「1962年」とは?

関連ニュース

郑家概履新武警部队参谋长 接替秦天 - 09月24日(日)15:38 

  原标题:郑家概履新武警部队参谋长 接替秦天   据湖南日报报道,9月21日至22日,武警部队参谋长郑家概在武警湖南省总队检查调研。   此前,担任武警部队参谋长的是秦天中将。   郑家概,1962年4月出生湖南省石门县磨市镇,1979年11月入伍,至河南许昌襄城县陆军第二十集....
カテゴリー:

【電気街】秋葉原 変容し続ける街で「なにもしなかった」オノデンが生き残った理由 - 09月21日(木)22:27  bizplus

現在のJR秋葉原駅の1日の乗降客は24万6000人以上、JR東日本管轄の駅の中では9位に入る。上野や有楽町などよりも多い(2016年度、JR東日本調べ)。また「電気街」「アイドル」「アニメ」など秋葉原が人を呼び寄せるキーワードは豊富で、最近は外国人観光客も多い。  では1960年代前半の秋葉原はどんな街だったのか。  秋葉原は戦後、ラジオの部品、おもに真空管を売る露天商たちの集まりから始まった。しかし1949年にGHQが都市のインフラ整備のため「露店撤廃令」を出した際、代替地として提供されたのが、当時の国鉄の秋葉原駅のガ...
»続きを読む
カテゴリー:

女優・のんが『映画秘宝』で新連載を開始! ワンダーウーマンに扮した本誌未公開カットが到着 - 09月19日(火)11:00 

『映画秘宝』さん、次号もまたワンダーウーマンが表紙っすか!? と思ったら、ガル姐さんじゃなくて、“のん”さんじゃん! 映画雑誌『映画秘宝』は、女優・創作あーちすととして活躍する“のん”さんによる新連載「ヒーローになりたい!」をスタート。連載初回となる2017年11月号(9月21日発売)では、ワンダーウーマンに扮した“のん”さんが表紙を飾るほか、巻頭カラーぶち抜き10ページに渡るグラビア&独占ロングインタビューを展開します。 今年公開されて大ヒットした映画版ではなく、1976〜77年放送のTVシリーズ『空飛ぶ鉄腕美女ワンダーウーマン』のリンダ・カーター版をコスチュームにチョイスしているのもグッドです。 そしてこのたび、本誌には収録されていない未公開カット2点も到着。ガル姐さんよろしく両腕をクロスさせたお馴染みのポーズと、星条旗カラーのサテンマントをふぁさっと構える“ワンダーのん”。 本誌では、ミュージカル映画『アニーよ銃をとれ』(1951年)よりアニー、映画『ニッポン無責任時代』(1962年)より平均(たいらひとし)を演じた植木等さんに扮したグラビアも披露しているとのこと。 「私、ヒロインよりもヒーローにずっと憧れているんです」と語る“のん”さんの新連載は、古今東西、憧れのヒーロー映画を“のん”さんが観まくる、というコンセプト。様々な現場でシネフィルっぷりを発揮している“のん”さ...more
カテゴリー:

「市川さんの作品を読めば、世界が平和になるのに! 」作家・市川拓司×女優・樋口柚子対談 - 09月18日(月)10:30 

『いま、会いにゆきます』『恋愛写真 もうひとつの物語』『そのときは彼によろしく』、そして『こんなにも優しい、世界の終わりかた』―――累計258万部を売り上げた、大ベストセラー作家・市川拓司さんによる4年ぶりの書き下ろし純愛小説が登場! 市川さんの小説を毎日持ち歩くほどのファンだという女優の樋口柚子さんが、とことん優しい「市川ワールド」の秘密に迫ってきました!   市川拓司(いちかわ・たくじ) 1962年、東京都生まれ。2002年『Separation』でデビュー。03年刊行の『いま、会いにゆきます』はミリオンセラーとなる。他の作品に『そのときは彼によろしく』『恋愛寫眞 もうひとつの物語』『こんなにも優しい、世界の終わりかた』などがある。 樋口柚子(ひぐち・ゆず) 1996年、東京都生まれ。2011年日韓アートフェスティバルで上演された映画『愛のしるし』(2011年)で映画初出演、初主演を務め、女優としての活動を開始。ドラマ『ヒガンバナ~警視庁捜査七課~』(日本テレビ/2016年)、『咲-Saki- 特別編』(TBS/2016年)、映画『咲-Saki-』(2017年)に出演。明治『チョコレート効果』、パーソルキャリア、アルバイトニュース『an』などの広告のほか、ORANGE POST REASON 『風しるべ』(2016年)のMVなどに出演。9月22日より全国公開の映画『...more
カテゴリー:

【ロヒンギャ危機】 実際アウンサンスーチー氏にはどの程度の力があるのか BBCニュース解説 - 09月15日(金)23:31  newsplus

http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-41276044 ジョナサン・ヘッド BBC東南アジア特派員 ミャンマー治安部隊の残酷な摘発から逃れようと、西部ラカイン州から多数のロヒンギャが国外に脱出している。それについて、ノーベル賞受賞者で実質的指導者のアウンサンスーチー氏は、テロに対する正当な行動だと政府を擁護しており、スーチー氏への国際的な非難が高まっている。こうした状況で、スーチー氏は20日から始まる国連総会の一般討論を欠席する予定だと明らかになったが、そもそもスーチー氏は実際、国内でどれほど...
»続きを読む
カテゴリー:

スコット・イーストウッド、「スタントは自分でやりたい」 実父の代表作もお気に入り - 09月22日(金)06:50 

 『96時間』のスピード感溢れる展開に、『ワイルド・スピード』が持つ高級車をハードに乗り回す興奮がプラスされたら…。そんな、観るものをワクワクと興奮の渦に誘う映画『スクランブル』が公開を迎えた。「魅力的なクラシックカーが勢揃いするんだよ!」と胸を熱くさせ、同作について語る主演のスコット・イーストウッドに話を聞いた。【関連】「スコット・イーストウッド」フォトギャラリー 『スクランブル』は、高級クラシックカーを専門で盗む世界一の強盗団“フォスター兄弟”の華麗な盗みテクニックと、マフィアとの騙しの応酬で観る者を欺くクライム・エンターテイメント。スコットは、“フォスター兄弟”の兄・アンドリューを、弟・ギャレットをイギリスの新鋭フレディ・ソープが演じる。  本作への出演を「素晴らしい機会だった」と大満足な様子のスコット。「子供の頃から、クラシックカーが大好きなんだ。大好きなものに囲まれて1ヵ月半も過ごせたんだからね」と撮影を振り返る。車への興奮は冷めやらず「1962年製のフェラーリのGTO。まさにクラシックカー、って車だ。そして1937年製のブガッティ。脚本を読んでいてこれらの車が出てきたとき、『ワオ!』って叫んだよ。映画ではほとんど見かけない車だ。最高級で、値がつけられない車なんだ。いまや芸術品さ」と、クラシックカーへの熱い思いを語る。 スコットは演じるアンドリューについて「兄貴だから、弟...more
カテゴリー:

書店でスナックを発売!? 経済評論家・岸博幸氏推薦の『ムー超』が編集部に届いた! - 09月20日(水)19:00 

湖池屋のロングセラーブランド『カラムーチョ』『すっぱムーチョ』から新製品『カラムー超 濃厚ビーフ煮込みXO醤仕立て』『すっぱムー超 トリュフ香る帆立のカルパッチョ』が2017年9月25日より全国コンビニエンスストアで発売となります。 ガジェット通信編集部には、一足早く新製品が送られてきたのですが、一風変わった体裁となっていて、「これがスナック菓子!?」といった雰囲気。一体どういうことなのか、湖池屋の担当者のコメントなども合わせてお届けします。 送られてきた箱には、「ムーチョが進化した“ムー超”」「知識人の推薦帯付きで誕生」の文字に加えて、元経済産業省官僚で経済評論家の岸博幸氏推薦の文字が。 開けてみると、「ガジェットの行方とガジェット通信が描く未来。楽しみだ」という岸氏のコメントが! スナックまったく関係ないですが、嬉しいです! 実は、発売に先駆けて三省堂書店神保町本店で2017年9月20日~26日まで、1日50個限定で売られることになっています。そのために書籍と同じような帯付きにしたとのこと。湖池屋の担当者によると「このような取り組みは今回が初めてになると思います」といいます。 帯には「世界を超えろ。常識を超えろ。国境を超えろ。既存の枠にとらわれず自らを成長させた者のみが時代を超越した“ポテトチップス”となっていく」「この革新的製品(プロダクト)が、日本経済を牽引する」とい...more
カテゴリー:

【航空】MRJ開発苦戦の理由? 日本の航空機産業の危機とは - 09月18日(月)20:30  bizplus

今年6月にレッドブル・エアレース千葉が開催されて2週間後、2017年6月19日からフランス・パリのル・ブルジェ空港で開催されたパリ・エアショー2017で、三菱重工が開発中の国産旅客機「MRJ」が展示された。MRJ(初飛行は2015年11月)は、「YS-11」(初飛行は1962年8月)以来、半世紀振りに開発された国産旅客機。パリは、MRJとしては初めて参加を果たしたエアショーだった。  とはいえ、MRJの将来は決して楽観できるものではない。同機は2008年の開発開始当初は2011年に初飛行、2013年から航空会社への納入を開始する予定だった。それが5度...
»続きを読む
カテゴリー:

ジャニーさんに「YOUは特別カッコいい」と絶賛された Sexy Zone・佐藤勝利 - 09月17日(日)11:00 

1962年に創業されて、イケメンスターを多く輩出してきたジャニーズ事務所。ジャニー喜多川社長は、普通の未成年が芸能界の縮図を変えるほどのトップスターになる未来を、たった1枚...
カテゴリー:

主人公にスパイ疑惑浮上!NASAで活躍した黒人女性を描く「ドリーム」本編映像を入手 - 09月15日(金)12:00 

 第89回アカデミー賞で作品賞、助演女優賞、脚色賞の3部門にノミネートされた「ドリーム」の本編映像の一部を、映画.comが先行入手した。 ・【動画】「ドリーム」本編映像  「ヴィンセントが教えてくれたこと」のセオドア・メルフィ監督がメガホンをとった本作は、1962年に米国人として初めて地球周回軌道を飛行した宇宙飛行士ジョン・グレンの功績を影で支えたキャサリン・ジョンソンと、その同僚で友人のドロシーとメアリー、3人の黒人女性数学者に焦点をあてたヒューマンドラマ。有色人種への差別意識が色濃く存在していた60年代初頭、ソ連との宇宙開発競争でしのぎを削っていた米NASAを舞台に、3人が困難に立ち向かっていく姿をパワフルかつポジティブに描き出す。  NASAで計算手として働いていたキャサリンは、数学の才能が認められ、黒人女性として初めて宇宙特別研究本部に配属されるが、そこには白人男性しかおらず、まともに仕事をさせてもらえない。このほど入手した本編映像は、そんな劣悪な職場に身を置くキャサリンが、重要な部分が黒く塗りつぶされた資料から機密事項を突き止めてしまい、上司や同僚に尋問される場面を収めている。  半分以上の情報が消された資料から、機密事項を解き明かした経緯を問われたキャサリンは、持ち前の計算力を駆使して行間を埋め、黒塗りの箇所は光に透かしたと告白。半信半疑の様子の上司ハリソンは、...more
カテゴリー:

もっと見る

「1962年」の画像

もっと見る

「1962年」の動画

Wikipedia

他の紀年法

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる