「70年代」とは?

関連ニュース

「重要参考人探偵」玉森&古川のつなぎファッション&小山のモデルシーンに歓喜の声続出 - 11月18日(土)17:30 

テレビ朝日系で放送中の玉森裕太主演ドラマ「重要参考人探偵」の第5話が11月17日に放送され、SNSを中心に大きな話題を呼び、11月18日発表の視聴熱デイリーランキング(対象期間=11月17日)ドラマ部門で、デイリーランキング2位を記録したことが分かった。 【写真を見る】「時効警察」での人気キャラクター・十文字疾風を演じた豊原功補のトレンチコート姿も!/(C)テレビ朝日 放送された第5話では、玉森演じる主人公・弥木圭とシモン藤馬(古川雄輝)が引越しのアルバイトでとある高級住宅街へ。そこに住む依頼主の昭島のぶえ(岩本多代)に横柄な態度をとられながらも作業を始めようとした矢先…何者かに撲殺されたのぶえを圭は発見してしまう。 またしても第一発見者になってしまった圭は、凶器と思われる社交ダンスのトロフィーを梱包のために手にしてしまっていたため、登(豊原功補)たち捜査一課の刑事たちに疑いの目を向けられる。 連行される前に、せめて近隣住民から目撃証言をとるよう圭が懇願すると、そこへ現れた捜査一課長・古仙(西岡徳馬)が許可。次第に住宅街に起きていたご近所トラブルが明らかになり、その大元がのぶえだったことも判明する。 のぶえからの嫌がらせに腹を立てた近隣住人たちの犯行かと思われたが、思いがけない人物の、思いがけない犯行理由が浮上し…というストーリーだった。 「弥木圭と仕事をすると殺人事件に巻き込まれ...more
カテゴリー:

【国際】伊シチリアマフィアの「ボス中のボス」死去、87歳 - 11月17日(金)18:11  newsplus

【11月17日 AFP】イタリア南部シチリア(Sicilia)島を拠点とするマフィアの中で最も恐れられた「ゴッドファーザー」の一人で、「ボス中のボス」と呼ばれたサルバトーレ・トト・リーナ(Salvatore "Toto" Riina)受刑者が17日早朝、がんとの闘病の末に死去した。現地メディアが報じた。  伊ANSA通信や複数の主要紙によると、リーナ受刑者は2度の手術を経た後に病状が悪化し、人工的昏睡状態に置かれていたが、17日午前4時(日本時間同日正午)前、同国北部パルマ(Parma)にある病院の受刑者棟で死去した。前日は87歳の誕生...
»続きを読む
カテゴリー:

「重要参考人探偵」に十文字疾風!? 豊原功補『主犯はプロデューサーと監督です(笑)』 - 11月17日(金)10:00 

11月17日(金)に放送される金曜ナイトドラマ「重要参考人探偵」(テレビ朝日系)の第5話で、豊原功補が“金曜ナイトの大先輩”「時効警察」での人気キャラクター・十文字疾風をほうふつとさせる、トレンチコート姿を披露する。 【写真を見る】「重要参考人探偵」で硬派な刑事を演じる豊原、トレンチコートもビシッと決まってる~!/(C)テレビ朝日 “「時効警察」の十文字疾風”といえば、熱狂的なファンを擁し、ドラマ終了後10年以上がたった今でも、その“消息”が気にされ続けている、刑事の中の刑事。 金曜ナイトドラマ史上に残る伝説的なキャラクターと言っても過言ではないこの男を演じた俳優こそ、「重要参考人探偵」で硬派な刑事・登一学を演じる豊原だ。 脚本・監督の三木聡が作り上げた「時効警察」の舞台・総武警察署の刑事である十文字は、“刑事の端くれのたしなみ”として常にトレンチコートを着用。「気の毒がトレンチコートを着て歩いている」とやゆされながらも、頼まれてもいないのにコートの襟を立て、毎回「時効警察」の世界の中で存分に視聴者を楽しませてきた。 今回、その十文字をほうふつとさせるシーンが「重要参考人探偵」の世界の中に登場? 豊原がトレンチコートの襟を立てさっそうと歩く姿があるという。 豊原は「トレンチコートはやはり十文字のイメージが強いのか他の仕事でもほとんど、もしかすると全く着ることがありませんでした。なの...more
カテゴリー:

何を今さら。内定辞退率が過去最高64.6%で焦り始めた日本企業 - 11月17日(金)04:45 

今、日本の企業の多くが人員不足に悩んでいると言われています。その原因の一つが「内定辞退」。一体なぜこのような状況になるまで対策をしてこなかったのでしょうか。メルマガ『デキる男は尻がイイ-河合薫の『社会の窓』』の著者にして米国育ちの元ANA国際線CA、元お天気キャスターという健康社会学者の河合薫さんは、「日本は若者の雇用問題に関して後進国レベル」とした上で、今すぐにでも変えていくべき政府・企業側の反省点を指摘しています。 ニッポンは若者の雇用問題後進国!? 「内定辞退率過去最高の64.6%(10月時点)」ーー。 昨日、ネットを中心にかなり話題になっていましたが、「ナニを今さら慌ててるねん!」と秒速で私の脳内のサルは反応。一方で、大手メディアは相変わらずの反応を繰り返しました。 「空前の売り手市場」、「企業は特に中小の新卒確保が一段と厳しくなっている」、「企業が例年より内定を多めに出した結果、2社以上から内定を得た学生が増え、辞退率が上がった」(by リクルートキャリア)、「複数の内定を得た人が企業を絞った」、「1社だけの人が入社を望まず内定を断って就活を続けたりして起きたとみられる」……etc etc いったいこの国の“メディア人”は、いつまで思考停止を繰り返すのか。 誰かひとり(あるいは一社)くらい、「そりゃあ、そうなるでしょ? 今までな~んにも対策してこなかったんだからさ」と就活...more
カテゴリー:

【映画】<マジンガーZ>新作劇場版の新ビジュアルが“世界初”公開 - 11月16日(木)21:43  mnewsplus

 1970年代を中心に人気を集めたロボットアニメ「マジンガーZ」の新作劇場版アニメ「劇場版 マジンガーZ / INFINITY」(志水淳児監督、2018年1月13日公開)の新ビジュアルが16日、初公開された。同日に開かれたイベント「YouTube Music Night with水木一郎 feat. 『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』」でお披露目された。  「マジンガーZ」は、地球の平和を守るため、主人公・兜甲児がロボットを操り、世界征服をたくらむ悪の天才科学者Dr.ヘルが作り出した機械獣軍団と戦う……というストーリー。永井豪さんのマンガが72年に「週刊少...
»続きを読む
カテゴリー:

「重要参考人探偵」にデスパレートなセレブたちが登場! - 11月17日(金)21:51 

11月17日(金)に放送される玉森裕太主演ドラマ「重要参考人探偵」(毎週金曜夜11:15-0:15ほか、テレビ朝日系)第5話に、紺野まひる、青木さやか、六角慎司ら個性派ゲストが登場する。 【写真を見る】上品な高級住宅街には嫉妬や憎悪が渦巻く/(C)テレビ朝日 第5話では、いつも死体の第一発見者になってしまう不幸体質のモデル・弥木圭(玉森)が、モデル業ではなく引っ越しのアルバイトに精を出す。しかし出向いた先で、圭と口論になった依頼主の女性が、少し目を離した隙に殺害されてしまう。 捜査一課の刑事たちは、またもや死体の第一発見者になってしまった圭に対し、重要参考人として任意同行を求める、というストーリーだ。 今回の舞台は、上品な邸宅が立ち並ぶ高級住宅街。そこに暮らすセレブたちは、外面はいいが、家庭内では問題だらけ。さらに住民の間には、嫉妬や憎悪の念が渦巻いていた。 そんなデスパレート(“死にもの狂い”や“自暴自棄”の意)なセレブを演じるのが、紺野、青木、六角ら個性豊かなキャストたち。 紺野が演じる秘密を抱えた上品な奥さま、青木が演じる謎めいた愛犬家、六角が演じる裏の顔を持つ隣人。圭は、証言が二転三転するセレブたちのうそを暴き、自らの潔白を証明できるのか!? ■ 第5話(11月17日[金]放送)あらすじ 業界内で「弥木圭(玉森)と仕事をすると殺人事件に巻き込まれる」という“都市伝説”が生...more
カテゴリー:

天野ひろゆき 及川光博と同い年という事実に驚愕、他に福山雅治・北村一輝らも - 11月17日(金)13:42 

お笑いコンビ・キャイ~ンの天野ひろゆきが、16日のアメブロにて、映画「スター・ウォーズ」の新作カウントダウンイベントに参加したことを報告した。 同イベントは、14日、TOHOシネマズ日劇で行われ、SF映画「スター・ウォーズ」シリーズの最新作「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」のカウントダウン点灯式が開催され、スターウォーズのファンだという俳優の及川光博や、主人公レイの日本語吹き替えを担当した女優・永宝千晶らが出席。 天野はブログで、アナキン、及川はルーク、永宝はレイに扮した格好をした3ショットを公開しながら、このイベントにて及川と同い年であることに気づいたことを告白。 「ここで衝撃事実が、、な、なん、なんと ミッチーとぼ、、僕、 お、同じ年なんです!! なんなんだこの仕上がりの違いは! 同じ70年代を生き抜いてきたはずなのに 多分ミッチーにはフォースが宿り 僕は知らない間に暗黒面に落ちてしまったのだろう(笑)」とおどけており、そんな天野に、読者からは、「ミッチーとの差など、微塵も感じない」「天野君も素敵ですよ 可愛いいねとっても!」「ミッチーも あまのっちも優しさの塊だから大好きです」などのコメントが寄せられている。 天野・及川と同じ1969年生まれの芸能人には他にも、歌手の福山雅治や元EXILEのHIRO、俳優の北村一輝、大沢樹生、お笑い芸人の加藤浩次、堀内健...more
カテゴリー:

大東駿介&渡部秀、特撮ヒーローとして異色共演 正義とは何か深く向き合った - 11月17日(金)06:20 

 1970年代放送の特撮ドラマ『シルバー仮面』と『スーパーロボット レッドバロン』をリブートした映画『BRAVE STORM ブレイブストーム』が公開中だ。ダブル主演を務めるのは、強化スーツ・シルバーをまとう春日光二役の大東駿介、レッドバロンで戦う紅健(くれないけん)役の渡部秀。この2人が特撮ヒーロー2作を擁するこの作品の魅力を熱く語った。【関連】大東駿介&渡部秀、『BRAVE STORM ブレイブストーム』インタビューフォトギャラリー 『シルバー仮面』『スーパーロボット レッドバロン』は、特撮ヒーロードラマ『ウルトラマン』の後に放送された作品で、放送終了後から時を経た近年に高い評価を得ている、いわば“隠れた名作”。本作はこの2作の原設定を踏襲し、オリジナルのストーリー構成に組み込んでいる。 2作については「うちの親ですら、知らないという感じでした」と語る渡部。大東もこの作品を知らなかったそうだが、当時放送されていたヒーロードラマの中では、一線を画した斬新な作風に「意外と心の闇や葛藤みたいなところをきちんと描いているところに魅力があるんじゃないかと思います」と強い印象を感じたようだ。 本作を手掛けた岡部淳也監督は『ウルトラマン』シリーズの円谷プロダクション在籍の経歴もあり、大東が「昔のヒーローをもう一度掘り起こして、日本のヒーローで海外に勝負したいという強い意志を感じました」と語る...more
カテゴリー:

【旅レポ】ダブルデッキを上へ下へ。ルフトハンザのボーイング 747-8型機のプレミアムエコノミーに乗ってみた 羽田~フランクフルトの「東京ファッションフライト」でCAが1970年代の制服を着用 - 11月17日(金)00:00 

 ルフトハンザ ドイツ航空が「東京ファッションウィーク 2018」に合わせ、歴代制服を着用したCA(客室乗務員)によるファッションショーなどを都内で行なったのは既報のとおりだが、その翌日の10月21日には「東京ファッションフライト」を運航した。
カテゴリー:

[マジンガーZ]新作劇場版の新ビジュアルが“世界初”公開 - 11月16日(木)21:27 

 1970年代を中心に人気を集めたロボットアニメ「マジンガーZ」の新作劇場版アニメ「劇場版 マジンガーZ / INFINITY」(志水淳児監督、2018年1月13日公開)の新ビジュアルが16日、初公開された。同日に開かれたイベント「YouTube Music Night with水木一……
カテゴリー:

もっと見る

「70年代」の画像

もっと見る

「70年代」の動画

Wikipedia

70年代(ななじゅうねんだい)は、西暦ユリウス暦)70年から79年までの10年間を指す十年紀

できごと 70年 78年 79年 主な人物

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる