「3Dプリンター」とは?

関連ニュース

旧石器時代人骨の顔復元=デジタル技術活用-彫り深く、額は広め・沖縄 - 04月20日(金)15:25 

 沖縄県立埋蔵文化財センターは20日、石垣島(同県石垣市)の遺跡「白保竿根田原洞穴」で発掘された約2万7000年前の人骨の生前の顔を、デジタル技術を使って復元し、公開した。彫りが深く、広い額が特徴で、当時の南方系の人と顔立ちが近いという。同日から東京・上野公園の国立科学博物館で展示されている。 白保竿根田原洞穴では、旧石器時代の保存状態の良い人骨が少なくとも19人分発見され、国内最古の全身骨格も出土した。このうち顔の部分が残っている4体について、研究グループがデジタル技術を使って復元を試行。3Dプリンターで作った模型に粘土で肉付けし、顔を再現した。 20日に公開されたのは、「4号人骨」から復元された、30歳代から40歳前後の男性の顔。鼻の付け根が低く、目や口などのパーツが顔の中心部に集まっており、研究グループによると中国南部やベトナムなど南方系の人々の顔に近いとみられる。 同グループ代表で元琉球大准教授の土肥直美さんは「顔つきも興味深いが、体の骨や歯がたくさん出ているので、総合的に分析し当時の生活や環境の復元につながると考えている」と語った。 【時事通信社】
カテゴリー:

人の手を借りずに、ロボットが勝手に作った「橋」 - 04月19日(木)15:00 

2015年6月に構想されてから、やっとの思いでアムステルダムの運河に架けられる橋がある。これは3Dプリンターで出力され、鋼鉄でできている。開発を手がけたオランダのスタートアップ「MX3D」は、何度も改良を重ねてきた。効率化を意識し、場所を選ばずに出力が可能になっている。人間の手も借りずにどんどん橋を作っていくし、あとから輸送する必要もなくなる。でも、個人的には違うポイントに惹かれた。この橋、とても機転がきくのだ。「スマートブリッジ」として機能Photo by Olivier de Gruijter橋にはセンサーが埋め込まれていて、歪み具合や負荷のかかり方を測定してくれる。他にも、「何人が橋を利用したのか」や「どれくらい時間をかけて渡るのか」も記録できる。橋にかかわることだけでなく、その周りの空気質や温度もデータとして管理できるようになっているらしい。これなら無駄なメンテナンスをする必要もなくなるし、橋の寿命を延ばすアップデートも効果的にできる。また、暮らしやすい街をデザインする際に、人の流れや環境に関する有益な情報も提供してくれる。3Dプリンターの発展により人間の仕事が奪われるという意見もありそうだが、より良いライフスタイルを創りあげるきっかけになると考えれば、そこまで悲観的になる必要もないかもしれない。Licensed material used with permission...more
カテゴリー:

ナイキ初の3Dプリントによるシューズアッパー開発、ロンドンマラソンで披露 - 04月18日(水)20:30 

 「ナイキ(NIKE)」が、3Dプリンターを活用した初の競技用フットウェアのアッパー「フライプリント(Flyprint)」を発表した。このコンテンツは Fashionsnap.com が配信しています。
カテゴリー:

ファブラボ関内が「春のファブ祭り2018」を開催 3DプリンターやAIスピーカーづくりも - 04月17日(火)13:25 

3Dプリンターやレーザーカッターなどのデジタル工作機器を備える市民ものづくり工房「ファブラボ関内」(横浜市中区相生町3)が4月21日・22日の2日間、「春のファブ祭り」を開催する。
カテゴリー:

【発明】ボタンを押すだけで死ねる「自殺機器」オランダの見本市で話題に - 04月15日(日)21:44  newsplus

【AFP=時事】オランダの首都アムステルダムで14日、葬儀関連の見本市が開催され、ボタンを押すだけで自殺できるとされる、カプセル型の機器が注目を集めた。  サルコファガス(石棺)を略した「サルコ(Sarco)」と名付けられたこの機器は、3Dプリンターで製作されたもので、発明したのはオーストリアの安楽死推進活動家のフィリップ・ニチキ(Philip Nitschke)氏とオランダのデザイナー、アレクサンダー・バニンク(Alexander Bannink)氏。窒素ボンベを内蔵したスタンドに、取り外し可能なひつぎを取り付けたかたちになている。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

国内最古、2万7千年前の顔を復元…「彫りが深く、目鼻や口が中心に集まり、額が広い」 沖縄発見の人骨から復元 - 04月20日(金)14:24  newsplus

人骨のデータから復元、3次元プリンターを使って出力された「国内最古の顔」=国立科学博物館提供・共同 沖縄県立埋蔵文化財センター(西原町)は20日、全身骨格がほぼ残った国内最古の約2万7千年前とされる人骨の顔を最新技術で復元し、公開した。石垣島(石垣市)の「白保竿根田原洞穴遺跡」で見つかった旧石器時代の人骨で、同センターは「知ることのできる国内最古の顔」と説明している。 復元作業に関わってきた土肥直美・元琉球大准教授(形質人類学)は同センターで取材に「(顔の特徴から)今の沖縄の人につながってい...
»続きを読む
カテゴリー:

【技術】3Dプリンターで人工骨製造/理研とリコーの共同研究 - 04月18日(水)23:30  newsplus

◆3Dプリンターで人工骨製造 理研・リコー 理化学研究所とリコーの共同研究グループは14日、3Dプリンター技術によって人工骨を製造する技術を開発したと発表した。 十分な強度を保ち、金属アレルギーなどの副作用もないため、骨に関わる疾患の早期治療やオーダーメード医療への応用が期待される。 3Dプリンターは精密な形状を作り出すことができるため、人工骨の製造への応用が期待されていたが、強度や生体への安全性で課題を抱えていた。 同研究グループが開発した人工骨は、実際の骨と同程度の強度を持ち、速やかに本来の骨組織...
»続きを読む
カテゴリー:

モノづくり企業向けセミナー『モノづくり現場の3DCAD・3Dプリンター活用術』 ~2次元から3次元環境に向けて~ - 04月18日(水)13:00 

[キヤノンシステムアンドサポート株式会社] ★ セミナー概要 【内容】 昨今、製造業において、3D技術を活用した試作や設計が広がってきており、モノづくりNIPPONを支えているのは製造現場での効率化や品質の追及です。 本セミナーでは3DCAD、3Dプリンター...
カテゴリー:

3Dプリンターによる人工骨の製作、理研とリコーが共同研究 - 04月17日(火)12:19 

複雑な形状の人工骨を、3Dプリンターによって精密に造形する技術が開発された。
カテゴリー:

【科学】ハサミムシの羽、「ミウラ折り」を超え人工衛星に応用!? 驚異の折り畳み法を解明 - 04月15日(日)07:34  newsplus

 人工衛星に搭載された太陽電池パネルやアンテナなどは、小さく畳んだ状態でロケットで打ち上げ、上空で宇宙飛行士らの助けなしに自動で広げなければならない。これまでよりスムーズな展開が可能で、開いた後の固定も簡単にできる新しい折り畳み方を、スイス連邦工科大学チューリヒ校(ETHZ)などのチームがハサミムシの羽をヒントに生み出した。論文は米科学誌サイエンスに掲載された。  ■日本が元祖  人工衛星のアンテナなどの折り畳み方として、旧文部省宇宙科学研究所の教授だった三浦公亮さんが考案した「ミウラ折り」が...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「3Dプリンター」の画像

もっと見る

「3Dプリンター」の動画

Wikipedia

3Dプリンター(スリーディープリンター、)とは、通常の紙に平面(二次元)的に印刷するプリンターに対して、3DCAD、3DCGデータを元に立体(3次元のオブジェクト:製品)を造形する機器。日本語では立体印刷機(りったいいんさつき)MIT、画期的な立体印刷機を構築 〜 10種類の素材を同時使用、製作費も激安とも言う。

通常は積層造形法(additive manufacturing)「2009年にASTMにおいて、F42委員会が設置され、いわゆる除去加工、変形加工に対して、積層を繰り返していく付加加工という意味でアディティブマニュファクチャリング(AM:Additive Manufacturing)と呼ぶことが決定された」 「最近のレーザ積層造形技術の開発動向に追加」 近畿大学次世代基盤技術研究所報告 vol.1 (2010) pp.69-76によるものを指す。3次元のオブジェクトを造形することを3Dプリント()、三次元造形(さんじげんぞうけい)と呼ぶ酒井仁史 「新たな製造法“アディティブマニュファクチャリング(AM)”その使い所と勘所」 素形材 2013年2月号 Vol.54(2013)No.2CNET Japan 特集 ものづくりを加速させる「3Dプリンタ」 3Dプリント--現在の動きと今後のトレンドを考える2014年7月15日。

歴史

初期のものは1980年代に開発され実用化していったが、それらは高価であるばかりでなく、特殊な制御を求められるものであった。

1980年、小玉秀男が光造形法を発明光造形法の発明し、また1983年にが.stl(Standard Triangulated Language)という3Dデータの保存...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる