「麺屋武一」とは?

関連ニュース

チャンギ国際空港ターミナル2に日本食のフードホール 12月5日グランドオープン - 11月15日(水)12:05 

全日空商事は、シンガポール・チャンギ国際空港のターミナル2内の搭乗ゲート前ロビーエリアに、フードホール「JAPAN GOURMET HALL SORA」を12月5日にグランドオープンする。 「和モダンの体験」をコンセプトに、木造建築を用いた日本家屋の伝統様式を取り入れ、小上がりの座敷やキッズコーナーも設けた。座席数は約300席。店舗は「天丼 琥珀」「JAPOLI」「黒鮪」「東京純豆腐」「鶴橋風月」「麺屋武一」の6店舗と、バーカウンター「SORA BAR」を設ける。飲食後に集中レジで一括会計を行う。 運営は現地パートナーとの合弁会社であるSG RETAIL PARTNERSが手がける。
カテゴリー:

【兵庫】しっとり鶏チャーシューと濃厚スープの相性抜群!「麺屋 武一」の鶏白湯そば - 11月14日(火)12:00 

ラーメン情報誌「ラーメンWalker」(KADOKAWA)が毎年行っている、うまいラーメン店を決めるランキング企画「ラーメンWalkerグランプリ」。今年もラーメンのプロ集団・百麺人と関西ウォーカー読者ファンが投票。関西各エリアのグランプリが決定した。その中から、兵庫新店部門第2位に輝いたのは「濃厚鶏そば 麺屋 武一 神戸本店」。<※情報はラーメンウォーカー関西2018(2017年10月6日発売号)より> 【写真を見る】自慢のチャーシューは新鮮な鶏モモ肉を低温調理したもの/濃厚鶏そば 麺屋武一 神戸本店 ■ 濃厚なスープに溶け込む鶏の旨味を味わい尽くす 「濃厚鶏そば 麺屋 武一 神戸本店」は新橋に本店がある「麺屋 武一」からのれん分けした関西1号店。10時間煮込んで旨味を凝縮させた鶏ガラスープをベースに、醤油や塩、つけそばなど多彩なメニューが味わえる。一番人気の鶏白湯そばは、塩ダレを合わせた濃厚でコクのあるスープが中細の麺によく絡んだ一杯。トッピングのジューシーなつくねやしっとりとしたチャーシューも合わさって、まさに鶏を丸ごと堪能した気分に。「肉汁鶏餃子」(5個290円)などサイドメニューも充実している。 「濃厚鶏白湯そば」(780円)。コラーゲンたっぷりの濃厚鶏白湯スープに特製塩ダレが合わさったこってり系。スープ割も用意されているので、最後の一滴まで鶏の旨味を味わい尽くして。 ■...more
カテゴリー:

チャンギ国際空港ターミナル2に日本食のフードホール 12月5日グランドオープン - 11月15日(水)12:05 

全日空商事は、シンガポール・チャンギ国際空港のターミナル2内の搭乗ゲート前ロビーエリアに、フードホール「JAPAN GOURMET HALL SORA」を12月5日にグランドオープンする。 「和モダンの体験」をコンセプトに、木造建築を用いた日本家屋の伝統様式を取り入れ、小上がりの座敷やキッズコーナーも設けた。座席数は約300席。店舗は「天丼 琥珀」「JAPOLI」「黒鮪」「東京純豆腐」「鶴橋風月」「麺屋武一」の6店舗と、バーカウンター「SORA BAR」を設ける。飲食後に集中レジで一括会計を行う。 運営は現地パートナーとの合弁会社であるSG RETAIL PARTNERSが手がける。
カテゴリー:

「麺屋武一」の画像

もっと見る

「麺屋武一」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる