「麻生久美子」とは?

関連ニュース

岡田准一、西島秀俊と初共演 名作『散り椿』を木村大作メガホンで映画化 - 05月24日(水)20:10 

 岡田准一と西島秀俊が、日本アカデミー賞の最優秀撮影賞を5回受賞している木村大作がメガホンを取る映画『散り椿』で、初共演を果たすことが明らかになった。岡田は西島との共演について、「真っ直ぐで素敵な方。そんな西島さんに対峙してどう崩していけるかが自分の中でのポイント」と意気込みを語っている。【関連】「西島秀俊」フォトギャラリー 映画『散り椿』は、藩の不正を訴え出たために、時の権力に負け藩を追放された男、瓜生新兵衛(岡田)が、連れ添い続けた妻・篠(麻生久美子)の最後の頼みとして、良きライバルで、篠を巡る恋敵でもあった榊原采女(西島)を助け、過去の藩の不正事件の真相と、その裏に隠された篠の本当の気持ちを突き止めようと奔走する姿を描く。共演者には、黒木華、池松壮亮、緒形直人、新井浩文、柳楽優弥、麻生久美子、石橋蓮司、富司純子、奥田瑛二ら日本を代表する豪華俳優陣が名を連ねている。 「時代劇ではありますが、常に新しい物を生み出したいという監督の想いが込められた本作がどういう作品になるのかとても楽しみ」と語る岡田は、西島との共演に向け「真っ直ぐで素敵な方。そんな西島さんに対峙してどう崩していけるかが自分の中でのポイントだと考えています」とコメント。木村監督については「『追憶』でご一緒させていただき、俳優たちが束になってかかっても、すべてを受け止めてくれる方なので今回も全力で現場に臨めたらと思って...more
カテゴリー:

岡田准一が「散り椿」で主演決定! 初共演の西島秀俊と因縁の仲に - 05月24日(水)13:18 

主演映画「追憶」が大ヒット公開中で、国民的アイドルとしてだけでなく、演技派俳優としても注目を集めるV6・岡田准一が、木村大作監督が初めて時代劇のメガホンを取る話題作「散り椿」で主演を務めることが発表された。 【写真を見る】西島秀俊が岡田准一と同じ女性を思い合う恋敵に!? 本作は、「蜩ノ記」で直木賞を受賞した葉室燐の名作と言われる「散り椿」を朴訥で不器用だが、清廉に生きようとする侍たちの“凛とした生きざま”、そして愛する女性のために命を懸けて闘う、切なくも美しい愛の物語をテーマに描いた時代劇。 岡田は本作で、かつては藩を追放されるも妻の最期の願いを胸に藩の不正や権力に立ち向かっていく男・瓜生新兵衛(うりゅうしんべえ)を演じる。また、道場の四天王の一人という役柄から約3カ月にわたる殺陣の稽古にも真摯(しんし)に励み、激しく鋭い剣豪アクションに臨む。 そして、共演には「MOZU」(TBS系ほか)シリーズや放送中の「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」(フジテレビ系)など、幅広いジャンルのドラマや映画、そしてCMにも立て続けに出演する演技派俳優・西島秀俊。 岡田演じる新兵衛と共に道場の四天王の一人で、持ち前の頭脳明晰(めいせき)さで藩主の側用人として頭角を現す榊原采女(さかきばらうねめ)を演じる。 かつての親友であり、一人の同じ女性を思い合う恋敵でもあり、藩を追われた新兵衛(岡田)とは対照...more
カテゴリー:

岡田准一、西島秀俊と初共演 木村大作監督作『散り椿』2018年公開 - 05月24日(水)13:19 

 人気グループ・V6の岡田准一(36)が、時代劇映画『散り椿』(2018年公開)に主演することが明らかになった。日本を代表するキャメラマンとして活躍するだけでなく、『劔岳 点の記』(09年)で第33回日本アカデミー賞最優秀監督賞を受賞している木村大作氏(77)がメガホンをとり、岡田と対峙する役柄で西島秀俊(46)が初共演する。 【画像】『散り椿』原作  葉室燐氏の時代小説を映画化する同作は、長野、富山、彦根と時代劇としては前代未聞の全編オールロケを敢行。黒澤明監督作品『隠し砦の三悪人』の撮影助手からキャメラマンのキャリアをスタートさせ、『用心棒』『椿三十郎』と黒澤監督に従事してきた木村氏が時代劇に初挑戦し、「黒澤監督には及ばないですが、人の心の美しさを撮る『美しい時代劇』を目指したい」と意気込んでいる。脚本は、同じく黒澤監督のもとで助監督を長年務め、『雨あがる』『阿弥陀堂だより』『蜩ノ記』などを手がけてきた小泉堯史氏が担当する。  享保15年、藩の不正を訴え出たために、時の権力に負け藩を追放された男、瓜生新兵衛(岡田)。追放後、連れ添い続けた妻の篠が病に倒れ、死を迎えようとした折、最期の願いを新兵衛に託す。「藩に戻りて、榊原采女様(西島)を助けてほしい」というものだった。新兵衛にとって采女は、かつては良き友であり良きライバルであり、また篠を巡る恋敵でもあった。そして新兵衛の藩...more
カテゴリー:

岡田准一VS西島秀俊、初共演!木村大作監督3作目は美しい時代劇「散り椿」 - 05月24日(水)05:00 

 日本を代表するキャメラマン・木村大作の監督第3作が、葉室麟氏の名作「散り椿」(角川文庫刊)に決まり、主演を岡田准一が務めることが明らかになった。 ・【フォトギャラリー】「散り椿」キャストの写真はこちら  木村監督にとっては、「劔岳 点の記」「春を背負って」に続くメガホン。黒澤明監督作「隠し砦の三悪人」の撮影助手からキャリアをスタートさせ、「用心棒」「椿三十郎」と黒澤監督に従事してきた木村監督が、満を持して時代劇に初挑戦する。脚本は、「影武者」「乱」「夢」「まあだだよ」など黒澤監督のもとで長年にわたり助監督を務め上げ、監督デビュー作「雨あがる」以降、「阿弥陀堂だより」「蜩ノ記」など良作を手がけてきた小泉堯史が担当。“世界のクロサワ”を知る名匠2人が、初めてタッグを組む。  降旗康男監督作「追憶」に続き、木村監督のもとで映画作りに邁進する岡田が演じるのは、かつて藩を追放されながらも妻の最期の願いを胸に、藩の不正や権力に立ち向かっていく男・瓜生新兵衛。5月15日にクランクインしているが、「木村大作監督が77歳という年齢になって最高傑作を撮りたい。しかも監督が若かりし頃、近くで見てきた黒澤明監督への畏怖と挑戦という気持ちから『美しい時代劇』を撮りたいという、そんな監督の思い描く『美しい時代劇』にお声かけいただき、こんなに嬉しいことはないです」と喜びをかみ締めている。  劇中で岡田...more
カテゴリー:

「麻生久美子」の画像

もっと見る

「麻生久美子」の動画

Wikipedia

麻生 久美子(あそう くみこ、1978年6月17日 - )は、日本の女優。本名、伊賀 久美子(いが くみこ)。旧芸名は広田 絵美(ひろた えみ)。千葉県出身。ブレス所属。夫はスタイリスト伊賀大介

血液型B型。身長162cm。スリーサイズはB80、W59、H83cm。

来歴

アイドル歌手志望麻生久美子「夢はアイドル歌手」からの挫折、引退を考えた過去―溢れ出る“人間力”の裏側にあるもの、モデルプレス、2015年1月9日。で履歴書を現事務所に送ったことがきっかけで、1995年、第6回全国女子高生制服コレクションでグランプリを受賞。同年BAD GUY BEACHで映画デビュー。

当初は女優業にはあまり興味がなかったが、当時のマネージャーに本当の目的を知らされないまま1998年公開のカンゾー先生のオーディションを受けたところ合格し、出演が決定。無名女優から一気に日本アカデミー賞最優秀助演女優賞、新人俳優...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる