「70年代」とは?

関連ニュース

【コロムビア・ライト】慶大生の父親殺人事件 「有名漫才師」の孫が容疑者、息子が被害者――数奇な家庭 - 01月22日(月)07:24  mnewsplus

1/22(月) 6:01配信 デイリー新潮 凶器は果物ナイフ 慶大生の父親殺人事件 「有名漫才師」の孫が容疑者、息子が被害者――数奇な家庭  現役の慶大生が、慶大OBである自分の父親を刺殺する――。やはり衝撃的という表現が最も適切だろう。判明していない事実も少なくないが、「父親の子供や妻に対する暴力」が動機の可能性として指摘されている。  *** 慶大生の父親殺人事件 「有名漫才師」の孫が容疑者、息子が被害者――数奇な家庭 鳥屋多可三さん(写真は会社のHPより)  警視庁田園調布警察署は、1月19日、東京都大田区南雪...
»続きを読む
カテゴリー:

サルじゃないって知ってた!?モンチッチの日が1月26日に制定!カフェもオープン - 01月22日(月)06:30 

愛らしいおサルのキャラクター「モンチッチ」。子どものころに大好きだった!というママもいるのではないでしょうか? 日本では「ちょっと懐かしいキャラクター」と感じるかもしれませんが、じつは世界20数か国で知名度のある大スター! なぜか「うちの子そっくり」と思ってしまうママが少なくなく、「モンチッチ」似の子が生まれたのをきっかけにグッズを集め出すなど、今も根強い人気を誇っています。 そんな「モンチッチ」のお誕生日が、1月26日。製造元である株式会社「セキグチ」が創立100周年を迎えた今年2018年から、毎年1月26日が「モンチッチの日」となることになりました。 世界中で愛されるキャラクター「モンチッチの日」が制定 「モンチッチ」が誕生したのが、今から44年前の1974年1月26日。あどけない表情やいつもおしゃぶりを吸っているかわいいポーズが人気となり、一大ブームを巻き起こしました。アニメ作品『ふた子のモンチッチ』を記憶しているママもいるかもしれませんね。 その後ブームは一時収束。日本での「モンチッチ」ぬいぐるみの販売は1986年で終了したのですが、人気の高かったフランスではその後も販売が続いていたそうです。1996年には復活を望む「モンチッチ」ファンの声と70年代リバイバルブームが追い風となり、再び販売がスタートしました。現在までに世界20数か国で累計7,000万個を販売している...more
カテゴリー:

小説の裏に書かれてた「あらすじ」が強烈すぎて何度も読むレベル - 01月21日(日)17:11 

小説の裏に書いてある「あらすじ」って、なんであんなに面白いんでしょうか?? もう、あれ読むだけで読んだ気にさせるくらいオイシイところが凝縮されているといいますか。。。あれだけ書く仕事って、それはそれで大変な技術なのだとは思うのですが。 さて、ある小説の裏側に書かれていた「あらすじ」が、あまりにもぶっ飛んでいたとツイッター上で話題となっています。 投稿したのは、ツイッターユーザーの南無さん(@nmnm_nmsn)。 一体どれだけ変わった「あらすじ」だったのか、当該ツイートを早速ご覧ください。 これくらい強烈なあらすじのお話書けるようになりたいよね…何度読んでもインパクトすごい… pic.twitter.com/HLN40fwx61 — 南無 (@nmnm_nmsn) 2018年1月20日 ええ! いきなりゴリラ??なんで、ここでゴリラなの?? なんていう小説か気になるわーー。と思ったら、同じ方が表紙のこともつぶやいていました。 タイトルからしてつよい 好き まあそれだけでお腹いっぱいになっちゃって(言い訳)まだ中身読んでないんですけど… pic.twitter.com/KhB8Y1Yha5 — 南無 (@nmnm_nmsn) 2018年1月20日 『嘲笑うゴリラ』そのまんまのタイトルだ。。。しかも表紙イラストが格好イイ! 70年代のサイケブームを思わせるハイセンスなイラストですね!!...more
カテゴリー:

【話題】≪しわしわネーム≫ 子がつく名前は「はじめから終わりまで...」? 拡散する「いい話」の正体を探る★2 - 01月21日(日)14:51  newsplus

1/21(日) 12:00配信 J-CASTニュース 子がつく名前は「はじめから終わりまで...」? 拡散する「いい話」の正体を探る  「子」がつく名前には、ある「素敵な意味」がこめられている――そんな話を、あなたは聞いたことがあるだろうか。SNSを通じて拡散しているもので、たとえばこんな具合だ。  「よくキラキラネームの逆で、しわしわネームって言われる『◯子』の子って『子供』という意味じゃなく、漢字を分解して『一』初めから→『了』終わりまで人生をしっかり全うできるよう。という願いが込められてる幸せな事知ってますか? ...
»続きを読む
カテゴリー:

【ロボット】ロボットに対する「不気味の谷」、反応する脳の部位が判明 - 01月20日(土)16:58  bizplus

 ロボットの見た目を人間に似せていくと、親近感は高まる。しかし、あまりに人間に似すぎると、ある時点でその親近感が突如として嫌悪感に変わり、まるで死体でも目にしたかのような反応を呼び起こす。 生身の人間とは微妙に異なるアンドロイドの外観や動きに対して、人が急に違和感を覚えるこの現象は、「不気味の谷」と呼ばれる。1970年代に打ち出された概念だ。  アンドロイドの動きを見た時にこのような反応が起きる仕組みは、これまで詳しい調査はされてこなかった。人間が想定する自然な動きと、微妙にぎこちない実際のアン...
»続きを読む
カテゴリー:

【話題】≪しわしわネーム≫ 子がつく名前は「はじめから終わりまで...」? 拡散する「いい話」の正体を探る★3 - 01月22日(月)07:11  newsplus

1/21(日) 12:00配信 J-CASTニュース 子がつく名前は「はじめから終わりまで...」? 拡散する「いい話」の正体を探る  「子」がつく名前には、ある「素敵な意味」がこめられている――そんな話を、あなたは聞いたことがあるだろうか。SNSを通じて拡散しているもので、たとえばこんな具合だ。  「よくキラキラネームの逆で、しわしわネームって言われる『◯子』の子って『子供』という意味じゃなく、漢字を分解して『一』初めから→『了』終わりまで人生をしっかり全うできるよう。という願いが込められてる幸せな事知ってますか? ...
»続きを読む
カテゴリー:

『ワンダーストラック』予告編解禁 トッド・ヘインズ監督の来日決定 - 01月21日(日)18:00 

 映画『ワンダーストラック』の公開に先駆け、デヴィッド・ボウイの名曲に彩られたドラマチックな予告編が解禁。さらに本作でメガホンをとり、アカデミー賞主要6部門にノミネートされた『キャロル』で知られるトッド・へインズ監督の25年ぶりとなる来日も決定した。【写真】映画『ワンダーストラック』フォトギャラリー 『ワンダーストラック』は、マーティン・スコセッシ監督『ヒューゴの不思議な発明』の原作者ブライアン・セルズニックの同名ベストセラー小説を映画化した作品。1977年のミネソタに住む事故で母を亡くした少年ベンと、1927年のニュージャージーに住む母を知らない聴覚障がいの少女ローズ。異なる時代・場所に生きる2人が、大切な家族を探しに旅立つヒューマンドラマとなっている。 少年ベンを演じるのは、『ピートと秘密の友達』のオークス・フェグリー。少女ローズ役には、自身も聴覚障がいを持ち、今作が映画初主演となるミリセント・シモンズが抜擢された。この2人をつなぐ重要な役どころには、『SAFE』『エデンより彼方に』『アイム・ノットゼア』に続き、へインズ監督と4度目のタッグになるオスカー女優ジュリアン・ムーア、少年ベンの母親役には『マンチェスター・バイ・ザ・シー』でアカデミー賞助演女優賞ノミネートのミシェル・ウィリアムズと、錚々たる顔ぶれが脇を固めている。 解禁された予告編では、孤独なベンとローズが愛する家族を...more
カテゴリー:

中毒性のある笑いがクセになる「コメディ界のビートルズ」 - 01月21日(日)17:00 

ジェフの勝手にカルチャー論 Vol.3「モンティ・パイソン」TABI LABOライターのJeff Kidoが、古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。1分で読める記事を、毎日1本公開していくぜ。モンティ・パイソンは、60〜70年代にイギリスで活躍した伝説的なお笑いグループ。「コメディ界におけるビートルズ」としても知られている。革命的な笑いは、アメリカの「サタデー・ナイト・ライブ」をはじめとして様々なジャンルのポップカルチャーに大きな影響を与えた。彼らのネタは、シュール、ナンセンス、毒々しいほどのブラックユーモア。内容があまりにも過激でぶっ飛びすぎているので、BBCと度々ぶつかっていた(一度は、放送中止になったほど)。それでも、メンバーは笑いのため全身全霊で戦い続けていたのだ。俺のお気に入りは、Silly Walk。youtube montypython sillyと叩くといろんな映像が見られるから、ぜひ試してみて欲しい。
カテゴリー:

【話題】≪しわしわネーム≫ 子がつく名前は「はじめから終わりまで...」? 拡散する「いい話」の正体を探る - 01月21日(日)12:44  newsplus

1/21(日) 12:00配信 J-CASTニュース 子がつく名前は「はじめから終わりまで...」? 拡散する「いい話」の正体を探る  「子」がつく名前には、ある「素敵な意味」がこめられている――そんな話を、あなたは聞いたことがあるだろうか。SNSを通じて拡散しているもので、たとえばこんな具合だ。  「よくキラキラネームの逆で、しわしわネームって言われる『◯子』の子って『子供』という意味じゃなく、漢字を分解して『一』初めから→『了』終わりまで人生をしっかり全うできるよう。という願いが込められてる幸せな事知ってますか? ...
»続きを読む
カテゴリー:

ピエール瀧&リリー・フランキーの悪役コンビは「僕の特権」!白石和彌監督がトーク - 01月20日(土)10:03 

NGT48およびAKB48グループからの卒業を発表した北原里英が主演を務める映画『サニー/32』(2月17日公開)のトークイベントが1月19日に都内で開催され、白石和彌監督、高橋泉(脚本家)、宇野維正(映画ジャーナリスト)が登壇した。 【写真を見る】ピエール瀧とリリー・フランキーが北原里英を拉致監禁!?見つめる表情が怖い!/ [c]2018『サニー/32』製作委員会 本作は、ある事件の殺人犯を“サニー”と呼び神格化する二人の男たちに拉致監禁される女性の姿を描くサスペンス。企画のスタートは「秋元(康)先生から、北原さんで映画を作ってくれとお声がけいただいた。ホラーっぽいものをやってくれということだった」と振り返った白石監督。 しかしあまり食指が動かず、実際に起きた小学生による同級生殺害事件をモチーフに「日本のいまのトップアイドルを使ってアングラ映画を作ったら、一風変わった映画になるだろうと思った」そうで、「僕の師匠である若松(孝二)監督が60年代、70年代にやっていたような映画の匂いが出せれば」と映画に込めた思いを明かした。 白石監督の『凶悪』(13)にも出演したピエール瀧とリリー・フランキーが誘拐犯を演じており、白石監督は「あの二人をコンビにして悪いことをさせるのは、僕の特権みたいなところがある」とニヤリ。「あともう2回くらい、韻を踏んでも大丈夫かな」とさらにピエールとリリーの悪役...more
カテゴリー:

もっと見る

「70年代」の画像

もっと見る

「70年代」の動画

Wikipedia

70年代(ななじゅうねんだい)は、西暦ユリウス暦)70年から79年までの10年間を指す十年紀

できごと 70年 78年 79年 主な人物

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる