「麻薬カルテル」とは?

関連ニュース

自律型攻撃ドローンによる果てしない復讐戦を避けよ - 04月17日(火)08:00 

西側が中東を空爆した:デジャビュ以外のなにものでもない。20年前、米国はトーマホーク巡航ミサイルでスーダンとアフガニスタンを攻撃した。そして2日前、米国はシリアを攻撃した…やはりトマホーク巡航ミサイルで。各攻撃のメリット/デメリットはともあれ、この20年の間に小規模戦略戦攻撃のための技術が変化していなかったというのは、少々驚くべきことではないだろうか? とは言うものの、次の10年で、戦略は大幅に変化するだろう。しかもおそらくそれは良い方向にではない。先週Kelsey Athertonがツイートしたこの鋭い1行に思いを馳せてみて欲しい: the future of war is million-dollar gray triangles hunting hundred-dollar quadcopters — Kelsey D. Atherton (@AthertonKD) April 9, 2018 戦争の未来は100ドルのクワッドコプター(四角形)たちを迎撃する100万ドルの灰色の三角形たちとなるだろう もちろん、安価なドローンたちは、すでに戦場で小規模には用いられている:ISISが、ヒズボラが、ハマスが、そして麻薬カルテルたちがそれを利用している。そしてもちろん世界中の、従来の国家の軍隊によっても。しかしそれらは、人間の操縦するドローンであり、...more
カテゴリー:

メキシコの麻薬カルテルによる米国との麻薬取引は5年間で21兆円 - 04月14日(土)15:55 

 麻薬の世界最大の消費市場である米国を隣国にもつメキシコの麻薬密売組織カルテル(Cartel)は、2007年まで僅か7つのカルテルが存在していただけであった。それが現在では、20のカルテルに加え、それに癒着した犯罪グルー […]
カテゴリー:

「麻薬カルテル」の画像

もっと見る

「麻薬カルテル」の動画

Wikipedia

麻薬カルテル(まやくカルテル)は、麻薬の製造・売買に関する活動を行う組織。麻薬の所持、売買、使用等は、多くの国では制限が掛けられており、組織は非合法な存在となる。

概要

麻薬を扱う組織自体は、多くの国で存在しているが、カルテルの名がつくものは中南米、南米諸国を拠点もしくは由来しているものが多い。時として、政府の警察部に匹敵するような大規模な武装勢力となり、当該国ばかりでなく周辺国の治安にまで影響を与え、地域的な内戦状態や無政府状態を惹起することが特徴である。

歴史

2000年代に入るとメキシコ麻薬戦争状態となり、多数のカルテルが抗争や摘発により盛衰を繰り返している。

メンバー 主な麻薬カルテルの組織 コロンビア

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる