「11月」とは?

関連ニュース

元NMB48岸野里香、バンド紅一点ボーカルに 今夏メジャーデビュー - 02月20日(月)05:00 

 アイドルグループ・NMB48を昨年10月に卒業した1期生の岸野里香(22)が、ロックバンド・Over The Topを結成し、紅一点ボーカルとして今夏メジャーデビューすることが決定した。 【写真】さや姉と同期の岸野里香  シンガー転身の夢を持っていた岸野は、NMB48の卒業公演で「また皆さんの前に帰ってくる」と宣言。結成したロックバンドがドリーミュージックとメジャー契約を結び、ファンとの約束を実現する。  岸野がボーカルを務めるOver The Topは、元チリヌルヲワカのギタリスト・坂本夏樹(31)、元universeのベーシスト・永見和也(30)、元the Lampsのドラマー・田中裕基(30)からなる4人組。経験値の高いメンバーをそろえ、本格的なバンドサウンドでメジャーシーンに打って出る。  岸野はNMB48在籍中、「グループの中で歌を歌ってすごく楽しいと思う私と、このままでいいのかな?もっと私から皆さんに伝えたい!と思う私がいました。でも自分に自信を持てなくて」と葛藤していたことを明かす。  夢を諦めかけた時期もあったというが「この気持ちをこのまま無視してしまったら絶対に後悔すると思い、今度は自分が中心となって音楽を届ける人になるんだと決意しました。これからの活動は今まで以上に厳しいと思うけど、期待を遥かに超えていかなければいけないし、超えたいと思っています」と...more
in English
カテゴリー:

【欅坂46】“軍曹”守屋茜、美しい副キャプテンが「ヤンマガ」グラビア登場 「あかねんの美しさはガチ」 - 02月20日(月)00:43 

アイドルグループ「欅坂46」の守屋茜さんが、20日発売のマンガ誌「週刊ヤングマガジン」(講談社)第12号の巻末グラビアに登場した。 守屋さんは1997年11月12日生まれの19歳。 欅坂46の副キャプテンで、運動神経抜群で“軍曹”などと呼ばれているという。 今回の巻末グラビアには、欅坂46のメンバー全員が同誌と「月刊ヤングマガジン」(同)でソログラビアを飾る企画で登場した。 グラビアは「あかねんの美しさはガチ」というキャッチコピーで、制服姿や黒いワンピース姿などを披露した。 同号では、女優でモデルの筧美和子さんが...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【獣肉】海外で重宝される「ジビエ料理」はなぜ日本で定着しないのか? - 02月19日(日)22:08 

森林に入り、高い狩猟技術のもと、野生動物を増やさず絶やさず生態系を保ってきたハンター。 この猟銃を持ったハンターそのものが“絶滅”の危機に瀕している。 1970年代には、狩猟免許の保持者が50万人を超えていた。だが、いまやその人数は十数万人しかいない。 年齢比率を見ても、1970年代には60歳以上が約5%しかいなかったが、時代とともに高齢化が進み現在では70%以上に達している。 逆に20代は15%から1%に激減。シカやイノシシの獣害が目立つようになってきたことには、ハンターの減少も影響している。 「『有害鳥獣対...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【音楽】松本隆、「日本語のロック」を追求も「友達が離れ孤独だった」 音楽界を変えた2度の挑戦 - 02月19日(日)20:17 

松本隆、日本の音楽界を変えた2度の挑戦 「友達が離れ孤独だった」 2017年02月19日 15:01 by 真紀和泉 “日本語ロック”という表現さえ見かけない昨今だが、レコードは洋楽の方が売れて「ロックは英語」が当然だった時代に「日本語で歌うロック」の地盤を作った1人が松本隆である。さらには歌謡曲の作詞にそれまでにない描写や手法を取り入れ“歌謡曲”と“J-POP”の距離を縮めた。そんな大きな影響を2つも及ぼしながら、陰では「自身との葛藤」や「激しい孤独感」を覚えたという。 松本隆と斉藤由貴が2月16日放送のNHK Eテレ『ミュージ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【乃木坂46】ついに「女子アナ」誕生!? 乃木坂46卒業生の活躍が地味にスゴイ! - 02月19日(日)19:22 

去年11月に発売した16枚目のシングル「サヨナラの意味」で初のミリオンを達成、年末には2度目の紅白歌合戦出場を果たしたアイドルグループ・乃木坂46。 2011年のグループ結成からもうすぐ6周年を迎え、その間多くのメンバーが巣立っていきました。 乃木坂の現役メンバーたちの活躍もなかなかですが、卒業生たちも負けないような活躍をし始めています。 ・乃木坂の“聖母”がJKに!? 乃木坂1期生の深川麻衣は、去年6月にグループを卒業。 卒業時には進路が決まっていなかったものの、9月には女優の香里奈、俳優の高良健吾などが所属す...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

北翔海莉と妃海風がプレお披露目公演を自ら副音声解説 - 02月20日(月)01:25 

宝塚歌劇団星組の元トップコンビ、北翔海莉(ほくしょう・かいり)と妃海風(ひなみ・ふう)が、’15年にプレお披露目公演として出演したレビュー「Amour それは・・・」をWOWOWの「宝塚への招待」で2月25日(土)に放送する。 ’15年5月、北翔はトップスター、妃海はトップ娘役に同時に就任。その1年半後となる’16年11月にやはり同時に宝塚歌劇団を退団した。トップとしての時間を共に駆け抜けた2人にとって、この公演は就任直後の’15年6~7月に開催されただけあり、特段思い出深いステージといえる。今回の番組は、そんな2人が副音声で自ら解説を付けながら進行。お披露目当時の思い出や宝塚への愛など貴重なトークが展開されるのだから、ファンとしては永久保存版になるだろう。 演目の「Amour それは・・・」は、’09年に宙組が初演した岡田敬二作・演出のロマンチック・レビュー・シリーズ第18作をリメークしたもの。北翔と妃海以外に十輝いりす、万里柚美、美稀千種らが出演している。美しい色調、心弾むメロディーに乗せて愛にまつわるエピソードを描き、生きる喜びや哀愁を歌い上げる。
in English
カテゴリー:

【獣肉】海外で重宝される「ジビエ料理」はなぜ日本で定着しないのか?★2 - 02月20日(月)00:04 

森林に入り、高い狩猟技術のもと、野生動物を増やさず絶やさず生態系を保ってきたハンター。 この猟銃を持ったハンターそのものが“絶滅”の危機に瀕している。 1970年代には、狩猟免許の保持者が50万人を超えていた。だが、いまやその人数は十数万人しかいない。 年齢比率を見ても、1970年代には60歳以上が約5%しかいなかったが、時代とともに高齢化が進み現在では70%以上に達している。 逆に20代は15%から1%に激減。シカやイノシシの獣害が目立つようになってきたことには、ハンターの減少も影響している。 「『有害鳥獣対...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【煙草】「加熱式たばこ」で出遅れ、喫煙者減少でJTの牙城は崩れるか?国内販売で苦戦。受動喫煙対策法案が追い打ちも - 02月19日(日)21:47 

http://www.toushin-1.jp/articles/-/2724 受動喫煙対策法案でも注目される「加熱式たばこ」 塩崎恭久厚生労働相は2017年2月14日に開かれた閣議後の記者会見で、厚労省が今国会への提出を目指している 受動喫煙対策法案に関連し、新型の加熱式たばこについては、「施行の時点までに規制の対象とするかどうか判断したい」と述べました。 厚労省が昨年10月に発表した「受動喫煙防止対策の強化について(たたき台)」では、 飲食店などの建物内を原則禁煙(喫煙室設置可)とし、学校や病院では敷地内全面禁煙を提案しています。 こ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「DO IT 2016」よりマヒトゥ・ザ・ピーポーwith NEVER END ROLLERS from GEZANのライブ映像を公開! - 02月19日(日)20:00 

昨年11月に山形で行われた音楽フェス「DO IT 2016」より、マヒトゥ・ザ・ピーポー with NEVER END ROLLERS from GEZAN「END ROLL」のライブ映像をメディアレーベル「lute」のYouTube公式チャンネルにて公開した。 【写真を見る】歌を中心としながらも冒険的且つ独特な世界観で新たな音楽を魅せているマヒトゥ・ザ・ピーポー 自身がヴォーカルを務めるGEZANの他、ソロとしてGEZANとは異なった方向性を模索し、歌を中心としながらも冒険的且つ独特な世界観で新たな音楽を魅せているマヒトゥ・ザ・ピーポー。 2016年11月に山形県酒田市で開催された音楽フェス「DO IT 2016」より、マヒトゥ・ザ・ピーポー with NEVER END ROLLERS from GEZAN「END ROLL」のライブ映像を公開。 
luteは国内外のクリエイターの才能をつなぎ、ポストデジタル時代のカルチャーを届けるメディアレーベル。

 最先端のシーンで活躍する気鋭のクリエイターとアーティストをつなぎ、luteでしか見ることのできないMVやライブ映像、ドキュメンタリービデオ、テキスト記事、限定イベント等、ただ見る・聞くだけにとどまらない、ポストデジタル時代のカルチャーを体感できるメディアコンテンツを発信している。【ウォーカープラス編集部/青山奈津美】 【関連...more
in English
カテゴリー:

人気戯曲を映画化「テラスにて」山内ケンジ監督ら一同、満員御礼に感激 - 02月19日(日)18:10 

 ソフトバンクの「白戸家」シリーズなどを手掛けるCMディレクターで劇作家の山内ケンジによる、映画監督第3弾「At the terrace テラスにて」が2月18日、東京・新宿武蔵野館で封切られ、山内監督をはじめ出演の石橋けい、岩谷健司、師岡広明、岡部たかし、橋本淳が舞台挨拶に立った。 ・【フォトギャラリー】この日の舞台挨拶、その他の写真はこちら  今作は第29回東京国際映画祭の「日本映画スプラッシュ」部門に出品され、昨年11月には新宿武蔵野館のリニューアルオープン作品に選ばれた。連日満席・完売が相次いだ結果、同館の提案を受け、今回の2週間限定アンコール上映が決定。クラウドファンディングでは目標額80万円に対し約105万円が集まり、現在は全国公開への準備を進めている。  昨年の上映時には7日間連続満席の記録を樹立しており、この日も深夜の上映だったが客席は熱心な映画ファンで埋め尽くされた。一同は感激の面持ちで、山内監督は「去年はたくさん来て頂き、本当はその時1週間で終わるはずが、今年2週間できることになりました。実に変則的な公開形態でして、大阪、静岡などはすでに上映が終わっていて、先週はさぬき映画祭に行かせていただいた」と感謝をにじませる。キャスト陣も「舞台も見たし、映画も見たいと言ってくれる方が多くて本当に嬉しい」(岩谷)、「Twitterで『テラスにて』と調べるのが面白くて。...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「11月」の画像

もっと見る

「11月」の動画

Wikipedia

11月(じゅういちがつ)はグレゴリオ暦の第11の月に当たり、30日間ある。

日本では、旧暦11月を霜月(しもつき)と呼び、現在では新暦11月の別名としても用いる。「霜月」は文字通り霜が降る月の意味である。他に、「食物月(おしものづき)」の略であるとする説や、「凋む月(しぼむつき)」「末つ月(すえつつき)」が訛ったものとする説もある。また、「神楽月(かぐらづき)」、「子月(ねづき)」の別名もある。

英語での月名、November(ノーヴェンバー)は、「9番目の月」の意味で、ラテン語で「第9の」という意味の「novem」の語に由来している。実際の月の番号とずれているのは、紀元前46年まで使われていたローマ暦3月起算で、(そのため年末の2月は日数が少ない)3月から数えて9番目という意味である同様に一般的な暦の9月,10月,12月はそれぞれローマ暦で7,8,10番目の月にあたり、ラテン語の「第7の」「第8の」「第10の」を意味する "septimus", "octavius", "decimus" に由来する。

異名

かぐらづき(神楽月)、かみきづき(神帰月)、けんしげつ(建子月)、こげつ(辜月)、しもつき(霜月)、しもふりづき(霜降月)、しもみづ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる