「19世紀」とは?

関連ニュース

香港の地理を学ぶ - 05月20日(日)12:00 

香港は、中国の特別行政地区です。香港はかつてイギリスの植民地でしたが、1997年に返還されました。社会主義国家の中国にあっても、一国二制度として資本主義を維持している場所です。 3つの地区がある 香港は3つの地域で構成されています。もっとも有名なのが香港島でしょう。香港は、狭義にはこの香港島を指すものでした。現在の香港の誕生は、19世紀に行われたアヘン戦争により中国の前身となる清がイギリスに敗北し、南京条約によって1941年に香港島が永久割譲されたことが始まりです。続けて起こったアロー戦争により、香港島の対岸にある九龍半島も1856年に租借されます。さらに、半島の上部にある新界も1898年に租借されます。香港島と新界の間には約50年の隔たりがあります。そのため、かつては香港島では英語が通用するが半島側ではあまり通じないといった話もいわれていました。 還す?還さない? 九龍半島と新界の租借期限は99年に設定されました。そのため、香港の中国返還交渉がはじまるにあたって、イギリスのマーガレット・サッチャー首相と、中国のトウショウヘイの間でどのような話が交わされたのでしょうか。引き続きイギリス統治を望むサッチャーと、返還を求めるトウショウヘイの対立構図が生じました。特に香港島は永久租借地であったため、イギリスは当初は継続的な使用を望んでいましたが、中国側が強く反発したといわれています。...more
カテゴリー:

森永卓郎の「経済“千夜一夜”物語」 恋愛と贅沢と資本主義 - 05月19日(土)15:03 

19世紀から20世紀初頭にかけて、ドイツで2人の偉大な経済学者が活躍した。マックス・ウェーバー(1864〜1920)と、ヴェルナー・ゾンバルト(1863〜1941)だ。ウェーバーは、勤勉と節約...
カテゴリー:

アンティーク・レース展 『美術館「えき」KYOTO』で開催中 16~19世紀、超絶技巧でつくられた欧州の芸術品を展示 - 05月18日(金)11:50 

[産経新聞社] [画像: https://prtimes.jp/i/22608/316/resize/d22608-316-583491-1.jpg ] ヨーロッパの歴史上、レースは常に重要な価値を持ってきました。王侯貴族たちは自らの富と権力の象徴として、特別な価値を見出してき...
カテゴリー:

なぜ5月は自殺が増える「魔の季節」なのか? 未だ謎が多いその理由 - 05月17日(木)05:00 

春先から初夏にかけて増えるという「自殺者」の数。特に5月は大都市圏において、1年を通して最も自殺者の数が増加する時期と言われています。なぜ、5月に限って自殺者の数が多くなるのか、いわゆる「五月病」との関連性はあるのか、そのことに関する研究結果は出ているのでしょうか。今回のメルマガ『デキる男は尻がイイ-河合薫の『社会の窓』』では、著者で健康社会学者の河合薫さんが、世界中で言われている「5月の自殺者急増」説を紹介しつつ、河合さん自身が大学院在籍時代におこなった検証結果についても明かしています。 なぜ5月は自殺が増える「魔の季節」なのか? 毎年、ゴールデン・ウイークが明けた時期に自殺が急増することから5月は「魔の季節」と呼ばれています。 月別の自殺者数では、春になると年平均値から10~25%ほど増え、その後はゆっくり下落。秋になるとわずかな上昇を示すものの、冬になると急下降する「季節曲線」が存在します。 特に東京や大阪などの大都市で5月に自殺者が突出する傾向が強く、平成28年度のデータでも200人以上を超えたのは、3月と5月のみ(東京)。他の月が170~180人であるのに対し、217人(3月)、222人(5月)でした。 春先に自殺者が増える季節変化は世界的に認められ、最初に注目されたのは19世紀頃ともいわれています。 なぜ、春先なのか? 世界中の研究者たちは長年、深層解明につとめてき...more
カテゴリー:

【欅坂46】「お嬢様」菅井友香、“清楚”な水着ショット解禁 美くびれボディ披露 - 05月16日(水)19:12  mnewsplus

6月5日に発売される欅坂46のキャプテン・菅井友香の1st写真集「フィアンセ」より、水着カットが公開された。 今回公開されたのは、ネイビーのチューブトップタイプの水着で、白いラインとリボンが上品さをさらに引き立てているカット。 パリ近郊・シャンティイという街の森の中にある、19世紀の城を改装して作られたホテルで撮影。 その地下にある室内プールは、モダンで優雅な造りとなっており、お嬢様である菅井にぴったりの雰囲気だった。 菅井友香お気に入りの水着カット 同カットは菅井のお気に入りだといい「大人っぽい場...
»続きを読む
カテゴリー:

発酵の力は肌にもいい?発酵化粧水の選び方とオススメを紹介! - 05月19日(土)17:24 

そもそも発酵って一体何? 発酵とは、物質が微生物(かび・酵母・細菌など)の働きで変化する現象のこと。納豆やヨーグルトなどの発酵食品、日本酒やビールなどのお酒を例にあげると分かりやすいでしょうか。同じ現象でも人間にとって有益な変化は発酵、有害な変化は腐敗と呼ばれます。 発酵食品は、放置していた食べ物や飲み物にたまたま微生物が混入し、腐らずに美味しくなった経験から、偶然発見された産物だと言われています。長い間、発酵食品は食べ物の旨味や栄養価、保存性を高める手段として、メカニズムはわからないまま伝統技術により各地で受け継がれてきました。物質の発酵や腐敗が微生物の仕業だと解明されたのは、19世紀に入ってからのことです。微生物の発育を阻止する抗生物質が、これも偶然の発見から生み出され、現在に至っては抗がん剤や抗ウイルス薬など、多くの医薬品は発酵技術を基にしたバイオテクノロジーから作られています。 発酵によって作り出された醸造製品、発酵に関わる酵母・酵素を健康や美容に役立てる研究は、現在も世界中で注目を集め続けています。発酵食品が腸内環境を整えるという健康効果は、今や一般的に知られていますよね。 関連画像をもっと見る 発酵がなぜ肌に良いの?発酵化粧水の効果とは? 例えば日本酒は、米を麹菌や酵母で発酵させて醸造します。そんな日本酒造りに携わる職人の手肌が、きめ細かくて美しいという話...more
カテゴリー:

【ホテルイースト21東京】ガーデンプール7月6日(金)オープン!! - 05月18日(金)13:05 

[オークラ ホテルズ & リゾーツ] 19世紀初頭ヨーロッパの貴族庭園をイメージして作られたガーデンプールは、都内ホテル最大級の約2,000平方メートル の広さを誇り、メインプールと直線プール、4箇所の温水ジャグジー、そして軽食やカクテルを提供...
カテゴリー:

オープン1周年を記念した、Drake’s Ginza限定ポケットチーフが登場。3万円以上ご購入でプレゼント! - 05月17日(木)14:00 

[渡辺産業株式会社] [画像1: https://prtimes.jp/i/9448/168/resize/d9448-168-525972-0.jpg ] 日本の『春』をイメージした大きな桜の木を中心に、16世紀から19世紀にかけてインドのムガル帝国時代に描かれていた細密画をルーツと...
カテゴリー:

欅坂46・菅井友香、1st写真集から水着カット先行公開 城を改装した隠れ家ホテルで撮影 - 05月16日(水)21:22 

 人気アイドルグループ・欅坂46の菅井友香(22)の1st写真集『フィアンセ』(6月5日発売/講談社)に掲載される“水着カット”が、先行公開された。パリ近郊の瀟洒(しょうしゃ)な隠れ家ホテルで撮影され、清楚な雰囲気の中にも大人の色気も感じさせている。 【別カット】パートナーと念願の再会を果たした菅井友香  ネイビーのチューブトップタイプの水着は、白いラインとリボンが菅井の上品さをさらに引き立てている。撮影地はパリ近郊・シャンティイの森のなかにある19世紀の城を改装して作られたホテル。その地下にある室内プールはモダンで優雅な雰囲気で、お嬢様である菅井とバツグンにマッチしている。  菅井は「大人っぽい場所と大人っぽい水着ということもあって、今回の写真集で着た水着の中でも一番大人っぽく撮っていただけた、お気に入りのカットです」と自信を込めて紹介。「プールは本当にきれいで高級感があって、水着もプールにぴったりだったので、リラックスして撮れました。撮影直前まで雨が降っていたんですけど、ちょうど撮影しはじめたら雨が上がって良い光が入ってきて、自然と表情も柔らかくなっていきましたね」と撮影秘話を明かしている。  2017年1月からグループのキャプテンを務める菅井は、柔らかな雰囲気から“癒やし”代表として親しまれる存在。アイドル界でも随一のお嬢様で、丁寧で気遣いにあふれた言動や癒しの笑顔に...more
カテゴリー:

本邦初公開作も。視覚で愉しむ旅体験「プーシキン美術館展――旅するフランス風景画」 - 05月16日(水)12:00 

17世紀から20世紀にかけて描かれた風景画65点が展示される「プーシキン美術館展――旅するフランス風景画」が、東京・上野の東京都美術館で開催中。7月21日からは、大阪・中之島の国立国際美術館で開催される予定となっている。本邦初公開の作品を含む圧倒的な美の世界は、まさに視覚の「旅」体験だ。 プーシキンが誇る世界屈指のコレクションから、風景画の名作をセレクト 印象派を中心とするフランス近代絵画のコレクションを持つ、モスクワ中心部にある「国立A.S.プーシキン美術館」。その歴史は1894年、モスクワ大学のイワン・ツヴェターエフ教授が呼びかけ、1912年に「モスクワ大学付属アレクサンドル3世美術館」として開館したことが始まりだ。エカテリーナ2世などの王侯貴族や、19世紀末から20世紀初めに実業家として活躍したセルゲイ・イワノヴィチ・シチューキン、イワン・アブラモヴィチ・モロゾフなどが蒐集した作品を中心に、世界屈指の絵画コレクションを収蔵している。 日本で「プーシキン美術館展」と銘打って開催するのは今回で3度目。そこで今回はこれまでと趣向を変え、コレクションのなかから「風景画」65点をセレクト。クールベ、ルノワール、モネ、シスレー、セザンヌ、ルソー、ゴーギャンなど、巨匠たちが描いた名画ばかりだ。 風景画の変遷を、時代を追って体験できる展示形式がユニーク 会場は6つのセクションに分かれ、神...more
カテゴリー:

もっと見る

「19世紀」の画像

もっと見る

「19世紀」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる