「黒岩勉」とは?

関連ニュース

どうなる「貴族探偵」相葉雅紀の希少価値を考察してみた - 04月24日(月)10:00 

月9「貴族探偵」(フジテレビ 月よる9時〜)原作:麻耶雄嵩 脚本:黒岩勉 演出:中江功ほか今年30周年を迎える伝統と人気を誇るフジテレビ〈月9〉が異色のドラマをはじめた。原作は、麻耶雄嵩の人気推理小説「貴族探偵」及び「貴族探偵対女探偵」である。相当変わっている月9といえばラブストーリーの印象が強い。そうはいっても、おりにふれ、違うジャンルのドラマもやっていて、例えば、木村拓哉主演の検事ドラマ「HERO」や福山雅治主演のミステリー「ガリレオ」、松本潤主演の探偵ドラマ「ラッキーセブン」など恋愛もの以外でのヒット作も多々ある。「貴族探偵」に主演する相葉雅紀も池井戸潤原作のサスペンスタッチのホームドラマ「ようこそ、わが家へ」(15年)に主演しており、月9がラブストーリーでないことは異色でもなんでもないが、「貴族探偵」は相当変わっている。主人公である貴族探偵が探偵と名乗っているにもかかわらず、推理をしないのだ。相葉雅紀は以前、「三毛猫ホームズの推理」(12年、日本テレビ)で猫に頼る刑事を演じていたが、今回の貴族探偵は、自分の部下(執事〈松重豊〉、メイド〈中山美穂〉、運転手〈滝藤賢一〉)に推理させて、その間、女性とのアバンチュールや釣りなどを楽しんでいるだけ。その様子に、自分で何もしない探偵なんて認めない! と息巻くライバル的な(でもいつも貴族探偵に負ける役割らしい)存在・女探偵(武井咲)に対...more
in English
カテゴリー:

相葉雅紀主演の月9「貴族探偵」ネットががっかりした理由って? - 04月19日(水)21:00 

2017年4月17日に、今期の月9ドラマ「貴族探偵」がスタートした。 推理作家の麻耶雄嵩が2010年に開始した「貴族探偵シリーズ」が原作で、今回シリーズ初のドラマ化となる。 脚本は「謎解きはディナーのあとで」や「ストロベリーナイト」などを手掛けた黒岩勉(45)が担当する。 主演の嵐の相葉雅紀(34)のほか、武井咲(23)、生瀬勝久(56)、井川遥(40)、滝藤賢一(40)、中山美穂(47)、松重豊(54)、仲間由紀恵(37)らがキャストとして名を連ねている。 制作者サイドからは「主人公が推理をせずに謎を解く、前代未聞のミステリードラマ」というコンセプトが明かされている。 数々のヒットドラマを生み出した月9の、30周年記念作品として制作された「貴族探偵」に、ネットにはどのような意見が寄せられたのだろうか。 ◆豪華キャストの演技が楽しみ! ドラマ開始直前のネット掲示板ガールズちゃんねるではこのような声が寄せられていた。 「脚本の黒岩勉作品が好きだった人はハマるかもね」 「楽しみ!」 「タイトルも予告もあんまり期待出来なさそう」 「とりあえず脇役(男性)が豪華なので見ます!」 「相葉くん楽しみにしてた~」 「子供がすでにテレビの前てスタンバってる」 「松重さんの為に観ます」 「脇役は好きな人ばかりなので見ます」 ヒット作品やヒット曲を多く生み出して社会現象とまでいわれ...more
in English
カテゴリー:

『僕のヤバイ妻』黒岩勉氏、市川森一脚本賞受賞 木村佳乃が祝福に駆けつける - 04月20日(木)19:46 

 女優の木村佳乃が主演し、昨年4月期に関西テレビ・フジテレビ系で放送された連続ドラマ『僕のヤバイ妻』の脚本を手掛けた黒岩勉氏が、第5回市川森一脚本賞を受賞し、20日に都内で授賞式が執り行われた。木村も会場に駆けつけ、「(撮影中)想像力を掻き立てられる脚本で、演じていてずっと楽しかった。ぜひ、またご一緒させていただきたい脚本家の先生です」と祝福した。  同賞は、『ウルトラセブン』『傷だらけの天使』『黄金の日日』などの作品で知られ、2011年に亡くなった脚本家、市川森一さんを忍び、次代を背負って立つ、実力のある優れた新進脚本家を顕彰する脚本賞。今回は、2016年1月から12月までに放送されたテレビドラマを大賞に、現役のプロデューサー(ディレクター)が合議して受賞者を選定した。  受賞した黒岩氏は、放送作家を経て、2008年フジテレビヤングシナリオ大賞佳作受賞。翌年、『世にも奇妙な物語「自殺者リサイクル法」』の執筆を機に脚本家として活動を開始。テレビドラマに『謎解きはディナーのあとで』(2011年)、『ストロベリーナイト』(12年)、『ようこそ、わが家へ』(15年)、『サムライせんせい』(15年)などを手掛け、今期のフジテレビ系“月9”『貴族探偵』も担当している。  受賞作の『僕のヤバイ妻』は、愛人・杏奈(相武紗季)にそそのかされた幸平(伊藤英明)が、妻の殺害を企てるが、いざ家に帰...more
in English
カテゴリー:

相葉雅紀主演の月9「貴族探偵」ネットががっかりした理由って? - 04月18日(火)21:00 

2017年4月17日に、今期の月9ドラマ「貴族探偵」がスタートした。 推理作家の麻耶雄嵩が2010年に開始した「貴族探偵シリーズ」が原作で、今回シリーズ初のドラマ化となる。 脚本は「謎解きはディナーのあとで」や「ストロベリーナイト」などを手掛けた黒岩勉(45)が担当する。 主演の嵐の相葉雅紀(34)のほか、武井咲(23)、生瀬勝久(56)、井川遥(40)、滝藤賢一(40)、中山美穂(47)、松重豊(54)、仲間由紀恵(37)らがキャストとして名を連ねている。 制作者サイドからは「主人公が推理をせずに謎を解く、前代未聞のミステリードラマ」というコンセプトが明かされている。 数々のヒットドラマを生み出した月9の、30周年記念作品として制作された「貴族探偵」に、ネットにはどのような意見が寄せられたのだろうか。 ◆豪華キャストの演技が楽しみ! ドラマ開始直前のネット掲示板ガールズちゃんねるではこのような声が寄せられていた。 「脚本の黒岩勉作品が好きだった人はハマるかもね」 「楽しみ!」 「タイトルも予告もあんまり期待出来なさそう」 「とりあえず脇役(男性)が豪華なので見ます!」 「相葉くん楽しみにしてた~」 「子供がすでにテレビの前てスタンバってる」 「松重さんの為に観ます」 「脇役は好きな人ばかりなので見ます」 ヒット作品やヒット曲を多く生み出して社会現象とまでいわれ...more
in English
カテゴリー:

「黒岩勉」の画像

もっと見る

「黒岩勉」の動画

Wikipedia

黒岩 勉(くろいわ つとむ、1973年 - )は日本の構成作家脚本家および小説家である。

来歴

1973年埼玉県生まれ。青山学院大学経営学部卒業。ラジオ・テレビ番組の構成作家となる。2008年フジテレビヤングシナリオ大賞で佳作を受賞フジテレビヤングシナリオ大賞。2009年世にも奇妙な物語で脚本家デビュー。連続ドラマLIAR GAME Season2映画LIAR GAME The final stageの脚本を執筆。2010年それは、自殺5分前からのパワープレー(リンダブックス刊)で小説家デビュー著作物での紹介文より。2012年現在は主にフジテレビ系列のテレビドラマを活動拠点として積極的な執筆活動を続けている。世にも奇妙な物語において作品を執筆するときは主に社会派系の作品を手掛けることが多い。

脚本 テレビドラマ
  • 世にも奇妙な物語 2009年 秋の特別編 「自殺者リサイクル法」(2009年、フジテレビ)
  • LIAR GAME Season...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる