「1967年」とは?

関連ニュース

1日1個、1409日目でついに「金のエンゼル」が!!! @チョコボール開封おじさん - 01月18日(木)12:29  news

  1/18(木) 1日1個1409日目でついに「金のエンゼル」! 森永製菓、「チョコボール開封おじさん」の快挙を祝福 森永製菓の「チョコボール」を1日1個ずつ開封し、当たりが出たかどうかを報告するツイッターアカウント「チョコボール開封おじさん」が、 活動開始から1409日目にしてついに「金のエンゼル」を引き当てた。 このアカウントを運営する男性は取材に対し、金のエンゼルを見た瞬間に「おっ」と思わず声が出た、と喜びを語る。 また、森永製菓の広報担当者も、「早く金のエンゼルが出てほしいと応援していましたので、 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【画像】 ルパン三世PART5 2018年4月から放送決定 コードギアスを手掛けた大河内一楼が脚本 - 01月16日(火)18:41  news

『ルパン三世』新シリーズ、2018年4月放送決定! 『コードギアス』脚本家が参加  『ルパン三世』の新シリーズが、2018年4月より放送することが決定した。最新テクノロジーを 駆使したルパンが『ルパン三世 PART5』としてテレビアニメで帰ってくる。  『ルパン三世』はモンキー・パンチ原作のコミックで、1967年に連載がスタート。 昨年、原作誕生50周年を迎えた。1971年に初めてテレビアニメ化され、1978年には劇場用長編アニメも上映。 その後もシリーズは続き、2015年には30年ぶりにTVアニメシリーズが放送されるなど、長...
»続きを読む
カテゴリー:

『ルパン三世』新シリーズ、2018年4月放送決定! 『コードギアス』脚本家が参加 - 01月16日(火)17:00 

 『ルパン三世』の新シリーズが、2018年4月より放送することが決定した。最新テクノロジーを駆使したルパンが『ルパン三世 PART5』としてテレビアニメで帰ってくる。【写真】『ルパン三世』名作フォトギャラリー 『ルパン三世』はモンキー・パンチ原作のコミックで、1967年に連載がスタート。昨年、原作誕生50周年を迎えた。1971年に初めてテレビアニメ化され、1978年には劇場用長編アニメも上映。その後もシリーズは続き、2015年には30年ぶりにTVアニメシリーズが放送されるなど、長期にわたり、子供から大人まで愛され続ける国民的アニメへと成長した。 このたび、放送が決定した『ルパン三世 PART5』には豪華スタッフ陣が集結。シリーズ構成・脚本に『コードギアス 反逆のルルーシュ』シリーズのストーリー原案・シリーズ構成を手掛けた大河内一楼を迎え、監督は、前作に引き続き、矢野雄一郎がメガホンをとり、キャラクターデザインも横堀久雄が前作に続き担当する。 物語の舞台は現代のデジタル社会。ルパン三世と世界的大泥棒のアルセーヌ・ルパンのルーツでもあるフランスを舞台に、ルパンたちの活躍を描く。クラシックカーに乗り、ワルサーP38のような旧式の拳銃を使うルパンはそのままに、新シリーズではインターネットやモバイル端末などのデジタルガジェットを駆使する。 放送決定と共に公開されたビジュアルには、前作同様、青...more
カテゴリー:

『ルパン三世』アニメ最新作の放送が決定!現代のデジタル社会が舞台に - 01月16日(火)15:51 

モンキー・パンチ原作の国民的漫画をアニメ化した最新作『ルパン三世 PART5』が、4月から日本テレビ系で放送されることが決定。それに先駆け、1月19日(金)の『金曜ロードSHOW!』内で放送される映画『ルパン三世 カリオストロの城』で『PART5』の一部本編映像が初披露されることがわかった。1967年に漫画の連載が開始され、2017年で原作誕生50周年を迎えた、モンキー・パンチ原作の『ルパン三世』。1971年に初めてテレビアニメ化され、1978年には劇場用長編アニメも上映。その後もシリーズは続き、2015年には30年ぶりのテレビアニメシリーズも放送されるなど、長期にわたって愛され続けている。新シリーズの舞台は現代のデジタル社会。ルパン三世と世界的大泥棒のアルセーヌ・ルパンのルーツでもあるフランスを舞台に、ルパンたちの活躍が描かれる。クラシックカーに乗り、ワルサーP38のような旧式の拳銃を使うルパンはそのままに、新シリーズではインターネットやモバイル端末などのデジタルガジェットを駆使していく。また、シリーズ構成・脚本を『コードギアス 反逆のルルーシュ』シリーズのストーリー原案・シリーズ構成や、『甲鉄城のカバネリ』のシリーズ構成・脚本などを務め、アニメファンから絶大な人気を誇る、大河内一楼が担当。さらに、前作に引き続き、監督は矢野雄一郎、キャラクターデザインは横堀久雄が続投する。そして...more
カテゴリー:

徹底的にリアリティを追求!「デトロイト」キャスリン・ビグロー監督が語る“責任” - 01月15日(月)19:00 

「ゼロ・ダーク・サーティ」のオスカー監督キャスリン・ビグローが、1967年に米国で発生したデトロイト暴動の渦中に巻き起こった「アルジェ・モーテル事件」を映画化した「デトロイト」について語った5日...
カテゴリー:

【話題】1日1個1409日目でついに「金のエンゼル」! 森永製菓、「チョコボール開封おじさん」の快挙を祝福 - 01月18日(木)11:39  newsplus

1/18(木) 7:00配信 1日1個1409日目でついに「金のエンゼル」! 森永製菓、「チョコボール開封おじさん」の快挙を祝福  森永製菓の「チョコボール」を1日1個ずつ開封し、当たりが出たかどうかを報告するツイッターアカウント「チョコボール開封おじさん」が、活動開始から1409日目にしてついに「金のエンゼル」を引き当てた。  このアカウントを運営する男性は取材に対し、金のエンゼルを見た瞬間に「おっ」と思わず声が出た、と喜びを語る。また、森永製菓の広報担当者も、「早く金のエンゼルが出てほしいと応援していましたので...
»続きを読む
カテゴリー:

『ルパン三世』アニメ最新作の放送が決定!現代のデジタル社会が舞台に - 01月16日(火)17:00 

モンキー・パンチ原作の国民的漫画をアニメ化した最新作『ルパン三世 PART5』が、4月から日本テレビ系で放送されることが決定。それに先駆け、1月19日(金)の『金曜ロードSHOW!』内で放送される映画『ルパン三世 カリオストロの城』で『PART5』の一部本編映像が初披露されることがわかった。1967年に漫画の連載が開始され、2017年で原作誕生50周年を迎えた、モンキー・パンチ原作の『ルパン三世』。1971年に初めてテレビアニメ化され、1978年には劇場用長編アニメも上映。その後もシリーズは続き、2015年には30年ぶりのテレビアニメシリーズも放送されるなど、長期にわたって愛され続けている。新シリーズの舞台は現代のデジタル社会。ルパン三世と世界的大泥棒のアルセーヌ・ルパンのルーツでもあるフランスを舞台に、ルパンたちの活躍が描かれる。クラシックカーに乗り、ワルサーP38のような旧式の拳銃を使うルパンはそのままに、新シリーズではインターネットやモバイル端末などのデジタルガジェットを駆使していく。また、シリーズ構成・脚本を『コードギアス 反逆のルルーシュ』シリーズのストーリー原案・シリーズ構成や、『甲鉄城のカバネリ』のシリーズ構成・脚本などを務め、アニメファンから絶大な人気を誇る、大河内一楼が担当。さらに、前作に引き続き、監督は矢野雄一郎、キャラクターデザインは横堀久雄が続投する。そして...more
カテゴリー:

50周年を迎えた『ルパン三世』アニメ新シリーズ、4月から放送決定 - 01月16日(火)17:00 

 モンキー・パンチ氏原作の日本を代表するアニメシリーズ最新作『ルパン三世 PART5』が4月より日本テレビにて放送、映像配信サービス「Hulu」ほかで配信されることが発表された。「PART5」の物語の舞台は現代のデジタル社会。最新テクノロジーを駆使したルパンが大暴れする。19日に日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』(後9:00)で放送される映画『ルパン三世 カリオストロの城』で「ルパン三世 PART5」の一部本編映像が初披露される予定だ。 【画像】前作ではルパンの結婚式が話題に  世界的に有名な怪盗アルセーヌ・ルパンをルーツとする愛すべき大泥棒と仲間たちの活躍を描く本作。1967年に漫画の連載が開始され、昨年、原作誕生50周年を迎えた『ルパン三世』。アニメシリーズは、1971年に初めてテレビ放送され、78年には劇場用長編アニメも上映。その後もシリーズは続き、2015年には30年ぶりにテレビアニメシリーズが放送されるなど、長期にわたって子どもから大人まで愛され続ける国民的アニメへとなっている。  新シリーズのシリーズ構成・脚本は『コードギアス 反逆のルルーシュ』シリーズのストーリー原案・シリーズ構成や、『甲鉄城のカバネリ』のシリーズ構成・脚本などを務め、アニメファンから絶大な人気を誇る、大河内一楼(おおこうち・いちろう)氏が担当。そして前作に引き続き、監督は矢野雄一郎氏、キャラ...more
カテゴリー:

徹底的にリアリティを追求!「デトロイト」キャスリン・ビグロー監督が語る責任 - 01月15日(月)19:00 

 「ゼロ・ダーク・サーティ」のオスカー監督キャスリン・ビグローが、1967年に米国で発生したデトロイト暴動の渦中に巻き起こった「アルジェ・モーテル事件」を映画化した「デトロイト」について語った  5日間で43人が死亡、1100人以上が負傷、逮捕者は約7000人にも及んだデトロイト暴動。暴動3日目の夜、銃声があったとの通報を受け、デトロイト市警察をはじめ、ミシガン州警察、ミシガン陸軍州兵が、アルジェ・モーテルで銃の捜索を開始。いくら調べても銃が発見できずいらだちが募るなか、数人の警官が捜査手順を無視し、宿泊客の人権を無視した不当な尋問を始める。それはやがて、自白を強制する「死のゲーム」へと変貌していく。  これまでにも、実話を元に骨太かつスリリングな作品を作り続けてきたビグロー監督。「今回のように、現実のストーリーを語る場合には、語り手として歴史とそれに関わった人々、生存者にも亡くなった人たちにも、自ら責任を持つ心構えが必要です」と責任感をにじませる。本作では、事件の当事者をアドバイザーとして招へいし、当時の資料を徹底的にさらうなど、事実から逸脱しないよう努めた。「映画にするということは、事実を凝縮し物語を作り上げることが必要になります。しっかりとリサーチをして事実を知り、その中から正確な判断によって物語を作り上げていくことが不可欠です。この事件の場合、たくさんの記録が残っていまし...more
カテゴリー:

ソニーは、なぜおかしくなってしまったのか (東洋経済オンライン) - Yahoo!ニュース - 01月15日(月)13:59 

ソニーは、なぜおかしくなってしまったのか (東洋経済オンライン) - Yahoo!ニュース1967年にCBS・ソニーレコード設立と同時に入社し、EPIC・ソニー、ソニー・コンピュータエンタテインメント(現:ソニー・インタラクティブエンタテインメント)、ソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)などの創業立役者として活躍した丸山茂雄氏に現在の音楽産業、日本の産業のこと、そしてソニーのことなど、広範な話を聞いた。ロングインタビューを3話に分けてお届けする。現在のソニーの経営についても...
カテゴリー:

もっと見る

「1967年」の画像

もっと見る

「1967年」の動画

Wikipedia

注釈

出典

関連項目

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる