「鹿児島市」とは?

関連ニュース

純金バイオリン 1.5億円の輝き 鹿児島市の宝石店公開 - 10月20日(金)13:00 

 純金約14キロを使ったバイオリンが鹿児島市の宝石店・ビジュピコで20日から展示される。県内初、全国で9カ所目の公開。参考価格1億5000万円のきらめきを間近に見られる。22日まで。
カテゴリー:

新燃岳の活動「1カ月は継続」 噴火予知連が見解 - 10月20日(金)06:00 

火山噴火予知連絡会(会長・石原和弘京都大名誉教授)は19日、鹿児島市で拡大幹事会を開き、6年ぶりに噴火した宮崎・鹿...
カテゴリー:

「大規模噴火の可能性も」=新燃岳、予知連が見解-鹿児島 - 10月19日(木)21:17 

 活発な活動が続く霧島連山・新燃岳(宮崎・鹿児島両県境)について、火山噴火予知連絡会は19日、「多量のマグマが新燃岳直下に供給されれば、規模の大きな噴火が発生する可能性もある」との見解をまとめた。 予知連は同日、鹿児島市で拡大幹事会を開催。傾斜変動を伴う火山性微動が9日に発生したことなどを踏まえ、「新燃岳の北西数キロの地下深くにあると考えられるマグマだまりの収縮という解釈もできる」と指摘した。 会長の石原和弘京都大名誉教授は終了後に記者会見し、「噴火があった2011年と同程度くらい、地下にマグマがたまっている」と説明した。 新燃岳は今月11日、11年9月7日以来約6年ぶりに噴火した。噴火は17日未明にいったん止まったが、気象庁は噴火警戒レベル3(入山規制)を維持している。 【時事通信社】
カテゴリー:

新燃岳「大規模な噴火も」 予知連が臨時会合で見解 - 10月19日(木)19:51 

宮崎、鹿児島県境の新燃岳(1421m)について、火山噴火予知連絡会は19日、鹿児島市で臨時会合を開き、当面は火山活...
カテゴリー:

【鹿児島】「ほおずきがあるから、こっちへおいで」と女児を誘う中年男 鹿児島市の路上 - 10月19日(木)14:15  newsplus

18日午後、鹿児島市内の路上で、下校中の小学生女児3人に、車に乗った見知らぬ中年男が「ほおずきがあるから、こっちへおいで」と誘いかけた。しかし女児たちは「いりません」と拒否。男はそのまま車で走り去ったという。鹿児島県警で捜査しているが、男は40歳~50歳ぐらい。中肉。青色の半袖シャツ。乗っていたのは白色の軽自動車。 配信2017年10月19日 13時55分 西日本新聞 https://www.nishinippon.co.jp/flash/f_kyushu/article/366954/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

育児、仕事、ボクシング。三足のわらじを履く戦うシングルマザー「勝って、娘をリングに上げたい!」――初代日本女子プロボクシングバンタム級王者・吉田実代の仕事論 - 10月20日(金)11:16 

プロボクサーとして、インストラクターとして、そしてシングルマザーとして。三足のわらじを履く女性格闘家がいる。その名は吉田実代。10月6日、新設された日本女子王座のバンタム級タイトルマッチで勝利し、初代日本女子プロボクシングバンタム級王者に輝いた。しかしこれまでの道のりは決して平坦なものではなかった。プロ格闘家の夢は叶えたが、なかなか納得の行く結果が出せない日々。そしてプライベートでは結婚、妊娠、離婚。さまざまな苦難を乗り越え、新たな歴史の1ページを作った戦うシングルマザーの生き様に迫った。 吉田実代(よしだ・みよ) EBISU K's BOX所属のプロボクサー。1988年、鹿児島市生まれ。20歳の時、ハワイに格闘技留学。帰国後、キックボクシング、総合格闘技、シュートボクシングなどに参戦し、2014年ボクシングに転向。デビュー戦後に妊娠、結婚。出産のブランクを経て、2016年復帰。2017 10月6日、新設された日本女子王座のバンタム級タイトルマッチで高野人母美と対戦。3-0の判定で勝利、初代日本女子プロボクシングバンタム級王者に輝いた。ボクシングでの戦績は9戦8勝1敗。東洋太平洋スーパーフライ級1位。日本バンタム級チャンピオン。育児、仕事、ボクシングの“三足のわらじ”を履く戦うシングルマザーとして注目を集めている。 これまでのすべてが報われた勝利 ──先日の高野人母美選...more
カテゴリー:

【鹿児島】「大規模噴火の可能性も」=新燃岳、予知連が見解 - 10月19日(木)21:23  newsplus

 活発な活動が続く霧島連山・新燃岳(宮崎・鹿児島両県境)について、火山噴火予知連絡会は19日、「多量のマグマが新燃岳直下に供給されれば、規模の大きな噴火が発生する可能性もある」との見解をまとめた。    予知連は同日、鹿児島市で拡大幹事会を開催。傾斜変動を伴う火山性微動が9日に発生したことなどを踏まえ、「新燃岳の北西数キロの地下深くにあると考えられるマグマだまりの収縮という解釈もできる」と指摘した。  会長の石原和弘京都大名誉教授は終了後に記者会見し、「噴火があった2011年と同程度くらい、地下にマ...
»続きを読む
カテゴリー:

新燃岳:噴火活動が継続、規模大の可能性も…予知連絡会 - 10月19日(木)20:17 

 11日に6年ぶりに噴火した宮崎、鹿児島県境の霧島連山・新燃岳(しんもえだけ)について、火山学者らの火山噴火予知連絡会は19日、鹿児島市で拡大幹事会を開き、「当面は火山灰を噴出する噴火活動が継続すると考えられる」との見解をまとめた。
カテゴリー:

安倍「やれ」 火山「はい」台風「はい」 - 10月19日(木)18:13  news

新燃岳「今後、規模大きな噴火の可能性も」 10月19日 17時54分 今月11日、平成23年以来となる噴火が起きた鹿児島と宮崎の県境にある霧島連山の新燃岳について、 火山噴火予知連絡会は19日午後、鹿児島市内で臨時の会合を開き、活動状況や今後の見通しを分析しました。 その結果、地殻変動のデータによると、新燃岳北西の地下深くにあるマグマだまりから、新燃岳にマグマが移動したと解釈できることや、 マグマに由来する火山ガスの1日当たりの放出量が一時的に1万トンを超えたことなどから、今回の噴火は「マグマが関与し...
»続きを読む
カテゴリー:

明治維新体感フェスを開催=鹿児島県〔地域〕 - 10月19日(木)10:10 

 鹿児島県などで構成する明治維新150周年記念プロジェクト実行委員会は15日、鹿児島市内で「明治維新体感フェス!2017」を開催した。明治維新から150年目にあたる2018年を迎える前に、歴史や文化などを身近に感じてもらうことを目的に企画した。家族連れら約2500人が来場した。 イベントでは、薩摩の歴史に関するクイズ大会やチャンバラの体験会などが行われ、来場した親子が楽しむ姿が多く見られた。明治維新を主導した「薩長土肥」のPRコーナーも設けられ、鹿児島、山口、高知、佐賀各県の観光パンフレットが配られたほか、会場内では地酒や和菓子など各県の特産品も販売された。 【時事通信社】
カテゴリー:

もっと見る

「鹿児島市」の画像

もっと見る

「鹿児島市」の動画

Wikipedia

鹿児島市(かごしまし)は、九州の南部に位置するであり、鹿児島県県庁所在地でもある。

鹿児島湾西岸の市街地から桜島を望む景観イタリアナポリからヴェズーヴィオ火山を望む風景に似ていることから、東洋のナポリと称される姉妹都市盟約等 - 市町村 - 鹿児島市(イタリア・ナポリ市) - 鹿児島県公式ウェブサイトナポリ市(イタリア) - 鹿児島市 2012年1月19日閲覧。。

概要

鹿児島県中西部に位置する宮崎県・鹿児島県を範囲とする南九州地域の拠点都市で、政治経済文化交通の中心地谷岡武雄・山口恵一郎監修「コンサイス日本地名事典 第4版」 三省堂、1998年、ISBN 4-385-15327-2浮田典良・中村和郎・高橋伸夫監修「日...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる