「鹿児島」とは?

関連ニュース

脱CG「西郷どん」タイトルバックが圧倒的だった - 12月11日(月)21:12 

 6日に行われたNHK大河ドラマ「西郷どん」(来年1月7日スタート、日曜8時)の第1話試写会で、主演の鈴木亮平さんがオープニングのタイトルバックについて語った感想です。実際、鹿児島の風景は画角の向こう側まで感じられるほど雄大で、私自身も…
カテゴリー:

鹿児島の旧家に西郷隆盛の書 西南戦争前の気持ち記す? - 12月11日(月)19:27 

鹿児島県薩摩川内市の旧家で保管されていた書が、明治維新で活躍後に西南戦争で政府軍に敗れた西郷隆盛の直筆と判明したこ...
カテゴリー:

香港エクスプレス航空、往復購入で往路運賃が180円のセール開催 - 12月11日(月)18:43 

香港エクスプレス航空は、日本線を含む各路線を対象に往復航空券の購入で往路の運賃が180円となるキャンペーンを、12月11日午後6時から15日午前1時(日本時間)まで開催している。 東京/羽田・東京/成田・名古屋/中部・大阪/関西・広島・高松・福岡・鹿児島・石垣・ソウル/仁川・釜山・済州・台中・花蓮・チェンライ・チェンマイ・プーケット・ダナン・ニャチャン・昆明・寧波・サイパン・シェムリアップ〜香港線が対象となっている。香港発着の往復航空券では、往路の運賃は12香港ドルとなる。いずれも諸税や支払手数料は別途必要となる。 搭乗期間は2018年1月5日から7月24日まで。路線により一部期間は対象外となる。設定席数は日本路線は50,000席以上、全路線では110,000席以上。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

メルカリに絶滅危惧種はくせい出品容疑 古物商の男性ら - 12月11日(月)15:57 

 国内での取引が禁止されている絶滅危惧種の動物「マライセンザンコウ」の剝製(はくせい)をフリーマーケットアプリ「メルカリ」で出品したとして、警視庁は11日、鹿児島市の古物商の男性(72)と長野県上田市…
カテゴリー:

センザンコウの剥製をスマホアプリで出品 ジジイとバイト女を書類送検 - 12月11日(月)12:10  news

全身がうろこに覆われた哺乳類で国内で取引が禁止されている絶滅危惧種のセンザンコウの剥製を、スマートフォンのアプリを使って販売しようとしたとして、 警視庁は、鹿児島県と長野県に住む男女2人を書類送検しました。 書類送検されたのは、鹿児島県に住む72歳の自営業の男と長野県に住むアルバイトの23歳の女です。 警視庁によりますと、2人はそれぞれことし1月とことし4月、国内での取引が禁止されている絶滅危惧種のセンザンコウの剥製を、 品物を売買できるスマートフォンのアプリを使って販売しようとしたとして、...
»続きを読む
カテゴリー:

霞ケ浦から「水資源」をキレイに... コカ・コーラシステム、社員135人が清掃活動 - 12月11日(月)19:30 

清涼飲料水に欠かせない「水資源」を大切にしたい。そのような思いから、日本コカ・コーラとコカ・コーラシステム関連会社の社員が2017年12月7日、霞ケ浦(茨城県土浦市)湖畔での清掃活動を行った。国際海岸清掃ボランティア活動(ICC)の一環として行われたもので、日本コカ・コーラのホルヘ・ガルドゥニョ社長をはじめとする135人が参加した。日本での活動は10周年ICCは、アメリカの海洋自然保護団体「オーシャン・コンサバンシー」が始めた、海岸クリーンアップキャンペーン。米国の「ザ コカ・コーラ カンパニー」は1995年からスポンサーとして活動し、世界26以上の国で、2万人以上の社員が参加している。日本では2007年から、琵琶湖(滋賀県)や屋久島(鹿児島県)、七ヶ浜海岸(宮城県)、利根川周辺(茨城県)などで、コカ・コーラシステム社員がボランティア活動してきた。霞ヶ浦では、14年以来2度目の開催だ。7月に就任したばかりのホルヘ社長は、日本でのICC活動には初参加だった。「非常に楽しく清掃活動をさせていただきました。また参加者もエネルギッシュで、熱意を持って清掃していたことがいい意味での驚きでした」(ホルヘ社長)ホルヘ社長は環境に配慮したサスティナビリティー(持続可能性のある)活動は、飲料ビジネスと同様、日頃から取り組むべき「重要な活動」と位置付けているという。「社員の間のサスティナビリティーに対...more
カテゴリー:

香港エクスプレス航空、往復購入で往路運賃が180円のセール開催 - 12月11日(月)18:43 

香港エクスプレス航空は、日本線を含む各路線を対象に往復航空券の購入で往路の運賃が180円となるキャンペーンを、12月11日午後6時から15日午前1時(日本時間)まで開催している。 東京/羽田・東京/成田・名古屋/中部・大阪/関西・広島・高松・福岡・鹿児島・石垣・ソウル/仁川・釜山・済州・台中・花蓮・チェンライ・チェンマイ・プーケット・ダナン・ニャチャン・昆明・寧波・サイパン・シェムリアップ〜香港線が対象となっている。香港発着の往復航空券では、往路の運賃は12香港ドルとなる。いずれも諸税や支払手数料は別途必要となる。 搭乗期間は2018年1月5日から7月24日まで。路線により一部期間は対象外となる。設定席数は日本路線は50,000席以上、全路線では110,000席以上。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

【社会】メルカリに絶滅危惧種「マライセンザンコウ」の剥製出品容疑 古物商の男性ら - 12月11日(月)17:07  newsplus

http://www.asahi.com/articles/ASKDC3Q6NKDCUTIL016.html  国内での取引が禁止されている絶滅危惧種の動物「マライセンザンコウ」の剝製(はくせい)をフリーマーケットアプリ「メルカリ」で出品したとして、警視庁は11日、鹿児島市の古物商の男性(72)と長野県上田市のアルバイトの女性(23)を種の保存法違反の疑いで書類送検し、発表した。2人は「規制されているものだという認識はなかった」などと話しているという。  東村山署によると2人は1月2日~5月2日、環境相に無登録でマライセンザンコウの剝...
»続きを読む
カテゴリー:

絶滅危惧種「センザンコウ」のはく製、メルカリに出品 男女を書類送検 - 12月11日(月)12:43 

 ワシントン条約で絶滅危惧種に指定されている哺乳類「センザンコウ」の剥製をフリーマーケットアプリ「メルカリ」に出品したとして、警視庁東村山署は11日、種の保存法違反の疑いで、鹿児島市の自営業の男(72)と、長野県上田市のアルバイトの女(23)を書類送検した。
カテゴリー:

絶滅危惧種センザンコウの剥製 スマホアプリ使い販売企てか - 12月11日(月)10:39 

全身がうろこに覆われた哺乳類で国内で取引が禁止されている絶滅危惧種のセンザンコウの剥製を、スマートフォンのアプリを使って販売しようとしたとして、警視庁は、鹿児島県と長野県に住む男女2人を書類送検しました。
カテゴリー:

もっと見る

「鹿児島」の画像

もっと見る

「鹿児島」の動画

Wikipedia

鹿児島(かごしま)

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる