールホログラム パウダー』 アイメイクとしてはもちろん、チークやリップ、デコルテにも使える、ミラーボールのようなきらめきのパウダー。強調したいところにひと塗りすれば、マルチカラーのパールが光を...more
カテゴリー:

中国は、30年遅れて日本と同じ道を歩んでいる。次は暗黒の20年 - 07月21日(金)04:45 

先日掲載の記事「中国共産党が最も恐れた男・劉暁波氏はどんな人物だったのか?」を、「劉さんの夢は、早晩実現することでしょう」という一文で結んだ無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者・北野幸伯さん。早速読者から、その根拠を尋ねるメッセージが届きました。北野さんは何を基準にそのように判断したのでしょうか。最新号にはその論拠が記されています。 中国の体制崩壊はあるか? 前号では、中国の人権活動家・ノーベル平和賞受賞者、劉暁波さんの生涯について書きました(まだの方はこちら。「中国共産党が最も恐れた男・劉暁波氏はどんな人物だったのか?」)。 この記事の最後に、こんなことを書きました。 劉さんの夢は、早晩実現することでしょう。 この一文を読んだ読者さんから、質問が届きました。 北野様、いつも本当にインテリジェンスの高い貴重な情報をありがとうございます。読者の鳥人と申します。愛国と現実路線のバランスの取れた見事な提言は、毎回心から賛同するものばかりです。   さて、今回のメルマガですが、最後に、「劉さんの夢は、早晩実現することでしょう」という、かなり重大なメッセージがさり気なく入っていましたが、これに関してもう少し具体的に書いていただけないでしょうか。共産党が考えを改め、劉氏のイデオロギーを採用することはありえないと思うので、これは劉氏のイデオロギーを元にした革命が起きるということを言っ...more
カテゴリー:

ショーン・レノン、7月22日に銀座 蔦屋書店で トーク・ショー&サイン会決定! - 07月21日(金)00:00 

ヨーコ・オノとショーン・レノンが表紙・巻頭特集を飾る『Nero』最新号Art & Romance issueの発売を記念したイベントのため、ショーン・レノンが来日! 7月22日(土)に銀座 蔦屋書店で、トーク・ショー&サイン会を実施することが急遽決定した。 『Nero』最新号Art & Romance issueのロングインタビューでは、息子ショーンが、母の幼少期からビートルズとの確執や芸術と音楽活動について語っているが、今回のトークイベントでは、そのインタビューでは語りつくせなかった事も含めて日本のファンの前で直接語る貴重な機会となる。また、銀座 蔦屋書店で『Nero』最新号ご購入の方を対象としたサイン会も実施するとのこと。 また、ショーンがエグゼクティブ・プロデューサーを務め、母ヨーコ・オノの再評価を目指している「YOKO ONO REISSUE PROJECT」の第二弾、『フライ』『無限の大宇宙』『空間の感触』の3タイトルも8月に発売となる。オリジナル・アナログ・マスターから最新リマスターされ、CDは紙ジャケット仕様(ボーナス・トラック付)で8月2日に発売される。オリジナル発売以来40数年振りの復刻となるLPは、限定Color Viny l(特典ポスター付)で8月9日に発売となる。 これまでに、第一弾としてジョン・レノン&ヨーコ・オノ名義の『トゥー・ヴァージンズ』『ライ...more
カテゴリー:

1970年代のナイトシーンが「イヴ・サンローラン・ボーテ」の新作メーキャップに - 07月20日(木)16:45 

 「イヴ・サンローラン・ボーテ(Yves Saint Laurent Beauté)」が、新作コレクション「FALL LOOK 2017」を7月28日に発売する。 このコンテンツは Fashionsnap.com が配信しています。
カテゴリー:

伝説のSF誌「ギャラクシー」350冊以上が無償公開――PDFダウンロードも可能 - 07月19日(水)17:35 

マルチメディア資料のアーカイブ閲覧サービスを行うIntermet Archiveが、1950年代に創刊された米国のSF雑誌「Galaxy(ギャラクシー)」ほぼ全号を公開しました。英語オリジナル版ではあるものの、アイザック・アシモフやレイ・ブラッドベリらの連載を画面上で楽しめるようになっています。 ギャラクシーといえば、1950年から1980年にかけて刊行され、SFというジャンルのなかでもゴリゴリのハードSFだけでなく、社会風刺やユーモアある内容の作品を取り扱うなどして成功を収めたSF雑誌。 Intermet Archiveは、1950年から1980年までのギャラクシー誌350冊以上をデジタルスキャン、無料で公開しています。PCブラウザーで読むには読みたい号をクリックするだけでビューアー画面になりそのまま読むことが可能。EPUB、Kindle、PDFなどの各形式でダウンロードもできるので、手持ちのタブレットに取り込んでゆっくりと楽しむという手もあります。ただ米国の雑誌なので、内容がすべて英語なのは言うまでもありません。 試しに幾つかの号をざっと見てみると、冒頭にも挙げたアシモフやブラッドベリの他に、「ビッグ・タイム」のフリッツ・ライバー、「あるいは牡蠣でいっぱいの海」のエイブラム・デビッドソン、1992年の映画「フリージャック」の原型となる作品を連載したロバート・シェクリイや、デ...more
カテゴリー:

<金口木舌>心の壁は - 07月21日(金)06:00 

 「われらは愛と正義を否定する」。1970年代、脳性まひ当事者を中心に、障がい者運動を展開した「青い芝の会」の行動綱領の一文だ ▼起草した横田弘さんは、脳性まひのある2歳児が介護に疲れた母親に殺害された事件を巡り、「やむを得ない」と減刑を嘆願する動きに憤った。「加害側」に同情する「正義」、障がい者...
カテゴリー:

【17年4月期 コンフィデンス・ドラマ賞】「主演女優賞」に多部未華子、小川糸原作のゆるやかな人間ドラマで名演 - 07月21日(金)04:00 

 オリコンのグループ会社・oricon ME発行のエンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』が主催し、有識者と視聴者が共に支持する質の高いドラマを表彰する「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」が17年1月期(第8回)の結果を発表。「主演女優賞」は、小川糸著の同名人気小説を実写化した『ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~』(NHK総合)で主人公・雨宮鳩子を好演し、物語の世界観を見事に体現した多部未華子が受賞した。 【写真】共演者も実力派揃い、ドラマの1シーン  同作は鳩子がケンカ別れした祖母の死をきっかけに、8年ぶりに鎌倉へ帰省し、祖母の後を継いで“代書屋=ツバキ文具店”を営む物語。依頼主が心の奥底に抱く思いを伝える代書の仕事や、文具店に集まる風変わりな人々とのふれあいを通して小さな幸せを見つけ、ゆっくりと成長していく様子を、多部は持ち前の演技力で静やかながら魅力的に演じてみせた。審査員からは、「多部さんくらいの歳でこの作品に溶け込める女優はそうそういない」(木村隆志氏/コラムニスト・コンサルタント)などと、ある日常を切り取った同作に流れる、優しくゆるやかな世界観を表現したことに対する賛辞が目立った。なお、多部の受賞コメントは以下の通り。 ■主演女優賞:多部未華子  主演女優賞ありがとうございます。大変光栄です。『ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~』は、それぞれに悩みを抱えた登場人物...more
カテゴリー:

【映画】「シルバー仮面」&「レッドバロン」のリブート作公開!大東駿介と渡部秀W主演 - 07月20日(木)17:06 

http://natalie.mu/eiga/news/241517 2017年7月20日 12:12 大東駿介と渡部秀がダブル主演を務める「BRAVE STORM ブレイブストーム」が2017年の秋に公開されることがわかった。 本作は、1970年代にテレビ放映された特撮番組「シルバー仮面」と「スーパーロボット レッドバロン」をリブートしたSFアクション。 キルギス星人の侵略によって人類が滅亡した地球を舞台に、わずかに生き残った人々の中で、春日5人兄弟が過去に戻り滅亡を阻止しようとするさまが描かれる。 大東と渡辺のほか、キャストに山本千尋、タモト清嵐、春日光一、...
»続きを読む
カテゴリー:

大塚千弘、おめでた続きの時代劇『伝七捕物帳』出演「あやかりたい」 - 07月20日(木)15:52 

 俳優の中村梅雀(61)が主演するNHK・BSプレミアムの時代劇シリーズ『伝七捕物帳2』(8月4日スタート、毎週金曜 後8:00、連続8回)第1話の試写会が20日、東京・渋谷のNHKで行われた。実は、このドラマに出演すると“子宝に恵まれる”という、梅雀曰く「事実」があり、新レギュラーの大塚千弘(31)は「あやかりに来たみたいな感じで、伝七のパワーをいただきました」と笑顔で撮影を振り返った。 1970年代にヒットした四代目中村梅之助さん主演の時代劇の傑作を、長男の梅雀主演で再びドラマ化。昨年7月から全9回放送され、今回が2シーズン目。北町奉行・遠山左衛門尉から特別に紫房の十手を授かる奉行直属の岡っ引き「黒門町の伝七」が、人情に厚いところを見せながら難事件を鮮やかに解決していく。 昨年は、「がってんの勘太」役の徳重聡に第1子が誕生し、伝七が通う食事処「菊乃屋」の看板娘「小春」役の原田夏希が結婚。その後、原田は妊娠して今シーズンの出演は見送られ、6月に第1子を出産している。このドラマとは直接関係ないが、梅雀も15年に59歳で女児を授かっている。 大塚は15年10月に俳優の鈴木浩介と結婚。撮影の合間に梅雀から「いろいろお話してくださって、ありがとうございました。勉強になりました」と、会見の席にもかかわらずお礼を言うほど。実は、梅雀とは「17年ぶりの共演」で、「14歳の時、ドラマで共演...more
カテゴリー:

DOGTOWN×WOLVES SHEEP×nano・universe - 07月19日(水)17:00 

[株式会社 ナノ・ユニバース] DOGTOWN×WOLVES SHEEP×nano・universe [画像1: https://prtimes.jp/i/17673/94/resize/d17673-94-594165-0.jpg ] 『スケーターブランドDOG TOWNとの別注Tee』 1970年代に一大ムーヴメントを引き起...
カテゴリー:

もっと見る

「70年代」の画像

もっと見る

「70年代」の動画

Wikipedia

70年代(ななじゅうねんだい)は、西暦ユリウス暦)70年から79年までの10年間を指す十年紀

できごと 70年 78年 79年 主な人物

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる