「黒柳徹子」とは?

関連ニュース

貴乃花親方の長男・優一さん、番組出演増加にネットでは疑問の声も - 10月17日(火)21:00 

2017年10月16日に放送された『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に、貴乃花親方(45)の長男で、靴職人の花田優一さん(22)が出演した。 優一さんは番組で靴職人を目指したきっかけや、イタリアでの修業時代に経験した苦労、ものづくりに対する情熱などについて語った。 司会の黒柳徹子(84)から、テレビ番組に出演する機会が多いことについて質問されると「俳優さんとかミュージシャンの方だけがスポットライトを浴びるんじゃなくて、ものづくりのひとでも女性から憧れる職業なんですよ、という意味で、自分ももっともっと精進していかなくてはならないと思っています」と、答えた。 結婚についてのトークでは「職業的にも特殊ですし、自分を支えてくれるひとに出会えたときには、しっかりと添い遂げられたら……自分の家族や兄弟と僕がいないときでも仲良くしてくれたら安心ですね。そういう子が理想です」と、結婚観について語った。 優一さんが番組に出演して職人論などを語ったことに、ネットにはどのような声が寄せられたのだろうか。 ◆職人論……タレント?靴職人? ネット掲示板ガールズちゃんねるには、このような声が寄せられている。 「靴職人って肩書きのタレントになったの?どっちも中途半端でカッコ悪い」 「職人ならテレビには忘れた頃に出るくらいがいいんじゃない?今の感じあきられちゃうよ」 「普通に仕事に精進しなよ。結果も出さずに職人...more
カテゴリー:

【芸能】貴乃花親方の長男花田優一さんがテレビ出演する理由 - 10月16日(月)18:44  mnewsplus

貴乃花親方(元横綱貴乃花)の長男で靴職人の花田優一さん(22)が、テレビ番組などに出演してスポットライトを浴びる理由を明かした。 花田さんは16日放送のテレビ朝日系「徹子の部屋」に出演。靴職人を志したきっかけや、イタリアでの修行時代の苦労、ものづくりに対する思いなどについて語った。 最近ではバラエティー番組などに出演する機会も多い花田さん。黒柳徹子から「あなたは相当モテるって聞いたけど?」と単刀直入に聞かれると、照れたように苦笑。 「いや、そんなことではないんですけど」と謙遜し、「ただ、俳優...
»続きを読む
カテゴリー:

清野菜名『トットちゃん』現場で23歳に!「タマネギケーキ」に大感激 - 10月16日(月)14:05 

松下奈緒と清野菜名がW主演を務める帯ドラマ劇場『トットちゃん!』(テレビ朝日系列、毎週月~金曜12:30~12:50)。ヒロイン・徹子役を演じている清野が、10月14日に23歳の誕生日を迎え、撮影現場でサプライズセレモニーが行われた。本作は、40年以上の長きにわたって『徹子の部屋』の司会を務め、常にエンターテインメント界の第一線で活躍を続けてきた黒柳徹子とその家族の激動の昭和史を描く帯ドラマ。これまで映像化されていなかった『窓ぎわのトットちゃん』の時代からもエピソードを抜粋し、テレビ女優・一期生として活躍したNHK時代や、初めて明かされる“国境を越えた恋”まで、黒柳の怒涛の半生が描かれる。現在は子役・豊嶋花が徹子の幼少期を演じているが、豊嶋からバトンを引き継ぐ清野は11月より本格的に登場し、15歳からの徹子を演じていく。黒柳家のセットで撮影が行われていたこの日、スタッフはサプライズのお祝いに向けて本人に内緒で準備。午後の撮影のため、清野が黒柳本人から借りた部屋着の衣装を身に着けてセットに戻ってきた瞬間、「本日10月14日は、清野菜名さんの23回目のお誕生日です!」というスタッフの大きな掛け声が。それを合図に、星田良子監督が清野のもとにケーキを運び、集まったスタッフが「ハッピーバースデー」の合唱を始めた。スタッフが用意したケーキは、なんと特注の巨大タマネギ型。ケーキの傍らにはタマネギ...more
カテゴリー:

柏木由紀子、車いすで舞台主演中の黒柳徹子との2ショット公開「元気を頂いた」 - 10月16日(月)13:48 

女優の柏木由紀子が13日、女優の黒柳徹子の舞台を観劇、2ショットを自身のアメブロで公開した。 「今日は黒柳さん主演の舞台『思い出のカルテット』を観てきました」と報告。約1ヵ月前に足を骨折・手術していたことを9月28日に公式Instagramで明かした黒柳について「車椅子での出演ちょっと心配でしたが、いつもと変わらず、とても楽しく、面白い舞台でした」とコメント。「私だけでなく、お客様皆んな元気を頂いたのではないでしょうか」とつづった。 「久しぶりにお会いできましたが、腰だけで、全然元気よ!」と黒柳との会話も明かしつつ「千秋楽まで気をつけて、頑張って下さいね」と声をかけ、2ショットを公開した。 この報告に「舞台にかける執念というか、意気込みが違いますね」「すごいパワー」など黒柳のパワフルな姿への共感のコメントが寄せられている。 黒柳が主演する『想い出のカルテット~もう一度唄わせて~』は1989年にスタートした黒柳徹子主演海外コメディ・シリーズの第31弾。2011年、2014年にも公演されており2017年に再演。英国の脚本家ロナルド・ハーウッドの傑作戯曲で、引退した音楽家が集う老人ホームで、昔の情熱を思い出そうと奮闘する元オペラ歌手の男女4人の姿が描かれている。黒柳の他にも茅島成美、団時朗、鶴田忍が出演。 【関連記事】 ・黒柳さん(柏木由紀子オフィシャルブログ) ・...more
カテゴリー:

林部智史、『トットちゃん!』坂本九さん役で俳優デビュー 「上を向いて歩こう」熱唱 - 10月16日(月)12:00 

 歌手・林部智史がテレビ朝日系帯ドラマ劇場『トットちゃん!』(月~金 後0:30~0:50※BS朝日で再放送 月~金 前7:40~8:00)に、昭和を代表する名曲の数々を歌った、坂本九役で俳優デビューする。初出演は12月1日放送の第45話の予定。 【場面写真】徹子の両親役・松下奈緒&山本耕史のウエディングシーン  エンターテインメント界の第一線で活躍し続ける黒柳徹子と、その家族の激動の昭和史を描く同ドラマ。林部が出演するのは、徹子(清野菜名)がレギュラー出演していた伝説の音楽バラエティー番組『夢であいましょう』で、世界的大ヒット曲「上を向いて歩こう」を歌うシーン。  出演にあたって、林部は坂本さんの妻・柏木由紀子さんとも対面し、「笑顔で」とアドバイスをもらったことを告白。「坂本九さん役として『上を向いて歩こう』を歌わせていただきましたが、自分の中では、演じるというよりはその時代を表したセットを肌で感じて、その時代の衣装を着て、坂本九さんの気持ちを少しでも感じられたことがうれしかったです。歌も真似しなくていいと言ってくださったので、伸び伸びと楽しみながら歌わせていただきました」と、俳優デビューを振り返っている。 【関連記事】 清野菜名、23歳のバースデー 黒柳徹子役への思い新たに (17年10月14日) 『やすらぎの郷』から一転、朝ドラ感のある『トットちゃん!』10・2スタ...more
カテゴリー:

松坂桃李、29歳の誕生日 出演中の朝ドラ「もっと盛り上げたい」 - 10月17日(火)19:46 

 きょう17日に29歳の誕生日を迎えた俳優の松坂桃李が、NHK連続テレビ小説『わろてんか』(月~土 前8:00 総合ほか)の収録現場(NHK大阪放送局)で、藤井隆、大野拓朗、前野朋哉ら共演者やスタッフから祝福を受けた。 【写真】サプライズバースデーの模様  スタッフ有志が用意したケーキは、ヒロイン・てん(葵わかな)を笑顔にするため、“チョコ衛門”の見栄を切る藤吉の後ろ姿が描かれた特注品。  松坂は「30歳目前の20代最後の誕生日を、こうやってたくさんの方に祝っていただけて、そして『わろてんか』という作品に出会えてうれしく思います。もっともっとこの作品を盛り上げて行けるよう、最後まで頑張っていきますので、よろしくお願いします」と、気持ちを新たにしてきた。 【関連記事】 松坂桃李、話題の“R-15指定”主演舞台が映画化 『娼年』来春公開 (17年10月17日) 松坂桃李がドS発言「愚かだね、人間は―」 映画『不能犯』特報公開 (17年08月09日) 【わろてんか】松坂桃李、2度目の朝ドラで“無茶ぶり”も「役者冥利に尽きる」 (17年10月05日) 葵わかな、19歳の誕生日「よし、頑張ろう!」 (17年06月30日) 清野菜名、23歳のバースデー 黒柳徹子役への思い新たに (17年10月14日)
カテゴリー:

【テレビ】<テレ朝・大下容子が“証明”した!>「フジは女子アナを顔で採用」説! - 10月16日(月)15:57  mnewsplus

1980年代後半、八木亜希子、有賀さつき、河野景子を売り出して女子アナブームを作り出したフジテレビ。アイドル顔負けのルックスをした新人を次々と採用し、「フジテレビは女子アナを顔で選んでいる」と言われたこともあった。その説が2017年の今、テレビ朝日の大下容子アナによって「証明」されることになってしまった。  大下アナは10月10日放送の「徹子の部屋」(テレビ朝日系)に出演。司会の黒柳徹子から局アナの入社試験について聞かれると、「フジテレビは1次面接にすら行けなかった」と明かしたのだ。 「1次面接に行くには...
»続きを読む
カテゴリー:

清野菜名『トットちゃん』現場で23歳に!「タマネギケーキ」に大感激 - 10月16日(月)14:00 

松下奈緒と清野菜名がW主演を務める帯ドラマ劇場『トットちゃん!』(テレビ朝日系列、毎週月~金曜12:30~12:50)。ヒロイン・徹子役を演じている清野が、10月14日に23歳の誕生日を迎え、撮影現場でサプライズセレモニーが行われた。本作は、40年以上の長きにわたって『徹子の部屋』の司会を務め、常にエンターテインメント界の第一線で活躍を続けてきた黒柳徹子とその家族の激動の昭和史を描く帯ドラマ。これまで映像化されていなかった『窓ぎわのトットちゃん』の時代からもエピソードを抜粋し、テレビ女優・一期生として活躍したNHK時代や、初めて明かされる“国境を越えた恋”まで、黒柳の怒涛の半生が描かれる。現在は子役・豊嶋花が徹子の幼少期を演じているが、豊嶋からバトンを引き継ぐ清野は11月より本格的に登場し、15歳からの徹子を演じていく。黒柳家のセットで撮影が行われていたこの日、スタッフはサプライズのお祝いに向けて本人に内緒で準備。午後の撮影のため、清野が黒柳本人から借りた部屋着の衣装を身に着けてセットに戻ってきた瞬間、「本日10月14日は、清野菜名さんの23回目のお誕生日です!」というスタッフの大きな掛け声が。それを合図に、星田良子監督が清野のもとにケーキを運び、集まったスタッフが「ハッピーバースデー」の合唱を始めた。スタッフが用意したケーキは、なんと特注の巨大タマネギ型。ケーキの傍らにはタマネギ...more
カテゴリー:

泣き歌の貴公子林部智史が故・坂本九役でドラマ初出演!! 「かねてから憧れの存在でした」 - 10月16日(月)12:00 

テレビ朝日で放送中の“帯ドラマ劇場”第2弾「トットちゃん!」(毎週月~金昼0:30-0:50ほか、テレビ朝日系ほか)で、“泣き歌の貴公子”こと林部智史が故・坂本九役でドラマ初出演することが分かった。 【写真を見る】坂本は、「坂本九さんのように“目で笑うこと”を意識して歌いました」とアピール!!/(C)テレビ朝日 同ドラマは、40年以上の長きにわたって「徹子の部屋」(毎週月曜~金曜昼0:00-0:30、テレビ朝日系)の司会を務め、常にエンターテインメント界の第一線で活躍を続けてきた黒柳徹子とその家族の激動の昭和史を描く。  林部が出演するのは、徹子(清野菜名)がレギュラー出演していた伝説の音楽バラエティー番組「夢であいましょう」のシーンが放送される第45話(12月1日(金)放送)で、坂本の代名詞ともいえる世界的大ヒット曲「上を向いて歩こう」を熱唱する。 林部は「かねてから憧れの存在でした。今回、ドラマのお話をいただいて、『まさか自分が?』と信じられない気持ちでした」と心境を明かした。さらに林部は、坂本の妻・柏木由紀子さんと対面した際「笑顔で」とアドバイスをもらったことを告白。 最後に「自分の中では、演じるというよりはその時代を表したセットを肌で感じて、その時代の衣装を着て、坂本九さんの気持ちを少しでも感じられたことが嬉しかったです。歌も真似しなくていいと言ってくださったので、伸び伸び...more
カテゴリー:

「トットちゃん!」第2週。相変わらず山本耕史がサイコだが、それを許しちゃう松下奈緒も大概だ - 10月16日(月)09:45 

テレビ朝日の攻め過ぎな昼ドラ枠・帯ドラマ劇場『トットちゃん!』(テレビ朝日・月〜金曜12:30〜)第2週。第1週では、黒柳徹子の母・朝(松下奈緒)と父・守綱(山本耕史)の出会いから同棲、結婚、朝の軟禁生活と、ポンポンポーンとテンポよく展開していたが、第2週は妊娠、出産、小学校入学、退学、新しい学校に……と、さらなるジェットコースター展開に。特に月曜・第6話の詰め込みっぷりはすさまじくて、せっかくの福山雅治のオープニングテーマを1フレーズで切り上げてナレーションに、さらに前週振り返りダイジェストの中でシレッと「(朝は)なんと仕立屋を開業しました」という重要な新情報がぶっ込まれてくる時短技っぷり。もう1日どころか、冒頭5分を見逃しただけで話についていけなくなるレベルだ。このバカップルはもうダメだ……今週も守綱のツンデレ&サイコ夫っぷりが全開だった。守綱の稼ぎが悪いせいで、朝が仕立ての仕事をしなければならないというのに、ミシンの音に対し「音楽家の耳には耐えがたい!」とブチ切れ。その後、なぜかバイオリンを演奏しはじめるのだが、演奏中に外の犬が吠えたら「ボクの音楽を邪魔するものをゆるさない!」と再びブチ切れてガラスを割る。さすがの朝も、こんなクレイジーな守綱の行動に耐えかね、「天才かも知れないけど、あなたは何かおかしい!」「もう一緒には暮らせません!」と出ていこうとするのだが、守綱はあやまり...more
カテゴリー:

もっと見る

「黒柳徹子」の画像

もっと見る

「黒柳徹子」の動画

Wikipedia

黒柳 徹子(くろやなぎ てつこ、1933年(昭和8年)8月9日 - )は、日本の女優、タレント声優、司会者、エッセイスト、ユニセフ親善大使、平和運動家である。愛称はトットちゃんチャック

日本でのテレビ誕生と同時に生まれたテレビタレントの先駆けとして、長年に亘り第一線で活躍し、現在に至るまで唯一テレビ番組のレギュラーを継続して持ち続ける、テレビ放送史を代表する芸能人の1人である。現在、同一司会者によるトーク番組の最多放送世界記録保持者として、記録更新中である。

テレビ朝日徹子の部屋の司会や、累計800万部を記録TBS世界・ふしぎ発見!2014年9月13日放送分よりし、戦後最大のベストセラーとなっている窓ぎわのトットちゃんの著者として知られる。東洋音楽学校で3期上だった石橋エータローによると、同校在...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる