「麻生周一」とは?

関連ニュース

「斉木楠雄のΨ難」海藤の中二病全開イベント、島崎信長のツイートから実現 - 04月20日(金)16:51 

麻生周一原作によるテレビアニメ「斉木楠雄のΨ難」のイベント「漆黒の翼のΨ誕~Rebirth of the Darkness~ in J-WORLD TOKYO」が、4月28日から7月8日まで東京・J-WORLD TOKYOにて開催される。
カテゴリー:

【祝50周年】ジャンプ史上最高に笑ったギャグ漫画ランキング - 04月13日(金)11:30 

今年で創刊50周年を迎える週刊少年ジャンプ。50年もの歴史の中には数え切れないほどの作品が掲載されてきました。 中でもギャグ漫画は人気が高く、非常に多くの名作や迷作が読者の笑いを誘ったかと思います。 そこで今回は「ジャンプ史上最高に笑ったギャグ漫画」をアンケート、ランキングにしてみました。 ファンを一番笑わせたのは、一体どのギャグ漫画だったのでしょうか? 1位 銀魂 2位 斉木楠雄のΨ難 3位 こちら葛飾区亀有公園前派出所 ⇒4位以降のランキング結果はこちら! 1位は空知英秋先生の『銀魂』! やりたい放題の作品、『銀魂』が堂々の1位に輝きました。 時事ネタやタブーの限界に挑戦するような描写も少なくなく、特にパロディー系は双方のファンを巻き込んで笑い(または議論)を誘う事も多々ありました。 現在は最終章という事で戦闘シーンも続いたのですが、シリアス展開にも適所にギャグを持ってくるあたり『銀魂』らしさを感じさせますね。 2位は麻生周一先生の『斉木楠雄のΨ難』! 主人公がモノローグ語り、『斉木楠雄のΨ難』が2位を獲得しました。 とんでもない超能力を保有する主人公が存在する世界ゆえに、他の主要キャラクター達もあまりに濃い個性を持っており、主人公がモノローグでメタいツッコミを読者に投げかける、かなり変わった作風になっています。 3位は秋本治先生の『こちら葛飾区亀有公園前派出所』!...more
カテゴリー:

【漫画】ギャグ漫画家 人間ドックデスレース:つの丸が体験ルポを短期集中連載 うすた、増田、大石、麻生と人間ドックに[18/04/02] - 04月02日(月)00:17  mnewsplus

ギャグ漫画家 人間ドックデスレース:つの丸が人間ドック体験ルポを短期集中連載 一番不健康なのは… 4/2(月) 0:00配信 MANTANWEB(まんたんウェブ) https://mantan-web.jp/article/20180401dog00m200018000c.html https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180401-00000019-mantan-ent マンガ「モンモンモン」「みどりのマキバー」などのつの丸さんの短期集中連載「ギャグ漫画家 人間ドックデスレース」が2日、マンガアプリ「少年ジャンプ+(プラス)」(集英社)でスタートした。 新作は、47歳でマンガ家歴27年のつの丸...
»続きを読む
カテゴリー:

島﨑信長のツイートがリアルイベントに!『漆黒の翼のΨ誕~Rebirth of the Darkness~』開催 中二病アイテムを持って集まれ! - 04月19日(木)13:30 

ジャンプ作品の世界観で遊べるテーマパーク「J-WORLD TOKYO」(東京・池袋)にて、現在TVアニメ第2期が好評放送中の『斉木楠雄のΨ難』の期間限定イベントを、4月28日(土)から7月8日(日)まで開催することが決定。なんと、今回のイベントは、島﨑信長さんのあのツイートがきっかけ! 今回のイベントは、『斉木楠雄のΨ難』に出てくる“中二病”なキャラクター海藤 瞬(かいどうしゅん)をメインとしたイベント『漆黒の翼のΨ誕~Rebirth of the Darkness~』。 ※すべての画像が表示されない場合はOtajoからご覧ください。 http://otajo.jp/72000 本イベントは海藤役の声優・島﨑信長さんが、昨年の「ジャンプフェスタ 2018」の『斉木楠雄のΨ難』のイベントステージ後に投稿した、「劇場版『漆黒の翼のΨ誕~Rebirth of the Darkness』、よろしくお願い致します!」のツイートからイベントが実現! 海藤が創造する「悪の秘密結社 ダークリユニオン」という架空の世界観をテーマに、キャラクターをモチーフにしたフード&デザートや、期間限定のミニゲーム、描き下ろしイラストを使用したオリジナルグッズなどが登場します。 海藤の目に映る“中二病”な世界観に入り込み、海藤と共に「悪の秘密結社 ダークリユニオン」に立ち向かうJ-WORLDでしか体験できない&#...more
カテゴリー:

【祝50周年】ジャンプ史上最高に笑ったギャグ漫画ランキング 1位銀魂 2位斉木楠雄のΨ難 - 04月13日(金)11:03  news

今年で創刊50周年を迎える週刊少年ジャンプ。50年もの歴史の中には数え切れないほどの作品が掲載されてきました。 中でもギャグ漫画は人気が高く、非常に多くの名作や迷作が読者の笑いを誘ったかと思います。 そこで今回は「ジャンプ史上最高に笑ったギャグ漫画」をアンケート、ランキングにしてみました。 ファンを一番笑わせたのは、一体どのギャグ漫画だったのでしょうか? 1位銀魂 作者:空知英秋 960票 2位斉木楠雄のΨ難 作者:麻生周一 338票 3位こちら葛飾区亀有公園前派出所 作者:秋本治 235票 4位ハイスクー...
»続きを読む
カテゴリー:

「麻生周一」の画像

もっと見る

「麻生周一」の動画

Wikipedia

麻生 周一(あそう しゅういち、1985年12月26日「新人紹介ページ」週刊少年ジャンプ2006年34号、集英社 - )は、日本漫画家埼玉県入間市出身「特別ページ」赤マルジャンプ2008 WINTER、集英社。

来歴

20歳頃に漫画家を志すようになるまで、週に2回ほどアルバイトをする以外は自宅に引きこもる生活を送っていた夢眠書店開店日記 第10話:漫画制作の裏側①。

元はストーリー漫画家志望であり、別名義で新人賞に投稿して最終候補まで残ったこともあった麻生Twitter 2013年7月28日。。投稿派であったため、原稿の持ち込みをしたことはないという(2013年10月時点)麻生Twitter 2013年10月16日。。手塚賞にも作品を応募していたが、締切間際に手塚・赤塚両賞取りを狙い勇者パーティー現るを一週間で書き上げる。この結果、第64回(平成18年度上半期)赤塚賞準入選を受賞するに至り、同時にストーリー漫画からギャグ漫画の作家へと転身する。なお、投稿でいきなり赤塚賞準入選を受賞するのはかなり「レアケース」であるという。勇者パーティー現るは...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる