「2022年」とは?

関連ニュース

カリアリ、新守護神クラーニョと新契約を締結…2022年6月まで - 02月19日(月)12:42 

 カリアリは18日、イタリア人GKアレッシオ・クラーニョと新契約を締結したと正式発表した。2022年6月30日までの契約を更新している。  現在23歳のクラーニョは、ブレッシャの下部組織出身。2014
カテゴリー:

【テレビ】五輪にゲーム対戦競技「eスポーツ」が採用の可能性…世論は否定派が多数★4 - 02月19日(月)11:22  mnewsplus

17日放送の「週刊 ニュース深読み」(NHK総合)で、ゲーム対戦競技「eスポーツ(エレクトロニック・スポーツ)」がオリンピックの正式種目として選ばれる可能性を伝えた。 番組では、現在注目を集めるeスポーツを特集した。競技人口は世界で約1億3000万人といわれ、12億円の優勝賞金を懸けた大会も開催されているという。また昨年1年間の観客数は3億8500万人だが、2020年には6億人になるとの推計もあるという。 さらに、2022年のアジア競技大会で正式競技となることが決定し、2024年にパリで開催する夏季オリンピックでも採用される...
»続きを読む
カテゴリー:

【テレビ】五輪にゲーム対戦競技「eスポーツ」が採用の可能性…世論は否定派が多数★3 - 02月18日(日)18:30  mnewsplus

17日放送の「週刊 ニュース深読み」(NHK総合)で、ゲーム対戦競技「eスポーツ(エレクトロニック・スポーツ)」がオリンピックの正式種目として選ばれる可能性を伝えた。 番組では、現在注目を集めるeスポーツを特集した。競技人口は世界で約1億3000万人といわれ、12億円の優勝賞金を懸けた大会も開催されているという。また昨年1年間の観客数は3億8500万人だが、2020年には6億人になるとの推計もあるという。 さらに、2022年のアジア競技大会で正式競技となることが決定し、2024年にパリで開催する夏季オリンピックでも採用される...
»続きを読む
カテゴリー:

【テレビ】五輪にゲーム対戦競技「eスポーツ」が採用の可能性…世論は否定派が多数 - 02月18日(日)10:10  mnewsplus

17日放送の「週刊 ニュース深読み」(NHK総合)で、ゲーム対戦競技「eスポーツ(エレクトロニック・スポーツ)」がオリンピックの正式種目として選ばれる可能性を伝えた。 番組では、現在注目を集めるeスポーツを特集した。競技人口は世界で約1億3000万人といわれ、12億円の優勝賞金を懸けた大会も開催されているという。また昨年1年間の観客数は3億8500万人だが、2020年には6億人になるとの推計もあるという。 さらに、2022年のアジア競技大会で正式競技となることが決定し、2024年にパリで開催する夏季オリンピックでも採用される...
»続きを読む
カテゴリー:

北朝鮮が煽っても変わらない「竹島」の真実 国際法上の整合性では日本が優位なのだが… | 国内政治 | 東洋経済オンライン - 02月16日(金)22:30 

文部科学省は2月14日、2022年度から使用する高校の学習指導要領改訂案を発表した。生徒の世界的視点を養…
カテゴリー:

[平昌五輪]チャン・イーモウ監督 閉会式での北京PR演出に自信 - 02月19日(月)11:33 

【北京聯合ニュース】中国の著名な映画監督、張芸謀(チャン・イーモウ)氏が17日に韓国入りし、25日の平昌冬季五輪閉会式で2022年の次回北京冬季五輪の開催国、中国をPRする演出の総監督として、仕上がり具合に満足感を漂わせた。同氏は08年の北京夏季五輪の開閉会式と04年アテネ五輪閉会式での事前PRでも総監督を務めた。
カテゴリー:

日本の立場を貶めることを是とし、中国の主張を受け入れよといわんばかりの主張を繰り返すから、『朝日新聞』は「反日」的だと非難される - 02月19日(月)07:32  seijinewsplus

http://agora-web.jp/archives/2031120.html 『朝日新聞』の社説を読んで驚いた。 (社説)高校指導要領 木に竹を接ぐおかしさ:朝日新聞デジタル 『朝日新聞』は社説で、2022年度から実施される高校の学習指導要領の改訂案を「木に竹を接いだような内容」と厳しく批判している。 木に竹を接ぐとは、不統一、バラバラということだから、いったい何がそこまでおかしいのかと社説を読み進めていくと、『朝日新聞』らしい言い掛かりだった。拙著『「リベラル」という病』で描き出した「リベラル」の典型的な主張のように思われた。...
»続きを読む
カテゴリー:

【テレビ】五輪にゲーム対戦競技「eスポーツ」が採用の可能性…世論は否定派が多数★2 - 02月18日(日)13:38  mnewsplus

17日放送の「週刊 ニュース深読み」(NHK総合)で、ゲーム対戦競技「eスポーツ(エレクトロニック・スポーツ)」がオリンピックの正式種目として選ばれる可能性を伝えた。 番組では、現在注目を集めるeスポーツを特集した。競技人口は世界で約1億3000万人といわれ、12億円の優勝賞金を懸けた大会も開催されているという。また昨年1年間の観客数は3億8500万人だが、2020年には6億人になるとの推計もあるという。 さらに、2022年のアジア競技大会で正式競技となることが決定し、2024年にパリで開催する夏季オリンピックでも採用される...
»続きを読む
カテゴリー:

羽生結弦、現役続行の意向 「もうちょっと滑ると思う」 - 02月17日(土)17:52 

 平昌五輪のフィギュアスケート男子で2連覇を達成した羽生結弦(ANA)は17日、競技後の記者会見で、今後について聞かれ、「もうちょっと滑ると思う」と、現役続行の意向を表明した。 羽生は「(2022年の…
カテゴリー:

米国マックが健康メニュー、子ども向けからチーズバーガー消える? 日本では...... - 02月16日(金)19:25 

米国マクドナルドは2018年2月15日、2022年までに子ども向けセット「ハッピーミール」(日本の名称はハッピーセット)からチーズバーガーを外すなど健康メニューに転換する方針を発表した。同社は「幸せな食事で家族を支援するグローバルコミットメント」という声明で、詳細にメニューの変更を説明。特に子どもの健康に配慮し、新セットメニューを600キロカロリーに抑えることを強調。チーズバーガーは通常メニューには残すが、ハッピーミールからは外す。 日本のマックではオモチャと絵本が交換できるだけ? 新たなハッピーミールのメインメニューは、チーズを挟まない、通常のハンバーガーと、4個もしくは6個入りチキンマックナゲット。サイドメニューのマックフライポテトは現在より小さいサイズになる。 また、飲み物はボトル入りミネラルウォーターを選べるようにする。チョコレートミルクは糖分を減らし、カロリーや塩分を一定水準以下にして果物、野菜、シリアルのメニューを増やし、人工調味料の使用をやめるとしている。 一方、日本のマックのハッピーセットからもチーズバーガーは消えるのだろうか――。日本マクドナルドホールディングスも翌16日、「米社発表のグローバルコミットメントの取り組みを日本でも実施する」と発表した。 しかし、その内容は「お子様の健全な成長と家族の幸せを応援する取り組みとして、まず2018年はハッピーセットに付いて...more
カテゴリー:

もっと見る

「2022年」の画像

もっと見る

「2022年」の動画

Wikipedia

注釈

出典

関連項目

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる