「鹿賀丈史」とは?

関連ニュース

【視聴率】大河「西郷どん」第2話15・4% 子役の熱演に反響「泣けた」 - 01月15日(月)10:17  mnewsplus

俳優の鈴木亮平(34)が主演を務めるNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」(日曜後8・00)の第2話が14日に放送され、平均視聴率は15・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが15日、分かった。  第1話=15・4%から横ばい。第1話→第2話と下がらなかったのは、2016年「真田丸」第1話=19・9%→第2話=20・2%以来2年ぶり。近年の17年「おんな城主 直虎」(16・9%)、15年「花燃ゆ」(16・7%)、13年「八重の桜」(21・4%)は「初回視聴率が番組最高視聴率」に終わっただ...
»続きを読む
カテゴリー:

【日刊ゲンダイ】 キャスト充実の大河 「西郷どん」 初回の視聴率の低さは前回の「直虎」のつまらなさが原因、視聴習慣が途切れたせいだ - 01月14日(日)10:11  mnewsplus

キャスト充実の大河「西郷どん」初回ワースト2位の不思議 7日放送のNHK大河ドラマ「西郷どん」は期待以上の面白さ! 初回は西郷の少年時代を描いていたが、やはり特筆すべきは島津斉彬を演じた渡辺謙の圧倒的な存在感。 ハリウッドも一目置く、日本を代表する俳優は迫力が違う。 昨年ともに不倫騒動を起こした斉藤由貴が降板したのに、渡辺が降板しないのはおかしいと一部非難する声もあったが、 役者は演じてナンボを証明したといっていい。一昨年の大河「真田丸」の草刈正雄同様、主役を食うほど存在感がある。 役者で...
»続きを読む
カテゴリー:

『西郷どん』第2話、いよいよ鈴木亮平登場 吉之助は弱い立場の民のため奔走 - 01月13日(土)12:30 

 NHK大河ドラマ『西郷どん』、今週放送の第2話「立派なお侍」からはいよいよ鈴木亮平が登場。薩摩という国のため、民のために奔走する吉之助の姿を描く。 小吉は元服して吉之助(鈴木亮平)と名乗り、年貢の徴収を行う役人の補佐役をつとめていた。そこで年貢が払えず、借金取りに娘を売られそうになっている百姓・平六(鈴木拓)と出会う。 吉之助は斉彬(渡辺謙)が藩主になれば、藩の悪しき農政の仕組みを変えてくれると願うが、斉彬の父・斉興(鹿賀丈史)とその側室・由羅(小柳ルミ子)が実権を握っていた。役人たちに怒り心頭の吉之助は、斉興の家老・調所広郷(竜雷太)に直訴しに行くが…。 鈴木は第2話の見どころの一つとして、「農民の娘・ふきちゃんの名演技」を挙げ、「吉之助として、強烈に心が動かされました」とコメントしている。【写真】『西郷どん』第2話フォトギャラリー 先週放送の第1話『薩摩のやっせんぼ』では、天保11年、少年時代の西郷小吉(渡邉蒼)は、仲間たちと学問や剣術を切磋琢磨する日々を過ごしていた。藩の行事「妙円寺詣り」で小吉は斉彬と運命的な出会いを。しかし、小吉は恨みを持った他の町の少年から刀で肩口を切られ、二度と剣が振れなくなってしまう…という内容だった。 NHK大河ドラマ『西郷どん』第2話「立派なお侍」は、NHK BSプレミアムにて1月14日18時、総合テレビにて20時放送。 ■関連記事「鈴木亮...more
カテゴリー:

本日スタート大河ドラマ「西郷どん」主演・鈴木亮平「西郷さんの草履は小さかった」 - 01月07日(日)09:45 

大河ドラマ「西郷どん」(NHK  脚本:中園ミホ)が1月7日(日)からはじまる。ドラマがはじまる前の予習として、制作統括の櫻井賢と、主演の鈴木亮平のことばをまとめておこう。 西郷さんは失敗するまずは、櫻井賢。大河ドラマ『江〜姫たちの戦国〜』、連続テレビ小説『マッサン』の制作統括を担当している。『西郷どん』前半のキーになる撮影を鹿児島で行った際、あまりに濃厚な撮影で声を潰してしまったというほど、鹿児島ロケの場面は序盤の見どころになるようだ。「西郷吉之助(鈴木亮平)と島津斉彬(渡辺謙)がはじめて互いを認識し合う、ひじょうに重要な場面の撮影を、地元・鹿児島の方々に協力によって島津家ゆかりの場所・仙巌園等で撮ることができました。地元の熱意と応援がもの凄かったです。地元のエキストラの方々も前のめりになって芝居に参加してくださいました。芝居のなかで、斉彬公の『皆の者、大儀であった』と言う台詞を聞いて、涙をこぼしておられる方もいたほどです」そもそも、今回、西郷隆盛を題材に選んだわけは、西郷隆盛の人間的魅力であった。「西郷隆盛の名前はよく知られていますが、実際のところ何をしたかはよく知られていません。でもその生涯は、三度結婚したり、奄美大島で暮らしたりと、波乱に満ちています。林真理子さんの小説に書かれた、島での愛加那(二階堂ふみ)との出会いがなければ、“西郷隆盛”は存在しなかったという切り口にも魅...more
カテゴリー:

「精霊の守り人」チャグムがタルシュ帝国と戦うため動き出す! - 01月05日(金)16:19 

NHK総合では、1月6日(土)に大河ファンタジー「精霊の守り人~最終章~」(夜9:00‐10:00)の第6回が放送される。 【写真を見る】チャグムは自身の戦いのため、バルサに別れを告げる/(C)NHK カンバル王・ログサム(中村獅童)が亡くなり、息子のラダール(中川晃教)が新国王となる。また、ラダールはバルサ(綾瀬はるか)とチャグム(板垣瑞生)にロタ王と手を結びタルシュ帝国と戦うことを誓う。そして、チャグムはバルサに別れを告げ、大軍勢を率いて戦へと旅立つ。 その頃、タルシュ帝国の大軍を前に、タンダ(東出昌大)が負傷してしまう。新ヨゴ国では、聖導師(鹿賀丈史)が帝(藤原竜也)にタルシュ帝国と話し合うように説得するが聞き入れられずにいた。(ザテレビジョン) 【関連記事】 ・「精霊の守り人」バルサとログサムの死闘が繰り広げられる! ・「精霊の守り人」バルサが、父と育ての親の敵・カンバル国王に対面! ・板垣瑞生「20問20答」俳優への興味は菅田将暉の影響!?【U-22美男子名鑑】 ・綾瀬はるか主演「精霊の守り人」のスケールは「シン・ゴジラ」超え!?
カテゴリー:

鈴木亮平「チーム『大人西郷どん』始動じゃっど!」 - 01月14日(日)17:29 

徳川幕府を転覆させ明治維新を成し遂げた武士の一人・西郷隆盛の生涯を、“笑いと愛と波乱”という視点から描いていく「西郷どん」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)。 【写真を見る】鈴木亮平は「これが『チーム大人西郷どん」じゃあ!」とアピール 1月7日に放送された第1回では、薩摩の大自然でのびのびと育つ西郷の幼少期をドラマチックに描き、堂々のスタートを切った。薩摩藩の跡継ぎである島津斉彬(渡辺謙)との運命的な出会いは、西郷の幼少期・小吉役の渡邉蒼の熱演も相まって、SNSなどで大きな話題を呼んだ。 14日(日)放送の第2話では、いよいよ鈴木亮平演じる西郷吉之助が登場する。放送に先立って13日、鈴木は自身の公式ブログを更新し、大久保正助役・瑛太らとの集合ショットを公開した。 鈴木はブログの中で、小吉役の渡邉ら子役たちの好演が光った第1話について「子役たちの熱演に皆さんからの感想をたくさんいただき、本当に嬉しいです。僕もちょくちょく現場に見学に行ってたのですが、本当に頑張ってましたもの、彼ら」とつづり、渡邉との2ショットも披露した。 そして、「さあさあ、そんな蒼くんたちからのバトンをしっかりと受け取って…明日からはいよいよ…チーム『大人西郷どん』始動じゃっど!左から、大久保正助役・瑛太くん!大山格之助役・北村有起哉さん!西郷吉之助役・私鈴木亮平!有馬新七役・増田修一朗さん!赤山...more
カテゴリー:

鈴木亮平「すばらしい」と自負!西郷隆盛、か弱き民のために奔走『西郷どん』第2話 - 01月14日(日)05:00 

鈴木亮平が主演するNHK大河ドラマ『西郷どん』(NHK総合、毎週日曜20:00)。1月14日の第2話は、「立派なお侍」を放送する。原作・林真理子、脚本・中園ミホでおくる『西郷どん』は、極貧の下級武士にすぎなかった素朴な男・西郷隆盛(鈴木)が、南国奄美で愛に目覚め、勝海舟、坂本龍馬ら盟友と出会い、揺るぎなき「革命家」へと覚醒し、やがて明治維新を成し遂げていく物語を描く。第2話「立派なお侍」では、西郷は、元服して吉之助(鈴木)と名乗り、年貢の徴収を行う役人の補佐役を務めていた。そこで年貢が払えず、借金取りに娘を売られそうになっている百姓・平六(鈴木拓/ドランクドラゴン)と出会う。吉之助は、斉彬(渡辺謙)が藩主になれば、藩の悪しき農政の仕組みを変えてくれると願うが、斉彬の父・斉興(鹿賀丈史)とその側室・由羅(小柳ルミ子)が実権を握っていた。役人たちに怒り心頭の吉之助は、斉興の家老・調所広郷(竜雷太)に直訴しに行くが……。 公式ホームページの“西郷どんの目線”では、鈴木が「はっきり言います。第2回、すばらしいです。薩摩という国のため、か弱き民のために奔走する吉之助がいますが、おのずとそうしたくなる後押しとなるのが、農民の娘・ふきちゃんの名演技!吉之助として、強烈に心が動かされました。だからこそ吉之助は、ひたすら懸命に、走る、走る、走る……!」とコメント。吉之助の奔走ぶりに注目だ。 ...more
カテゴリー:

鹿賀丈史「いまの時代だからこそ心に刺さる作品」 ミュージカル『ラ・カージュ・オ・フォール』公演直前インタビュー - 01月10日(水)18:51 

ゲイクラブのオーナー・ジョルジュと、看板スターのザザことアルバンが繰り広げるミュージカル『ラ・カージュ・オ・フォール』の公演が、2018年3月よりスタートする。1985年の日本初演から30年以上継続している伝統的な作品であり、このほどコンビ結成10周年を迎える鹿賀丈史と市村正親による公演は、初日から千穐楽まで...
カテゴリー:

「おばさん、正視できない!」鈴木亮平のフェロモン相撲 - 01月06日(土)06:00 

中園ミホ(以下=中園)「西郷(隆盛)さんはお相撲が好きだったので、鈴木亮平さんには『いつでもお相撲が取れるように鍛えてくださいね』とお願いしていたんです。お相撲のシーンはもう……」 林真理子(以下=林)「本当に素敵です! 私は主役が鈴木亮平さんに決まったと聞いたとき『わっ、いいな』と思いました。若いころの西郷さんは精悍で、鈴木さんにぴったりですもの。ただ、『目は細いな』と思ったけど(笑)」 西郷隆盛が主人公の'18年NHK大河ドラマ『西郷どん』が、いよいよ7日にスタート。原作者である林真理子さんと脚本家の中園ミホさんは、これまでに幾度となくタッグを組み、ヒット作を世に送り出してきた名コンビだ。 林さんと中園さんは日大芸術学部の先輩・後輩の間柄で、プライベートでも旅行に行くほどの仲。そんな2人が、大河ドラマ『西郷どん』の出演者について語り合ってくれた。 ドラマの前半では、西郷や大久保利通ら薩摩の若き下級武士たちが結成した「精忠組」が活躍する。 中園「『精忠組』の面々のエネルギッシュな戦いぶりは、ときめきますね」 林「撮影にお邪魔したとき、精忠組のお相撲シーンで本当にドキドキしました。鈴木亮平さんの鍛えあげた肉体はもちろん、精忠組のメンバーがキラキラしていて、おばさん、正視できないくらい(笑)」 中園「まさに旬の俳優さんが勢ぞろいですからね」 ...more
カテゴリー:

「大河ドラマ」ほか山崎賢人、亀梨和也、石原さとみ主演ドラマもスタート - 01月05日(金)09:00 

1月5日(金)から1月11日(木)まで、この1週間にスタートする主な地上波連続ドラマを日付順に紹介。「大河ドラマ」「帯ドラマ劇場」も新シリーズがスタートするなど、話題作が続々オンエア。 クズなホストという新境地の役柄に挑む山崎賢人/(C)NTV ■ 1月5日(金)スタート、「女子的生活」(毎週金曜夜10:00-10:50NHK総合) 主演は志尊淳。見た目は美人OLだが性別は男性で、好きになるのは女性という複雑な性を持つ主人公・小川みき(志尊)が、世の中のさまざまな理不尽に立ち向かっていく物語。志尊は「トランスジェンダー女子を演じるに当たり、表情の作り方、所作、歩き方、体形の維持、肌のケアも入念に行い、女性として生きるということに徹しました」と役作りの苦労を明かしている。ほか出演は、町田啓太、玉井詩織、玄理、小芝風花、羽場裕一。 ■ 1月7日(日)スタート、大河ドラマ「西郷どん」(毎週日曜夜8:00-8:45ほかNHK総合ほか※初回は夜8:00-9:00ほか) 主演は鈴木亮平。徳川幕府を転覆させ明治維新を成し遂げた武士の一人・西郷隆盛の生涯を“笑いと愛と波乱”という視点から描いていく。第1話では、そんな西郷の少年時代のエピソードがつづられる。鈴木は「強い西郷を目指して頑張ります!」と宣言。ほか出演は、瑛太、黒木華、錦戸亮、二階堂ふみ、北川景子、沢村一樹、鹿賀丈史、風間杜夫、松坂慶子、...more
カテゴリー:

もっと見る

「鹿賀丈史」の画像

もっと見る

「鹿賀丈史」の動画

Wikipedia

鹿賀 丈史(かが たけし、1950年10月12日 - )は、日本俳優声優。本名、勝田 薫且(かつた しげかつ)。石川県金沢市出身。ホリプロ所属。左利き。

略歴

1950年10月12日、石川県金沢市に生まれる。父は洋服の仕立て屋、母は北陸一のゴム風船屋の裕福な家庭で育つ。9歳から中学校2年まで少年合唱団に所属。そして石川県立金沢二水高等学校に入学。高校在学中は合唱部でテノール指揮者として活躍をしていた。クラシックの声楽家を志して東京音楽大学などの浪人中に友人に勧められて一緒にオーディションを受けたのがきっかけで1972年に劇団四季へ入団。「鹿賀丈史」という芸名は同劇団代表の浅利慶太が名づけた。

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる