「鶴橋風月」とは?

関連ニュース

チャンギ国際空港ターミナル2に日本食のフードホール 12月5日グランドオープン - 11月15日(水)12:05 

全日空商事は、シンガポール・チャンギ国際空港のターミナル2内の搭乗ゲート前ロビーエリアに、フードホール「JAPAN GOURMET HALL SORA」を12月5日にグランドオープンする。 「和モダンの体験」をコンセプトに、木造建築を用いた日本家屋の伝統様式を取り入れ、小上がりの座敷やキッズコーナーも設けた。座席数は約300席。店舗は「天丼 琥珀」「JAPOLI」「黒鮪」「東京純豆腐」「鶴橋風月」「麺屋武一」の6店舗と、バーカウンター「SORA BAR」を設ける。飲食後に集中レジで一括会計を行う。 運営は現地パートナーとの合弁会社であるSG RETAIL PARTNERSが手がける。
カテゴリー:

【お好み焼き】 海外拡大 千房やヤムヤム、訪日客増え認知度向上 - 10月26日(木)18:28  newsplus

関西の外食チェーンが海外でお好み焼きの店舗展開を加速している。千房ホールディングス(HD、大阪市)は海外で初のファストフード型店舗を、ヤムヤムクリエイツ(大阪府東大阪市)もベトナムに出店する。訪日外国人(インバウンド)の増加でお好み焼きの認知度が上がり、商機が拡大しているためだ。海外で大阪の味を経験できる機会が増えそうだ。 千房HDはファストフード型店舗「チボウズ キッチン」を10月末にカナダ・バンクーバーのフードコートで出店する。通常店舗に比べお好み焼きのサイズが小型でメニューも少ない代わり、...
»続きを読む
カテゴリー:

チャンギ国際空港ターミナル2に日本食のフードホール 12月5日グランドオープン - 11月15日(水)12:05 

全日空商事は、シンガポール・チャンギ国際空港のターミナル2内の搭乗ゲート前ロビーエリアに、フードホール「JAPAN GOURMET HALL SORA」を12月5日にグランドオープンする。 「和モダンの体験」をコンセプトに、木造建築を用いた日本家屋の伝統様式を取り入れ、小上がりの座敷やキッズコーナーも設けた。座席数は約300席。店舗は「天丼 琥珀」「JAPOLI」「黒鮪」「東京純豆腐」「鶴橋風月」「麺屋武一」の6店舗と、バーカウンター「SORA BAR」を設ける。飲食後に集中レジで一括会計を行う。 運営は現地パートナーとの合弁会社であるSG RETAIL PARTNERSが手がける。
カテゴリー:

「鶴橋風月」の画像

もっと見る

「鶴橋風月」の動画

Wikipedia

鶴橋風月(つるはしふうげつ)は、大阪市鶴橋駅前に本店を置くお好み焼き等の飲食店である。運営母体は株式会社イデア(英文商号:''IDEA Co., Ltd.'')

沿革・概要

1950(昭和25)年に創業した大阪・天満の「風月」が「鶴橋風月」の源流である。この天満の風月から「千林風月」(現・風の街)や「布施風月」などが独立開業したが、鶴橋風月も同様に、天満風月から暖簾分けの形で鶴橋駅前にオープンした。その後一貫して、鶴橋店舗のみの営業であったが、1989(平成元)年に株式会社イデアが「鶴橋風月」の経営権を取得して以降、1990年7月の弁天町店を皮切りに、多店舗展開を進めるようになる。

現在も、大阪府を中心に関西地区に店舗が多いが、2000年4月以降は関東地区をはじめ他の地域への出店も加速している。とりわけ、「イオンモール」や「ららぽーと」、「アリオ」といった郊外型のショッピングセンターや...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる