「32年」とは?

関連ニュース

【芸能】意外? タモリが初の『好きな司会者ランキング』1位獲得 - 02月23日(金)09:44  mnewsplus

意外? タモリが初の『好きな司会者ランキング』1位獲得 テレビ番組に欠かせない“名司会者”の存在。番組の趣旨を的確に視聴者に伝え、ゲストの個性を引き出すMCの役割は、培ってきた人生経験が如実に反映される。ORICON NEWSでは恒例の『第10回好きな司会者ランキング』を今年も発表。記念すべき10回で1位となったのはベテラン司会者の【タモリ】。意外にも(!?)今回が初の首位獲得となったタモリだが、『笑っていいとも!』(フジテレビ系)終了から4年が経ち、さらなる番組出演を待ち望む、“視聴者の渇望”が如実に反映される結果...
»続きを読む
カテゴリー:

ヒロ・マツダ 日本人フリーエージェント第1号――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第24話> - 02月23日(金)08:30 

 フリーの日本人レスラー第1号としてアメリカで大成功を収めたレスラーだった。  高校時代はプロ野球選手をめざしていたが、力道山とシャープ兄弟の試合をそば屋のテレビで観てプロレスラーになることを決意し、1956年(昭和31年)に力道山道場に入門。  翌1957(昭和32年)年1月、沖縄・那覇で19歳でデビュー戦をおこなうが、同年、日本プロレス協会を退団した。  日本プロレスをやめた理由については諸説があるが、力道山がマツダに対し「お前は大相撲に入れ。幕内力士になったらプロレスに戻してやる」と命令したことが大きなファクターだったとされる。  プロレスの本場アメリカでの活躍を夢みていた新人レスラーのマツダにとって、それはあまりにも大きなまわり道のように思えた。  その後、マツダは空手とボディービルに打ち込み、母方の親せきを頼って22歳で単身ペルーに渡った(1960年4月13日)。日本のプロレス史上、力道山に反旗を翻した最初の日本人レスラーだった。  身長185センチ、体重90キロというフレームは当時の日本人レスラーとしてはひじょうに大型だった。  アーネスト・コジマ(スペイン語の発音エルネスト)のリングネームでペルーとメキシコを約1年間サーキットしたマツダは、1961年にテキサス州ヒューストンのプロモーター、モリス・シーゲルMorris Sigelのブッキングでようやくアメ...more
カテゴリー:

【平昌五輪】なぜフィギュアスケート午前開催?「仕事でみられない」と嘆きの声相次ぐ - 02月21日(水)20:35  mnewsplus

平昌五輪フィギュアスケート女子のショートプログラム(SP)が2月21日に行われ、アリーナ・ザギトワ(OAR)がSPの世界最高得点となる82.92で首位。2位には世界選手権2連覇中のエフゲーニャ・メドベージェワ(OAR)、3位にケイトリン・オズモンド(カナダ)。日本の宮原知子は4位で、あすのフリーを迎える。 気のフィギュアスケートだが、せっかく時差のほぼない韓国での開催にもかからわず、競技のスタートは午前10時。仕事で生中継を見られない人も多く、Twitterでは「フィギュア見たいけど仕事だお……」「フィギュア見れない私の前で...
»続きを読む
カテゴリー:

【国際】中国が世界経済を支配することはできない理由とは-北京大学教授 - 02月21日(水)00:09  newsplus

世界第2位の経済大国になった中国は、2032年にアメリカを抜いて世界一になるという予想が出されるなど、中国が世界経済を支配するのではないかという警戒感がアメリカで出てきています。しかし、2009年以来中国に滞在し、北京大学で教鞭をとるクリストファー・バルディング教授は、「中国は世界を支配することはできない」という見解を明らかにしています。その原因は、中国固有の事情の存在という構造的な問題だとのこと。 社会経済主義をとる中国では、資本主義諸国では各種規制が原因で困難なことも政府主導で行われることがあり、...
»続きを読む
カテゴリー:

中国が世界経済を支配することはできない理由とは? - 02月18日(日)21:00 

世界第2位の経済大国になった中国は、2032年にアメリカを抜いて世界一になるという予想が出されるなど、中国が世界経済を支配するのではないかという警戒感がアメリカで出てきています。しかし、2009年以来中国に滞在し、北京大学で教鞭をとるクリストファー・バルディング教授は、「中国は世界を支配することはできない」という見解を明らかにしています。その原因は、中国固有の事情の存在という構造的な問題だとのこと。続きを読む...
カテゴリー:

意外? タモリが初の『好きな司会者ランキング』1位獲得 - 02月23日(金)08:40 

 テレビ番組に欠かせない“名司会者”の存在。番組の趣旨を的確に視聴者に伝え、ゲストの個性を引き出すMCの役割は、培ってきた人生経験が如実に反映される。ORICON NEWSでは恒例の『第10回好きな司会者ランキング』を今年も発表。記念すべき10回で1位となったのはベテラン司会者の【タモリ】。意外にも(!?)今回が初の首位獲得となったタモリだが、『笑っていいとも!』(フジテレビ系)終了から4年が経ち、さらなる番組出演を待ち望む、“視聴者の渇望”が如実に反映される結果となった。 【ランキング表】第10回 “好きな司会者”TOP10 ※ユーザーの声も掲載 ■初の1位獲得! 自然体の美学と博識ぶりでタモリブランドは衰え知らず  2年連続2位を経て、大御所【タモリ】が初の1位に輝いた。イグアナのモノマネなどの“密室芸”で芸能界入りし、1982年から2014年まで『笑っていいとも!』(フジテレビ系)で32年にわたって“お昼の顔”として君臨。だが、その影響力は落ちることなく、むしろ限られたテレビ出演に“タモリブランド”の希少価値が高まった様子。  実際に『ブラタモリ』(NHK総合)は2016年6月4日放送の「伊勢神宮」回で番組歴代最高視聴率の18.6%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)を筆頭に、15%以上の高視聴率を連発。タモリは全国津々浦々まで訪ね歩き、どの場所でも地元民以上の情報まで知...more
カテゴリー:

ダニー・ホッジ オクラホマの天才アスリート――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第23話> - 02月22日(木)08:31 

 “金メダル男”カート・アングルが出現する40年まえに存在したアングルよりももっとすごい経歴を持った天才オリンピック・アスリートである。  ホッジが育ったオクラホマ州ペリーという人口6000人のスモールタウンは、アマチュア・レスリングのひじょうに盛んな町として知られている。  ペリー・ハイスクール・レスリング部は過去、州選手権大会で団体優勝29回、124人の州チャンピオンを輩出した名門。ホッジもハイスクール時代、オクラホマ州選手権に優勝した。  海軍リザーブ=予備兵時代、19歳でヘルシンキ・オリンピック(1952年)に出場し、フリースタイル174ポンド級で5位に入賞。  海軍を除隊後の1954年にオクラホマ大に進学し、1956年にはメルボルン・オリンピックに出場。  トーナメント決勝戦(フリースタイル=174ポンド級)ではブルガリアのニコラ・スタンチェフを8-1のスコアでリードしながら、審判のミス・ジャッジでピンフォールをコールされ不本意な形で銀メダルを手にした。  オクラホマ大レスリング部時代の戦績は46戦全勝。NCAA選手権3回優勝。AAU全米選手権4回優勝。  大学3年のシーズンには10日間のスパンでNCAA選手権とAAU全米選手権のフリースタイルとグレコローマンの2種目で優勝。アマチュア・レスリングで手にすることのできるタイトルというタイトルはすべて獲得した。...more
カテゴリー:

【昨日のまとめ】スイッチのLANポート付きドックが発売決定、『アズールレーン』デューク・オブ・ヨークが公開、インドぞうを倒しまくりそうなポケモン10選…など(2/20) - 02月21日(水)10:00 

32年前の今日、ディスクシステムソフト『ゼルダの伝説』が発売されました。世界規模で大きな支持を得ている人気シリーズの原点となる一作。正解を見つける楽しさは、当時も今も変わりません。「昨日のまとめ」、2月20日の注目記事をご紹介します。
カテゴリー:

満腹御礼 ご当地肉グルメの旅 売り切れ続出! 米沢の人気弁当「牛肉どまん中」のおいしさの秘密に迫る - 02月20日(火)06:00 

全国各地のウマい肉料理をお腹いっぱい食べ尽くしていく連載「満腹御礼 ご当地肉グルメの旅」。今回は山形県米沢市にやってきました。山形県の最南端に位置し、福島県との県境にある米沢市は、上杉謙信をはじめとした上杉氏の城下町として栄えてきた街です。江戸時代の名君として知られる米沢藩9代目藩主、上杉鷹山がのこした「為せば成る、為さねば成らぬ何事も 成らぬは人の為さぬなりけり」という言葉は、歴史に詳しくない人でも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか? 米沢市は特別豪雪地帯に指定されるほど雪深い街。そんな米沢といえば、全国的に有名なブランド牛「米沢牛」をはじめとした牛肉料理が自慢です。市内には焼肉、しゃぶしゃぶ、すき焼きなど牛肉料理を味わえる店が数多くあります。 駅のホームにも米沢牛の像が設置されています。そんな米沢の肉グルメの中でも、全国にその名を轟かす肉グルメがあります。それが牛丼弁当の「牛肉どまん中」です。関東から東北にかけての主要駅で販売されているだけでなく、各地の駅弁イベントにも引っ張りだこの人気者です。そんな「牛肉どまん中」を生産するのが、JR米沢駅前にある「新杵屋」です。今回は総務部主任の亀山直人さんに「牛肉どまん中」についてお話を聞きました。 新杵屋の本社工場直売店は、米沢駅前にあります。2Fには、米沢牛料理が味わえる「食房 杵」も。亀山さん「新杵屋は大正10年(1921...more
カテゴリー:

ベン・ホーガンにはじまりパーマーも愛した リビエラに共通する相性の良さ - 02月18日(日)13:07 

<ジェネシス・オープン 3日目◇17日◇リビエラCC(7,322ヤード・パー71)> ゴルファーにとって憧れの場所とはどこなのだろう。米国男子ツアー「ジェネシス・オープン」の舞台、カリフォルニア州の南部に位置するリビエラCCがその一つと答えるゴルファーも多い。まもなく100年を迎えようとしているクラシカルなコースは、テニスコートやしゃれたホテルも併設。ロサンゼルスの中心からわずか数十分という好立地とあって、ゴルファーのみならず数多くのセレブを魅了してきた。 【関連】天国のパーマーへ… ニクラウスが追悼ショット 本大会の前身であるロサンゼルスオープンから幾多の名勝負を生み出してきた米ゴルフ界を代表するこの地は、2028年開催のロス五輪ゴルフ競技の舞台にも選出された。1932年のロス五輪では、ポロ競技場が馬術の会場となっている由緒あるリビエラ。約100年ぶりに五輪が同地に戻るとあって、コースを始め、近隣関係者もにわかに色めき立っている。 48年には「全米オープン」も開催され、あのベン・ホーガン(米国)が優勝を飾っている。ホーガンは40年代に本大会で3度の優勝を誇り、圧倒的な強さを見せたことから“ホーガンの路地”とも呼ばれるリビエラ。本大会の過去優勝者を見ると、ホーガンのほかにも往年の名選手が名を連ねる。60年代にはアーノルド・パーマー、80年代にはトム・ワトソン(米国)、90年代...more
カテゴリー:

もっと見る

「32年」の画像

もっと見る

「32年」の動画

Wikipedia

世紀=1 | 次世紀=2 |

前10年紀2=10 | 前10年紀1=20 | 10年紀=30 | 次10年紀1=40 | 次10年紀2=50 |

3年前=29 | 2年前=30 | 1年前=31 | 年=32 | 1年後=33 | 2年後=34 | 3年後=35 | }}

他の紀年法 できごと
  • アヘノバル...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる