「鱗」とは?

関連ニュース

PSVR『クーロンズゲートVR Suzaku』ティザー映像を公開! “ファイアの日”に新たな世界の片鱗が - 05月22日(月)13:02 

UIデザインやUXデザイン、アプリ開発を行うJETMANは、PlayStation VR向けソフト『クーロンズゲートVR Suzaku』の最新ティザー映像を公開しました。
カテゴリー:

汗ばむ釣り人、きらめく銀鱗 筑後川水系でアユ解禁 - 05月20日(土)11:29 

福岡、大分両県を流れる筑後川水系で20日、アユ漁が解禁された。朝から青空が広がり、気温もぐんぐん上昇。汗ばむ釣り人...
カテゴリー:

秦 基博『はたのもと』重版決定、コンビニ立ち読み姿など掲載写真も一部公開 - 05月19日(金)14:28 

©菅原孝司秦 基博が、10年間で発表した全作詞曲(提供曲除く)を基に約10万字で語りおろした『はたのもと』(5月9日刊行)の重版が決定した。「ひまわりの約束」や、「鱗(うろこ)」「アイ」「メトロ・フィルム」「70億のピース」など、全88曲のフレーズをキーに秦 基博の“もと”を巡っていく『はたのもと』。本書について、KADOKAWA・編集担当は「各曲の歌詞から切り出してはいますが、それはあくまで入り口。単なる曲解説としてではなく、秦さんがこの世の森羅万象をどのように捉え、咀嚼しているかを読みとっていただければ」とコメントしている。©菅原孝司©菅原孝司また、同書内では「コンビニで買い物する秦 基博」や「坂道を全力ダッシュする秦 基博」などの写真も掲載されており、秦の意外な姿が話題を呼んでいる。今回の重版に伴い、その写真の一部も特別公開された。書籍情報『はたのもと』定価:1,667円+税全354ページ発行:KADOKAWAhttp://store.kadokawa.co.jp/shop/g/g321609000695/ 関連リンク ■秦 基博 オフィシャルサイト:http://office-augusta.com/hata■秦 基博 オフィシャルtwitter:http://twitter.com/hata_official
カテゴリー:

【話題】誰の顔にも住んでいて、寝て食べて、交尾して死んでいく「顔ダニ」に関する事実(顔ダニ出演注意) - 05月17日(水)18:41 

好む好まないにかかわらず、あなたの顔を住み家としている小さな生き物がいる。 そこに拒否権はない。どんなに顔を洗っても彼らを追い出すことは不可能だ。 あなたの顔の上で日常生活を営んでいる8本足の「顔ダニ」は、皮膚の上を這い回りながら、食事し、子供を作り、死んでいる。 顕微鏡で見ると鳥肌が立ちそうな姿をしているが、大抵の場合は完全に無害だ。 ニキビダニにはニキビダニとコニキビダニの2種類の仲間がいる。 主に鼻、まつ毛、眉毛周辺の毛包部に寄生するために毛包虫と呼ばれることもある。 ほとんど...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】“虐待”の次はナニ? 『泰葉 大サーカス』の出し物に小朝“沈黙” - 05月16日(火)20:38 

 噺は秀悦、いや天才! しかし、出る杭は打たれる。あれだけの実力がありながら、春風亭小朝(62)の顔をテレビで見かけなくなったのは何時くらいからだろう? 見る機会がほとんどない。春風亭と言えば「昇太」と周りは即答する。小朝の名人芸…いやはや、もったいない才能だ。  泣きっ面に蜂ではないが、歌手兼タレントの泰葉(56)が、'07年に離婚した落語家の春風亭小朝から過去に虐待を受けていたことを告発し騒動に発展している。この事態に内心、ほくそ笑んでいる落語会関係者は少なくないという。  泰葉は4月24日、ブログに「...
»続きを読む
カテゴリー:

アトピーに効果がある薬とは - 05月21日(日)08:15 

アトピー性皮膚炎は、皮膚のバリア機能が衰えることによって、炎症や乾燥、かゆみなどの症状が現れるといいます。そのようなアトピー性皮膚炎の症状の改善に効果がある薬について、詳しく解説します。アトピーの症状人の皮膚に備わる機能には、熱や痛みを感じる役割を担う知覚作用や、発汗などによって行われる体温調節機能、細菌などの外敵やさまざまな刺激が体内に入り込まないように防御したり、体の中から体液が出ないように守ったりするバリアとしての役割などがあると考えられます。表皮のいちばん外側に存在する角層が皮膚のバリア機能を担っていますが、アトピー性皮膚炎の皮膚はこのバリア機能が衰えているといわれます。また、アトピー性皮膚炎の皮膚は、細胞間を埋める脂とされる角質細胞間脂質や水分を抱えこむ天然保湿因子などが減少していることが多く見られます。バリア機能が衰えた状態の皮膚では、水分が体の中から蒸散しやすく、本来なら体内に入ってこない有害な抗原刺激が体の外側から侵入しやすい状態になっていることが考えられます。その抗原刺激が、異物の侵入を察知した免疫細胞と結びつくことでアレルギー性の炎症を生じさせる物質を生成し、アトピー性皮膚炎の炎症を起こすとされています。そのうえ、バリア機能が衰えている皮膚はかゆみを感知する知覚神経が表皮まで到達し、少しの刺激にもかゆみを感じて掻き壊しやすくなります。掻くことによって、バリア機能...more
カテゴリー:

秦基博『はたのもと』発売後即重版! コンビニ立ち読み姿など掲載写真も一部公開 - 05月19日(金)17:36 

書籍『はたのもと』 >『はたのもと』掲載写真をみる 株式会社KADOKAWAから、秦 基博がデビューからの10年間で発表した本人作詞の全楽曲について自ら語り尽くす『はたのもと』が5月9日に刊行されたが、早くも重版が決定した。 「ひまわりの約束」や「鱗(うろこ)」、「アイ」、「メトロ・フィルム」、「...
カテゴリー:

木嶋佳苗死刑囚がブログで激怒? 「私の逆鱗に触れた!」 - 05月19日(金)12:00 

 2009年に埼玉県や東京都などで起きた男性3人の連続不審死事件で、殺人などの罪に問われた木嶋(現姓・土井)佳苗被告(42)。先日、最高裁が被告側の申し立てを棄却し、死刑が確定した。  その木嶋佳苗被告のブログが13日、死刑確定後に初めて更新され、話題を呼んでいる(ブログの記載によれば、書かれたのは11日)。  しかも「私の逆鱗に触れた!」というのだから、おだやかでない。  ブログによると、彼女を怒らせたのは「ユズキアサコという人が書いた本『BUTTER』」。  柚木麻子氏の『BUTTER』は、週刊誌で働く30代の女性記者・里佳が、男たちから次々に金を奪った末、3件の殺害容疑で逮捕された女・梶井真奈子への取材を重ねるうち、次第に彼女の言動に振り回されるようになっていく――というあらすじの小説だ。作中の事件のモチーフになっているのは、明らかに木嶋被告が罪に問われた連続不審死事件。描写される梶井の胸焼けするほどの欲望は、被告の内面を覗いたのかと思わせるほど真に迫っていると話題だ。書評家の間からは「柚木麻子の新たな代表作」との声もあがっている。  また作家の佐藤優氏が「木嶋佳苗事件の闇について、柚木さんでなければ描けなかった。この本を読んで、女性と話をするのが怖くなった」と評している。 ■「宣伝をしておきました」  木嶋佳苗被告はブログで『BUTTER』について、「この本の主人公は、...more
カテゴリー:

福士蒼汰&工藤阿須加、誉め合いながら「仕事」を語り合う - 05月17日(水)15:55 

ブラック企業のサラリーマンと、謎多き友人の交流を描いた共感感動ムービー『ちょっと今から仕事やめてくる』(5月27日公開)。パワハラ部長に散々なじられるサラリーマン・青山隆に工藤阿須加、気のいい関西の兄ちゃんを演じた福士蒼汰。初共演という2人に、5カ月に及ぶワークショップで築いたイイ関係、アロハの秘密など、本作に携わった日々を振り返ってもらった。 【写真を見る】「幼なじみや」と言いつつ近づく謎の青年ヤマモトを演じた福士蒼汰 ■ 福士くんのおかげで乗り越えられた ――役作りの肝となったのはどんなところですか? 工藤阿須加(以下、工藤)「原作を読んだ時、正直、青山と向き合うのは大変だと思いました。社会問題を扱っているので、僕が演じることで軽く捉えられてしまうのが一番怖い。だから、毎日懸命に働く人たちとどれだけシンクロできるかが勝負だと。サラリーマンの友人に話を聞いたり、スーツを着て満員電車で現場に通って、青山の生活リズムとサイクルを自分に叩き込みながら撮影に臨みました」 福士蒼汰(以下、福士)「僕が演じたヤマモトは謎だらけ(笑)。彼は明るく引っ張っていくタイプですが、僕の中にヤマモト要素が少なかったので、最初は難しいなと思いました。大事にしたことは、ヤマモトの影の部分。ネタばれになるので言えませんが、過去にある出来事が起きて、救いを求めていたんだと思います。そんな中、今にも死にそうな青山...more
カテゴリー:

【今週はこれを読め! SF編】一篇ごとに工夫を凝らす名手ケン・リュウ - 05月16日(火)10:38 

 ケン・リュウは小説が上手いなあ。物語が面白いというだけではなく、小説が上手い。小説は一様ではなく、物語の起伏で読ませる小説もあり、アイデアのインパクトで読ませる小説もあり、情緒の奥行きで読ませる小説もあり、描写の精彩で読ませる小説もある。ケン・リュウはその作品ごとに、どう書けば効果的かを見抜いて、すっと狙いを定めてくる。狙いの先にあるのは、もちろん読者だ。読者の印象に刻む小説。  そのケン・リュウの最大の理解者(日本における伴走者あるいは伴奏者)は、いうまでもない翻訳家の古沢嘉通さんだ。『母の記憶に』は、日本版オリジナル編集によるケン・リュウ短篇集の二冊目。SFを知りつくしている目利きの古沢さんが、日本の読者に合うようにブレンディングした一冊である。ちなみに邦訳短篇集一冊の『紙の動物園』は、タイミング良く文庫化されたばかり。文庫版は二分冊で、それぞれ『紙の動物園』『もののあはれ』の題名だ。  さて、『母の記憶』の「訳者あとがき」によれば、〔単行本としては本邦初紹介であることから、取っつきやすさを重視して、短めの作品を集めた第一弾と異なり、四百字詰め原稿用紙換算で二百枚近い「万味調和」を筆頭に、長めの作品を多く選んだ〕うえに、〔著者からさらに二篇の推薦作を提案され、それを含めた収録作十六篇〕としたという。  その最長の「万味調和」は、十九世紀後半のアイダホで、中国人移民がもと...more
カテゴリー:

もっと見る

「鱗」の画像

もっと見る

「鱗」の動画

Wikipedia

(うろこ、、)は、動物の体表を覆う硬質の小片状の組織である。

主な役目として、動物の体を外部環境の変化から守り、攻撃から防御する。防御のため一枚板の装甲板で体表を覆った場合、その動物の体の可動性は著しく損なわれるが、これを小片に分割し、小装甲板の間に可動性を持たせれば、かなりの防御性を維持したまま身体の可動性を得ることができる。

さまざまな分類群の動物が鱗を発達させたが、その起源、構造、組成などは異なる。

魚類の鱗

魚類の鱗は真皮の内部に発達した骨格(皮骨)であり、ハイドロキシアパタイト(リン酸カルシウム)を主成分とする。その表面は粘膜性の表皮に覆われており、真皮に埋伏している。鱗の基本構造は、繊維層の上に骨質層が、その上にさらに象牙質とエナメル質(厳密にはエナメロイドと呼ぶ類エナメル質)の層が重層した構造を基本とするが(硬鱗)、より新しい時代に登場した魚類では象牙質エナメル質の層が退化して、繊維層と骨質層のみを持つ鱗(軟鱗)になっている。すなわち、だん...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる