「2019年」とは?

関連ニュース

「日本法人の従業員が多い」外資トップ100社 上位には日産、シャープなど製造業が目立つ | 企業ランキング | 東洋経済オンライン - 04月27日(金)06:00 

2019年新卒の就職活動が本格化している。売り手市場が続いていることもあり、航空会社や総合商社など日系…
カテゴリー:

西炯子「お父さん、チビがいなくなりました」映画化、倍賞千恵子と藤竜也が夫婦役 - 04月27日(金)05:00 

西炯子「お父さん、チビがいなくなりました」の実写映画化が決定。「初恋~お父さん、チビがいなくなりました」というタイトルにて、2019年春に全国にて公開される。
カテゴリー:

倍賞千恵子×藤竜也×市川実日子で泣ける夫婦の漫画を映画化 「初恋」2019年春公開 - 04月27日(金)05:00 

 西炯子氏による人気漫画「お父さん、チビがいなくなりました」が、「初恋 お父さん、チビがいなくなりました」のタイトルで実写映画化され、倍賞千恵子、藤竜也、市川実日子が共演することがわかった。  原作は、映画化もされた「娚の一生」などで知られる西氏が、老夫婦の秘めた思いを描いた漫画。「増刊フラワーズ」に掲載され、読者からは「泣ける」「こんな愛のある夫婦になりたい」など多くの声が寄せられた感動作だ。「毎日かあさん」「マエストロ!」などの小林聖太郎監督がメガホンをとり、「人のセックスを笑うな」「月と雷」の本調有香が脚本を執筆する。  3人の子供が巣立ち、人生の晩年を夫婦ふたりと猫1匹で暮らしている結婚44年の勝と有喜子。平穏な暮らしを送るなか、有喜子は娘・菜穂子に「お父さんと別れようと思っている」と打ち明ける。妻はなぜ、離婚を言い出したのか。その言葉を受けた夫が、妻に伝えることとは……。そして時を同じくして、有喜子の心の拠り所だった猫・チビが姿を消してしまう。  倍賞は夫に尽くしながら、「自分は愛されているのだろうか」という寂しさを長年抱えてきた妻・有喜子を演じる。「年を重ねてからラブロマンスみたいな作品に出合えたらいいなと、ずっと思っていました。日本では私くらいの年代が主人公のラブロマンス作品って少ないですから」と嬉しそうに述べ、「この作品の台本を頂いた時に、そんな自分の思いにぴ...more
カテゴリー:

江苏推进宁淮高铁:今后连云港到南京只要1.5小时 - 04月26日(木)22:54 

  原标题:江苏推进宁淮高铁建设:今后连云港到南京只要1.5小时   4月24日,江苏省铁路办发布了事关宁淮高速铁路前期工作的11个招标公告,涉及环评、稳评、公路立交安全性评估等。据招标公告,这些前期工作将于2019年5月底前全部完成,为项目在“十三五”内尽早开工做好准备。....
カテゴリー:

TEAM NACS、山田裕貴、吉沢亮、岡田将生…朝ドラ初出演組コメント全文 - 04月26日(木)22:29 

 広瀬すずが主演を務める、2019年前期の連続テレビ小説『なつぞら』(NHK総合/毎週月曜~土曜8時)。その北海道・十勝編の出演者発表会見が26日、NHK放送センターで行われた。今回発表された中で“朝ドラ”初出演は、会見登場順に、福地桃子、清原翔、音尾琢真(TEAM NACS)、山田裕貴、吉沢亮、岡田将生の6名。彼らのコメントをまとめた。【写真】2019年前期連続テレビ小説『なつぞら』北海道・十勝編出演者発表会見フォトギャラリー 連続テレビ小説通算100作目となる『なつぞら』は、大森寿美男の脚本で、戦災孤児となったヒロイン・奥原なつ(広瀬)が父の戦友である北海道・十勝の酪農家の元で育ち、草創期のアニメ業界で活躍する姿を描く物語。 初出演の役者たちは、誰もがあこがれの、しかも記念すべき100作目の朝ドラに出演できる喜びを語った。また、北海道が生んだ大スター・TEAM NACS全員出演の可能性を感じさせるユーモアあふれる展開も。その役柄とともに、彼らのコメントをしっかり確認してほしい。【登場時の挨拶】◆清原翔なつが引き取られた家庭の長男・柴田照男役「柴田家の長男・照男を演じさせていただきます清原翔です。こうしてこの場に立てていることがとても不思議で、幸せです。僕自身まだまだ未熟なので、共演者の皆さんにいろいろ教わって吸収して、照男と一緒にこの作品の中で成長できたらなと思っています。愛さ...more
カテゴリー:

愛媛・八幡浜で起きている「柑橘レボリューション」 - 04月27日(金)05:59 

愛媛県のなかでも、有数のみかんの産地「八幡浜(やわたはま)」。とくに「日の丸」「真穴」「川上」という3ブランドは、東京の大田市場の価格相場を決めるプライスリーダーでもあり、日本トップの品質です。そんな八幡浜市では、メインの「みかん」だけじゃない、柑橘にまつわる気になる話題が続々と聞こえてくるんです。01.フルーツ界の高級キャビア「フィンガーライム」「10 TEN」で、みかんのブランディング展開なども行なっている梶谷農園で見せてもらったのは、まさに指(フィンガー)サイズのライム。原産はオーストラリアで、一部のフランス料理などでは使われていたそう。「最近はだいぶメディアに取り上げられるようになりましたが、3年前は、かなりのオーストラリア通かフランス料理通だけが知っている、マニアックなフルーツでした。僕自身は6年くらい前にYouTubeで見てひと目惚れして、これを日本でも作らないけん、と思ったんです。でもそこからは大変でしたよ〜。6年間は試行錯誤の繰り返しで、1円にもならなかったわけですから(笑)。労力とお金をかけて、耐えながら知識を蓄えていました」山のキャビア、なんて言われるほど1粒1粒しっかりしているのが特徴で、プチプチの食感はクセになります。香りはライムやレモン、グレープフルーツ、山椒のようにしっかりしていて、魚介類にもお肉にも合いそう。全23色生産している中でも、主力はグリーンと...more
カテゴリー:

倍賞千恵子×藤竜也×市川実日子で“泣ける”夫婦の漫画を映画化 「初恋」2019年春公開 - 04月27日(金)05:00 

西炯子氏による人気漫画「お父さん、チビがいなくなりました」が、「初恋 お父さん、チビがいなくなりました」のタイトルで実写映画化され、倍賞千恵子、藤竜也、市川実日子が共演することがわかった。原作は...
カテゴリー:

トヨタ、中国で10車種の電動車を新たに投入へ 2020年までに - 04月26日(木)23:51 

トヨタ自動車は、2019年に「カローラ」および「レビン」のプラグインハイブリッド車(PHV)を、また2020年には「C-HR/IZOA」ベースの電気自動車(EV)を、それぞれ中国市場に導入すると発表した。
カテゴリー:

キッコーマン、密閉ボトルの醤油が大ヒット 6期連続の最高益へ - 04月26日(木)22:37  news

 キッコーマンは26日、2019年3月期の連結純利益が前期比7%増の255億円になる見通しと発表した。 国内で密閉ボトルに入ったしょうゆが伸びるほか、北米でもしょうゆベースの調味料が好調で6期連続の最高益を見込む。 好業績を受け年間配当は40円(前期は39円)に増やす。  売上高は3%増の4420億円を目指す。国内は鮮度を維持できるしょうゆの人気シリーズ「いつでも新鮮」に力を入れる。 健康志向が高まっており「デルモンテ」ブランドのトマトジュースの人気が続く。海外ではアジア・オセアニアでもしょうゆが伸びる。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

ももクロがあなたの街へ、「ももクロ春の一大事2019」開催地を募集中 - 04月26日(木)22:02 

ももいろクローバーZが2019年4月20、21日にライブイベント「ももクロ春の一大事2019」を開催。あわせて開催地の募集要項が発表された。
カテゴリー:

もっと見る

「2019年」の画像

もっと見る

「2019年」の動画

Wikipedia

注釈

出典

関連項目

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる